タグ:Flickr ( 78 ) タグの人気記事

キッチン・イチニョ

GWの前半、西よりチズルさん来る。
GWの後半、我々が京都遠征する時にはお仕事の都合でお会いできない事が決まっていたから、
この展開は嬉しい。昨年終わり、ステージにいる姿を観た以来。

横浜駅前で待ち合わせて、オットも一緒に夕食。
奥横浜在住者らしいご接待をするべく、一如さんのビストロへ。
e0076761_23152269.jpg
此処は、お野菜多め。
e0076761_23154641.jpg
皿の中で同居する肉とか魚は同席の方々に委ねて、オレは自分が食べたいものを食らうのです。
e0076761_23155137.jpg
チズルさん突然の来訪目的は、さいたま市大宮盆栽美術館だったそう。
BONSAI?

知らなかった。
さいたま市北区には「盆栽町」なる町があって、大宮盆栽村なる場所がある。
かつて東京の千駄木の辺りには江戸大名屋敷の庭を造る植木職人達が住まい、
明治に時代が変わってからは盆栽職人がそこで誕生したのだが、関東大震災に被災。
多くの職人が盆栽に適した土壌を持つ埼玉へ移住して、現在に至るのだとか。


チズルさんが今日見聞した街や盆栽や籠や菓子の事とか、
プロフェッショナルとアマチュアとの垣根が無くなりつつある音楽産業の事とか、
たいへんニッチな杖道稽古の事とか、
お互い自分が暮らす街の事とか、あれやこれや。
そんな内容のお喋りをしながら、食べたり呑んだり。

チズルさんの生業である音楽と我々がまったく食うことができない武道とは
ぜんぜん違う世界であるのだけれど、
各々ほぼ同じ言い回しの言葉で語ることができてしまう。
芸能人・武芸者、どっちも己の"芸"で成り立つおこないであるからかな。

(^▽^)

そんなチズルさんは、モリッシー先生と同い歳。
チズルさんはモリッシー聴きでは全然ないのだけれど、
私のまとまらないモリッシー見聞話に付き合ってくれる数少ない友人知人の1人であり、
音楽の"表現者"らしい感受性を以って話を聞いてくれる数少ない大人の1人である。

いちいち「うんうん」と頷きながら聞いたり話したりできちゃう手応えを、
「共感」とか「気づき」と言えば簡単。
腹に心にエネルギー充填。そういう表現のほうが合っているかも。

毎年、新緑の季節に京都で集うのが恒例でしたが、今年は横浜で達せられたという僥倖。
良い感じなGWの始まりでした。

by snowy_goodthings | 2017-04-28 23:00 | 外食記 横浜

ワイン食堂 根

親睦会のあとは、福岡遠征の恒例。

そう、ヌイグルミたちの宴。
e0076761_23362551.jpg

ソラリア1階で待ち合わせて、「さぁ、何処に行こうか」という感じだったので、
かねてより興味があって、呑める友と行きたいと思っていたお店へ。

国体道路から薬院駅の間、細い路地がウネウネする界隈は、
来るたび歩くほど愉しい。そんなエリアの真ん中にあるのが、こちら。
「根」と書いて「こん」だって。
e0076761_23522050.jpg

気易く、容易く、美味しいモノを食べられそう。

カエルちゃん達が、六段昇段のお祝いをしてくれました。
e0076761_23382017.jpg

で、呑んだくれ始めて間もなく、
オットから石田家の非常事態の第一報。

おいおいおいおいおいおいおおい。
22時過ぎにそんな事を言われても、今すぐ横浜には戻れませぬ。

明日朝いちばんの飛行機が最も速いルートと確認して、
母に電話をかけ、兄のお嫁さんからメールが届いたので返信し、オットに電話をかけ、
稽古仲間達に「父が倒れて危篤なので、明日の大会は棄権する」とメールを送ったら、
これ以上、今できることは何もない。

だもんで、
anzyとヌイグルミ達と、呑んで語るのでありました。
内容については、省略。
これ以上、今できることは何もない。


anzy、付き合ってくれてありがとう。いろいろ、立ち向かっていくぜっ!
根さんは良いお店だったから、また行きましょうぞ。
(^_^)/



by snowy_goodthings | 2014-09-14 01:00 | 外食記 旅先

CRAFT BEER ON 10 TAPS, BUNGALOW

京都の夜に連れて行って頂いたのは、四条堀川交差点近く、
いろんな国内外のクラフトビールがなまら気安く呑める、スケルトンなお店。
e0076761_14244961.jpg

ほらほら、いろんなビールが色々。
e0076761_1426588.jpg

偶然にも、うさこ&らびさんのお席もご用意頂きましたのよ。
e0076761_14265460.jpg

パテは昼にも食べたけれど、夜にも食べた。
e0076761_14271981.jpg

出て来たものが、
e0076761_14323598.jpg

どれもこれも、
e0076761_14281234.jpg

旨いのなんの。
e0076761_14314523.jpg

良い感じにお腹いっぱいに出来上がったのでした。
e0076761_1432770.jpg

毎年恒例、5月の京都遠征はこれにて終了。

京都は国内旅行地の王様。
稽古が目的ではない旅をしに、また来たいです。はい。
by snowy_goodthings | 2014-05-03 20:30 | 外食記 旅先

& noma CAFE

例年よりやや終了時刻が遅れた八段審査会見学後、
岡崎の & noma CAFE でFlickrさん達に合流。お久しぶりです。

最初、同じ並びの別のお店で待ち合わせ予定だったのだけれど、「接客に難あり」で変えたそう。
週末・休日の繁忙時間の飲食店の接客が大変なのは経験上お察しするのだが、
スタッフのちょっとした態度ひとつで、混雑で入れない残念な状況へのお客の印象は
「次回、また来よう」となるか「頼まれたって、もう来ない」となるか、がらっと変わる。
恐ろしや。

で、ご縁があったnomaさんは、たいへん乙女な設えで働く女子達の愛想も良く
cozyなお店。
e0076761_12132262.jpg

今日もお昼からワイン飲んだり、パテを食べたり。
e0076761_12291927.jpg

パンもお野菜もお肉も土臭い香りと滋味があって、美味しかった。
こんなお店がある岡崎って素敵な街だ。


一昨日は頭痛でたまらず会社を早退したってぇのに、昨日からよく呑んでいる。(^_^;
大丈夫か?←大丈夫じゃなかったのだが、それは数日後のこと
by snowy_goodthings | 2014-05-03 14:00 | 外食記 旅先

秋のいばラッキー(茨城)、北のほう 4

とっぷり日が暮れる中、集合場所の守谷に戻り、
ドライバー担当の地元ッ子さんが興味があったというお店:味噌炭かげろうでご飯。

こじんまりと感じが良い居酒屋さん。
お酒を飲みたいのは山々なれど、昨夜ワインを痛飲したばかりだもんで我慢(泣)。 
e0076761_19133539.jpg

メニューのすべてに"味噌"が絡む。しかもどれを食べても美味しい。
e0076761_19155331.jpg

さとやま学校で食べたランチも、バーニャカウダの味噌ソースがなまら美味しかった。
今日は味噌に大当たりな日だね。

ブリ大根って苦手だったんだが、これは良い。これなら好物になりそう。
e0076761_19163290.jpg

卵焼きもハンバーグも味噌絡み。
e0076761_19295636.jpg

〆の玉子かけご飯にたらすのも醤油ではなく(生成の原理は醤油と同じだけれど)味噌。
e0076761_19294872.jpg


かくして、茨城遠足は"発酵食品、万歳!"な気分で終わるのでした。
また行きたいな。(^_^)/

でも、次は大阪で遠足しましょう。
by snowy_goodthings | 2012-11-23 21:00 | 旅行記

秋のいばラッキー(茨城)、北のほう 2

「おいしいさとやま学校」は、
10月6日〜12月9日までの期間限定で、旧上岡小学校の一画(1組と2組)で
イタリア料理レストランを開業しているというもの。
e0076761_0185980.jpg

大子の食材を使ったメニュー開発はアクアパッツァ広尾のシェフさんだそうだけれど、
サービスをするのは地元の方々。お客さんの要望を先読みするような器用さは足りないが、
全然気取っていない素の愛想良さは、"拙い"という印象を悪いものにしない。その理由は
里山の雰囲気だからか、木造校舎の魅力だからか。
e0076761_0191744.jpg

初めて食べた、凍みこんにゃく。初めての食感が忘れられず、帰りに道の駅で買ったよ。
バーニャカウダの味噌も美味しかった。瓶詰めして持ち帰りたいくらい。
e0076761_0193485.jpg

奥久慈しゃもカルボナーラ。鶏肉も卵も美味。
e0076761_0194679.jpg

笑っちゃうくらい美味かった、ローズポークのポルケッタ。訳せば、「薔薇豚の焼豚」。
e0076761_0195468.jpg

栗とホシイモのモンブラン&奥久慈リンゴのジェラード。
干し芋は茨城県人の定番おやつだっけ。
e0076761_020129.jpg

そんでもって、ここでも早めのお誕生日お祝いをして頂きました。
e0076761_0201076.jpg

手透きのサービススタッフさんがぞろぞろ集まってきて、Happy Birthdayを歌ってくださった。
ぐるっと囲まれたこの状況を魚眼レンズで撮りたかった。(^_^;
e0076761_0201737.jpg

お祝い、ありがとーう。
e0076761_0202538.jpg


つづく
by snowy_goodthings | 2012-11-23 15:01 | 旅行記

秋のいばラッキー(茨城)、北のほう 1

flickrさん達と勤労感謝の日の遠足。
冷たい雨がそぼ降る首都圏を抜け出し、車でぐんぐん北上して茨城県大子町へ。

目指した先は、
「おいしいさとやま学校」於:旧上岡小学校(うわおかしょうがっこう)。
e0076761_211051.jpg

山の斜面に寄り添うように変則的な2階建の木造校舎が素敵な廃校は、
ドラマや映画のロケにもよく登場しているそう。
e0076761_2135915.jpg

自分は木造校舎は中学校の頃に部室として1年間体験しただけなんで、
ご高齢のおばちゃん達が「懐かしいわー、懐かしい」と連呼しながら廊下を
歩いているのが面白かった。でも、古い建造物らしい魅力はよく解るよ。
e0076761_2193924.jpg

小学校の机と椅子って、こんなに目線低かったっけ?
e0076761_21101932.jpg

「本気に勉強する子」「明るく元気のよい子」「なかよくたすけ合う子」…
素晴らしく良い子ではないか。
e0076761_21104632.jpg

校舎は古いが数年前に閉校したばかりなので、使われていた教材の購入日付ラベルは
昭和から平成まで様々。
e0076761_21134369.jpg

立派な音楽室。
e0076761_2117688.jpg

置かれた楽器を皆さん鳴らし放題♪やかましいほど賑やか。
e0076761_2118136.jpg

こちらの校歌はどんなメロディだったんだろ。
e0076761_21193821.jpg

あちこち隙間がみえる木造なので、校舎内はしんしんと寒い。
冬といえば、曇り硝子。曇り硝子には、へのへのもへじ。
e0076761_21222138.jpg

さぁ、そしてお勉強の後は給食です。

つづく
by snowy_goodthings | 2012-11-23 15:00 | 旅行記

今泉の夜 with ヌイグルミ

流祖祭後の懇親会には参加せず、在福岡の友達とご飯。
e0076761_13485475.jpg

行くたびに美味しいお店に連れていってくれる彼女が選んで、(なんと)
在東京の彼女の妹さんが予約してくれたのは、警固公園から国体道路を渡って1本入ってすぐ、
今泉のRistorante BIS。

料理人さんがオーダーからサービスまでしてくれて、例えば
2人で同じ「お肉のコース」をお願いしても、食材・調理法を変えて2皿ずつ提供してくれる
という、二兎を追って両方を得られちゃうメニュー構成が素敵なお店。

肉、その1
e0076761_13542397.jpg

肉、その2
e0076761_13542748.jpg

さくさくっとワインを飲み干しつつ、今夜もよく喋りました。
2年振りだったから、聞くこと・話すことが結構あったし。

そんでもって、
いつもは8〜9月の流祖祭・全国大会が、今年は11月開催…となったことによる僥倖。
デザートが早めの誕生日お祝い仕様♪
e0076761_1357557.jpg

何歳になっても、お祝いは嬉しいです。どうもありがとう。(^▽^)

ヌイグルミ達も久しぶりに会って愉しかったかな。
e0076761_13595973.jpg

しっぽなし&ニラミに会うから、緑のコートにしたんだよね。>うさこ


翌朝が大会でなかったら、もう一杯ひっかけたいところだったんだけど。すまぬ。
やはり福岡遠征は"一晩呑み"を計画して行かないといけん。


とことん愉しい夜でした。
*渡し損ねたお土産は、今日(11月14日)発送しました。
by snowy_goodthings | 2012-11-10 23:00 | 外食記 旅先

日曜祝日月曜はお休みが多い、バクロチョー

e0076761_1252512.jpg

チズルさんがA Hundred Birds東京出張にいらしたので、ぐらさんと3人で
東京スカイツリーを遠目に眺める東神田エリアをお散歩。

眩しく暑い日だったから建物巡りを企て、
馬喰町のアートギャラリー巡りをしたかったのだけれど、この界隈、
日曜、月曜、祝日はお休みの場所が多い…という事を来て初めて知った。がぁーん。
e0076761_012397.jpg

そんな中、開いていたCOLOR WORKS Palette Bldg.
e0076761_1261034.jpg

1Fラウンジ&デリでお昼。
e0076761_1335057.jpg

セッティングが可愛らしく小洒落ている。
e0076761_1301247.jpg

上階のショールームやギャラリーは閉まっていたが、階段を上がるだけでも愉しかった。
e0076761_1311056.jpg

かつて6ヶ月間この界隈に勤めていた頃は、馬喰町="オバチャン服の問屋街"って
イメージだったんですが、今やアートと雑貨カルチャー発信の街。
e0076761_1334554.jpg

ところで、馬喰町(ばくろちょう)。
すごい字面で発音だけだと別の意味にも受け取れる地名の由来は諸説あるようですが、
有力なのは徳川家康が関ヶ原の合戦に際、この界隈に厩を作り、
「博労(馬工労、馬喰、伯楽とも)」という馬の医者というか見立てをする人というか
仲買人的な役割の人を多く住まわせた事に因むらしい。

馬が食われる町ってわけではないみたい。(^_^;

そして、お隣の小伝馬町駅はかつて処刑場だったらしい。
e0076761_134382.jpg

チズルさんは夕方には新幹線に乗って京都へ戻るということで、有楽町へ移動。
e0076761_134556.jpg

いつぞやかの大晦日の夜、一杯ひっかけたバーでお茶してお仕舞い。
e0076761_0452817.jpg

もう少し涼しくなったら、是非また行きましょう。よろしくお願いします♪



*

おまけ:お散歩途中のちょっとした出来事

国際フォーラムの中庭を通り抜けて東京駅前に行こうとしたら、
聴き覚えがあるパーカッションの賑やかな音が斜め上から響いてくる。
「 マラゲーニャ」のアウトロ…BLASTの東京公演だ!
e0076761_044283.jpg

外から終演後に聴衆にご挨拶する背中を撮っていたら、パーカッションの面々に
気付かれた。
e0076761_0441229.jpg

場外の通りすがりにまでアピールしてくださる、パフォーマーシップに感激。
e0076761_152942.jpg

ありがとーう。(^o^)
by snowy_goodthings | 2012-08-26 16:00 | 散歩記 東京

平日、ヱビス〜ナカメ

午後半休を取って、Flickrさん達とのお散歩会。

私の合流ポイントは、東京都写真美術館。ちょうど、
鋤田正義「SOUND&VISION」展が始まったばかり(会期:2012年8月11日-9月30日)。
e0076761_09348.jpg

デヴィッド・ボウイやT-REXやYMOの代表的ポートレイトを撮られた方として知っていたが、
寺山修司の映画「書を捨てよ町へ出よう」の撮影もされていたとは知らなかった。おぉっ!
宮沢りえちゃんの足下にデヴィッド・シルヴィアン、彼の斜め隣にニューヨーク・ドールズ、
彼らの上にデヴィッド・ボウイ、その隣に内田裕也ロックンロール先生、etc.
不思議な繋がりの人物写真の数々に、時空が浮遊するような感覚。

パルコミュージアムでほぼ同時開催される
「きれい」展(会期:2012年08月25日-09月17日)も行きたいなぁ。


炎天下、てくてくと代官山へ移動、"オトナTSUTAYA"こと蔦屋代官山店へ。
平日昼間だけれど、夏休み休暇中とおぼしき人々で店内はけっこうな混雑状態。
e0076761_0994.jpg

読みたい心をくすぐる本の並べ方は見事、ジャンルごとに探せるレンタルCDの品揃えはほぼ完璧。
ご近所にこんな場所があったら、仕事をしないで入り浸りそう。(^_^;
ここがずっとあるなら、代官山で老後を過ごしたい。過ごせるものならだけれど。

街中なのに緑溢れる空間。代官山って洒落ている。
e0076761_091642.jpg

ハワイアンなお店で、一服。
e0076761_092792.jpg

坂道を下って、目黒川辺り。日が落ちると風が吹いてくる。
e0076761_09378.jpg

中目黒駅近くで出遭った、ワンコ達。同じ顔をしているけれど、性格は対象的。
右のコは、無邪気というか何も考えていないというか。左のコは、臆病というか人見知りというか。
e0076761_094234.jpg

バルっぽいお店で、夜の乾杯(お酒を前に油断しちゃってボケボケ)。
e0076761_011147.jpg

女性比率高めの面々なので、よく飲むし、よく食べる。
e0076761_095651.jpg

そして、よく喋った。
e0076761_011249.jpg

不覚にもべろべろに酔っ払って、帰りの電車では立っているのが大変でした。 (^_^;
家に辿り着いてから布団に潜り込むまでは、ほとんど自動操縦状態だったもんで、
記憶にございません。

でも愉しかったね。
by snowy_goodthings | 2012-08-14 00:07 | 散歩記 東京


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る