是非の話ではなく、そういう事があったという話

行きのアメリカン航空のベジタリアン食のラインナップは、
VGML(ヴィーガン)のみ。
帰りのJALさんのお食事は、 lacto-ovo とか lacto とか フルーツ食とか
生野菜食とか、"菜食"でもいくつかオプションを選べたわけだが、
旅の趣旨ならびに揺れまくる自分の感覚を鑑み、
行きと同じ仕様:卵と乳製品が入っていないVGMLにしてもらった。

で、出てきた機内食はこんな感じ。
e0076761_01225836.jpg
ペンネと日本蕎麦とを組み合わせるセンスは如何なものかと思われるが、
個々のポーションは美味しかったです。

しかしながら、ちょっと待て。

トレイに乗ってきた、蕎麦に使うものと思われる「Noodle Sauce めんつゆ」。
キャップを開くと「鰹だし」の香りがする。
  鰹出汁は鰹節から取るもの、
  鰹節はカツオの身を三枚下ろしして茹でて干したのち燻製にしたもの。
  すなわち魚肉である。あれ?

ペスカトリアンって動物肉は食べず魚介類は食べる
"擬似菜食主義"(←この表現は嫌い)があるのは知っているし、
食の禁忌・主義・嗜好のハードルを何処にどう設定するかはヒトそれぞれなんだが、
今、ここで自分がオーダーしているのは"動物は殺さないが植物は殺す"
ヒトの業が剥き出しな(←と、自分は感じている)"厳格な菜食主義"というやつ。

ちゃんと"VGML"ってトレイのステッカーに貼られているし、
まさか、かつてナショナル・フラッグ・キャリアと呼ばれた航空会社が、
世界中に存在する食の禁忌・主義・嗜好の多様性に無理解な筈はなかろう。
"雰囲気"だけの香料かなぁ。
いや、でもこんな生臭さまで再現する香料なんてあるかなぁ。

しばし悩んだ。 (^"^;
それこそ、"雰囲気"で菜食する自分が、こんなに悩む必要はない。
  会食なんかで肉魚を出されちゃった時には、残すほうが「罪」と思って食べる。

いや、違う。この場においては、"自分が気にしなければ良い"って話じゃない。
だって、
"VGML"だって出てきた食事が"菜食"じゃないかもしれないんだよ。
"クリーンディーゼル"と称して排ガス量を不正操作したドイツ車と、起きている
現象の構造は近しい。
自分の価値観の下では、蕎麦と自動車とは同じくらいのスケール感。
うひゃっ

したっけ、「めんつゆ」は使わず蕎麦だけ食べた。
なんかモヤッと引っ掛かる。


その後、
「お味噌汁は如何ですか」と声をかけて頂いたのだけれど、
丁重にお断り。
ここで「そのお出汁は何ですか」と質問したら、きっと場の雰囲気は凍りつく。


ざらっと逆撫でされたような感触が残って、知らずにはいられない好奇心が
湧いてきてしまったので、機内のラックに入っていた日本航空お客様サポートセンター宛
レターフォームに「提供された食事の材料・素材を教えてほしい」と書いて送ったら、
2週間くらい後、とても真摯に丁寧なお返事のメールが返ってきた。

曰く…
「めんつゆ」は鰹エキス使用であるとのこと。
故に、VGMLとしてはNG食材を提供したと、お詫びの文言が綴られていた。
とても詳細な原材料の説明と一緒に。

なんと…
頑張れ、日本の「おもてなし」。


*


上記、愚痴っぽい文言ではあるけれど、自分は怒ってはいません。むしろ面白がっている。
ただ、おそらく怒るヒトはいると思う。怒るだけじゃ済まないヒトがいると思う。
過去に同じ事をしてはいなかったのだろうか。それについては詮索すまい。

コーヒーを頂いた時だったか、CAさんが「ご一緒にお砂糖とミルクは…」と
尋ねてくるのを「いえ、結構です」と言ったら、「はっ!」とした顔をされたもんで、
自分そんなにキツい断り方したかな?と、その時は思ったのだけれど、
後から考えてみれば、"VGMLオーダーに砂糖と牛乳とか勧めてはいけない"と
気付いたからだったかもしれない。どうかな。
いずれにせよ、申し訳ない。恐れ入ります。
そう、配慮はちゃんとあった。いくつかミスはあったけれど。


こういう事を話題にすると、
「偏食だ」とか「我儘だ」とか「贅沢だ」とか「食うな」とか「食え」とか
「偏見だ」とか「強制だ」とか「横暴だ」とか「傲慢だ」とか「無礼だ」とか「異常だ」とか
主張の応酬が始まって、
挙句にお互いが存在することを否定する勢いな言説に及んだりするのだけれど、
それらは興味深い現象だけれど、自分にとってはどうでもいい。
勝手にやってください。自分は関わり合わない。
そういう食の禁忌・主義・嗜好の違いとか、ついでに宗教や政治とかの主義・思想の壁とか、
そんな対立は在って当然の事。ヒトが在る限り、なくなりっこない。

だいたいさ、
そんな葛藤に絡まっていたら、あの気難しいおじさんを追いかける事はできない。
  おじさんに答えを求めたら「殺す」でしょ、今は。
  以前ならば情状酌量あったかもしれないけれど、今は問答無用に「殺す」でしょ。
自分のことは自分で成せ。
同意/非同意ひっくるめて、自分は自分で、自分をなんとかしている。


次に旅する時には、またJALさんの飛行機に乗るつもりだし、
その時には「変わった」と感じられる事を期待している。それが楽しみ。
どうなるかな。次はいつになるかな。



by snowy_goodthings | 2016-01-05 16:00 | 旅行記


日常瑣末事記録


by Yukiko

プロフィールを見る