<   2017年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

バーフバリ 王の凱旋 / Baahubali 2: The Conclusion

祝、吉祥開運ロードショー。2017年の映画鑑賞は、王を称えて終わり。

美しいもの・醜いもの、どちらも等分に出し惜しみなく情け容赦なく突っ込んでくるのは、前編と同様。
その結果、できあがった映像の絢爛豪華な有様は前編よりも過剰。
e0076761_10563048.jpg
(C)ARKA MEDIAWORKS PROPERTY

大変失礼な物言いを書いてしまうが、
2017年に観た他の映画作品の記憶が霞んでしまった。おそらく、この次に観る映画作品も霞む。どうしてくれようか。


インド映画については、
'Padmavati' 公開延期とか、ぽろぽろと気になるニュースを見聞するけれど、
(政治と宗教と国家と民族の問題は、此方の拙い理解を超える)
"表現"への限界知らずな欲求のすさまじさについて、「好き」「嫌い」なんざ問答無用で称賛するべきだと思っている。


by snowy_goodthings | 2017-12-31 23:30 | 鑑賞記

パーティで女の子に話しかけるには / How to Talk to Girls at Parties

これ、パンクの皮を被った古式ゆかしいジュブナイルSFだよ。
"Punk"という言葉はものすごい回数、聞いた気がするけれど、全然違うお話。
e0076761_00175736.jpg
(C)COLONY FILMS LIMITED

はるか昔に見覚えがある、NHK「少年ドラマシリーズ」のような雰囲気。良い。


*


おまけ:
帰りにタワーレコード渋谷店に寄り道したら、
Record Store Day Black Friday 2017 の名残り(余り?):'Guardians of the Galaxy Baby Groot Picture Disc' に遭遇。
もう在庫なんざ無いと思っていたから、嬉しいぞ。お店に行く醍醐味って、こういう事かな。
それと、George Enescu の交響楽を1枚、衝動買い。演奏はBBC Philharmonic Orchestra だって、
ロンドンが拠点のThe BBC Symphony Orchestraではなくて、サルフォードが拠点のほう。BBCはグレートブリテン各国に楽団をお持ち。
e0076761_15354187.jpg
帰ってきたら、アメリカからRecord Store Day 2014の名残り(余り?):Peter Murphy 'Hang Up' が届いていた。
嬉しい物事とは、重なる時は重なるものであるらしい。

全部一気に聴いてやるっ。




by snowy_goodthings | 2017-12-30 16:20 | 鑑賞記

オリエント急行殺人事件 / Murder on the Orient Express

1974年の映画が無かったら、たぶん傑作。←すんごい意味の無い「〜たら、〜れば、」な感想。
e0076761_01081716.png
(C)Twentieth Century Fox Film Corporation

ケネス・ブラナーの大車輪な仕事ぶりが見事。



by snowy_goodthings | 2017-12-29 23:50 | 鑑賞記

女と男のいる舗道 / Vivre sa vie: Film en douze tableaux

稽古納めと仕事納めをして、やっと映画を観に行ける時間ができたのだが、
"観たい" と思っていた秋封切りの作品は悉く上映終了していた。がぁーんっ…まぁ、
"観たい"と思った時に行動を起こせなかったのは、縁がなかったというか、その程度だったというか。要するに諦めろって。

だもんで、家で映画鑑賞。
e0076761_02141536.jpg
掴みどころが難しい。それでも良いかって思った途端に、ぽいっと置き去りにされるように終わった。
あらららら…


by snowy_goodthings | 2017-12-28 20:00 | 鑑賞記

生誕100年 ユージン・スミス写真展

東京都写真美術館で、
「生誕100年 ユージン・スミス写真展」と「アジェのインスピレーションひきつがれる精神」とをはしご。

行こうと思ったきっかけ:W. Eugene Smith が素晴らしかったです。
e0076761_02060286.jpg
趣味愛好家、アマチュア、プロフェッショナル、いずれの立場であれ、
写真を撮ることについて、意味・意義だとか功罪の両方だとかを考えたことがあるヒトだったら、響きそう。
かく書く自分は、なにか掻き立てられるような思いをちょっとした。

ついでに、こうも思った。
真剣勝負な写真は、被写体のみならず撮影者の心象をも写す。


*


おまけ:
目黒駅前のネパール料理店で食べたダルバートがたいへん美味しかった。
e0076761_02132584.jpg

by snowy_goodthings | 2017-12-28 16:00 | 鑑賞記

クリスマスっぽい

晩酌。
e0076761_01042064.jpg
レンズ豆のミートローフ"もどき"は、美味いんだけれど造作にもうちょっと改善の余地あり。
今日培った経験が、お正月のお節で松風"もどき"の完成度を高める予定。

by snowy_goodthings | 2017-12-24 18:00 | 冠婚葬祭年中行事記

朝日湯(横浜市西区)

ついに神奈川県公衆浴場業生活衛生同業組合の回数券を買っちゃったよ。
有効期限は2018年2月28日だから、浴びまくらねば。やっとエンジンがかかってきた。
(^o^)

東海道から藤棚商店街に向かってちょっと入った住宅街の中でにょきっと伸びる煙突は、隣のマンションとほぼ同じ高さ。
e0076761_22453716.jpg
昭和のお風呂屋さんといって想起される、そのままな姿形の建物。
e0076761_22521456.jpg
営業情報は、

で、その組合ホームページの紹介文に "湯船は熱めになっております" と、ある通り、此処の広いほうの湯船のお湯はたいへん熱い。
温度計は「46℃」を指しているのだけれど、体感温度は50℃近い。1分も浸かっていると、

痛い。

あまりのお湯の熱さに、初対面のお客さん達との間に不思議な連帯感が生まれるという、
昔の心理学実験みたいな事態が発生する。
比較的温度を低く感じる狭いほうの薬湯(今日は赤茶色い「じっこう」)の湯船に2〜3人で浸かって、
「そっち、熱かったでしょ」「熱いですね」「入ってられないのよ」…等々、お湯の話題だけで会話が成立するのでありました。


銭湯絵師、丸山清人氏の見附島の壁画を眺めながらゆっくりと…はできなかった。
江戸っ子の銭湯みたいな場所だった。

でも、ま。
番台のおばちゃんの気遣いある対応で、全部が丸く収まるのでした。



by snowy_goodthings | 2017-12-24 16:50 | 散歩記 横浜

親松の湯(横浜市神奈川区)

六角橋商店街へ出かけたついでに、横浜上麻生道路からちょっと入った場所にある"バスタイムセンター"へ。

表の構えはタイル貼りのビジネスホテル風だけれど、
カウンターの奥にあるのは古式ゆかしい宮造りの高い格子天井の脱衣場とお風呂場。
オットによると、男湯から見える中庭の池には鯉が泳いでいるんだそうだ。ほえーんっ!

ラドン浴泉が「ゆず湯」だったので、1日遅れで冬至らしいことをした。



by snowy_goodthings | 2017-12-23 20:00 | 散歩記 横浜

納会でした #2

本日は、神奈川県剣道連盟居合道部の納会が神奈川県立武道館で開催。
e0076761_22325021.jpg
七段の先生方から始まり、その後は無段から八段までの全員が、全剣連居合道から自由技5本を演武する日だそうです。

自分、今年は存分に杖道についてやるんだと決めてやって、やったなりの結果を得られたから
(仕事や趣味の旅行との遣り繰りはグダグダになりつつも、なんとかできた)、
居合道もちゃんとやらないとって思って初めて参加しました。
上手じゃない自覚はあるから、やってみて反省したり思い知ったりする機会には躊躇なく飛び込んだほうが
身につくんじゃないかな。そんな動機から。
/(^_^;

開始線に立ったら、あまりに寒くてびびった。
自分の身体を制御する事がこんなにも難しいなんて。演武はあっという間に終わっちゃったけれど、良い経験でした。

やっぱり、やってなんぼのもんじゃい。
遊んでいる暇はない。とにかく、稽古しよ。

来年の12月には、もう少し格好良くなりましょう。そうならないと。





by snowy_goodthings | 2017-12-23 12:30 | 稽古記

羅府(Los Angeles)まとめ

2017年11月、我が誕生月、約5日間のロサンゼルス遠足記録。
例によって、きっかけは "Morrissey" ですが、主たる目的から離れた事を沢山している。

ところで、
今回、旅行前後と旅行中に何度か思ったんだけれど(有難くも、それを思わないといけなくなる状況になった)、他人のSNSだかブログだかの投稿を見て「あのヒトは何処に行く」とか「あのヒトは何をしている」とか知りたがるんだか、比べたがるんだか、挙句は批評の真似事をしたがるんだか、自分のほうが"賢い"とか"強い"とか思いたがるんだか、要するに気にするなんざ、辞めなされ。
それって、私の目には馬鹿馬鹿しい時間の無駄で弱々しい血迷いごとに見えるんだけれど。
どうなの?
まぁさ、私がそう書いたところで結局は「ご随意にどうぞ」なんだけれど。人それぞれですから。
貴方・貴女の人生も毎日も、貴方・貴女のものです。だったら、他人がどうとか関係無いでしょう。それとも、違うの?それって、どういう生存競争?
ただの好奇心なら解らないでもないんだけれど、当て推量だらけなゴシップ放言癖ならば受け入れ難い。それってどんな価値があるの?自信を持てないのか?満足ができないのか?
私は、自分自身の体を以って見聞して自分自身で感じて考える事が好きだから、その志向が解せない。巻き込まれるのは致し方ないが、付き合うのは御免です。知らん。鬱陶しい。

したっけ、このような事を書くのはこれが最後にしておきたい。
あぁ、まったく。どうでもいい。


*


やっぱり自分で自分を運んで、自分の五感で知らないとわからない。
動機づけがふわっと曖昧だった秋の遠足は、いざ行ってみれば意味ありげな体験ばっかりにぶち当たる約5日間でした。

ただし、アメリカさんは我が身の丈に対して大きすぎる。
いくつか至らない事あり。しかし、大きすぎる街をたった独りで歩く事は、快感であった。
また行かないと…そうなんだ、いつのまにか「また行きたい」とか思っちゃっている。
次に行く時の"きっかけ"は、もうMorrisseyではないかもしれないし、またMorrisseyかもしれない。今はわからない。いずれにせよ、また行くつもり。

木曜日の午後に出発して火曜日の午後に帰宅。
勤務先の業務は4営業日しか休まなかったにも関わらず、2ヶ月前からいくつか並行する案件の進行を調整していたにも関わらず、水曜日の朝ちょっと早めに出社したら、仕事が山積み過ぎて、どれから手をつけたら良いのか判らない事態。
クライアントコントロールがぐだぐだ、あれやこれや重なりまくっている。
おいこら、納期の順番に対応しますってば。それって、声がでかい順じゃない。しばし、馬車馬の如く働く日々になりそう。
もちろん、言うまでもなく稽古もします。閃きを得るような刺激を受けた瞬間が、旅先であったから。なんと、武道稽古者としての野心が芽生えてしまった。

かくして、私の人生は自分勝手に強化されたのでありました。

(^▽^)

そんでもって、
仕事とか稽古とかをしながら、次は何処へモリッシー先生が歌うのを追いかけようか考えている。そうなるのが当たり前の展開。
e0076761_00543300.jpg

唯々、その場にいる事をどうか許してほしい。
私の反応速度はとても遅い。反射的な行動ならば人並みよりちょっとは速いかもしれないけれど、認識したり思考したりを伴う行動はすごく鈍い。
日本に帰ってきてから反芻するたび、じわじわ沁みてきている。
例によって、いつもの通り、見聞した事物について身体の具合が悪くなるまで考え続けている。良いでしょ。


そうだ、これは書いておかねば。
Hollywood Bowl でお会いした聴衆の方々、ご挨拶をありがとうございました。
現地集合の知人さん、いつも最前列にいる顔見知りさん、いきなり背後から声をかけた初対面さん、
マーチャンダイズでばったり再会したスペイン語訛りの女性達、
いつか何処か Morrissey が歌う場所で再びお会いするんだろうな。そうなるでしょうね。

ついでに、
ショーの間はやかましく厳しかったけれど、ショーの前後には礼儀正しかったセキュリティの方々、
お疲れ様でした。
2日間とも、「下がりなさい」「席に戻りなさい」と何度か体当たりを食らいましたが、ショーが終わった後には「楽しんだ?」と優しく労われるのでした。
お互いに"役割"を果たした結果ですから、恨みっこなしです。だって、モリッシーのショーですから。
いつかまた遭遇することがあったら、どうかお手柔らかに…


*


写真の現像・整理から始めているのだけれど、かつてないほど面倒くさい事になっている。作文はその後だ。
ステージへカメラを向けた回数は、すべての曲でスマートフォンを翳してfancamを録り続けてたファン達に比べたら、全然少なかったと思うけれど。
でも、本当はヒトを撮るのは大嫌いなんです。だって、嫌いだから。
Morrissey だけが例外。かつ、Morrissey と氏のバンドとがステージの上に立つ姿だけ。それで充分。


そんな、旅の主たる目的であった "Mozwood Bowl" こと Morrissey at Hollywood Bowl 2日間に自分が撮った写真は、
Flickr にある。
いちおう写真の選定・現像は終わらせたつもりだけれど、
ボツにした写真が惜しくなって加えたり、逆にダメだと反省して隠したり、往生際悪くいじっている。終わるのかな。


please kindly note*
© 2017 Yukiko Nakagawa
These photographs of "Morrissey" are just personal memories taken by NON-professional
photographer audience, me.
Most importantly, Mr. Morrissey’s right of portrait has precedence over my copyright.


それと、 Los Angeles なる大きな街を5日間足らず行き当たりばったりに歩いて撮った写真も、
Flickr にある。
現在、時系列ぐちゃぐちゃにストレージ進行中。果たして最終的に何枚になるのやら。



■ November 9. 2017

 着いた、燦々と日が差す場所。

 聖林に来た実感が湧く眺め。
 ただし、ごく一部の人達にとって。

 私の趣味は庭いじりです。

 恒例、ただのぷらぷら街歩き。

 'The Queen is Dead'
 2017 re-issue における交通広告。
 これって、LA限定販促活動?

 音楽家ではなく、社長の手形探し。

 ♪Je suis un enfant de la terre...

 レコ屋さん。


■ November 10. 2017

 "Cimitirul Vesel" in USA...

 "Morrissey Day" のショー、
 開場前後の右往左往と Billy Idol。

 "Morrissey" を見聞したことについて。
 自分のことしか書いていない、それが精一杯。
 例によって他人様のお役には一切立ちません。
 悪しからず。


■ November 11. 2017

 看板。

 写真を観に行った。

 我が印象は、映画「天国と地獄」の天国。
 良い場所。

 我が印象は、映画「天国と地獄」の地獄。
 また行くべ。

 目に入った物について、ほぼそのまんま。

 第二夜。
 開場 〜 Billy Idol 〜 プレショービデオ 終わり。
 特に印象が強かったことだけ。

 再び "Morrissey" について。
 前日に増して自分のことしか書いていない。
 私はいち聴衆であって、
 批評家・評論家の類ではない。


■ November 12. 2017

 天文台。

 セルフビルド高い塔。

 映画好きっぽい巡礼。

 'The Queen is Dead'
 2017 re-issue における交通広告。
 発売直後には、もっと彼方此方あったらしい。


■ November 13. 2017

 夜明け前。


■ November 24. 2017

 メシの恨みは恐ろしい。


■ December 22. 2017





by snowy_goodthings | 2017-12-22 23:59 | 旅行記


日常瑣末事記録


by Yukiko

プロフィールを見る