<   2019年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

伝達講習会でした

毎年6月の恒例、勝浦での全日本剣道連盟中央講習会の後に神奈川県で開催されるのは伝達講習会。
伝達講習会でした_e0076761_19471889.jpg
要自宅安静中の私は見学で参加。
うぅ、道着・袴を着用しておいて稽古できないのってツライ。(^_^;

はじめに座学。ガバナンス・コンプライアンスについて、全剣連としての取り組みに関する講話の紹介。
伝達講習会でした_e0076761_19500739.jpg
武道とは"見られて困る"・"知られてほしくない" おこないはあってはならない人間形成の道にあるんだという理解で良いだろうか。現代という時代らしく、配慮・気付きが多方向に必要となる内容だった。

体育館いっぱいに広がって単独動作のあと、打太刀・仕杖の礼法、太刀の構え方、全剣連杖道についての解説があり、無級〜六段まで段位別に分かれて練習。
伝達講習会でした_e0076761_20010658.jpg
長引く梅雨で蒸し暑い季節。見ているだけでも結構な疲労を感じるのでありました。
ただ、見取り稽古するつもりでいたけれど、講習会の場では自分自身で動かないといろいろ身につかないなぁ…と、思ったのでした。この辺り、道場の稽古・練習と講習会の説明・練習とは、ちょっと雰囲気が違う。


*


例によって広報用の写真は Flickr (←Click!)にストレージしております。

神奈川県剣道連盟杖道部会による公式「活動報告」は↓こちらをご覧ください。


http://kanagawa-jodo.main.jp/






by snowy_goodthings | 2019-06-30 16:00 | 稽古記

BABYMETAL AWAKENS ~ THE SUN ALSO RISES ~

可愛らしいお嬢さん達はカッコイイお姉さん達に変化し、そして今日は美しい大人になって現れました。その初日に遭遇。
自宅安静中の身ながら、オットと一緒だから(BABYMETAL鑑賞はオットが主たる意思決定者)なんとでもなるだろうと思って行きました。

横浜アリーナの正面は黒山の人だかり。
モッシュPITことアリーナフロア/座席があるスタンドそれぞれへの誘導が現地ではわかりづらかったり、入場時のバーコードスキャンがバクってチケットがプリントアウトされないのに"入場手続き済み"扱いになっちゃったり、開演時間がものすごく遅れたり、いくつかトラブルに遭ったのは、初日ゆえのご愛嬌。その事について不満を感じなかったのは、なんだかんだ、周囲のオーディエンスの方々が親切であったり、スタッフ・セキュリティの方々の接遇が柔らかい物腰であったり、つまりは"人"の良さを感じられる場であったから。
BABYMETAL AWAKENS ~ THE SUN ALSO RISES ~_e0076761_09403497.jpeg
笑顔いっぱいな

「ヨコハマー、会いたかったよー」

このご発声に胸ずっきゅん撃ち抜かれたのでした。←表現が古い。


函が巨大なので演出もド派手ですが、どうしても視線は3人が歌い踊る生身の姿に吸い寄せられる。自分達がいた席からステージは遠いんだけれど、ぜんぜん小さいと思わない。
はじめて聴く曲に新しい印象をバキバキと刺激されたり、ゲストのF.Heroの言語障壁のぶっ壊しっぷりに驚愕したり、馴染みある歌にはお若いのに円熟を感じたり、etc.

ライブって素敵な体験。文字通り"生きている"ことを確認できる機会。
頭も体も猛烈に動いた。結果、この翌日には片頭痛が悪化して大変な思いをしました。でも後悔は無い。

1. Arkadia
2. メギツネ
3. Elevator Girl
4. Distortion
5.शांति शांति शांतिi
6. Starlight
7. Syncopation
8. ヤバッ!
9. PA PA YA!!
10. ギミチョコ!!
11. KARATE
12. Interlude: FUTURE METAL
13. THE ONE
14. Road of Resistance


by snowy_goodthings | 2019-06-28 22:00 | 鑑賞記

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ / Godzilla: King of the Monsters

いつゴジラが「我々が人間を助ける理由はなにもない。人間はいつも我々をいじめているではないか」と言い出すんじゃないか、ワクワク…もとい、ハラハラしながら観ていたのですが、そんなことにはならず。
(^_^;

人類が作り出した殺戮の道具によって生まれた"水爆大怪獣"が人類を恐怖に陥れる…という、まったく人類を賛歌しない世界観が「ゴジラ」映画のフォーマットなんだと思っていたのですが、今夜観た作品はその繰り返しにはならなかった。
いくつかの犠牲を経て、人類が恐怖に対して憎悪することを止めた瞬間、新しい時代が動き出すという、"美しい"展開がそこにはあった。理想郷は死屍累々の向こうにあったらしい。

だが、しかし。それで良いのですか?そうしないと物語が動かないんだけれど、身勝手な都合良さにも見えちゃって、困惑する。ゴジラに対して行動を起こした何人かの登場人物達の葛藤についての描写は非常に控えめなので、彼ら・彼女らの選択の理由は行間を埋めるように想像するしか手が無い。

…とまぁ、引っ掛かる描写はいくつもあるのですが。それはさておき。
こういう己の価値観を逆撫でされるような印象を残されてしまうというのが、「ゴジラ」映画なんだと思って納得する。むしろ、このような感触があってこそ。
ゴジラ キング・オブ・モンスターズ / Godzilla: King of the Monsters_e0076761_00454797.jpg
(C)Legendary and Warner Bros. Pictures


したっけ、
伊福部昭先生の「ゴジラのテーマ」は偉大でした。フルオーケストラ以上に音数が多くなった、あの音楽がジヤンジヤン響いてくるのです。
素晴らしいって、言葉しか出てこない。あれこれ述べても、まったく足りない。





by snowy_goodthings | 2019-06-15 23:55 | 鑑賞記

名探偵ピカチュウ / Pokemon Detective Pikachu

5月上旬、'Morrissey on Broadway' 会場近くというかシアター・ディストリクトの一画というかタイムズスクエアのすぐそこでみかけた、ピカチュウの巨大なビルボードが強烈だった。ポケモン、アメリカでも大人気。
名探偵ピカチュウ / Pokemon Detective Pikachu_e0076761_01223200.jpg
…だもんで、観に行きました。お気軽に愉しめる映画であるかなっと思ったんだ。
しかしながら、「ポケットモンスター 青」「ポケットモンスター ピカチュウ」「ポケモンGO」いずれもプレイ時間のべ2〜3時間ちょっとで挫折した私には、ちょっと難しかった。

名探偵ピカチュウ / Pokemon Detective Pikachu_e0076761_00252492.jpg
(C)Legendary and Warner Bros. Entertainment, Inc.


/(^▽^;



そういや、これまで全米で上映された日本映画で興行収入的に最も成功した作品は「ポケットモンスター ミュウツーの逆襲」であるって話を誰かのインタビュー記事で読んだ記憶があるんですが、現在もそうなんだろうか。



by snowy_goodthings | 2019-06-08 23:00 | 鑑賞記

ノーザン・ソウル / Northern Soul

2014年に作られたそうですが、日本では自主上映を経て2019年にやっとロードショーが始まった作品。東京都内での上映はとっくに終了していたけれど、横浜では5月下旬になってやっと始まったので観に行くことができました

…って、勤務地は東京都内なんだから行こうと思えば行けたのかもしれない。いや、時間的にも気持ち的にも余裕が無かったから、やっぱり無理だったかな…今もややハラハラしながらなんだけれど。
(^_^;
ともあれ、えいやっと思い切って行きました。水曜日の映画館は「レディースデイ」とやらで、いつもよりちょっとだけお安いチケット代1,100円で1974年のイングランド北部へタイムトリップ。
ノーザン・ソウル / Northern Soul_e0076761_23524663.jpg
(C)Stubborn Heart Films (Heart Of Soul Productions) Limited

お話はだらだらっと起伏が緩やかそうで、いろいろあった気がする。家族だの、学校だの、ドラッグだの、李小龍だの、お洒落だの、彼女だの、友達だの、生と死だの、あれやこれや。ただ、そのいずれにもあんまり拘泥しないで、物語は音楽の勢いに流されるようにびゅんびゅん進んでいっちゃう。
だからかな…若者らしい自己肯定への欲求が、ややこしいけれど面倒臭くなく、妙に可愛らしく見えちゃう。

セールスチャートとか主要メディアによる最新情報とか"流行"を無視してイングランド北部で若者達が夜通しで踊る音楽は1960年代の1曲3分足らずの7インチシングル盤の束。夜更けから夜明けまで彼らが踊り続けるためには何枚のシングル盤が必要なんだろ?
劇中に沢山流れる歌は知っている歌よりも知らない歌のほうが多かったんだけれど、1回聴けば次にリフレインが始まる時にはもう覚えてしまっていそうな心地良い音、そしてずばり言い諭されるような詞とが詰まったものばかり。古い歌なんだけれど、ぜんぜん古びていない。これはすごい。

音楽によって主人公が奮い立たされる姿は、そのままスクリーンを眺めている自分にも当てはまるんじゃないかって思った。そういう体験をした心当たりがあるから。おめでたい共感がばりばり。


*


で、映画の後にはちょっと遠回りして横浜文化体育館のすぐ横にあるレコード屋さんに寄って、7インチ盤お買い上げ。
ノーザン・ソウル / Northern Soul_e0076761_23530435.jpg
Pretenders と Peter Murphy …って、ぜんぜんソウルミュージックじゃないというオチ。しかもPeter叔父貴のシングル盤は、既に持っていた。やっちまったーい。
/(^▽^;

こちらのレコード屋さん:Baysonic横浜店には、およそ1年に1回くらいの頻度でしか来たことがないのだけれど、何故か店主殿は私のことを覚えていた。
初めて来たのは2016年10月1日。Morrissey 横浜公演キャンセルの日にベイホールを冷やかしに行った帰りに寄ったのです。初めて来た時、そういう話をしたような記憶がある。で、今日もMorrisseyのツアーを追いかけて昨年12月に訪れたサンパウロのレコード店街が素晴らしかったという事をお喋りするのでした。
楽しかった。




by snowy_goodthings | 2019-06-05 17:25 | 鑑賞記

商店街プロレス2019開幕戦

横浜の商店街のお祭りといったら、「商店街プロレス」です。

今年は六角橋商店街の興行は長崎での杖道地区講習会と重なっている(病み上がって最初の飛行機搭乗だからドキドキさぁ)ので、鶴見商店街での開幕戦を観に行きました。ちょうど、たまたま、土曜のお勤めが無い日だし、行ける時に行こうって事で。
商店街プロレス2019開幕戦_e0076761_13461559.jpg
当日券を買って振り返ったら浜亮太選手とばったり真正面から遭遇。
あっ、このヒト知ってるとか思いながら逡巡していたら、先に「お疲れ様です」と声をかけて頂いてしまった。いや、それは此方が言うべき言葉です。恐縮。

関本選手にサインして頂きました。なまら感激。
商店街プロレス2019開幕戦_e0076761_14175619.jpg
で、試合。
初めてのホール観戦はやや遠間:後ろから2列め真ん中から見下ろすように眺めていたのだけれど、あんまり遠いと感じなかった。
此処なら安心とか思っていたら、大間違い。セミファイナルの場外乱闘では、たまたま空いていた我々の前列に大きな選手おふたりがドカドカっと上がってきて、我々の目の前でボコボコっと張り合い始めたからびびった。
商店街プロレス2019開幕戦_e0076761_14181757.jpg
びっくり。こういう時って、写真を撮る余裕なんざ無いさね。やや仰け反り気味に成り行きを注視するばっかり。
商店街プロレス2019開幕戦_e0076761_14182937.jpg
初めて観る選手が多くて、かつ、皆さん魅力的な動きを見せてくれるヒト達ばっかり。どれもこれも、プロレス。

最後は、商店街会長を真ん中に皆で商店街の繁栄とプロレスの発展を祈念して、大唱和。
ほのぼの、楽しい心持ちとなってお終い。
商店街プロレス2019開幕戦_e0076761_14185109.jpg
ついでに、久しぶりに鶴見駅界隈を散歩して、商店街の魅力を再発見。
商店街プロレス2019開幕戦_e0076761_14222225.jpg
最近は本町通の道場への行き帰りはべーゔぇ(クルマ)だから、身近な街の有様・変化に気付かなかった。不動産屋さんの看板ワンコとか、京急鶴見駅前の古い台湾料理屋さんの揚豆腐とか、自分の足で歩かないとわからないっしょ。

来年は何処の商店街で観られるかな。
(^_^)



by snowy_goodthings | 2019-06-01 17:30 | 散歩記 横浜


日常瑣末事記録


by Yukiko

プロフィールを見る