タグ:Morrissey ( 81 ) タグの人気記事

May 22

Now, May 22 in Japan time zone... Morrissey is (will be) 58.
e0076761_01314768.jpg
*Taken on September 28, 2016

Lucky me that HE and I are living in the same world now.
So, please let me celebrate today.



please kindly note*
© 2016 Yukiko Nakagawa /Original images are stored in Flickr
Photographs of "Morrissey" are just memories taken by NON-professional
photographer audience, me.
Most importantly, Mr. Morrissey’s right of portrait has precedence over my copyright.
(But I know I can NEVER photograph him perfectly)
Thank you & So sorry.


by snowy_goodthings | 2017-05-22 00:00 | 鑑賞記

Record Store Day 2017

街中に住んでいて良かった。稽古へ出掛ける前、道着に着替える前に
"ちょっと行ってみるか"と思い立った勢いでレコード店に行ける。

たぶん、新宿や御茶ノ水に比べたら控えめだったと思われるが、
横浜でも「レコードショップに行き、アナログレコードを始め、カセットやCDやグッズを手にし、
アーティストとショップ、そしてリスナーの皆さんで音楽の楽しさを共有する、年に1度の祭典」は
開催されていた。
わーい、生まれて初めてその当日に行った。

おめでたい年末近いホリデーシーズンの店頭に並ぶのかと思ったら、違った。
今日だった。

功罪どちらもありそうな、アートとビジネスとが共闘して、
蒐集家と転売屋とがフルボッコしながら跋扈する
RSDなる催事のリストに The Smiths が載ったことは、自分の印象においては意外でした。
…え、そんな事はない?申し訳ない、不見識でした。 (^_^; まぁ、いいや。

自分の五感で印象を更新すべく、買いました。
おそらく此処では1枚くらいの入荷だったらしい、幸運にも買えました。買っちゃったよ。
e0076761_16250481.jpg
1980年代の「いま」を語った歌は、2017年の「いま」だって響く。
私小説のような言葉の向こうには歌の主達が対峙する「世界」があって、
「世界」は自分ではない人間とか政治とか経済とか宗教とかさまざまな産業とか…
んー、語彙が無いから思いつかない、あれやこれで成り立っている。

歌の主達は「世界」に各々己の体ひとつで立ち向かう。その姿は、昔からずーっとそのまま。

かつての「いま」は苛烈な時代であったかもしれないけれど、
現在の「いま」だって激動の時代だよ。
だから、このEPレコードは今の「いま」の歌。"歌"について、私の第一印象においては、そう。

(^▽^)


*


4/23追記:
上の "Trump will kill America” のエッチング写真は Flickr に元ファイルを置いてあるのだが、
外つ国のファンの方々やメディアに引用・転載されている模様。

著作権とかはメッセージを刻印した歌の主達か誰かのものであって(誰なんだ?)、
私はそれを"ありのまま"撮っただけ。
  レーベルの向きとエッチングの配置が絶妙なのは、本当に偶然。
その "事実" を伝える目的で使って頂くならば、歓迎。
なんらか意味とか価値を見出すことに資するのならば、それって光栄。何を思うか、ご随意に。
それこそが
"写真を撮る"という我儘で不躾な行為の真骨頂。

正体不明な日本人の写真について、
主張した Creative Commons に従って掲載してくださったメディアには「どうもありがとう」
(面倒くさいだろうに、わざわざ…)、
キャプチャーしてSNSとかで勝手に貼っているファンの皆さまには「くたばれこの野郎」と
毒づきながら、
どちらの皆様におかれましても
素晴らしい日常が1日でも永く続くようお祈り申し上げる次第です。
あはは…

凄い、凄いんだ。

したっけ、
前にも思ったけれど此処は「アメリカがクシャミをすると風邪をひく」と言われる日本です。
もしアメリカがそうなっちゃたら、私が住む国はどうなっちゃうんだろう。
そして「肺炎になる」世界は?





「音楽の楽しさ」?

いまさら、困惑し始めている。私には理解できない。


*


4/28追記:
Facebook の 'Morrissey Official' って、あれ何ですか? ←捨て身なボケをかましてみる
(実際のところ、知らない)
自分の日常において見聞した出来事を撮っただけの筈なエッチング写真が、
そこのタイムラインに貼られていた。えーっ

ちょっと心臓に悪い。
さっき気付いて、3分間ほどオフィスの中でオロオロしていた。
(^_^; まぁ、いいや。だんだん、愉快痛快になってきた。

それはさておき。もはや
鑑賞者の感受性を問う記号と化したっぽい、その写真にぶら下がったコメントが、
いちいち素敵。
肯定的な捉え方とか否定的な捉え方とか、
共感、違和感、困惑、拒絶、好奇、理解、解釈、同意、非同意、etc...
そうやって、頭と心とを動かす真摯なヒト達がいるという"事実"にクラクラしている。
たった1枚のシングルレコード、その片面の一文に。
いまどき、あんなに脳に冷や汗をかかせて、心にぎゅうぎゅう詰め寄ってくる
現象ってあんまり無い。たかが音楽、されど音楽。

自分も、自分で感じる事・自分なりに考える事を大事にしよう。
良いも悪いも、なにもかも迷ってばかりであるが。
しかし、真相や真意みたいな正解を求めても仕方が無い。
こちらは知る術も由も無い。知ったところで、何か良い事でもあるのか?
  なんだっけ、そんな感じの歌があったっけ…
  というよりも、この状況に符合するような歌とかなかったっけ…





それよりも、なによりも、
ただ空気を吸って与えられるのを待っているより、自分で自分を動かして掴みに行きたい。
そろそろ、行きたい。やっと、行けそうな気配になってきたから。
e0076761_22111920.jpg
*Taken on August 6, 2016

あの表現者を観て・その歌を聴いて、
自分はどうなるのか。それこそが、肝要。私はどうしたいんだろ?

please kindly note*
© 2016 Yukiko Nakagawa / Original images are stored in Flickr
Photographs of "Morrissey" are just memories taken by NON-professional
photographer audience, me.
Most importantly, Mr. Morrissey’s right of portrait has precedence over my copyright.
(But I know I can NEVER photograph him perfectly)
Thank you & So sorry.

by snowy_goodthings | 2017-04-22 11:20 | 買物記

木曜と日曜

速い、看板の稽古日が変わっている…
e0076761_23153985.jpg
本年度から、つまり4月が始まった先週から
玄武館坂上道場 杖道部の稽古日は、木曜も再開となりました。
毎週2回:木曜と日曜に稽古をおこないます。
20年前に私が入門した時には既に日曜のみになっていたので、たいへん久しぶりの事であるらしい。
さらに、
"指導者"が不在のため長らく休会であった居合道部も再開。これは、道場主先生の強い希望でもあった。

いっときは閑散となり過ぎて存続を危ぶみかけたのだが、
この3〜4週間で事態が変わった。
そういう巡り合せがやって来た。それが今だった。
遣ればできる。


*


そんなこんな、
2017年の春は自分が遣るべき事でしっちゃかめっちゃか蠢いている。

太平洋の向こうで歌っている Morrissey を追いかけるという希望を今春は実行しなかったのだが、
はらはらとした気持ちで、ほぼリアルタイムで伝わってくる電子の噂におろおろしている。
インターネットは便利だ。

えーっと…

良い日もあれば悪い日もある春はまもなく終わる。
  総じて素晴らしい日々だったと言ったら、怒られる?これは傍観者の無責任。

そうしたら、
次には自分の苦手な夏が来る。その後には自分の好きな季節である秋と冬が待っている。
2017年の季節はこれから動き出す。どんな1年になるかは、まだわからない。

あのおじさんは、何があっても歌い続けるんでしょうから。
たまに思い通りに歌えない日があるかもしれないが…というか、そんな日だってある。
毎日が成功して勝利して終わる日々なんて、嘘みたいな生き様なんざ在ってたまるか。

で、自分。どうなりたいか、どうしたいか、希望を述べることは簡単。
そして、実行することも簡単。遣るのか遣らないのか、それだけのこと。

すげえ前向きだ、自分。 (^o^)
明日がどんな日になるかは、わからない。それでもさ。


途中から稽古の話じゃなくなったが、現象の本質に違いはないと思ってご容赦ください。
どちらも、つまりは「自分」の話ですから。


by snowy_goodthings | 2017-04-13 21:10 | 稽古記

酷い、酷すぎる

世界のあっちの方とか、こっちの方とか…いろいろと。
e0076761_23375365.jpg
*Taken on September 5, 2016
写真は本文と関係ありません、あるわけがない
(^"^;


だがしかし、
素晴らしい事だってあるんだ。うん。

by snowy_goodthings | 2017-04-07 11:00 | e.t.c.

St Patrick's Day だったので

光を紡ぐ Steven Patrick さんのおてて。
e0076761_02081654.jpg
*Taken on September 28, 2016
TIALTNGO

今年の春が、あの素晴らしいおじさんにとって素晴らしい季節でありますように。
極東から動かぬ(年度末と年度始めが多忙なのは良いことだけれどさ)人間が願うまでもなく、
そうなるであろう事でありますが。




please kindly note*
© 2016 Yukiko Nakagawa / Original images are stored in Flickr
Photographs of "Morrissey" are just memories taken by NON-professional
photographer audience, me.
Most importantly, Mr. Morrissey’s right of portrait has precedence over my copyright.
(But I know I can NEVER photograph him perfectly)
Thank you & So sorry.

by snowy_goodthings | 2017-03-18 02:00 | 鑑賞記

Spring 2017

Morrissey先生が動き出す。旅が始まる。
(^▽^)


日本は、2016年度の終わり~2017年度の始まり。
一昨年はプロジェクトの隙間にグラスゴーへ行けたけれど、今年はいくつも納期が連なっている。
ふらっと行けないほど予定が確定しちゃっているけれど、良いんです。

おじさんが世界の何処かで歌っているという事実が
すさまじく嬉しい。





でも、メヒコは行きたかった…
行ったら、州庁舎の天井画を観たかった。←縁があれば、いつか行ける


*

2/9追記:


Viva 、昨秋に香港公演で "Méxicooooo!" と叫んでいたお姉さん達。
そして、
あんなヒトや、こんなヒトや…メキシコに棲むヒト、メキシコを出て暮らすヒト、皆さま。
(^▽^)

告知にいちいちワクワクしている自分は、すげえ御目出度い。自分は行けないってのに。
狂気の沙汰。違う、これは驚喜の沙汰であります。
e0076761_22192901.jpg
やったーっ♪



please kindly note*
© 2016 Yukiko Nakagawa / Original images are stored in Flickr
Photographs of "Morrissey" are just memories taken by NON-professional
photographer audience, me.
Most importantly, Mr. Morrissey’s right of portrait has precedence over my copyright.
(But I know I can NEVER photograph him perfectly)
Thank you & So sorry.

by snowy_goodthings | 2017-02-07 13:00 | 鑑賞記

Wine Bar Cyama

ぱぴこちゃん、年末の挨拶ついでに1杯だけ。
e0076761_23494317.jpg
「その後(横浜公演のキャンセル後)、モリッシーのツアーは無事に終了したんですか?」と
尋ねられたので
「いいえ、それが無事ではなく終了したようです。」などと答えていたら、
隣の席にいた年嵩な男性に「え、モリッシー?」と反応された。
「僕、スミスが好きで。モリッシーがソロになってからもアルバム5枚までは買っていて、今も持っている。」
だって。

「モリッシーって名前を久しぶりに聞いたな。」
「モリッシーは元気ですよ。9月終わりには日本に来ていました。」
と、校友会だか同窓会だかみたいなノリでお喋り。


ソロになってからアルバム5枚って、 Southpaw Grammar の頃まででしょうか。
日本公演では流れなかったけれど、
2016年ツアーは The Operation のイントロでコンサートが始まりました。
あの変態的な太鼓叩きまくりは、心臓に悪いくらいワクワクした。
…という話までは、できなかった。
(^_^; ←弱気




by snowy_goodthings | 2016-12-17 23:58 | 外食記 横浜

壁巡り、三たび

Tower Records 渋谷、5階にて。
e0076761_23574372.jpg

極東に Morrissey 来たりし。日本に来ていた。東京にいた。
"さようなら"と"愛している"って言葉を残して、ご自分の旅を続けるべく去っていった。
此処にサインが残っていた。


私個人の経験においては、2016年はじめに願った通りの1年でした。

楽しかった。ときどき、ハラハラしたり面倒くさかったり辛かったりもしたけれど、
全部ひっくるめて、幸せであった。
そうしたら、ちょっとは成長するなり変化するなり…
なにかしら成し遂げたかったのだが、自分は相変わらず。

したっけ、
また同じ言葉をコピー&ペーストするように繰り返して、願ってしまう。

「モリッシーが歌うのを見たい」

次の機会がいつになるかわからないけれど、その時が来るのをもう待っている。
その時が来たら、行きたい。じゃなくて、行く。自分で行ける限り、何処へだって行く。

行きます。 (^▽^)


by snowy_goodthings | 2016-12-12 15:30 | 鑑賞記

ツアー終了?

Thank you for everything, Mr. Morrissey.
But we're not finished with you, I think so. Just waiting... I still haven't given up.
e0076761_15385884.jpg
*Taken on August 13, 2016

As you said,
"Thank you for everything you give and believe me. Please remember...
Whatever happens, I love you." We'll say the same words to you, back to you.
Such a beautiful कर्म.


…と、
今年モリッシーを追いかけた先で遭遇したヒト達を見倣って
自分も書いてみたのですが、すごい照れ臭い。し慣れない事は、難しい。
こういう事は、ロマンティックなお国柄のヒト達がやるから説得力があるんだ。

でも、
また会いたい、もっと聴きたい。それは、本当に本当です。本当ですってば。




please kindly note*
© 2016 Yukiko Nakagawa / Original images are stored in Flickr
Photographs of "Morrissey" are just memories taken by NON-professional
photographer audience, me.
Most importantly, Mr. Morrissey’s right of portrait has precedence over my copyright.
(But I know I can NEVER photograph him perfectly)
Thank you & So sorry.

by snowy_goodthings | 2016-12-04 12:00 | 鑑賞記

12月になってしまった

あの日、仄めかされた
'World Peace Is None Of Your Business' reissue 等々、は…?
e0076761_22384740.jpg
*Taken on August 6, 2016
(;_;)

ひたすら、待ちます。私にできることは、待つことだけですから。


please kindly note*
© 2016 Yukiko Nakagawa / Original images are stored in Flickr
Photographs of "Morrissey" are just memories taken by NON-professional
photographer audience, me.
Most importantly, Mr. Morrissey’s right of portrait has precedence over my copyright.
(But I know I can NEVER photograph him perfectly)
Thank you & So sorry.

by snowy_goodthings | 2016-12-01 22:39 | 鑑賞記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る