タグ:CANON PowerShot G1X MarkII ( 27 ) タグの人気記事

稽古始めでした

新春から、新しく覚える事が沢山。


*


ところで、昨年の終わりには居合刀の鯉口の緩み(刀を抜き差ししていれば鯉口は緩むものらしい)を見よう見まねで修理したら、存外綺麗にできました。
  インターネットって便利だね。検索したら、
  得物の手入れ・修理の知恵がぽろぽろ出てきた。
ほらほら、何処を補修したかってわからないくらい見た目が自然にできているでしょ?
e0076761_08085704.jpg
材料は「おとめ納豆」の松経木。
我が日常生活で遭遇する機会がある、最も薄い(1mm未満)木板がこれだった。
e0076761_08090892.jpg
豆が触れていない部分を1×30mmくらいに裁断して、
続飯(ご飯を潰して練った糊:どうせ模擬刀だし木工ボンドでも充分だろうが、先人の知恵に従って天然素材で揃えた)で
鞘の内側:刃・峰の位置に何枚か重ねて貼り付け、
完全に乾いたら紙やすりで削って刀がぴったり納まるように調整する。手順はこれだけ。簡単!


鞘をごりごり削らないで綺麗に抜けるように、練習します…と誓ってみたけれど、道のりは遠い気がする。
頑張るぞー。

(^o^)


by snowy_goodthings | 2018-01-06 17:00 | 稽古記

お正月

1月1日0時にあわせて初詣に行き、お神酒と甘酒を振舞って頂いて、古いお札やお守りを燃やしてもらった。
e0076761_08073879.jpg
御節料理っぽい朝食兼昼食。
e0076761_08075084.jpg
1年のはじまりだからって願掛けめいた事は面倒くさいんだけれど、禁葷食っぽいモノが多め。すなわち、三厭(肉・鳥・魚)五葷(ネギ・ニンニク・ニラ・ラッキョウ・アサツキの臭い野菜)を除くお献立が多め。
オット用に、紅白蒲鉾とかもあったんだけれどね。しかし、ひよこ豆と豆腐と白味噌とを混ぜまくって焼いた松風もどきから無くなっていくのであった。

で、これだけだったら清く美しい精進食生活の実践なのだけれど、夜には酒を呑んじゃったんだから台無しである。


*


お天気が良かったので、夜になる前に
べーゔぇでばびゅっと東京湾アクアライン〜館山自動車道を駆けて、富浦へ。
走るのが得意な車のためにエンジンを回させることが主たる目的である。目的地設定は大雑把に館山自動車道の終点。
しかし、オープンカーで高速道路を1時間ちょっと走り続けるのは、たいへん寒かった。クルマは快適だったろうが、ヒトは耐寒訓練のような思いをした。

「寒かったけど、びわプレミアムソフトは食べるのね」
e0076761_08080294.jpg
道の駅で出会った、クールビューティにゃんこちゃん。
e0076761_08081880.jpg
でっかいお月様と東京湾の夕焼けとを眺めながら、鶴見つばさ橋と横浜ベイブリッジとを渡って帰った。さすがに帰りは幌を閉じて走ったさ。
e0076761_08082803.jpg
これで、往復100kmちょっと。うーん、まだまだ。


by snowy_goodthings | 2018-01-01 17:00 | 冠婚葬祭年中行事記

生誕100年 ユージン・スミス写真展

東京都写真美術館で、
「生誕100年 ユージン・スミス写真展」と「アジェのインスピレーションひきつがれる精神」とをはしご。

行こうと思ったきっかけ:W. Eugene Smith が素晴らしかったです。
e0076761_02060286.jpg
趣味愛好家、アマチュア、プロフェッショナル、いずれの立場であれ、
写真を撮ることについて、意味・意義だとか功罪の両方だとかを考えたことがあるヒトだったら、響きそう。
かく書く自分は、なにか掻き立てられるような思いをちょっとした。

ついでに、こうも思った。
真剣勝負な写真は、被写体のみならず撮影者の心象をも写す。


*


おまけ:
目黒駅前のネパール料理店で食べたダルバートがたいへん美味しかった。
e0076761_02132584.jpg

by snowy_goodthings | 2017-12-28 16:00 | 鑑賞記

クリスマスだからだろうか

日本時間でクリスマスの本日、
Salford Lads Club のおじさん(このヒトとは、たまに文通っぽいことをしている)から前触れ無くTシャツが届いた。
e0076761_23280293.jpg
これ、ちょっと前に募っていた寄付のリワードからの"お裾分け"かな…
これが届いた理由は判らないのですが、嬉しいから頂きます。

びっくりした。天性の"間"の良さ。
2〜3年くらい前には我が誕生日の当日に The Smiths の小さな写真集が届いたことがあったし、
おじさんはきっと神通力の持ち主であるに違いない。
※個人の感想です


Thank you. :) Happy Holidays!


by snowy_goodthings | 2017-12-25 22:29 | 冠婚葬祭年中行事記

朝日湯(横浜市西区)

ついに神奈川県公衆浴場業生活衛生同業組合の回数券を買っちゃったよ。
有効期限は2018年2月28日だから、浴びまくらねば。やっとエンジンがかかってきた。
(^o^)

東海道から藤棚商店街に向かってちょっと入った住宅街の中でにょきっと伸びる煙突は、隣のマンションとほぼ同じ高さ。
e0076761_22453716.jpg
昭和のお風呂屋さんといって想起される、そのままな姿形の建物。
e0076761_22521456.jpg
営業情報は、

で、その組合ホームページの紹介文に "湯船は熱めになっております" と、ある通り、此処の広いほうの湯船のお湯はたいへん熱い。
温度計は「46℃」を指しているのだけれど、体感温度は50℃近い。1分も浸かっていると、

痛い。

あまりのお湯の熱さに、初対面のお客さん達との間に不思議な連帯感が生まれるという、
昔の心理学実験みたいな事態が発生する。
比較的温度を低く感じる狭いほうの薬湯(今日は赤茶色い「じっこう」)の湯船に2〜3人で浸かって、
「そっち、熱かったでしょ」「熱いですね」「入ってられないのよ」…等々、お湯の話題だけで会話が成立するのでありました。


銭湯絵師、丸山清人氏の見附島の壁画を眺めながらゆっくりと…はできなかった。
江戸っ子の銭湯みたいな場所だった。

でも、ま。
番台のおばちゃんの気遣いある対応で、全部が丸く収まるのでした。



by snowy_goodthings | 2017-12-24 16:50 | 散歩記 横浜

親松の湯(横浜市神奈川区)

六角橋商店街へ出かけたついでに、横浜上麻生道路からちょっと入った場所にある"バスタイムセンター"へ。

表の構えはタイル貼りのビジネスホテル風だけれど、
カウンターの奥にあるのは古式ゆかしい宮造りの高い格子天井の脱衣場とお風呂場。
オットによると、男湯から見える中庭の池には鯉が泳いでいるんだそうだ。ほえーんっ!

ラドン浴泉が「ゆず湯」だったので、1日遅れで冬至らしいことをした。



by snowy_goodthings | 2017-12-23 20:00 | 散歩記 横浜

納会でした #2

本日は、神奈川県剣道連盟居合道部の納会が神奈川県立武道館で開催。
e0076761_22325021.jpg
七段の先生方から始まり、その後は無段から八段までの全員が、全剣連居合道から自由技5本を演武する日だそうです。

自分、今年は存分に杖道についてやるんだと決めてやって、やったなりの結果を得られたから
(仕事や趣味の旅行との遣り繰りはグダグダになりつつも、なんとかできた)、
居合道もちゃんとやらないとって思って初めて参加しました。
上手じゃない自覚はあるから、やってみて反省したり思い知ったりする機会には躊躇なく飛び込んだほうが
身につくんじゃないかな。そんな動機から。
/(^_^;

開始線に立ったら、あまりに寒くてびびった。
自分の身体を制御する事がこんなにも難しいなんて。演武はあっという間に終わっちゃったけれど、良い経験でした。

やっぱり、やってなんぼのもんじゃい。
遊んでいる暇はない。とにかく、稽古しよ。

来年の12月には、もう少し格好良くなりましょう。そうならないと。





by snowy_goodthings | 2017-12-23 12:30 | 稽古記

LA自分みやげ

ロサンゼルスの自分へのおみやげ。
e0076761_00561594.jpg
旅行中に現地で買ったモノとか、帰国してから通販で買って今日やっと届いたモノとか。

そもそもの旅の動機(Morrissey) にまったく関係無いモノもありますが…まぁ、気にしない。
ところで、
「Ramones ぬりえ」は、これをどう彩色しろというのだろう?


by snowy_goodthings | 2017-12-22 23:00 | 買物記

澤の湯(横浜市鶴見区)

忘れた頃に戻ってくるマイブーム、銭湯です。

お洒落なSPAではなく、賑やかなスーパー銭湯・健康ランドでもなくってよ。

銭湯です。
public bath です。

神奈川県公衆浴場共通入浴料金=大人470円の施設。
e0076761_21240757.jpg
銭湯は道場の周りには2〜3軒あって、我が家から道場の道のりにも10軒くらいある。
稽古の後に1軒ずつ制覇していこう…なんて、年度の始めに思った気がするのだけれど、年末が迫ってきた今やっとこ着手。

道場からいちばん近い此方は、超軟水のお湯と真っ白い漢方湯のお風呂。
お湯は温度計によると42℃くらい、長く浸かっていられる心地よさ。稽古後に浸かるジェットバスは極楽であります。

脱衣場でお喋りしているおばちゃん達が、
初対面なのに「ごゆっくり〜」と声を掛けてきたり、人付き合いがちょっと気安く密な雰囲気。
そういう町だしね、この界隈は。



東京都内の銭湯については、経営者が世代交代したとか、リノベーションで新しいサービスを展開し始めたとか、
なんだか静かなブームが到来している気配だけれど、横浜はどうだろう?




by snowy_goodthings | 2017-12-21 22:00 | 散歩記 横浜

月刊「秘伝」2018年1月号

現在発売中の「秘伝」1018年1月号の後ろのほう、ジャーナルページに先に開催された
 ↑テキストリンク先は福岡県剣道連盟WEBサイトの「活動報告」です
e0076761_08465313.jpg
There is No Intention to Infringe Copyright.

「秘伝」って、他の武術・流派についての記事は取っ付きにくいんですが、今月号の特集は「日本刀」。面白かった。
今年の大刀剣市は仕事が詰まってオロオロした頃に重なり、行きそびれていた事にいまさら気付いた。
行ったって、何も買えないんだけれど。

そして、追悼記事。
海外で日本の武道を修練している方々の視点を垣間見られて、
自分の稽古について省みるというか良い刺激を受けてしまったというか。やらなきゃな。


ちょっと話が飛ぶけれど、
先日、杖道"未開"の国から「杖道を稽古したいと切望している」と相談のメールを頂いたのです。
拙い英語で理想的な手続きを提案する返事を書いて送ったけれど、いつか縁が繋がったら良いなと思う。
(もし先生方が誰も行きたがらなかったら、私が行きたいぞ)まぁ、わからないけれど。

でも、今年はちょっとずつ良い経験を積み上げられたから。
広げていきたい"欲"はわんさとある。





by snowy_goodthings | 2017-12-19 22:30 | 稽古記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る