第 36 回神奈川県杖道大会(第7回神奈川県親善杖道大会)

初夏の恒例、県大会こと第36回神奈川県杖道大会・第7回神奈川県親善杖道大会が開催されました。
e0076761_22242698.jpg
我らが玄武会の結果は以下の通りです。
六段の部:優勝
初段以下の部:優勝
e0076761_22201510.jpg
道場の新人さんが、初めての県連行事参加にして(だって、まだ一級も受審していない)いきなりの優勝。
すごいでしょ。

一方の私は、初めて最も"ローカル"な試合である県大会で優勝しました。なんと。
全国大会や全日本大会で勝つよりも難しい、県大会。六段の部は実力拮抗だから、誰が勝っても納得。
"いま"の自分は、普段の何気ない稽古がたいへん面白くなっていて、その結果として良い巡り合せを得られたんだと思っている。
故に、今日の結果は驕らず、真っ素直に喜ぶ。で、明日にはとっとと過去の事として、いつも通りに励みます。


2018年度の大会シーズンが始まりました。
次は7月の都大会(ほぼ関東甲信越大会)、そして10月の全日本。ひたすら、進むのみ。


*


神奈川県剣道連盟杖道部会による公式「活動報告」は↓こちらをご覧ください。


http://kanagawa-jodo.main.jp/

各段位ならびに団体戦、決勝戦の動画をご覧いただけます。


優勝者の皆さんが動いています。私も動いています。←なんのこっちゃ

是非、ご覧あれ。
  ちなみに六段の決勝戦で主審が交代になったのは、我が配偶者だからだって。

自分、決勝戦での演武がいちばん出来が悪かったのに。
(T_T)
準決勝2試合と相方氏の3位決定戦と自分の決勝戦と、4試合ほど打太刀/仕杖で交互に出番が続いて汗っかきだったからかな。最後は杖が手の内で滑らなくなって、打突してから手幅を変えた箇所・手幅が広いまま太刀を受けた箇所・etc 結構いろいろやらかしたんだが全部ばっちり映っている。
あらららららー、でも以前ほど"良い or 悪い"の振れ幅は大きくない1日だったとも思う。それぞれの型の中で何度かある、打突した際の姿勢・構えた瞬間の姿とかが、抜けたり入ったりあんまりブレなくなったのは、居合道の稽古時間が増えたからか、新人さんの指導機会が増えたからか、古伝・併伝の稽古で試行錯誤やってみる事が増えたからか、etc...全部か。
稽古場で過ごす時間に、無駄など無ぁーいっ!
そんで、まだまだ隙は多い。できるようになりたい事は多々ある。


*


今年も(写真)記録係を仰せつかったので、大会風景を撮りました。
が、今年は何故か会場呼び出し・審判に関わる時間が多かったため、枚数はかーなーりぃ少なめ。
かつ、出来が非常に悪いです。ご容赦を。
撮る時、気持ちに余裕が無かったのか、設定ミスだったり手振れだったり酷い写真ばかりでほとんどボツにしました。
(^_^;
初段以下〜三段までは決勝戦の写真を撮れましたが、他については
四段の決勝戦は審判として試合場に入っていたから、五段の決勝戦は六段と同時進行だったから、六段の決勝戦は自分が出たから、七段の決勝戦は団体戦の審判をしていたから、団体の決勝戦は審判として試合場に入っていたからありません。ご容赦を。
でも、ビデオ撮影はしっかりできたから、良いでしょう。
(^_^;

代わりというわけじゃないですが、ほのぼの・わいわいとした、文化祭の準備のような会場設営風景が多めです。
いつも通り、 Flickr (←Click!)にストレージしております。"神奈川の大会"がどんな雰囲気かは伝わると思いますから、ご覧頂けると嬉しい。



*


我らが玄武会(a.k.a. 玄武館坂上道場 杖道部・居合道部)のWEBサイトも更新しました。



*


恒例の本番前に聴く Morrissey は、2015年5月30日 VIVID LIVE 2015 "An Evening with Morrissey" での 'Certain People I Know' でした。
3回くらい繰返し聴いたら、肩の力が抜けて、柔らかく背中を押されるような感触を得ました。ありがたや。
そういう歌ではない気がするんだけれど…ちょっとは符号するかな。どうだかな。終わり良ければ、すべて良し。


by snowy_goodthings | 2018-05-27 16:45 | 稽古記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る
通知を受け取る