タグ:OLYMPUS PEN Lite E-PL3 ( 94 ) タグの人気記事

Glengoyne Distillery

珍しく、今日は観光旅行らしいことをします。

スコットランドといったら、スコッチウィスキー。
20年くらい前、藤が丘辺りで一人暮らししていた時、
2駅お隣の町で悠々リタイヤ生活されているおじさまから「シングルモルトの会」なる
ホームパーティに誘われてお邪魔して、スコットランドあちこちの蒸留酒を
あれこれとご馳走になったのです。挙げ句に、「これは記念に取っておくつもり」という
素敵なフォルムの空きボトルを頂いてしまったのでした。
なんてこった。
さすが、"お洒落"ライフスタイル東急田園都市線沿線生活者。いや、
そういう話じゃなくって…あの時のご厚意の塊みたいなボトルは実家にまだあるかな。
今度行ったら、探してみるか。それとも割れちゃったかしているかな。


おぉっと、閑話休題。


そんな訳で、
ウィスキーの名産地スコットランドに行くのだから、
スカイ島やアイラ島までは足を伸ばせないけれど、グラスゴーから半日日帰りできる距離で
蒸留所があれば行きたかったのです。

ちょうど、
希望に叶う蒸留所がひとつあることに気付いた。
サイトを見ると、事前に見学ツアーの申込みができるみたいだし、
旅行クチコミサイトやブログをいくつか覗くと、日本からの旅行者さんが「良かった」と
感想を残している。これは、なまら行きたい。

ただ、
自分は呑むのは好きだがウィスキーに造詣が深いわけではないし、英語音痴だし、
そもそも土地勘が無いし。
自力で路線バスに乗って行けるのだろうか?でも路線バスには乗りたい。


だもんで、↓こちらのツアー会社さんへガイドをお願いしました。
Geeks Scotland Tour
サイトをみると、"おさんぽ"とか"映画"とか"小説"とか"建築"とか、
もーぅ、
琴線に触れるフレーズがばんばん日本語で飛び込んで来るサイトに痺れた。

日本語の現地ツアー紹介サイトからコンタクトして、その後は直接メールで何度かやり取りして、
自分以外に申込みがなかったので(3月下旬近くの平日だもんね)、
こちらのリクエストを組み入れてプライベートツアーにしてもらいました。
ちょこっとだけ贅沢♪


そして、いざツアー決行の日。
e0076761_23414072.jpg
RICOHFLEX NEWDIA × Kodak PORTRA

ガイドブックによると、3月のグラスゴーは東京の1月くらいの気温で
ほぼ毎日雨が降るという…嘘つき。

頭上には青空が広がっている。
e0076761_23554362.jpg
Queen Street駅の改札前でガイドさんと待ち合わせ。
初対面5分後にはMorrisseyとかJohnny Marrとか
The CharlatansとかStone RosesとかPet Shop Boysとか、
グラスゴーの街並みについて語るフレーズではない面々の名前がわらわらと
お互いの口から飛び出していた。なんと、なんと、なんと!

駅の周りをぐるっとグラスゴーの街並みついてガイドしてもらいながら、
2〜3言めにはマンチェスターの話とか、中学〜高校生の頃に聴いた音楽の話とか、
モリッシー先生の近況とか、ぜんぜんグラスゴーではない土地でもできるであろう話を
当たり前のようにしてしまう。それが気安くできてしまう。なんと、なんと、なんと!

愉しい。 (^▽^)


お喋りしながら坂道を上がって、
Queen Street駅の北側にあるBuchanan Street Bus Stationへ。
目当てのバス停を探してぐるっとターミナルを一周して、35番乗り場からバス乗車。
e0076761_23224906.jpg
窓から見える事物について説明してもらいながら、
洋楽偏愛話をしながら、だいたい1時間足らずの道のり。

レンガや石を積み上げた建物と鉄筋コンクリートのビルとが並ぶ市街地を離れて、
20世紀はじめ大英帝国の植民地だったインドから伝わったという
バンガロー建築の住宅が並ぶ郊外を通り抜ける。
e0076761_23225898.jpg
Bengali, Bengali, Bengali... → Bungalow.
"バンガロー"って、"बंगाल(ベンガル地方)風"建築から来ているのか。

そして、どんどん牧歌的な風景がみえてくる。
e0076761_00335560.jpg
疑う余地なく、スコットランドな風景。
20億年前だったか30億年前だったか、
イングランドやアイルランドよりも先に誕生したといわれる大地。
e0076761_01373591.jpg
地殻変動とかプレート運動とか、
人智の及ばない力で今ここにあって、グレートブリテン島の北半分を形成していて、
人類の誕生後には北から南からいろんな民族が移動してきて、
島の南半分といろんな歴史を残して、
昨年9月には独立国家となるべきか否かの住民投票が行われた土地。
e0076761_23230875.jpg
ところどころ、我が故郷の北海道に似ている。


*


途中ちょっと道路工事渋滞に捕まったりしつつも、到着。

目的地は、Glengoyne Distillery
e0076761_23232481.jpg
RICOHFLEX NEWDIA × Kodak PORTRA

アサヒビールさんが10年・21年モノを輸入展開しているので
日本でも馴染みがある銘柄。
"Glen of the Wild Geese"ってハイランドとローランドの境界線に
あるけれど、仕込み水をハイランド側から引っ張っているから南ハイランドに
分類定義されている蒸留所。
e0076761_01494748.jpg
…ということまでは、
蒸留所のサイトとかウィキペディアで予習してきました。はい。

自分の感覚的には、
ケン・ローチ監督「天使の分け前」で外観がちらっと写る場所、
という認識のほうが収まりが良いです。
e0076761_23233737.jpg
(C)Sixteen Films Ltd. Why Not Productions S.A.. Wild Bunch S.A.. Urania Pictures.
Les Films du Fleuve. France 2 Cinema. British Film Institute MMXII

主人公達が初めてウィスキーについて知る蒸留所の建物外観はここ。
屋内の見学光景はDeanston Distillery、
それとクライマックスの舞台は、北ハイランドのBalblair Distillery。

出発前にBlu-rayを荷造りしながら観ておいていたから、
シークェンスの記憶鮮明。わーい、映画で観たまんまの風景。


レセプションで早速1杯頂きながら、広報ビデオを視聴。
途中、明らかに自分が知っている英語ではない言語を話しているおじさんが
登場してきて、そこには英語の字幕が流れる。おぉ、これがスコットランド英語。
日本のテレビで、津軽弁のインタビューに字幕が付くのと同じ感覚かしら。


その後、蒸留所内を上がったり下がったり見学。
樽の中を覗かせて頂いたり、ウォッシュスチル→ローワインスチルの現場に
居合わせたり、ものすごい間近で生産現場を見せて頂きました。

そんな生々しい見学なので、蒸留所内での撮影は禁止。
うっかりレンズのキャップとかフィルムとかを転がしたら、大変ですもん。

外からの撮影はOK。
e0076761_23374332.jpg
というか、ここは撮影スポットである。
e0076761_23300515.jpg
RICOHFLEX NEWDIA × Kodak PORTRA

スコッチウィスキー=ピートの"スモーキィフレーバー"臭い、にあらず。
グレンゴインはピートを炊かず、麦芽の香りを活かす作り方をされている。
だからか、
オレンジとかバナナとかカシューナッツとかピスタチオとか、果物や木の実っぽい
風味がする気がする。

熟成に用いる樽の木材で色が変わり、寝かせる年ごとに量が減っていく。
あ、これが"Angel's share"、天使の分け前。
e0076761_23302525.jpg
見学の後は、お楽しみテイスティング。
これはオプションでチョコレートと一緒に頂くメニューをお願いしていた。

えらい気取ったバーに行くと、
ウィスキーに合わせていろんなカカオ・ミルク配合のチョコレートが
添えられる事があるけれど、その辺りの組合せに絶妙な相性があることを
今回初めてロジカルに体感。自分は普通のヒトよりちっとは食に関わる五感は
鍛えられているって思っていたけれど、
タンニンとかリグニンとか糖度とかアミノ酸とか、
成分・素材の組合せと味覚の効果について
モデル式を導き出せるということには無頓着だった。
そんな態度を、「大雑把」と呼ぶ。いかんいかんいかんっ!
e0076761_23301566.jpg
教示して頂いたことすべてに対してagreeです。まいった。
e0076761_23384720.jpg
RICOHFLEX NEWDIA × Kodak PORTRA


…とまぁ、
にわかにスコッチウィスキーが大好きになるのでありました。


*


帰りはタクシーで市街地へ。
なんでも、今日の晴天は地元ッ子も「急に春が来た」と驚くほど珍しい事なんだって。
「あんまり暖かいから、半袖シャツを着てきたー」って、それは薄着すぎますよ。

北国のヒトって、どうしてそうなの…
e0076761_00160573.jpg
ひた走って帰るだけの道のりだったけれど、運転手さんのお喋りがなまら面白かった。
あっという間に
Queen Street駅に到着。

所用時間はおよそ5時間のコースでした。なんだか、
ツアーというよりも、地元に在住するあちこちに顔が利くお友達に
案内してもらっているようなノリでした。こんな出会いができた幸運が嬉しい。

愉しかった。(^▽^)


また、ご一緒お願いしたいです。ぜひぜひ。



by snowy_goodthings | 2015-03-19 17:00 | 旅行記

スコットランドっぽいアサメシ

夜明け前に携帯電話が鳴って起こされた。
かけてきたのは、横浜の我が母。
「あらぁ、出た。いたのね。」「今、日本にいないんですけれど。」
「あらぁ、何処にいるの。」「スコットランドにいます、朝4時過ぎたとこです。」
「あらぁ、ゆうちょ銀行からパパの預金の払い戻しがあったのよぉ。」

…はいはい、帰ったらね。 _| ̄|○


昨年9月の終わりに亡くなった父が遺したモノに関わる諸々の手続きは、
もう少しで終わる。
遺産分割協議書に母と長男2人と署名した翌日に
父が最期まで気にかけていた石田家最大のissueである祖母が亡くなるという
劇的な展開は、きっと冥途の旅を終えた父が自分なりに責任を感じて
やらかしてくれたのであろう。

パパさん、ありがとう。
私が全国杖道大会を棄権せねばならんタイミングで貴方が倒れたのは、
最悪だったけれどさ。←率直な娘の感想

今、この瞬間は
自分がいたい場所を旅させてもらうしょ。


*


1人旅であると、
あまり大事にしなくなるのが慣れない土地での食事であるが、
今回は何故か事前に"アソコでアレを食べたい"と思うものがいくつかあった。

メシが不味いといわれるイギリスだが、ここはイングランドではなくて
スコットランド。なんの根拠も無く、美味しいモノにありつけるんじゃないかって
思い込んで、日本を発つ前に地図で場所を調べたり、
サイトやメールで予約をお願いしたりしといた。
e0076761_23205776.jpg
かくして、グラスゴー到着から一夜明けて最初の食事は
ホテルを出てRenfield St. を北に向かって進み、St.Vibcent St.と交差する
角にあるThe Drum & Monkeyってパブ。


"太鼓とおサルさん"?
なんだか知らないけれど、日本において各地に「虎屋」「鶴屋」「亀屋」って
大小さまざまな和菓子店があるように(?)、
この屋号はグレートブリテン島の他にもいくつかある模様。
名前の由来は知らない。
e0076761_23332249.jpg
ともあれ、
私が来たかったのは、ずしっと深みのある色彩の店構えの此処です。
e0076761_23334105.jpg
平日の開店すぐの時間。
朝食を食べに来る常連さんとかいるのかと思ったら、誰もいなかった。
e0076761_23334928.jpg
「スコットランドに来て最初の食事だから、スコットランドっぽいアサメシを食べたい」
とお願いして、しばし待つ。

その間にお店のお姉さんとちょろっとお喋り。
グラスゴーの他には何処かエジンバラなどへ行くのかとか訊かれたので
「いいえ、グラスゴーだけ歩き回る」と答えたら、不思議そうな顔された。
スコットランド周遊の足がかりに、1〜2日間だけ滞在って旅行者が多いらしい。

「土曜日にSSE Hydroでモリッシーのコンサートを観るのが目的で来た」と説明したら、
私はティーンの頃スミスが好きだったわ、
はるばる日本から観に来るなんて貴女は熱心な彼のファンなのね、と
言われたけれど、違います。

私はモリッシーのファンではありません。 (>_<)

ファンと呼ばれるべき人々は今頃、
はるか南方のカーディフ辺りで"毎日がまるで日曜日"ごっこしているか、
さもなきゃ
リーズへ向かって北進している筈です。しかし、私は此処にいる。


此処でモリッシーが嫌うモノを食べている。


…これ、本当に1人前ですか?
e0076761_23335609.jpg
由緒正しき、スコティッシュ・ブレックファスト。おそらく、
いまこのたった1回の経験で我が胃袋は一生ぶん満たされそう。

百聞は一見に如かず、
ハギス(写真だとパンの向こうに隠れているのだな)を初めて食べたけれど、
シラク元フランス大統領が"人間の食べる物じゃねえ"呼ばわりしたと
聞くほどケッタイでもゲテモノでもない印象。
日本の酒呑みは臭いモノばっかりアテに食べるから、耐性あるのか?
違うか。
自分はジンギスカンの土地生まれだから、羊の臓物に耐性あるのか?
違うか。

昨夜からやや空腹だった筈なのに、今や飽食。
Now stomach is full.言ったら、お姉さんに笑われた。
罪深き気分になる、


さぁ、腹ごしらえできたから、次!次!


by snowy_goodthings | 2015-03-19 11:40 | 外食記 旅先

Cafe+Diner STYLE

おせちも良いけど、地元のお店もね…というわけで、
久しぶりにスタイルさんでお昼。

本日の店番ワンコは、早番:たろうさん。
e0076761_00443524.jpg
レタスが大好き、ナイーブなお兄ちゃん。

熱い視線を感じながら、ごちそうさまでした。 (^^;
e0076761_00465342.jpg



by snowy_goodthings | 2015-01-03 14:00 | 外食記 横浜

Meet the ART of Central India

仕事納め後、自由が丘へ寄り道。
e0076761_00062838.jpg
K女史 が立ち上げた Touch the GOND 初めての展覧会を観に行ったのです。

Gond Art = ゴンド画は、インド中央に位置するマディヤ・プラデーシュ州
मध्य प्रदेश (ヒンドゥー語で"中央の州"という意味)の伝統技法から発展した
コンテンポラリー・アート。

緻密な筆致で描かれた、自由で奔放な世界。
リアリティとファンタジーとが、当たり前のように隣り合っていたり絡み合っていたりする。

インドらしい…というより、インドだから在る絵。そんな印象。


で、ご縁を感じた1枚を我が家に迎えることができた。
e0076761_00243539.jpg
今はこんな感じ。
ミッフィーちゃんと奈良美智さんに挟まれて、「かわいい」感を醸している。
e0076761_00293288.jpg



by snowy_goodthings | 2014-12-26 19:00 | 買物記

ATELIER Morihiko

札幌に来たら、森彦のコーヒーを頂きたし。

2009年に円山公園の本店に行って愉しい思いをしたけれど、
今回は大通公園近くのお店へ。
e0076761_18045544.jpg

こちらは、すっきりとクリーンな雰囲気。
e0076761_18072789.jpg

外の平らな景色と相まって、廃校をリノベーションした雰囲気があるけれど、
ここは雑居ビルの1階。
e0076761_18070525.jpg

季節のコーヒーは深煎りのブレンド。かなり好みな苦み具合。
e0076761_18125438.jpg

こんな明るい"コーヒーだけ勝負"な場所が生活圏にあったら、
通いつめて入り浸ってしまうと思う。
札幌にあってくれて良かったです。(^_^;
by snowy_goodthings | 2014-12-07 14:30 | 外食記 旅先

すすきの、薄野、ススキノ

すすきの!
e0076761_00483986.jpg
薄野!
e0076761_00485776.jpg
ススキノ!
e0076761_00491754.jpg

by snowy_goodthings | 2014-12-07 10:00 | 旅行記

ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo

自分が札幌に住んでいた頃は、
ホワイトイルミネーションとかクリスマス市とか、そんな
洒落たイベントはありませんでしたぜ。

e0076761_17470957.jpg

クリスマスマーケットは横浜赤レンガ倉庫でもあるけれど、
札幌のは地元の工芸作家さんの出店とか、ロシアのマトリョーシカの出店とか、
ローカルな雰囲気漂う。

e0076761_17474275.jpg

グリューワインちびちびしながら、オーナメントを1〜2個購入。

e0076761_17475857.jpg

地元の方もいるけれど、国内外からの観光客も多め。
中華系な方もいれば、「ラゾーナ川崎がー」とえらいご近所の話をする方もいたり。
うぬー、ここはサッポロだよな?

by snowy_goodthings | 2014-12-06 21:00 | 旅行記

むそう庵

パパさん没後のいろいろ手続きのため、札幌へ。
オットにもついてきてもらったので(←道連れにしたという捉え方もあり)、
それじゃあ、この機会に"北の大地の杖使い"先生のお蕎麦を頂きに行こうじゃないかと
来ました。月寒東、住宅街ど真ん中。
e0076761_2041924.jpg

次にいつ来られるかわからぬので、通ぶるつもりはさらさらなくっても、
酒から始めて、思いつくもの全部喰らっていくつもり。
e0076761_208411.jpg

以下、食べたモノの全部。

前ピン、玉子焼き。
e0076761_20102983.jpg

後ろピン、店主オススメの鴨ロース。
e0076761_2011921.jpg

ベーコン、ベーコン、ベーコン。
e0076761_20121621.jpg

ちょー好物、蕎麦がき。
e0076761_20145861.jpg

そろそろ食べ過ぎ、焼き味噌。
e0076761_20154581.jpg

トドメに柚子切りと二八で天ざる。
e0076761_20181835.jpg


…豊食、満腹です。
杖道業界よもやま話もあったり、さんざん呑み食いさせて頂いてしまうのでした。


先生、ごちそうさまでした。 (^o^)/ ←お代、払いました(念のため)


WEBに流布しましたよー。
by snowy_goodthings | 2014-12-06 19:00 | 外食記 旅先

高段者研修会・称号予備審査会でした

秋の高段者研修会です。
べーゔぇで行ったら、我が家から横須賀まで30分くらいの行程。近いじゃん。

参加資格は四段以上。
e0076761_13182048.jpg

単独動作のあとは、
四〜五段と六〜八段が組んで、相対動作。
e0076761_1322451.jpg

定められた所作について「正確に動く」「明確に使う」ことを徹底される。
"やっているつもり"とか"やろうとしているがうまくいかない"とか、稽古者にありがちな
ミステイクが許容される閾値がとても厳しい。


*


13時から、称号予備審査会。
教士・錬士とも対象者がいたようですが、この日は鎌士審査対象6名が参加。

前回審査会は手探り進行でしたが、今回は事前に要項が回覧されていました。
しっかーし、始まった審査内容は要項とはぜんぜん違う。
(^_^;
それでも成り立ってしまうんだから、
この場にいる皆さんの臨機応変な柔軟性は素敵であります。


今回の(つまり次回はどうなるかわからない)審査科目は、
まず審判講習。
6人の受審者全員が主審を担当するまで、ぐるぐると指定技1本の模擬試合。
e0076761_13384484.jpg

旗の持ち方と上げ下げ、入退場、礼の順番、移動の仕方、作法を細かく説明かつ指摘。
終了後には、演武をされる四〜五段の方々にも講評があったり。けっこう、みっちり。

次に制定型指定技6本(物見〜乱留)の演武。
仕打交代して打太刀・仕杖とも行う。
e0076761_1355434.jpg

拝見していて、
六段に求められるQCとして"どの位の精度"が必要なのか、ふと考えてしまった。
稽古への熱意と身体的の癖、そしてそもそも本人の志向と思想。そんなのヒトそれぞれ。
でも、解説書に記載された規定通りに「正確に動く」「明確に使う」のだったら、
見えてくるものはそんなに違わない筈。なのだが、ちょっとずつ違う。
それって何故か。それって自分はどうやっているのかな。
(^_^;


最後に指導実習。
研修会参加者を6班に分けて、それぞれに称号受審者1名+サポートに七段1名が配置。
受審者さんの指導っぷりを八段の先生方が見ていくというもの。
e0076761_14134476.jpg

指導法は各班、完全にお任せ。↑私がいた班はこんな感じ。


そんなこんな、和気あいあいとした雰囲気で称号審査会は終了。
その後は6班分かれた状態のまま、自由稽古。16時には研修会終了。


*


杖道高段者研修会は、"指導者養成会"の主旨が強調されてきた印象。
高段者なんだから、いまさら「正確に動く」「明確に使う」ためのご指導を
いちいち仰いで甘えられる段階ではないっぽい。
(^_^;

最後の杖道部会長の講評を大雑把にまとめると、
「教え過ぎは、相手の思考停止を招く」。
言い換えたら、「教え過ぎは、自分の判断停止の結果でもある。」かも。

稽古者の側から考えるなら、
なにもかも教わるんじゃなくて、自分から取る事・盗む事やって、やってみて暴れてみて
なんぼ。
そうしたら、そうしてはじめて、先生達が修正してくれるんだから。

稽古しょ。


おつかれさまでした。


*


例によって写真は Flickr (←Click!)にあります。
全部に「Copyright」表示を付けて「無断転載・2次使用不可」の旨、主張しています。
*実際に撮った写真はもっと多い。
 稽古つながり or お顔とお名前が一致しているFlickrのFriendsさんは、
 オリジナルデータのままでどうぞ。

公式記録は県連杖道部会サイトをご覧ください。



http://kanagawa-jodo.main.jp/



by snowy_goodthings | 2014-11-16 16:00 | 稽古記

Diwali in Yokohama 2014

ちょうど1年前のムンバイ旅行をきっかけに知った
横浜・ムンバイ友好姉妹都市イベント。

“横浜が印度になる2日間”、Diwali in Yokohama
e0076761_13025866.jpg
我が在所には、こんなに沢山インドの方々がお住まいだったとは。
こんなにインドが好きな方々がお住まいだったとは。
#たまにインドではない演し物もあったけど
e0076761_12585482.jpg
ちらっと立ち聞きしたトークイベントが、面白かった。
 「日本は今“お墓問題”が話題だけど、インドではそんな問題すら起きない。
  インド人は死んだら、ガンジス河で焼いて遺灰を流しちゃうから。」
…そーんな話とか。(^_^;


昨年の今ごろ、ムンバイ街歩きを案内してくれたK女史ご夫妻と
一緒にここ、ヨコハマでインドのビールで乾杯するという面白い巡り合わせ。
#私、車の運転があるから撮るだけね
e0076761_13051983.jpg
昨年のイベントレポートを見たら、サリー着付け体験なるものがあったので、
ムンバイで仕立ててもらったサリーを持っていったのだけれど、今年はいらっしゃらない。
なんと。

でも、日印女子会の方にドレーピングして頂きました。
こちらの私的なお願いに、ご厚意。ありがとうございます。
e0076761_13141592.jpg
サリーを巻いてみたい日本婦女子は多いと思うんだ。
私みたいに、サリーを仕立てたものの自力で着られないってヒトも多いと思うんだ。


良い機会だし、自分でもサリー着付けできるようになろうと思った次第。
東京で指導してくださる方がいることを教えて頂きました。いずれトライします。
e0076761_13151249.jpg

そして遭ってしまった、ナン子ちゃん。
生年月日は不明。血液型はB型、身長167cm、靴は24cmらしい。
ヘッドサイズは何cmだ?
e0076761_13190650.jpg
インド映画を応援する使命を帯びて来日しているらしいが、
GOLDEN ASIAさんブースでの 仕事ぶりは限りなく熱意が低め。
…いや、インドらしく、ゆるキャラらしく「緩い」と言ってやるべきかな。 (^_^;


お散歩イベントとして、ちょうど良い愉しさでした。


*


日が暮れてきたところで、退散。


そして気付いた、新たなオープンカーの醍醐味。
サリーを着て運転すると、腹が冷える。



by snowy_goodthings | 2014-10-18 17:30 | 駆動記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る