横浜で一番クレイジーな商店街

六角橋商店街の夏の風物詩「商店街プロレス」へ。
e0076761_16520038.jpg
オレはプロレス生鑑賞2回目。つまり、昨年の商店街プロレス以来であります。
今年も15時からの当日券販売に並んで、立見券を購入。並んでいる間に選手の方々が目の前を至近距離で通り抜けていくんだけれど、皆さんそのあとリング上にいる姿を観た印象に比べて相対的に小柄でいらっしゃる。リング上でばったばった暴れている時は1.3〜1.8倍くらいの大きさになる。

開場までの時間潰しに入ったゴクラクレコードさんで、未開封の 'Star Trek: Original Television Soundtrack' に遭遇してつい買ってしまった。
e0076761_22082392.jpg
バカバカバカ、オレのバカ。今は消費緊縮月間の真っ只中だっていうのに。でも欲しかったんだい。


17時30分、食品館あおば裏駐車場で「商店街プロレス」開幕。

たいへん頭がおかしい(←褒め言葉です)六角橋商店街会長の開会ご挨拶に続き、カブキお面を被ってヌンチャクを振り回しながら神奈川区長が登場。
横浜市の定期人事異動で今年4月1日付で神奈川区長は変わったそう。歴代神奈川区長はこのクレイジーなイベントへの登壇も職務であるらしい。横浜市が後押しするイベントでありますから。
-----
横浜市経済局商業振興課 記者発表
一般社団法人横浜市商店街総連合会(市商連)では、
「プロレス見るなら大日本!買い物するなら商店街!」を合言葉に、
活動拠点を横浜に置く「大日本プロレス」と強力にタッグを組み、
『商店街プロレス』を毎年開催しています。
-----
e0076761_21304369.jpg
リングと客席とが物理的に近いから、リング上での応酬と客席からの声援とが会話みたいなやりとりになっている。で、そのやりとりから試合が展開していく。やっている事は"技"で、みえてくる物は"芸"で、どっちもお見事。

やっている事はいちいちどれもすごいんですけれど、「真ん中」って…それはシモいネタじゃないですか。
e0076761_17344855.jpg
(^_^;

コーナー前ゆえに空席があった一画で楽しく立ち見していたら、最後の恒例、「蛍光灯デスマッチ」で自分の前にあったパイプ椅子が全部薙ぎ払われて血まみれのヒト達が横切っていったり、自分の後ろの塀をヒトが昇っていったり飛び降りて来たりして、今年もびびった。学習機能停止。
e0076761_23062435.jpg
e0076761_23001749.jpg
カメラを盾にしてレンズ越しでないと、おっかなくて観ていられない。
e0076761_23042387.jpg
(@_@)

最後の試合の勝者には米100kgとお米券が贈呈されて、六角橋商店街の真ん中で「愛」が叫ばれて終了。
e0076761_17544612.jpg
今年もまた思った、ここにいる自分も含めて皆さん頭がおかしい。バカばっかり。←誠心誠意、褒め言葉です

酷暑ですもん、あんまり難しい事を考えていられない。楽しい事は愉しい。すごい事は素晴らしい。良いモノは面白い。それだけ。


*


六角橋商店街の外れで、ちょっとインチキっぽいベジタブルビリヤニと正真正銘辛いチャナマサラを食べて、本日は終了。
e0076761_17593146.jpg
あぁ、明日も暑いのかな…




by snowy_goodthings | 2018-08-04 21:00 | 散歩記 横浜


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る