タグ:杖道 ( 68 ) タグの人気記事

杖道地区講習会でした

毎年1月の恒例、杖道六段・七段審査会および杖道地区講習会。
今年はいつもと違って、審査会は木曜日の開催、講習会は金〜土曜日に開催。
e0076761_20581452.jpg
会場はいつもの江戸川区スポーツセンターではなく、八王子市狭間駅前にあるエスフォルタアリーナ八王子でありました。
この函、どこかで名前を聞いたことがあると思ったら、新日本プロレスリング昨年のG1 CLIMAX の会場じゃないですかっ。←そういう認知経路
正式名称は「八王子市総合体育館」であるこの綺麗なアリーナは、剣道の審査会・大会などでしばしば利用されていたそうですが、杖道の行事は初めて。JR横浜線を端から端まで乗ってちょっと乗り換えれば駅のすぐ前に会場がある。かつ、平日の朝なのに通勤ラッシュとは逆方向なので、たいへんアクセスしやすい。近くには大きなイトーヨーカドーがあるから、お昼ご飯の調達に不自由しない。
遠方からの参加者の方は、八王子駅周辺のホテルにお泊まりだって。ホテルの選択肢は西葛西駅よりも多いと思う。これは素晴らしい。

江戸川区は東京ディズニーランドが近くにあったが、八王子市は高尾山の麓である。観光資源の魅力度でいったら、良い勝負でしょう。
うんうん、「東京」は23区だけではなくってよ。


閑話休題。


平日開催になっても、アリーナは日本全国・世界各国から集まった杖使いさんでいっぱい。事前の参加申込者数は351人と伺った(昨年から100人も減っていない)。
e0076761_21185972.jpg
初日は、太刀の構えの解説、基本動作(単独・相対)、全剣連杖道12本の解説。そして、段位別に班に分かれて講習。
2日目は、高段者は審判講習会。

広いアリーナの1フロアで、参加者全員が並んで稽古できている。これも素晴らしい。無駄(でもないんだけれど、本当は)に待って過ごす暇なぞ無し。

自分が参加した六段の班は、昨日の合格者さん達も含めておおよそ80名近く。講習会全体に占める割合が高め。
人数が多いから当然なのですが、居住地・性別・年齢・職業みたいなデモグラフィックな属性による「違い」だけではなくって…武道稽古に対する考え方というか上達・修練への向き合い方というか欲の持ち方が「違う」んだろうなと思う瞬間が何度かあった。今までも無い訳じゃないんだけれど、今年は特に体感する瞬間が何度かあった。
で、自分がこう書いているのは決してネガティヴな意味ではないので、愚痴みたいに捉えられたくないのですが、考え方の多様さに自分の頭を切り替えて身体の動かし方を変えるコントロールの難しさをひしひしと感じるのでありました。もうちょっと上がらないといけない自分を自覚した。
お相手してくださった皆さま、ありがとうございます。

*


我らが玄武会(a.k.a. 玄武館坂上道場 杖道部・居合道部)のWEBサイトも更新しました。
「稽古日・活動報告」をご覧ください。


by snowy_goodthings | 2019-01-19 15:00 | 稽古記

称号予備審査会・講習会でした

勤労感謝の本日、昨年は高段者研修会でしたが今年は全員参加可能な講習会および称号予備審査会でありました。
欧州から出稽古中の参加者さんが多く、国籍・年齢・身長・etc. 顔ぶれはたいへん多彩。
e0076761_14262334.jpg
いつもだったら開会式での並びからそのまま広がって基本の単独動作を行いますが、今日は違った。初段以下〜七段まで段位ごとに整列して相対動作。
講習会で相対動作を実施するのは、久しぶりであります。三段以上は号令に号令に従って本手打〜左体外打まで、ところどころ「右と左、足の順序が違う!」「右足での間合調整を何度もしない!」「繰付〜体当までは終わりで杖と太刀は合わせない!」「盗み足しない!」等々、所作の乱れについて指摘を受けつつ終了。途中から窓際のほうがザワザワしているなぁっと思ったら、二段以下の班は「習ったことがない」「習ったけれど覚えていない」等々、途中から七段の先生達が呼ばれて所作の指導に加わり、本手打〜繰付まではできたそう。

昨日、玄武館坂上道場にやって来たゲストさん達にうかがったのだけれど、ヘルシンキの道場では稽古の最初に相対動作をするのが習慣になっているんだそう。欧州では型を教わる前にまず相対動作を覚えることから始めるので、初心者さんほど相対動作が上手であるとか、頻繁に繰り返す機会があるとか。
今日の講習会では、途中で英国剣道連盟(BKA)の2人に繰付からお手本を示してもらいながら、相対動作の注意点について説明が挟まれたんだけれど、なるほど、彼らの相対動作は曖昧に無駄な動きが無く正確。体によく馴染んだ動きだって、見てよくわかる。

当たり前ですが、「基本」を理解する事の大切さよ。で、2007年の伝達講習会で、まる1日相対動作12本だけを指導頂いて練習したことを思い出しました。
「神奈川県の全員、"完璧に"できるように」と、相互の礼から太刀と杖とが構えて合わせる間から始まって、"相手を見る"とか"正しい動作"とか、たいへん厳しく「できているつもりで、やっていない」「ごちゃごちゃ言わないで、やりなさい」とギュウギュウ指摘されながら、汗だくになって繰り返したのでした。あれはちょっと辛かった。すんごい面白かった。


その後、午前中は指導部長による全剣連杖道の12本の型について、解説書に基づいて"やってみせる"説明。
日本語が解説書に書かれた通りな言い回しで「ここ」「そこ」「こう」「そう」など感覚的な表現が少なく具体的なので、BKAのワトソン先生の逐語訳の英語も、聞いていて英語音痴な自分の耳にも解る気がする。たいへん勉強になりました。
e0076761_15421237.jpg
午後は、称号予備審査会。内容は演武と海外勢参加者への指導。
e0076761_15530097.jpg
その他は、段位別に分かれて練習。

まったく個人的な感想ですが、久しぶりに10年くらい前の講習会みたいなノリで練習できて、今日は楽しかった。
すなわち、普段は稽古場が異なる受講者どうしでしっちゃかめっちゃかに遣り合う。乱合を、自分でできる限りの速い動きでやってみて相手の肘を斬っちゃったり、逆に脇をど突かれたり。逆にゆっくり位置を確認しながら、型の一部だけを繰り返したり。
こう書くのはたいへん語弊があるかもしれませんが、最近の講習会ではお行儀良く講師の先輩先生の説明を"聴く"時間の割合が多いので、とりあえず"遣ってみる"とか"試してみる"を数多くできたのは、良かった。下手な技を何度も数多くやっても上手くなれる訳がないのは事実なんだけれど、その"何度も数多く"が足りていないのもまた事実であります。
そもそも、今日1日の講習会でいきなり上手くなれる訳がないんだから。

あぁ、またしても思い出す。「できているつもりで、やっていない」「ごちゃごちゃ言わないで、やりなさい」という言葉。

BKAのヒトともちょっとだけ練習したんだけれど、声を掛けるタイミングが遅すぎた。これは反省。やろうと思った型の全部を終わらせられずに「やめ」の号令が掛かった。

16時には、終了。
昨日、玄武館坂上道場に来てくれたゲストさん達とは「また来てね」と挨拶。もとい、我々も是非とも行きましょうぞ。


*


例によって広報用の写真は Flickr (←Click!)にストレージしております。


行事の性質上、称号予備審査会の写真については関係者限定の閲覧設定としています。県連サイトでご覧ください。


*


神奈川県剣道連盟杖道部会による公式「活動報告」は↓こちらをご覧ください。


http://kanagawa-jodo.main.jp/










by snowy_goodthings | 2018-11-23 16:00 | 稽古記

稽古でした

夜8時過ぎに道場に着いたら、万国旗な顔ぶれでみっちり。いらっしゃるのはしっていましたが、その面々の多さに驚いた。わーおっ。
今日の稽古は、相対動作から始まったそうで、最後は乱合のみを回り稽古で繰り返し。所作を"技"として正確に使う事を繰り返し確認しながら練習するのでした。
e0076761_00425972.jpg
*Original Image on Flickr

ゲストが来た時のお約束、稽古後は記念写真。
e0076761_00532534.jpg
*Original Image on Flickr

で、恒例のご近所の中華料理店で宴…のつもりで行ったら、今日は早めに閉めたということで断念。
おひとり、ラクトオボ・ベジタリアンさんがいたので(おぉ、遂に菜食の杖使い仲間ができました!)、鶴見銀座商店街裏のかねがね気になっていたインド料理店で、ベジ&ノンベジのカレーを頼みまくる宴席と相成りました。むちゃくちゃ美味しゅうございました。いつでもインド人ぽいルックスのお客さんで混んでいるお店で、ぜったい美味いに違いないと思ったのです。その通り、美味しかった。やばい、ナブラタンコルマが素晴らしい。
…と、そんなこんな。宴は深夜近い時間まで盛り上がるのでした。

では、皆さま。明日の講習会でまたお会いしましょう。
そして、また来てくださいませ。


*


11/23追記:


少し前から道場正面の掛け軸が変わっていて、「これ、何て読むの?」「頭山満の書であるのは、判る」とオロオロしていたらゲストさんが調べて教えてくれました。忝いです。

すなわち「至誠来天」。
おそらく、吉田松陰の「至誠通天(しせいてんにつうず)」の頭山先生流の表現であろう、と。
"誠を貫けば、天にも通じる"を、我が願いが天に届くのではなくって、天のほうが自分に近づいてくるんだって。玄洋社の総帥の言う事は強気("愛国"とか"右翼"とか"民族主義"とか"国家主義"とか思想活動の草分け的存在という認識に基づいて)…と、翌日の講習会でひとしきり盛り上がった。
さらにちょっとGoogle検索してみると、吉田先生の言葉は、孟子の「…是故誠者、天之道也 思誠者、人之道也 至誠而不動者、未之有也 不誠、未有能動者也」から来ているらしいことが一瞬でわかってしまう。インターネットって便利だね。

で、「至誠」とは、日本の政治家先生が座右の銘としてお好みになる言葉であるらしい。本当に?


ところで。
こういう話を書くと、"武道を嗜むヒトはみんな「右翼」"とか掌握だか決め付けをしたがる人っているんだけれど、世界中のいろんなヒトが「日本の武道」にそれぞれ魅力を見出して稽古しているんだから、現実としてそんな事は無いんだけれどね。
もちろん、「武術」「武芸」が「武道」と呼ばれるようになった過程で起きたさまざまな事象から、「国」とか「政治」とか「民族」とか「歴史」とかにまつわる思想や主義主張について考える機会は普通のヒトよりも多い。そして、それって稽古しながら各々がそれぞれに定義する事ですから。





以前、
モリッシーファンの人に"杖道って武道をやっているゆき子さんは右なんでしょ"的な事を言われた事があってさ。それはそれは衝撃的でありました。ガッカリしたという方が正確かな。
/(^_^; 人それぞれですが。そうなんだ、と。



by snowy_goodthings | 2018-11-23 00:00 | 稽古記

五段以下審査会でした

「文化の日」の恒例、神奈川県剣道連盟杖道部会による五段以下審査会でした。
"スポーツの秋" だからという訳ではないでしょうが、例年どおりに春よりも秋の審査会のほうが参加者は多め。海外からの受講生・受審者も多くいらっしゃって、顔ぶれは万国旗。かつ、年齢層も幅広い。剣道場はぎゅうぎゅう…と、昨年の言い回しを使い回したくなる。

e0076761_22593453.jpg

午前中は無段〜六段に分かれて講習会。
各段位とも昇段審査受験者が多いためか、講師は八段・七段の先生だけでは足りないらしい。六段の参加者からも、段位取得時期が早い=七段審査を1〜2年後に控えたくらいの面々が講師陣の輪に呼ばれるのでありました。教える事は、学ぶ事。
そうやって結構な人数が「先生」役になっても、なお剣道場の床は練習する人達でいっぱい。各段位"九歩の間合い"で始められない…なんて光景は、久しぶりな気がします。

12時45分より審査会。

e0076761_23093134.jpg

我らが玄武会からは、1名が初段を受審して合格しました。おめでとうございます。


指導部長からの講評があって、いったん閉会式。そのあと、実技審査合格発表と学科審査、そして登録手続き。撤収作業諸々あって、終了。
おつかれさまでした。


*


例によって広報用の写真は Flickr (←Click!)にストレージしております。


行事の性質上、こちらではほとんど関係者限定の閲覧設定としています。


*


神奈川県剣道連盟杖道部会による公式「活動報告」は↓こちらをご覧ください。


http://kanagawa-jodo.main.jp/


*


我らが玄武会(a.k.a. 玄武館坂上道場 杖道部・居合道部)のWEBサイトも更新しました。
「稽古日・活動報告」をご覧ください。






by snowy_goodthings | 2018-11-03 17:00 | 稽古記

講習会でした

全日本杖道大会の翌週恒例、神奈川県剣道連盟杖道部会の講習会でした。参加人数が少なめながら、少ないなりに参加した意味がある内容でありました。
e0076761_20365138.jpg
できる事をめいいっぱい増やす。すなわち、今の"いま"のままで良いなんて事はなくってよ。次の今の"いま"をちょっとでも良くするべく、変わる事の面白さ。
(^▽^)


*




神奈川県剣道連盟杖道部会による公式「活動報告」は↓こちらをご覧ください。


http://kanagawa-jodo.main.jp/



*


例によって、広報用写真は Flickr (←Click!)にストレージしております。


*


以下、稽古とは全然関係が無い話。

何故か女子中高生を相手に「来月の終わりに King Crimson が来日するから、お父さんに連れていってもらいなさい」という話題になった。
かつての青年達(すなわち現在の中高年)が集って記憶遺産鑑賞会みたいになってお終いな訳がない。きっかけはなんであれ、名作は不滅です。現在が青春真っ盛りな若人達が聴いて、音楽志向が継承されるという良い機会なんじゃないのですか。
…と、杖術の伝承とあんまり違わない捉え方で考えてみた。




by snowy_goodthings | 2018-10-21 16:00 | 稽古記

第45回全日本杖道大会

平成最後の全日本杖道大会です。
1年に1回という開催サイクルが変わるわけではないのですが、ちょっと"節目"な特別感。「第45回」という回数もそうですし。

会場の久留米アリーナは、九州最大級の武道・スポーツ・トレーニングの機能を備えた総合体育館。今年6月に開館したばかりで、ものすごく綺麗で広い。
e0076761_21223998.jpg
その大会。
我らが玄武会の結果は、
六段の部 2位
七段の部 3回戦(ベスト8)←会場に貼り出された結果トーナメント表は間違い
e0076761_21365358.jpg
いかぬ、玄武会での記念写真を撮るのを忘れた。

私、個人的に決勝戦敗退記録を更新しました。
七段〜四段の部いずれも優勝組の顔ぶれが年ごとに変わる中、同じ布陣で昨年に続き今年も決勝戦まで進むことができたのはたいへんな僥倖であります。
決勝戦は楽しい。自分が立っている試合場が世界の中心みたいになる瞬間。広いアリーナの中でいま試合をやっているのは自分達だけという、"メーンイベント"な空気がたまらないです。
e0076761_21473879.jpg
たぶん、決勝戦がいちばん落ち着いてできたと思う。できた事はできる事の100%には全然足りなかったけれど、言い訳も悔いも無い。試合は一期一会、試合場に入ったらやるのみ。
あぁ、でも7月の都大会での至らなかった箇所はちょっとだけマシになっただろうか?試合後には、いつもお喋りする先生方からもこれまであんまりお喋りしたことが無かった先生方からも声を掛けて頂いたり、ツッコミを受けたり。あわわ…引き続き、励みます。声を掛けてくださった皆さま、ありがとうございます。


*


大会主催者による公式結果は、全日本剣道連盟サイトをご覧ください。

大会主管者による公式結果は、福岡県剣道連盟杖道部サイトをご覧ください。 ←後日リンク先調整します


*


神奈川県剣道連盟杖道部会による公式「活動報告」は↓こちらをご覧ください。


http://kanagawa-jodo.main.jp/


今年も広報担当者どうしで組んで決勝戦まで進んだので、自分達の試合の写真がまったく無い…というわけで、今年もまた福岡県の方よりご提供頂きました。毎々ありがとうございます。


私が試合の前後に撮り散らかした写真(閉会式の写真は「入賞者が写真を撮ってちゃいかんだろ」という訳で、オットが遠景で撮った)は Flickr (←Click!)にストレージしております。


コンパクトカメラしか機材を持っていかなかったので、枚数はありません。かつ、今回は新機軸、試合風景の写真は極めて少なくて、大会運営風景の写真がほとんど全部を占めています。その理由は、来年度の全日本杖道大会は我らが神奈川県剣道連盟が主管となるから。見習うべく、会場レイアウトとか係員のポジションとか、そういう写真がいつも以上に多め。
こうやって大会は出来上がる…いつもは道着姿でお会いする福岡の杖使いさん達の何人もが、コンサヴァティブな洋装で試合の進行に関わっていらした。皆さま仕事ぶりがみごと。かつ、速いのです。
あ、そうだ。個人演武:八段の部での神奈川県剣道連盟杖道部会長の演武写真はかなり多めです。県連の講習会では、あんまり型を通してやって見せる機会が少ないから…もとい、決勝戦直前だったので、他の先生達を撮るべく会場内をぐるぐる移動する余力があんまり無かった。←持久力の限界
最後の集合写真は、後日プリントを被写体の皆様へお配りします。
大会見学のためにはるばる福岡旅行しに来た、玄武館坂上道場の新人さんがシャッターを押してくれました。

なお、公式写真が個人名義アカウントにストレージされていることの是非は、どうか問わないでほしい。ボランティアなんです。


*


我らが玄武会(a.k.a. 玄武館坂上道場 杖道部・居合道部)のWEBサイトも更新しました。
「稽古日・活動報告」をご覧ください。



*


すっかり恒例、本番前に聴く Morrissey は今年2月グラスゴーでの "I'm always prepared to be sentimental. So, let me just say... I love you." って素敵な挨拶で始まったアンコール、'Irish Blood, English Heart' でした。
旋律に乗った詞は言葉足らず。聴き手には、感じて考えて行間を埋めることが委ねられる…受けて立つっ。感情が剥き出しになったような迫力を感じたり、決して明かしてはくれない闇みたいな気配を感じたり。俯いて耐えているようで、真っ直ぐ前だけ見て歩んでいるような。今日はこの歌で背中を押された。おろおろしながらも。
モリッシー先生、いつもありがとう。←毎々、懲りずに日本語で書く

あぁ、あとね…
技・所作についてどう使うという意味ではなくって、試合場での「演武」について自分の気持ちをどう持っていこうか思案した時に素晴らしく良い"お手本"となったのは、先月歌う姿を目の当たりにした Charles Aznavour でした(亡くなった事は猛烈に哀しいが、喪失感がまだまったく無い)。それと、これはキテレツに感じられてしまうかもしれないけれど、最近どこかで読んだ新日本プロレスリングの棚橋弘至選手のインタビュー記事(迂闊にもメディア失念)、言い回しの詳細は忘れてしまいましたが。
なんだかね、人生の歳月と生業のキャリアとが見事に循環していて、今の"いま"を「全盛期」にするしなやかな強さとしたたかな逞しさを感じて…閃いた。自分が見聞した事物の全部を自分の糧にしてやる。
そうやって閃いた通りにやって、今日の結果となりました。

で、いつも通りに明日になれば今日は過去になります。迷わず(稽古における迷いは多いけれど)前進あるのみ。

(^▽^)/



*


来年の第46回全日本杖道大会は、神奈川県横須賀市で開催です。


*


10/17追記:
またしても、Youtubeで自分の試合を観た。 σ(^_^; インターネットって便利だね。







by snowy_goodthings | 2018-10-14 17:00 | 稽古記

10月14日は

第45回 全日本杖道大会
The 45th All Japan JODO Championship
e0076761_00130462.jpg

開催日 2018年10月14日(日)
開会 9時15分
会場 久留米総合スポーツセンター ・久留米アリーナ (福岡県久留米市東櫛原町173)
主催 全日本剣道連盟
主管 福岡県剣道連盟

大会概要は全日本剣道連盟サイトをご覧ください。


*


今年もこの告知がされました。
世の中、好きな事でも嫌いな事でも難しさを感じる今日この頃だけれど、これだけは変わらない。
何故なら、これは圧倒的に絶対な自分事だから。かつ、この事に"終わり"は無いし。
ひたすら、やるのみ。という訳で、今年も自分も参加します。

(^▽^)


by snowy_goodthings | 2018-10-14 09:15 | 稽古記

講習会でした

台風接近前、杖道講習会でした。
e0076761_19045530.jpg
単独動作の後は、段位別に講習。
全日本杖道大会を2週間後に控えた日の開催だったので、初段以上では大会参加者は参加組なり参加者同士で指定技の錬成、そうではない人達はいつも通りに稽古という内容でした。


自分はというと、毎年同じことを指摘されるという "相変わらず" さを発揮しつつなんですが…それでも、先生達から細かく指導して頂く言われ方が昨年に比べてちょっとだけ違うとか、そうやって指導されて自分がその場でやってみる動きも昨年とまったくは同じでないとか、昨年5割だった事が1割とか5分とか増えたような変わったような。ほんのわずかな変化なので、「できるようになった」とはとてもじゃないけれど言えないのですが。
そもそも、昨年とまったく同じだったら、マズイだろう。そんなの、何に向かって何十年も稽古を続けているんだかって事になる。
過去の自分も現在の自分と等しい人間であるが、昨年の自分と今年の自分とは約1年分の経験の差異がある。同じ事の繰り返しのように見えて、同じではない。そーんな感じ。
そうやって稽古する事について自分自身は迷いはまったくないんだけれど、自分について「良くなっている」と仰る先生と「下手になっている」と仰る先生とどちらもいるのはケッタイに面白い現象。印象評価っぼい言い回しな先生もいれば、解りやすい示唆 or 難解な教示を与えてくれるまで踏み込む先生もいらっしゃる。
そういう時は、自分にとって背中を押されると感じる言葉だけ覚えておこう。いちいち全部覚えていたら、死ぬまで続く稽古をしたたかに生き抜けない。

果たして、「試合」という本番で何割できるのだろうか…という下衆い心配は、自分からはしません。その日にならなきゃわからない。
何が起きても、受け入れる。
(^_^;


台風24号接近による公共交通機関の運休可能性を考慮して、15時に講習会は終了。


*




神奈川県剣道連盟杖道部会による公式「活動報告」は↓こちらをご覧ください。


http://kanagawa-jodo.main.jp/



*


例によって、広報用写真は Flickr (←Click!)にストレージしております。

撮影者は全日本杖道大会前の練習に専念していたため、写真はほとんど撮っていません。
関係各位、よろしくお願いいたします。


by snowy_goodthings | 2018-09-30 14:50 | 稽古記

一級審査会でした

本日、玄武館坂上道場にて鶴見支部杖道一級審査会を実施しました。
e0076761_11182845.jpg
*Original Image on Flickr


玄武会の新人さん2名が一級を取得しました。


*


我らが玄武会(a.k.a. 玄武館坂上道場 杖道部・居合道部)のWEBサイトも更新しました。
「稽古日・活動報告」をご覧ください。




ここ2〜3ヶ月くらいの間、サイトへのビュー数が日本国内からよりも国外からのほうが超えてしまっている。国ではフランスから、広くエリアで捉えると中南米から。
いまや、日本の武道・武芸・武術への関心は、日本に棲まう人々よりも海外の方々のほうが高く or 多くお持ち?いずれであっても、興味を持って頂けるのはありがたい事です。





by snowy_goodthings | 2018-09-23 21:00 | 稽古記

講習会・称号予備審査会でした

すでに猛烈に暑い日ばかりが何日も続いていますが、明日には二十四節気の「大暑」を迎えようとしている本日は当たり前のように講習会が開催されました。

つい先日、全日本剣道連盟から注意喚起されたけれど、WBGT31℃以上の環境では「特別の場合以外は運動を中止する。」が指針となっているそうです。WBGT(Wet Bulb Globe Temperature)とは、環境省いわく「暑さ指数」。湿度と日射・輻射の熱と気温の3指標から計測されるのだけれど、計測器がないので今日自分達がいた場所の暑さがどのくらいであったかわかりません。
20〜30分おきに10〜15分の休憩を挟み、がむしゃらに動く練習はしない、「しんどい」と少しでも感じたらすぐ止める・なんなら今日は切り上げて帰る…という意味の指示の下、結果、誰ひとりも倒れずに本日の講習会は予定した内容すべてを終えたのでした。
人生を棒っこ振って謳歌されているヒトが沢山…


*


開会式の後は全体で単独動作。
e0076761_19421685.jpg
そのあと、無段〜六段まで分かれて午前中いっぱい稽古および称号予備審査会。
e0076761_20043578.jpg
午後は称号予備審査会の続きから始まり。
e0076761_20042575.jpg
ふたたび段位別に分かれて稽古を始める前に、指導部長から「全剣連杖道」解説書に基づく指導について、認識のばらつき・誤差を是正する注意あり。
e0076761_20084070.jpg
そのあと、1時間くらい午前中に続き段別に稽古。私が参加した六段の班は"集合知"への挑戦みたいな内容でした。正眼まで進んだところで、時間切れ。
e0076761_20105024.jpg
最後に、審判講習会。
五段以上が審判・四段以下が選手に分かれ、主に試合進行について実習。会場設営の都合上、途中からいつもと正面・仕打の位置が逆になったのは、気にしない。
e0076761_20161020.jpg
いつもの講習会より少し早め、15時30分過ぎには終了しました。
最寄りの駅まで行ける路線バスは30分〜1時間に1本の間隔でしか通っていないという郊外ベッドタウンな立地でしたが、審判講習を受ける人いがいはバスの時刻表に合わせて無理せず帰りなさいという指示もあって、撤収が速かった。

暑いのがとことん苦手な自分も、熱中症とか偏頭痛とか胃痙攣とかならないで今日1日を終えられそうです。講習会の終わり頃には稽古着が汗でえらい重くなっちゃって、猛烈に汗臭い自分が嫌んなりましたが…
(@o@)


*


神奈川県剣道連盟杖道部会による公式「活動報告」は↓こちらをご覧ください。


http://kanagawa-jodo.main.jp/



*


例によって、広報用写真は Flickr (←Click!)にストレージしております。
メヒコとかオイローパとかエゲレスとか海外の杖使いさん達が喜びそうなスナップが何枚か。見てくださいませ。




by snowy_goodthings | 2018-07-22 15:35 | 稽古記