タグ:CANON PowerShot G1X MarkII ( 12 ) タグの人気記事

Morrissey 45 RPM

'Spent the day in bed'
Morrissey 新譜からの最初のシングルが本日、無事にエゲレスのレコード屋さんから届いていた。
稽古から帰ってきたら、ポストに入っていた。
e0076761_22023452.jpg
UK Official Singles Chart(11月3日〜11月9日)初登場69位。
Vinyl Singles に限定すると、見事1位…という売上に貢献したというか参戦したということになるのかな。


フィジカル・配信・動画サイト・etc パッケージ形態の多様化、
特典・抽選券・デザインバリエーション・etc 販売方法の熱狂化、
「弾いてみた」のようなオーディエンスの表現者化、それからなんだっけ…えーっと、忘れた…
とにかく、あれやこれや、時代の流れみたいな背景によって、セールスチャートの上位に並ぶ楽曲が
必ずしも "みんなが聴く・歌う・語る" ヒット曲ではないのは日本の音楽産業においては
もはや当たり前の光景なんだけれど、あちらの国ではどうなんだろう?

2017年の上半期はそんな事をずっと考える仕事をしていたので(それが何であるかは内緒、モリッシーとは関係無い事)、
ちょっと落ち着かない気持ちにもなっている。何故だか?でも、良いんです。とにかく、聴きます。
聴きたいと願って、その通りに聴ける成り行きを慶んでいる。


*


B面の 'Judy is a punk' は"Recorded in Tokyo" ということは、
昨年の東京公演2日目アンコールの演奏。
e0076761_15494343.jpg
残念ながらトラックに音は残っていないけれど、
"愛してる"3連発の挨拶とか、聴衆のむちゃくちゃリズム正確な手拍子とか、
"Good-bye."の前に"I love you."って言っていたとか、
アウトロが終わった後を追いかけるような拍手とか…そんな事があった。其処に、自分はその場にいたんだよな。
最後の"I love you. Good-bye." だったと思うんだけれど、"Good-bye."しか聞こえない。いけ

by snowy_goodthings | 2017-11-04 22:36 | 買物記

#TQID

日本経済新聞の夕刊真ん中に The Smiths の広告。
e0076761_01002107.jpg
なんと、日経新聞にザ・スミス。

by snowy_goodthings | 2017-11-01 16:00 | e.t.c.

鶯谷駅界隈

我が人生で鶯谷駅で降りたのって、これが2〜3回目くらいだろうか。
e0076761_22323380.jpg
東京キネマ倶楽部を出たら、わざわざ遠回りをして鶯谷駅の北口のほうへ。
e0076761_22335675.jpg
狭い路地を抜けると、俗っぽく愛を語らう人々の密集地域。つまりは、ラブホテル街。
e0076761_22395161.jpg
もとい、最近では"カップルズホテル"とか呼ぶんでしたけ?おろおろ。

オレはこっちのほうが心躍るかな、呑み屋が軒を連ねる界隈。
e0076761_22430848.jpg

by snowy_goodthings | 2017-10-25 21:55 | 散歩記 東京

続 パイナップル、食べたあと

空き瓶から鉢植えに引っ越したパイナップルの葉っぱクラウンは、ここまで成長中。
食べた時と比べたらタテヨコ2倍ちょっとの大きさになった。
e0076761_09121510.jpg

根っこが育てば、滅多なことでは枯れないらしいが、南国生まれの果実であるから寒さには弱い模様。
我が家のベランダで大丈夫だろうか。で、よくよく調べてみたら、
(運が良ければ)3〜4年後くらいに実がつくらしい。いやぁ、それは難しかろう。
ともあれ、「パインちゃん」とか極めて適当な名前をつけてしまって、可愛がっている。可愛いぞ。


by snowy_goodthings | 2017-10-25 09:29 | 庭風景

選挙、台風接近、講習会

本日は第48回 衆議院議員選挙の投票日。もとい、
超大型で非常に強い台風21号が接近する中、神奈川県剣道連盟杖道部会の講習会でした。
期日前投票を前日夜に済ませて、
昨日は普段の稽古に行くために走った横浜上麻生道路をばびゅーんとべーゔぇで駆け抜けて参加しました。


神奈川県の講習会ですが、開催地は東京都。
正面への礼は、仏前への礼。
e0076761_21532608.jpg
参加人数はやや少なめでしたが、そのぶん稽古・練習の内容はがっつりだったと思う。
e0076761_22011689.jpg
自分は、来月一級審査を受ける班の講師担当。もとい、講師というより、練習の発破掛けだったっぽい。
気合を出してーっ!
でも、楽しそうにやってくれちゃうから、私も楽しい。稽古は、楽しくなくっちゃ。
(^_^)
もちろん、ツライ時もあるんだけれど。どちらも大事です。

台風接近の非常事態なので、終了時刻は繰り上がって15時に閉会。


いつも未満に枚数が少なめですが、講習会風景の写真を Flickr (←Click!)にストレージしました。
稽古風景の写真がぜんぜん無いのは、私が上記の状況であったため。
あ、そうだ。指導部長先生にカメラを預ければ良かったのか。

神奈川県剣道連盟杖道部会による公式「活動報告」は↓こちらをご覧ください。


http://kanagawa-jodo.main.jp/


お疲れ様でした。


来月、11月は五段以下審査会。
来年、1月には六段・七段審査会。

きゃぴきゃぴと習う事を嬉しがって、"若手"呼ばわりされる事に長らく馴染んできていましたが、
そろそろ次の審査を受ける時期が迫ってきている事を自覚しつつあります。やばい!やばい!やばいっ!
受審資格年限が来るのは、東京オリンピック開催予定の年…なんてこった。それまでに、どれだけ変われるんだか?


by snowy_goodthings | 2017-10-22 15:00 | 稽古記

第44回 全日本杖道大会

1年でいちばん大きな大会、全日本杖道大会が東京武道館で開催されました。
大会プログラムによると、
試合は初段の部〜七段の部まで262組・524名、
個人演武は全剣連杖道の部・古流の部で43組・86名31組・62名がエントリー。
これまでの全日本で最大規模でしょうか。右を向いても左を向いても、全国から参集した杖使いが沢山。


我々、六段の部で優勝することができました。
e0076761_00065501.jpg
前回大会の優勝組・準優勝組の両方と当たって勝ち、大会や講習会でいつもお会いする方々の組と当たって勝ち、
かつての相方氏組と当たって勝ち、絶対に負けたくないと挑んだ決勝戦で勝ちました。
1回戦からすべての試合が、決勝戦みたいでした。
お相手の皆さんが真面目で熱心で強くて上手なのは承知していたから、試練のようなトーナメントだった。
全部の試合が大変だった。全部の試合が楽しかった。
一発勝負の繰り返し、ものすごい稽古だった。
(対戦相手の方々も同じような事を言っていた、似た者同士だらけだ…)

しかしながら、
優勝した"達成感"というのは実は例によってあんまりなくって、それよりも
自分はもっと強くなれるかもしれない、もっと上手くなれるんじゃないかって、"欲望"の発露のほうがすさまじい。
もっと稽古します。

…と、
3年前に初めて優勝した時と似ていますが、少しだけ違う心持ちでいるのです。
大会後の打ち上げで先生達にも言われたけれど、自分でもちょっとだけ変わった自分を自覚している。

果てる気がしない。
e0076761_08581867.jpg
大会後の打ち上げに向かう途中で相方氏との会話は、
ほとんどが今日の試合でし損ねたさまざまな技・所作の反省でした。
試合内容について、悔いる事・言い訳する事は何も無い。あの時、できる事の全部はやったんだと思う。
しかし、
遣るべき事の全部はできていなかった。あの時、できた事はまだある。その事について、悔いても・言い訳しても仕方が無い。
ですから、明日から、いつも通りに稽古の日々です。


あ、でもね。
ふたつばっかり、天井を突き抜ける勢いで嬉しがっている事があるのです。
決勝戦で旗が3本揃って此方に上がった事。これは試合場を出てから知った、びっくり。
それと、表彰式で乙藤杯を授与された時の審判顧問先生の痛快な一言。何か言われると思ったが、びっくり。
もう、たまらない。無邪気な子供みたいな心持ちになっちゃう。

これからも、また壁にぶち当たったり穴に嵌ったり、また弱くなったり下手になったりするだろうけれど。
もっと頑張る。
稽古について、「やらない」とか格好付けるのも「できない」とか言い訳するのも、どちらも嫌いだ。
ただひたすらに、やるのみです。好きでやっている事ですから。


*


大会主催者による公式結果は、全日本剣道連盟サイトをご覧ください。

大会主管者による公式結果は、東京都剣道連盟杖道部会サイトをご覧ください。


*


神奈川県剣道連盟杖道部会による公式「活動報告」は↓こちらをご覧ください。


http://kanagawa-jodo.main.jp/


広報担当者どうし組んで決勝戦まで進んだので、自作自演(←用法間違い)な照れ臭さはありますが、自分達の結果がそうなのだから。
活動報告に載せる写真が無くって困ったけれど、福岡県の写真担当くんからご提供頂きました。
ありがとうございます。


私が会場で好き勝手に撮り散らかした写真は、Flickr(←Click!)にあります。
コンパクトカメラしか機材を持っていかなかったので、枚数はありません。
が、雰囲気は伝わるかと思います。


閉会式後に撮った神奈川県剣道連盟杖道部会一同の記念写真は、後日プリントを被写体の皆さまへお配りします。
「そこの若人、シャッターを押して!」と
いきなり声を掛けて応じてくれた京都の皆様、ありがとうございました。助かりました。
e0076761_08583656.jpg
会長と何人かの選手がいない集まりの悪さについては、毎々の事
各々の事情・判断の結果だから、どうぞご随意に


公式写真が個人名義アカウントにストレージされていることの是非は、どうか問わないでほしい。
ボランティアなんです。
ついでに書き添えておくと、神奈川県の選手ばかりが被写体ではないのは撮影者の趣味です。はい。


お疲れ様でした。


*


我らが玄武会WEBサイトも地味に更新しています。
「稽古日・お知らせ」をご覧ください。


以下、極めて個人的な備忘録。

試合結果と関係無いようで関係がある、
本日の試合前の1曲は Morrissey の'Alma Matters' でした。
2016年8月6日ベルゲン公演のブートレグ音源の "This will cure your insomnia." を
3回くらい繰り返してから試合場へ行った。
したっけ、準決勝で仕打交代した後、自分が仕杖になって「雷打」を始めるという瞬間、
頭ん中で 'All the Young People Must Fall in Love' が聴こえてきてびびった。
試合中、明瞭な言語表現を伴う"声"が聞こえてくる事はあって、
それって大抵は亡くなった先生や生きている先生から指導された際の言葉の自動再生であったり、
自分の思考・感情であったりするんだけれど、今日はモリッシー先生が歌い出した。何故?
斬ったり、打ったり、突いたり、体当たりしたり、払ったりを仕合っているこの瞬間に
"fall in love" って何故?それにオレは、大統領じゃないし若くもないし。
そんな変なスイッチが入った理由はわからないけれど、そうなったら他に余計な事を考える暇など無い。
ひたすら、斬られまい・斬らせまいと、打太刀に応じて動くのみ。
強く・上手くやろうとか欲張る(色気を出す)暇など無かったんだけれど、それが良かったのかもしれない。

しかしながら…
そんなまっすぐ・まっさらな態度は決勝戦の時にはすっ飛んでしまって
「ぜったいに負けたくない」と、メラメラになって試合場へ踏み込んで行ったのです。
 ↑この時こそがモリッシー先生のお歌が似合う状況だったかも…
そうなっちゃう私はまだ修練が足りない。いや、これが私という人間の有り様かしら。

"So, what do you want to do? It's up to you"

…あわわ。


いずれにせよ、ともあれ、
此処で日本語で書いても、モリッシー氏ご本人には甚だ迷惑な事でしかないのですが、
今日の結果が自分にとって素晴らしく良い事であったのは、御大の歌のおかげです。
理由は2012年頃まで遡るんだが、まだちょっと自信を持って書けない。今は、2017年の今日についてのみ。
どうもありがとうございます。
極東の島国から、東と西と両方に向かって1回ずつ御礼を申し上げましょう。

(^▽^)





*


10/10追記:
Youtubeで自分の試合を初めて観た。 σ(^_^; インターネットって便利だね。





*


10/12追記:
友人・知人の皆さまから杖道の試合形式についてしばしば質問を受けるのですが、
KENDO WORLDさんが試合要項に触れつつこの大会をレポートされているので、これをご参照ください。
ただし英語、たぶん読めるでしょう。私にだって読めた。
  「JODO」記事掲載は久しぶり。
  来年の福岡県久留米市での第45回全日本杖道大会も、取材に来てくださるかな。

KENDO WORLD
e0076761_23203957.jpg
There is No Intention to Infringe Copyright.

現時点で準備中のようですが、記事中に七段の部 決勝戦のビデオが掲載されるみたいなているので
見てみてください。百聞は一見に如かず。
"男性組 vs. 女性組" という杖道らしい試合であり、かつ、
どちらも素晴らしく冴えた技を存分に繰り出してみせつけてくださった、素敵な先生・先輩達の試合です。





*


10/20追記:
雑誌「剣道時代」さんが photoreco で大会写真の販売を開始されている。つくづく、インターネットって便利だね。


現在、試験的な運用である様子。
自分も撮り散らかしている写真についてギャラを設定しようかしら…というのは冗談として、
自分で自分の演武を撮ることはできないので、このサービスはありがたいです。

我々って、ちゃんとできれば"見栄え"良いのかも。ちゃんとできれば…
したっけ、ストックされている己の姿を見たら、しくじった自覚がある箇所がほぼ全部写っている。
もっと、できる事・やるべき事があるだろ。自分。全然できていない。
(^"^;
ますます稽古します。明日も明後日も稽古です。



by snowy_goodthings | 2017-10-08 17:00 | 稽古記

秋の炊き込みご飯

かつては秋になったら土鍋で秋刀魚ご飯を炊くのが我が家の恒例だったのだが、一昨年あたりから趣向が変わった。

大根と油揚げと干し椎茸の味噌ご飯。
e0076761_23392211.jpg
かつ、今日は土鍋を出す暇がなくって、炊飯器で炊くという慌ただしさ。
でも、旨かったよ。(^▽^)


by snowy_goodthings | 2017-10-01 21:30 | 家食記

常備菜

このくらい作っておけば、来週末までなんとかなるかな。(^_^; 人参が多すぎ。まぁ、いいや。
e0076761_08433095.jpg
ソーセージ作りに飽きた後、
最近は油揚げを裏返して豆腐や野菜を詰めて揚げ焼きする"鋳込み料理"的なカツ制作に嵌っている。
あと2〜3週間くらいは面白がって続けそうな予感。


by snowy_goodthings | 2017-09-09 20:00 | 家食記

秋季錬成会でした

昨日と今日は、南足柄で稽古でした。
e0076761_22101376.jpg
よく動きました。自分で自分が汗臭くて我慢できなくなったくらいに。
(^_^;

恥ずかしながら、毎年この季節になると必ず、繰り返し注意されている所作の悪い癖について、
今年この2日間でやっと"直せる"とか"できそう"とか思えた気がする。やっとの、やっとで。
腑に落ちたというか、解るんだけれどできるかなーっと迷わなくなったというか、
倣うだけの容量が用意できたというか、考えがそこまで至るように満ちたというか、etc.

自分は何度同じ事を繰り返したら、飲み込んで身につくのだ?…という反省は後でするとして、
ちょっと変われそうな気になって、かなり良い気分。
でも、来週の今頃には、思った通りにいかなくってへこんでいるかもしれないけれど。ともあれ、やるべし。


いつまでたっても、初々しく頑張れてしまう。自分って、おめでたい。
幸せであります。


*


そして、東名高速道路の渋滞に滅入りながら帰ってきてやっと、今日、世の中で起きた出来事についてニュースを見て知った。
明日がどんな日になるか…じゃなくって、今日がどんな日になるか予想しづらくなっている。

稽古をしている間は、浮き世離れしているから。
暫く現実に戻りたくなくなる。




嘘、戻りますってば。



by snowy_goodthings | 2017-09-03 15:40 | 稽古記

パイナップル、食べたあと

パイナップルの葉っぱクラウンを水栽培すると、芽が出て子供パイナップルが育つらしい…うまくいけば。
ならば、やってみるー。(^o^)
e0076761_09550650.jpg
一昨年スコピエで買ったアイヴァルの空き瓶に、丁度良く鎮座ましまし。
(お婆ちゃんみたいに、やたらとモノを取っておいてたのが役に立った)

1〜2週間くらいで根が出てきた。もう少ししたら、鉢に植え替える。
果たして、どうなるかな。


*


スコピエといえば、マケドニアの首都。
2015年には、シリアからヨーロッパを目指す"難民"と呼ばれる人々が通過する地として、名前が挙がった国。
2016年には、中部の街ヴェレスが発信源のフェイクニュースから "Post-truth" が火を噴いて、
その年のアメリカ大統領選挙になんらか影響を及ぼしたとかなんとか、そういう国。たまに読む WIREDで読んだ。

世界中の人々をざわざわとさせるような事が起きてしまった国。
でも、自分がかの地で出会ったヒト達は、誰も彼もそれぞれ魅力的であった。奇妙なくらいに。
皆さん、今日もお達者であろうか。そうであってほしい。
…と、願っちゃう、自分の五感で得た印象のほうを信じておく。うん。


by snowy_goodthings | 2017-08-26 09:50 | 庭風景


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る