<   2017年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

Spring 2017

Morrissey先生が動き出す。旅が始まる。
(^▽^)


日本は、2016年度の終わり~2017年度の始まり。
一昨年はプロジェクトの隙間にグラスゴーへ行けたけれど、今年はいくつも納期が連なっている。
ふらっと行けないほど予定が確定しちゃっているけれど、良いんです。

おじさんが世界の何処かで歌っているという事実が
すさまじく嬉しい。





でも、メヒコは行きたかった…
行ったら、州庁舎の天井画を観たかった。←縁があれば、いつか行ける


*

2/9追記:


Viva 、昨秋に香港公演で "Méxicooooo!" と叫んでいたお姉さん達。
そして、
あんなヒトや、こんなヒトや…メキシコに棲むヒト、メキシコを出て暮らすヒト、皆さま。
(^▽^)

告知にいちいちワクワクしている自分は、すげえ御目出度い。自分は行けないってのに。
狂気の沙汰。違う、これは驚喜の沙汰であります。
e0076761_22192901.jpg
やったーっ♪



please kindly note*
© 2016 Yukiko Nakagawa / Original images are stored in Flickr
Photographs of "Morrissey" are just memories taken by NON-professional
photographer audience, me.
Most importantly, Mr. Morrissey’s right of portrait has precedence over my copyright.
(But I know I can NEVER photograph him perfectly)
Thank you & So sorry.

by snowy_goodthings | 2017-02-07 13:00 | 鑑賞記

古民家と見世物

今日は立春、暦の上では春の始まりです。
どうりで暖かい。

だもんで、べーゔぇの幌を開けて走ってきました。成田の古民家まで。
今回はあんまり迷わなかったけれど、それでも曲がる角を間違えて成田国際空港の端をくぐった。
その先、ゴルフ場と畑と工場とを通り抜けると小さな集落に着く。
e0076761_20333639.jpg
やや場違い感が漂うけれど、
オープンカーは空気が綺麗な郊外でないと幌を開けて走れません。許して。
…って、横浜のど真ん中でも開けて走っているけれどさ。

クルマを停めたら、丸々したニャンコが「んにゃー」と出迎えてくれた。
e0076761_20355372.jpg
今日はじめて知ったが、こちらの看板ニャンコちゃんは2匹いる。よく似た毛色の、大きいコと小さいコ。

今日は中の間に上がり込んだ。
e0076761_20372229.jpg
本日の定食。
味噌汁は事前にお願いすれば昆布出汁にして頂けるとのこと。んじゃ、次はお願いしようか。
e0076761_20381388.jpg
中の間には文庫本が沢山。背表紙を眺めていると、持ち主のご趣味が窺われる。
「幸福という名の不幸」…
e0076761_20394887.jpg
にゃーにゃー声がすると思ったら、さっき出迎えてくれたニャンコだ。ちょっと太めちゃん。
e0076761_20414646.jpg
外に出たら、昨年末に来た時に会ったニャンコが挨拶してくれた。ちょい小柄ちゃん。
コロコロと、よく転がる。
e0076761_20425008.jpg
じゃあね、また来るね。
e0076761_20431967.jpg
そして、国立歴史民俗博物館で「見世物大博覧会」を観た。
展示品の数が少なかったことは残念であるが、1時間ちょっと愉しかった。
e0076761_21571261.jpg
図録が読み物として、重量級の面白さ。帰宅してから、ただいま読みまくっている。


by snowy_goodthings | 2017-02-04 16:30 | 駆動記

タワヨコ

Maria Callas と Isao Tomita とLeonard Bernstein とが仲良く並ぶ、Tower Records 横浜店。
マリア・カラスとレナード・バーンスタインとは 「Medea」 など共演しているが、
此処では冨田勲先生が2人の間に割っている。
e0076761_22324535.jpg
3人とも、愛すべき異能の存在。不思議な光景。えぇ、3人とも好きです。
肉体は果てても、作品は生き続けている。


ルーマニアでの汚職法案成立への抗議デモの報道を見て、何故か
George Enescu を聴きたいなと思ってしまった。
エネスクは、第二次世界大戦後ルーマニア共産党の一党独裁が始まって以降は故郷に戻らず、
パリで亡くなっている。

で、タワヨコに寄り道したのだけれど、自分が聴きたい盤に巡り会えなかった。
ざーんねーん。

by snowy_goodthings | 2017-02-03 21:45 | 散歩記 横浜

良い心がけ

自転車は駐輪場に、自動車は駐車場に。
e0076761_22301852.jpg

by snowy_goodthings | 2017-02-02 16:30 | 散歩記 横浜

鋤田 正義 写真展:SUKITA / M Blows up David Bowie & Iggy Pop、ゴジラ初上陸の地

今年の人間ドックは1日がかりの受診になっちゃって、
午後のMRI検査まで隙間時間があるから、品川のキヤノンギャラリーSへ。
海からの風なのか、ビル嵐なのか、冷たくて強い風がビュービュー吹きすさぶ中、行った。
e0076761_22084334.jpg
鋤田 正義 写真展:SUKITA / M Blows up David Bowie & Iggy Pop
2017年1月19日〜2017年3月6日
於:キヤノンギャラリーS

たいへん有名な、
1977年の来日時に撮影されたポートレイトとか、その後のライブ写真やポートレイトとか。
ずいぶん前の作品だろうけれど、「古い」と感じない艶っぽさ。
イギーじいじは、ごく最近、2016年のツアーで撮られたものもあって、
懐古的な郷愁ばっかりではない印象。
  Flow Festival 2016 のポスターになっていたポートレイトは、
  鋤田氏撮影だったんだーっ、きゃーっ

フィルムカメラで撮影された写真を、
CANONの大判プリンター imagePROGRAF でプリントしたものだそう。
被写体を生々しく剥き出しにするというより、
芸術的なギミックが施されたハレの姿をみせてもらっている気分になる。
畏敬の念を持って、憧れてみつめるような、絶妙な距離感。
素晴らしいアーティストは、近いんだけれど、遠い。そして、離れない。

たまらーん。

受付で頂く事ができる図録には、小さめながら作品が全部網羅されている。
e0076761_22333366.jpg
貰っちゃって、良いんですか?
自分、キヤノン使いでいて良かったです。いや、自分は中途半端な写真好きなだけなんだけれど。
(^o^)


*


キヤノンSタワーは品川駅前のオフィスビル街の端っこ近く。
此処は、
JR東日本と京浜急行のターミナル駅と最先端オフィスビル郡と日本最大の食肉市場とが
並列する奇妙な界隈。

ちょい足を伸ばして、北品川の古い町並みをぷらぷら歩いて、「ゴジラ初上陸の地」へ。
e0076761_22413967.jpg
1954年公開、「ゴジラ」第1作で、ゴジラは東京湾から品川に上陸したのだそう。
此処から?

なお、観音崎たたら浜には「ゴジラの足跡」があるけれど、
あれは同じく「ゴジラ」第1作でゴジラの存在が最初に確認されたのが
観音崎沖だったからであるらしい。そうだったのかっ。


もうちょっと歩けば、"海水湯" って名前の銭湯があったり、
「David Bowie is」開催中の寺田倉庫G1ビルがある天王洲まで行ける筈。
古い建物と新しい建物、小さな家屋と大きなビルや倉庫、様々な建造物がごっちゃ混ぜで
不思議な界隈。

by snowy_goodthings | 2017-02-02 12:50 | 鑑賞記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る
通知を受け取る