タグ:iPhone 7 ( 67 ) タグの人気記事

私はあなたのニグロではない / I Am Not Your Negro

やっと日本公開。
堪え性がなく待ちきれずに書籍版を読んではいたけれど、映画として作られた作品はやっぱり映画として観なきゃ駄目だ。
e0076761_12415843.jpg
スクリーンで動いて喋るジェイムズ・ボールドウィンの言葉は、一音の無駄なく自身が考えることを漏れなく伝えるべく端正に整っている。かつ、熱く激しい。詩人でもあるのに、美しい理想を語らない。公民権運動家としての顔も持つのに、対峙する人種を責めるのではなく"自分自身に問え"と諭す。

ここで描かれているのは、アメリカさんの姿。
このドキュメンタリーについて、自分には価値の拡張や解釈の拡大はできない。だって、あの国は"いま"歴史の真っ只中。過去を振り返っているようで、現在について語っている。

たいへん珍しく映画パンフレットを購入したんだけれど、本を持っているんだったらぴったり1年ぶりに拾い読みし直すほうが良い鑑賞態度であるのかな。自分の頭で考えよう。まったく他人事ではない国の事なのだから。
…というわけで、2018年5月の積ん読強化ラインナップに再び追加。
e0076761_00544955.jpg
相変わらず、何も目指さない本の選び方をしている。まぁ、いいや。
それでも、1年前とはちょっとは違っている自分を自覚している。良くなっているのか、悪くなっているのかは知らない。





*


映画とは全く関係は無いのだが、映画鑑賞後に白人でも黒人でもない日本人の自分はマンガルール料理を頂くのでありました。
だって、此処はアジアの東端。

カルナータカ州の港湾都市(いっぽう州都ベンガルールは高原の上)という土地柄か魚料理に特徴があるそうだけれど、それが無くてもすごいお国柄を感じる風味がむんむん。単純明快、美味かった。トゥル語で「ありがとう」「ごちそうさま」ってなんと言えば良いんだろう。
e0076761_12490247.jpg
東京には、インド・ネパールの州・都市を看板に掲げたカレーだけではない料理店が沢山ある。
シンガポールみたいにリトルインディアを形成するんじゃなくって、トーキョーのあちこち商店街の中に出現している。この現象を面白いと自分は思う。


by snowy_goodthings | 2018-05-18 11:40 | 鑑賞記

青い池

年にいちどの恒例となりつつある、富良野への出張途中に寄り道で青い池。
e0076761_08442327.jpg
一昨年は曇天昨年は雨天だったけれど、今年は晴れ。ついに天は我に味方してくれました。
ペケレチュプのカムイ、ありがとーう。


*


横浜暮らしのほうがうんと長いけれど、北海道に戻ると故郷への帰属意識というか…
かなり語弊があるけれど"ナショナリズム"っぽい意思がむんむん湧いてきてしまう。"郷愁"という表現でも良いんだけれど、そういう穏やかな言葉では包みきれないとんがった感情も混ざってきて、やや物騒な気配が漂う。そんな情動がぼーぼー。
もっとも、
父方・母方どちらの家も、とっくの昔に帰るべき場所を失くしているので、そもそも、あんまり美しい情緒に浸れっこないのです。
うひゃひゃ。



by snowy_goodthings | 2018-05-14 10:45 | 旅行記

KAAT×サンプル「グッド・デス・バイブレーション考」

雨嵐の中、久しぶりのKAAT観劇。本編2時間+作家&劇場芸術監督によるアフタートーク35分、ぎっしり幕の内弁当のように盛り沢山。
e0076761_23322625.jpg
近未来の「楢山節考」。
介護・貧困・中央集権・限界集落・環境汚染・食糧危機・安楽死・遺伝子操作・etc. 現在すでに数多ある事象のすぐ先に起こりそうな気配がするんだけれど、外の天候に反してウェットさをあまり感じない。あっけらかんと逞しい。



by snowy_goodthings | 2018-05-07 21:35 | 鑑賞記

稽古でした

京都遠征のおみやげは、八角振棒です。
e0076761_23360957.jpg
入門したての頃、道場にあったのを振った記憶がある。
振れば手の内を作る鍛錬になるから、杖道部・居合道部で使う用に買ってきました。
e0076761_23484321.jpg
…というわけで、今夜もいつも通りに稽古です。



by snowy_goodthings | 2018-05-06 21:05 | 稽古記

渡辺源四郎商店第29回公演「いたこといたろう」「愛とか死とか見つめて」

第1回なべげんイタコ演劇祭、だそうです。
e0076761_23390406.jpg
青森県には日本でいちばん"あの世"が近い場所、恐山があるから。恐山でなくても、県内各所に異界が存在するから。
そんな土地柄だからか、物語の中に現れる事物なにもかも、すべてに納得。
生きている者は生まれた瞬間から死に向かってまっしぐらに生きていくんだけれど、死んでいる者は何処に向かうんだろう?

渡辺源四郎商店さんのお芝居の面白さと恐ろしさとは、なかなか感想文にしづらい。
したっけ、差し障りない安全距離を保ちながら、ひとつだけ。
お芝居をすること=自分ではないなにかを演じるということは、憑依に近しい。
その喜びを楽しそうに見せつけてくれながら、生死の有り様を情け容赦なく投げ込んで来る。



by snowy_goodthings | 2018-05-05 18:20 | 鑑賞記

2018年5月に京都で食べたもの

三条京阪駅の近くにあった、Vegan & Gluten-free な食堂で食べたタコライス。
グルテン耐性に問題がない自分は麩質を除く必要は全く無いんだけれど、食べてみたら美味しかった。久しぶりに生の葉野菜を"甘い"と感じる。普段食べるのは、煮炊きした野菜が多いから。
e0076761_17191874.jpg
周りのテーブルは、欧米人っぽいルックスのカップルが多め。あるいは、身なりがしゃんと綺麗な日本人女性か。
うーん…京都武徳殿での演武を終えて「お腹空いたぁ」とぶいぶい言う我々は、かなりアウェイな場所へ来てしまった感があり。
でも、来年また来られれば来ると思う。


*


今年も来ました、黄檗禅宗 瑞芝山 閑臥庵 で、京懐石普茶料理。
e0076761_17332010.jpg
今年はチズルさん達とご一緒。総勢5人で卓を囲んだものだから、食膳はたいへん賑やか。
e0076761_17343258.jpg
お喋りしながらのお食事、楽しかったです。
e0076761_01031900.jpg
西宮にメガネのレンズを作りに行かなければ。
そうですよ、西宮だったら、横浜から地続きだからすぐ行けるもん。グラスゴーやダブリンやベルゲンやスコピエに比べたら、ぜんぜん近い。



*


八段審査会の後には、先生と京都武徳殿の近くでペルシャ料理とインド料理とトルコ・アラビア料理が出てくるハラールレストランで、Kashk e Bademjan。ペルシア語で کشک بادمجان。すなわち、ナスのディップ。
ちなみに、ルーマニアにも同様の料理がある。東洋と西洋とが衝突する地域っぽい郷土料理。
e0076761_17522495.jpg
メニュー表記に従うなら、ラクト-ベジタリアン料理。乳製品は入っている。
「ハラール」とかいうと肉の串焼きを想像しがちだが、日本においては"菜食"の選択肢がある飲食店を意味する場合がしばしば。此処もそうでありました。
ネガティブな思い込みは止めてな。疑うなら、己の身体を以って確認してみてね。まぁ、全部が全部、都合良くはならないと思うけれど。


さすが、京都は観光の都。
非日常な食によって、我が旅情は満たされました。満足かつ満腹なり。


by snowy_goodthings | 2018-05-03 13:30 | 旅行記

出稽古でした

京都大会前、最後の稽古でした。
今日は山北へ。足柄杖道会の1日稽古会の後半に参加させて頂きました。

綺麗事なんざ言って「上手に」やろうとは思いません。そんな"色気"を出したら、絶対に理合から離れる。
正確には、そんな"色気"を出す余裕は無い。ただ、ひたすらに余計な事を考えずにやるのみ。どうなるかな…

稽古後、素敵なカフェに連れていって頂きました。
e0076761_12122654.jpg
そして初めて知った、ミカンの花はまるでジャスミンのように深く濃い香りがする。


*


帰りの東名高速道路は、追突事故だの大和トンネル渋滞だので大井松田〜横浜町田まで2時間近くかかった。
その間、軽い熱中症みたいな偏頭痛になっちゃって辛かった…4月に夏日って、本当に夏になったらいったい気温はどれほど上昇するのだろう。
モリッシー先生の 'Scandinavia' とか絶叫しながら運転してみたけれど、フィヨルドで凍え死ぬんじゃないかと思った記憶は蘇ってもぜんぜん慰めにならず。あ、でもちょっと思った。歌うという器官の働きは、深呼吸に似ている。そんな事をもんやりと考えたり。

ともあれ、稽古不足感はまだ否めないが show must go on です。やってやるーう。
(^▽^)/





そんで帰宅して京都遠征の荷造りをしている最中、
名古屋の友人さん情報でスカンディナヴィアにて Morrissey 45RPM 'All The Young People Must Fall In Love' が発売されていた事を知る。なんですとーっ!
待つのはイヤだから、スウェーデンのミュージックショップで買った。届くのは待つべし。




by snowy_goodthings | 2018-04-30 19:30 | 稽古記

稽古でした

今日もやっています。
e0076761_00391194.jpg
新人さん達は、試合デビューという目標を立てて稽古のレイヤーが1つ増えた。
私は、鎖鎌を久留米の先生作に変更&紐を自作。ちょい新しい気持ちでまだまだ続けるのであります。

by snowy_goodthings | 2018-04-29 21:10 | 稽古記

稽古でした

ゴールデンウィーク…何それ?
我々は稽古するんですよ。先人達が稽古していた頃はゴールデンウィークなんて存在しなかったんですから。
e0076761_22392074.jpg


今日は足柄杖道会からお仲間さんが出稽古に来てくれました。
先週から神奈川県の東〜西を行き来している理由は、京都大会こと全日本剣道演武大会で杖道の演武をご一緒するから。その合わせ練習。

全日本剣道連盟の「剣道」「居合道」「杖道」三道、そして「なぎなた」「各種型」が一同に会する機会は年に1回、全日本剣道演武大会しかない。
もっと存分にやりたいのです。"参加することに意義あり"みたいに自分が満足するだけでは、全然足りない。
演武はプレゼンテーションみたいな機会だから、見てくださっている方々の記憶にちょっと何か"良い"印象みたいなものを残したい。今年、どのくらい達成できるかは、わからない。
(^o^)

その京都大会本番まで、稽古は今日も含めてあと2回…の筈でしたが、もう1回追加。
月曜が祝日であることをすっかり忘れていた。いかん、あやうく出勤するかもしれなかったぜ。


*


そろそろ、演武前に聴く Morrissey は何にしようか考える。
1曲だけ繰り返して聴いていると、あれやこれや感じて考えてとっ散らかった中から"良い"印象だけが蒸留されてヘンテコな自信になって現れてくるもんだから、ルーティンにしている。
初めてその生身の姿をみた時に思った、そのまんま:Morrissey を聴いていて、つまらない人間になってはいけない。
自分は自分を頑張るー。



by snowy_goodthings | 2018-04-28 16:55 | 稽古記

稽古でした

京都大会まで、稽古は今日を含めてあと2回3回。あう、もうすぐではないですか。
e0076761_00295959.jpg



by snowy_goodthings | 2018-04-26 21:00 | 稽古記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る