タグ:映画 ( 263 ) タグの人気記事

ピクセル / PIXELS

今年のエイプリル・フールに↓こんなの見かけて気になっていた映画。
e0076761_00324094.png

 パックマンも嫉妬する世界初、ピクセルボディーのMINI
 「MINI 8ビットモデル」
 「トランスフォーム機能」
 「256色のカラーバリエーション」…


映画については
物語は何も残らないくらいチープなんだけれど、あっけらかんと愉しかった。
出てきたゲームについては過半数が判らなかったけれど、
中学生くらいの頃に聴き覚えがある音楽とか、
パックマン開発者の岩谷先生が、ご本人とご本人を演じる役者さんと2人出てくる
不思議とか、その他ご本人役出演のセレブな面々がいちいちツボにはまって大笑い。
e0076761_00380560.jpg
たまには、こんなのも。







by snowy_goodthings | 2015-09-21 23:55 | 鑑賞記

キングスマン / Kingsman: The Secret Service

「Kick-Ass」の監督作だっていう色メガネで観てはいけないんだけれど、
往年のスパイ映画についての言いがかりめいた賛辞とか本歌取りとか
階級とかガイア理論とか政治とかのモチーフの皮を剥いでしまうと、

物語の展開・構造はまるっきり「キック・アス」。
情け容赦無く踏み台となる魅力的なメンター、
選ばれし冴えない若者が成長して
"友情・努力・勝利"する。安定のヴァイオレンス、まったく期待通り。


でもなんか、
仰々しいウソっぽさと裏腹にうっすら実感を伴うリアリティが無くもない
というお話なんだけれど、掴みきる寸前に抜け落ちて行く。

クライマックスの「威風堂々」が流れるシークェンスは、
欧米人の考えそうなこったな演出でくだらねぇ…と思ってしまったのが
正直な感想。
その土壇場でそんなメタファーなお絵描きは甘い、甘すぎる。
もっとできるでしょう?できないんだっけ?

…と思ってしまう自分の感覚には、
その前の教会での"普通"の人々が"まさか"の事態となる場面のほうが好きです。
好きって、語弊あるけれど。
e0076761_01503294.jpg
(C)Twentieth Century Fox Film Corporation

キレッキレに汚いものがこれでもか、これでもかと生々しく剥き出し。
育ち良い大人がきっちり良い仕事する場違いな光景に
みてはいけないモノを見てしまったような思いでオロオロするんだけれど、
延々と続くソレをみていると、だんだんと違う感情も湧いてくる。
すんごい後味悪い。だから、印象にどろっと残る。

したっけ、そこまでイヤな思いをさせておいて、
明るく吹き飛ばそうとする終盤の展開には腰砕ける。たまたま
自分が嫌いな表現だってだけなんだけれどさ。地雷を踏まれた。


あ、
途中で姿を見なくなってしまったワンワン達の消息は気になる。
それも引っ掛かる。


面白かったんだけれど、この虚構世界を愛せるかというと厳しい。
(^_^;
いろいろ出てきた面白かった事物が、膨らむかと思ったら萎んでいった。


何故か「アナザー・カントリー」を観たくなるのでした。げしょ。



by snowy_goodthings | 2015-09-19 23:50 | 鑑賞記

テッド 2 / Ted 2

幕間に流れる鷹の爪団「キャラクターバトル」にウソっぽいテッドが出てくる。
e0076761_23003933.jpg
(C)DLE INC & TOHO CINEMAS LTD.

それだけの理由で、TOHOシネマズで観ようぜーっ…と、久しぶりに来たよ上大岡。
京浜急行を降りたら100m位の距離ににぎゅぎゅっと
商業施設が揃っていて、えらい便利げな繁華街になっていた。綺麗だし。

昔さ、京急の改札前に美味い焼き芋屋があったんだよ。
あぁ懐かしい。


で、映画。
e0076761_23052286.jpg
初めて観た時の「びっくり」感は慣れ親しんだぶん無くなっちゃうけれど、
ヒットしても、評判上々でも、てんで変わらないクマのヌイグルミ。このやろ。


ものすごく古臭い虚構世界のモチーフで土台ができあがっているし、
80年代に青春を過ごしたヒトらしい映画やテレビや音楽のネタのトッピングもあれば、
もっと昔に愛でられた映画や文学への真っ当真面目なオマージュもあるし、
毒のある時事ネタに挿まれた真面目な台詞の行間を深読みすれば
理想に燃える社会風刺にも見えるし、凄まじく高潔な愛に満ち満ちた生命賛歌も見える。
いや、そんなん気にしないで
バカバカしく笑い飛ばしちゃったって、愉しい。えらい懐が深い映画。
e0076761_23233298.jpg
(C)Tippett Studio / Universal Pictures and Media Rights Capital


あっちこっちに仕込まれた、
過去映画作品のモチーフにいちいちゲラゲラ笑いながら、それらもひっくるめて、
映画って「なんでもあり」な表現に対する敬意でムズムズしてくる。
むさくるしい愛に満ち満ちた映画賛歌にも見える。なまら楽しい。




by snowy_goodthings | 2015-09-12 23:25 | 鑑賞記

皆殺しのバラッド メキシコ麻薬戦争の光と闇 / NARCO CULTURA

夕方の所用前に、ちょい映画鑑賞。
"ちょい"と行ける場所に尖がった映画館がある幸せ。ありがたや。


邦題を見た時、「10年間でおよそ10万人」の死者がいるという
メキシコのドラッグ戦争について、
麻薬カルテルの抗争を追ったドキュメンタリーかと思ったのだが、
いざ映画が始まったらぜんぜん違った。
そんな、一筆書きできるような単純な事はなかった。

まぁ、奥行きある解釈を阻むようなレッテル貼り邦題は
過去にも沢山あったから、いまさら気にしないけれど…でも、
鑑賞前の予想と鑑賞中の印象とのシフト・ショックがぐわんぐわん。
(>_<)
e0076761_20412389.jpg
麻薬組織のボスを「英雄」と讃え、抗争での殺し合いを「成功」と讃える
ナルコ・コリードの歌い手は国境の北、アメリカ・ロサンゼルス生まれ。
メキシコに憧れ、ギャングに憧れ、マリファナを吸い、
「やめた」と言ってたのに…映画の中ではぜんぜん麻薬から足を洗っていない。

市民からは「何もしてくれない」と疎まれ、麻薬組織からは「殺す」と脅される
現場警察官は、国境の南、シウダー・フアレスで生まれ育った。
自分が子供の頃は平和な街だったと嘆き、同僚達の相次ぐ死を嘆き、
恋人と結婚したらすぐ向こう岸、平和なテキサス州エル・パソに移住しようと
考えているらしいが…映画が終わるまでは辞めようとしていない。
(彼に「明日」があったのかは不明)

そして彼らを巡る人々、生者と死者とが区別曖昧にわらわらと。
善良なヒトもいれば、凶悪なヒトもいる。


この喩えは極めて不謹慎だけれど、
ちょっと前に観た「マッドマックス」の虚構世界を
現実のものとして生きて死んでいるみたい。それを「格好良い」と熱狂しながら、
でも「暴力反対」とか「麻薬はNO」とか宣う人々。

死体は物言わないけれど無数に並ぶ市民墓地の墓標、
それとミニチュア豪邸のようなカルテルのボス達の霊廟は
雄弁に己の存在を物語っている。


で、遠い国で現実に起きている出来事は、
良くできたロマン・ノワールのように思えてしまう思考停止。


この喩えもぜんぜん無粋極まりないのだけれど、
ナルコ・コリードのうねうねとした節に乗った詞は、
まるでモリッシーが歌う"ギャングもの"をぐいっと拙くしたような内容。
聴いているうちに、ヘンな気分になってくる。
スペイン語さっぱりわからないけれど、韻を踏みながら繰り出される言葉は
あまりにも無体。


観ちゃったら、
安易に「人間の善悪とは…」みたいな"まとめ"に逃げさせてはくれない。
しんどかった。しかし、観る事ができて良かった。
知らないままより、知っていたほうがずっと良いや。



by snowy_goodthings | 2015-09-06 15:30 | 鑑賞記

さよなら、人類 / En duva satt pa en gren och funderade pa tillvaron

なんでこんな映画を観ちゃったんだろうという、困惑しかない。
e0076761_20211503.jpg
(C)Roy Andersson Filmproduktion AB

人類の未来を信じて笑って良いのか?人類の終焉を感じて恐れたほうが良いのか?
枯れた色彩の中、必死に生きている筈の人々が死人のように見えてくる。

え、これコメディなんですか。 (^_^;

by snowy_goodthings | 2015-08-18 22:30 | 鑑賞記

ジミーとジョルジュ 心の欠片を探して / Jimmy P

アルノー・デプレシャン監督作品でなかったら、日本公開は無かったかも?
いずれにせよ、観られて良かった。
e0076761_19390175.jpg
(C)Why Not Productions-France 2 Cinema-Orange Studio

臨床精神分析医のジョルジュ・ドゥヴルーの「夢の分析:或る平原インディアンの精神治療記録」が下敷き。
1948年、アメリカモンタナ州の軍病院。
心因性と思われる不調に見舞われた帰還兵である先住民ブラックフット族のジミーと、
治療者として招聘されたハンガリー系ユダヤ人でフランス国籍のジョルジュとが、
精神分析的な対話を通じて、それぞれの心の闇に光を灯していくお話。

出身国とか国籍とか民族とか、そういった人間を定義するレッテルをべりべりと剥がして、
うねうねと語られぬ暗い葛藤を経て、良い結末に至る。

ジョルジュ・ドゥヴルーとは何者かを知らないと、ちょっと解りづらい場面もあると思う。
心理学専修者の自分は心踊りながら眺めていたけれど、付き合わされたオットはどうだっただろう?
(^_^;

by snowy_goodthings | 2015-04-29 19:25 | 鑑賞記

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)/ Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)

愚かで面倒くさい表現者達が、長回しっぽい映像の中で右往左往していた…と、
書いてみたら、それ以上の感想が思いつかない。
e0076761_18054577.jpg
(C)Fox Searchlight Pictures

映画って、お芝居って、面白いなぁ。
いつも、なにかしら "新しい事" を教えてくれる。

映画そのまま、飛翔するような良い気持ちで観終わったけれど、それで良かったかな。
ちょっと引っ掛かっているんだけれど。 (^_^;

by snowy_goodthings | 2015-04-24 23:45 | 鑑賞記

幕が上がる

今夜はこれを観る。
平田オリザさんの小説「幕が上がる」の映画化。
小説に出てくる事物が好きなものだらけだったので、観られるのを楽しみにしていました。
e0076761_21430021.jpg
小説に比べると、
脚本を書くことから演出をするまでの脳みそが汗かくような創作の悶々とか、
高校生っぽい恋話はがっさり削って、
演劇という夢中になることをみつけて全身汗みどろにぶつかっていく部活動の勢いとか、
高校生っぽい夢や未来への不安や葛藤に焦点を当てた印象。

上手とか下手とかさておき、
ただ"頑張った"ではなく、稽古を繰り返して"身に付けた"であろうと感じる
「演技」をするももクロさん達。
e0076761_21430730.jpg
(C) O.H・K / F・T・R・D・K・P

昨年のいばらき総文2014の演劇部門の大会が流れたり、
青森中央高校演劇部のお芝居がのべ3作品登場したり、
他にも何処かで見覚えがある役者さんや演出家さんが映るし、あちこちにいろんなヒトが写っていたり、
芝居好きなヒトが作った映画っぽい。
富士山が見える土地の高校が舞台になっているのに、
讃岐うどんの「うどん脳」が出てきたり「ウィンタータイムマシンブルース」とかだったり、
芝居好きなテレビ局さんが作った映画っぽい。
そんでもって、
静岡県東部地区大会に津軽弁が溢れる『もしイタ』を演じる強豪校が出場するという、
物語としてのリアリティとかアイドル映画の気遣いとか高校演劇の枠とか地方演劇の枠とか、
なんもかも吹っ飛ばす無茶な展開するし。

映画ってなんでもありな虚構世界だったんだ。

素敵だ。


なんというか…間違いなくアイドル映画なのだけれど
(アイドル映画らしいバカバカしい配役も多々あったし)、
中途半端な映画好きであったり、中途半端な芝居好きであったりすることを
誇らしく思っちゃう映画でした。

そーんな、愉しい感慨だらけ。


劇中で演じられたお芝居は全部観たい。
"中西さん"の「修学旅行」とか、観られる時が来るだろうか。
Blu-ray発売時の特典映像か?




by snowy_goodthings | 2015-03-08 00:00 | 鑑賞記

シェフ 三ツ星フードトラック始めました / CHEF

今日はこれ。
e0076761_18334830.jpg
「アイアンマン」1〜2作目を監督したご縁なのか、ロバさんとか
それっぽい役者さん達が脇役で登場するのが楽しみだったのだけれど、
ただただ愉しくって美味しそうな"FOOD PORN"な映画だった。

e0076761_18430776.jpg
(C)SOUS CHEF,LLC.

肉食の描写が、下ごしらえから調理を経て食べるところまで潤沢。
ものすごくお肉が食べたくなる。
で、主人公の奥さんがベジタリアンであったりして、
多様な食習慣があっさりと共存する、おめでたい雰囲気がむんむん。
さらに、フランス料理店の厨房でコチュジャンとか作っていたり、
「おいしい」という味覚に人種や信仰や国籍の壁はないという、
やさしい雰囲気もむんむん。

メニューを巡って定番を重んじるレストランオーナーと創作を志すシェフとの対立とか、
ビジネスとアートとがバトルする真面目な話にも見えるんだけれど、
Twitterで大炎上を起こしてクビになっちゃったら、
あっさりとその葛藤はお仕舞い。

その後は、変態だが優しい男性達と美しい女性達と良くできた息子が
わらわらと主人公を助けて、ハッピーエンディングを目指してCUBANO屋台トラックが
走り出す。ただただ、おめでたい。
e0076761_18550251.png
(C)SOUS CHEF,LLC.

ゴージャスなフレンチも、屋台のキューバサンドイッチも、どっちも旨そう。
食欲はヒトを堕落させる大罪だが、ヒトの本質を剥き出しにする。なんてこった。
でも、台詞の端々に現れる主人公の態度は、
成熟したオトナの責任とか情熱とか愛情とかがキラキラしている。

…とまぁ、脳幹と胃袋とに心地良い刺激。


真面目なベジタリアンやヴィーガンの方には不向きこの上ない映画ですが。
(>_<;


ところで、キューバ風サンドイッチというのは、キューバではなく、
フロリダが発祥の料理だそう。ケイジャン料理みたいなルーツがあるのかな。
そういえば、アメリカとキューバは国交回復するんですよね。キューバ・フィーバーが来る?


by snowy_goodthings | 2015-02-28 23:00 | 鑑賞記

NO / NO

今日はキネカ大森、名画2本立てのうちの1本。
e0076761_17554371.jpg
封切り前から興味があったのに、
あちこち映画館での上映期間を逃しまくっていた「NO」をやっと観た。


ガエル・ガルシア・ベルナル主演だけれど、メキシコではなくチリの映画。
自分は冷戦世代ですから、
ピノチェト将軍の軍事独裁政権の存在は覚えているんだけれど、
この映画で描かれている1988念のピノチェト政権の信任を問う国民投票および
"Sí(YES)vs. No (NO)"両派のキャンペーンCM合戦のことは知らず。
独裁政権は冷戦後の現在も存在するけれど、
国民に対し賛成-反対を真っ当公けに問うなんて、
しかも政権が敗北を認めるなんて、なんて長閑。今や想像しづらい。
信任投票の2年後、ピノチェトは退任している。

e0076761_23080494.jpg
(C)Participant Media No Holdings, LLC

広告という表現手段について、
まじめでヒトをわくわくさせる役割の部分が語られている。
ぐだぐだ、やる気があるのかないのか。バラバラのチームワークながらも目的に
向かって盛り上がっていく製作者たちの姿はちっとも格好良くないんだけれど、
やってのけちゃう。


滲んだ画面と揺れるカメラアングルと暑過ぎる空調とで、途中から目眩を起こして
大変な思いをしながら観たけれど、面白かった。痛快だった。
乗り物酔いみたいなことにならなければ、もっと良かったのだけれど、
それを差し引いても良かったです。
ふぅ





by snowy_goodthings | 2015-02-22 16:35 | 鑑賞記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る