タグ:CANON G1X ( 40 ) タグの人気記事

中華みゆき

ストーブの前でホットドッグになっていた、ゆずちゃん。
e0076761_15424258.jpg
此方、もやしそばが美味いです。
ラーメンって出汁がアレですが、此処では食べる。
e0076761_15434130.jpg

by snowy_goodthings | 2017-03-12 11:45 | 外食記 横浜

開花間近

ブルーベリーの花が咲きそう。
e0076761_15051197.jpg

by snowy_goodthings | 2017-03-11 15:05 | 庭風景

杖道部会、平成28年度最後の講習会でした

神奈川県剣道連盟杖道部会、平成28年度最後の講習会は珍しく土曜日に開催。
e0076761_14243663.jpg
曜日が違うからってなんのその、
いつもいらっしゃる稽古好きな面々はいつも通りいらっしゃるのでした。
e0076761_14295873.jpg
無段〜五・六段まで4班くらいに分かれて稽古。
来月:新年度最初の行事、五段以下審査を受審するという方、
今年の夏には熊本県で開催される六段審査を受審するという方など、様々。
e0076761_14314904.jpg
我々、五段・六段の班は、午前中は「乱合」のみ。
いわく、「乱合」ができれば何でもできる。しかし、「乱合」を滅茶苦茶出鱈目にやっている。


*


午後は…すみません。私は年度末ゆえお仕事立て込み中で帰りました。
おそらく、午後も班ごとに稽古。
途中、東日本大震災から6年となる14時46分に1分間の黙祷の予定。

なかなか、間違いや下手を指摘されても直らない・直さない。
またしても、正しい所作ができない・上手にならない。
そーんな、同じ事を何度も繰り返すという"日常"が"当たり前"ではないと思い知らされたのが、
6年前の今日。
いつも通りに今日が終わるとは限らない。いつも通りの明日がやってくるとは限らない。
2011年はそういう思いをする事ばっかりだった。忘れるわけがない。

技でも所作でも考え方でも態度でも位でも、なんでもいい。
ただし、
昇段とか、優勝とか、称号とか、そういう事ではない。←どれも経験したが、たかが通過儀礼
自分は2011年から、少しは(良いほうに)変わっているのだろうか?どうだろ。
やばい、やばい、やばい。(^_^;



公式記録は↓こちらをご覧ください。

http://kanagawa-jodo.main.jp/


例によって、私が広報用に撮った写真は Flickr(←Click!)にあります。
「2016年度 神奈川県講習会」albumの最後に写真を追加しました。ただし、開会式のみ。
関係各位はよしなにご覧ください。


by snowy_goodthings | 2017-03-11 14:46 | 稽古記

上田→千曲→長野

出張で千曲市へ。

夜明け前に起床。朝5時台のJR上野東京ラインは
東京ディズニーリゾートへ向かう女子高生で賑わうなぁと思いながら、東京駅へ。
東京駅からは北陸新幹線こと長野新幹線「あさま」に乗って、上田駅で下車。

気温は1℃。でも、良く晴れていて風がないからあんまり寒いと感じない。
e0076761_10434505.jpg
上田駅から、しなの鉄道に乗り換え。
初めて来ました、戸倉上山田温泉。いや、目的は温泉ではなかったのですが。

e0076761_10435597.jpg
戸倉は、視界に必ず山々が見える町でありました。


目的が終わって、帰りは北陸新幹線「かがやき」でばびゅっと帰るべく長野駅へ。
しかし、ばびゅっと帰らず、寄り道。

超絶的なマッス、阿形像。
e0076761_10440690.jpg
仁王像は超絶的に筋肉隆々だけれど、その姿からマチスモみたいな"男っぽさ"を感じない。
人体描写を過剰に尽くした表現であるのに…人間に近しい印象は無い。

お寺という場所ゆえか。長野といったら、善光寺。
e0076761_10441460.jpg
久しぶりにポケモンGOを起動したら、参道には知らないポケモンがうじゃうじゃ。
ポケモンジムが本堂にあって、驚いた。(º∀º)
仏様、寛容が過ぎます。←さすがに仁王門を超えたら、やりません。


そんでもって、お土産を買って帰った。
根元 八幡屋礒五郎 でイヤーモデルパッケージ「ながの銀嶺国体缶」七味とガラムマサラ。
それと、おやき。
e0076761_10442124.jpg
道中、話題になったのだけれど、長野県は空気が綺麗。
通りではマスクをした人と滅多にすれ違わないし、自分も咳喘息とか症状が出ない。素敵だ。
東京から新幹線でたった1時間ちょっとの距離、
オフィスが東京都内になきゃいけない理由なんて無いじゃないかーっ!
…と、無茶な願望を振りかざしながら帰るのでありました。

大宮駅あたりから喉が痛くなった。
今年の春はことさらに大気が汚れているように感じるんだけれど、実際どうなんだろう?



by snowy_goodthings | 2017-03-09 17:03 | 旅行記

横浜美術館 2016年度コレクション展 第3期

横浜美術館、[写真]全館展示。

道場へ行く前、1時間ちょっと寄り道。
お友達さんにおすすめであると教えて頂き、コレクション展を観に来ました。


I 昭和の肖像 〜写真でたどる「昭和」の人と歴史
II ”マシン・エイジ”の視覚革命 〜両対戦間の写真と映像
e0076761_00423592.jpg
素晴らしかったです。溜息ばっかり出てきた。

もう、横浜美術館は毎日が写真展示だけでも良いです。ずっと眺めていられる。


by snowy_goodthings | 2017-02-26 17:20 | 駆動記

ご近所さん

窓にニャンコ。
e0076761_23021549.jpg

by snowy_goodthings | 2017-02-26 12:15 | 散歩記 横浜

馬の博物館と週末パン屋と旧根岸競馬場一等馬見所

今日はご近所、根岸森林公園へばびゅっと。
馬の博物館で開催中、「物語の中の馬」展が目当て。
e0076761_19165080.jpg
博物館としての規模は小さいけれど、
「馬」にまつわる古いモノ・新しいモノを一緒くたに観られる場所。

そして、
公園を離れて山手駅の方向へ住宅街の細い道を畝々と歩いて行って、次なる目的地へ。
e0076761_20100530.jpg
此処です、On The Dish さんは、原則毎週木〜土曜に開くパン屋さん。
静かな住宅街の中なので、騒がしくしないようにそそっと。
e0076761_20105817.jpg
此処では、パンを買うついでにお昼を頂くこともできる。
パンも野菜も野菜のスープも、そして水も締めのコーヒーも、ご馳走のように美味しい。
e0076761_20143033.jpg
窓の外、小さな竹林に来た鳥の視線を感じながら、ご馳走様でした。
e0076761_00070284.jpg
カンパーニュを1個ホールで買って、うきうきと公園へ戻ろうとしたら、道に迷った。
ニャンコちゃん、根岸森林公園は何処ですか?
e0076761_00030583.jpg
途中で引き返したりしながら、戻ってきました。

今日の空は雲が多いが、丹沢の山々が近く大きく見える。
富士山は雪が降っているのか、真っ白い雲の中だった。
e0076761_20213295.jpg
横浜市にはアメリカがある。神奈川県も"基地の街"だから。
e0076761_20345829.jpg
根岸森林公園の真ん中にあるのは、米軍の根岸住宅地区。
e0076761_20240278.jpg
そのすぐ隣に、日本最初の洋式競馬場であった根岸競馬場一等馬見所がある。
「A Y.M.O.FILM PROPAGANDA」で映っていた場所ですが、
よくぞ撮影許可が下りたと思う…今は絶対立ち入り禁止。
e0076761_20350962.jpg
夏は廃墟を侵食するツタで外壁の大部分が緑色に染まっているんだけれど、
今はくすんだコンクリート色。
e0076761_20405184.jpg
米軍施設敷地に接しているので、観覧席正面には回れない。
2015年までは、他の米軍基地のように"フレンドシップデー"開放があったらしいが、
昨年は実施されていない。しばらくは無理かな。
e0076761_21034086.jpg
ぐるっと見回している間に、日が陰って寒くなってきた。今日はこれで退散。


by snowy_goodthings | 2017-02-11 15:15 | 駆動記

古民家と見世物

今日は立春、暦の上では春の始まりです。
どうりで暖かい。

だもんで、べーゔぇの幌を開けて走ってきました。成田の古民家まで。
今回はあんまり迷わなかったけれど、それでも曲がる角を間違えて成田国際空港の端をくぐった。
その先、ゴルフ場と畑と工場とを通り抜けると小さな集落に着く。
e0076761_20333639.jpg
やや場違い感が漂うけれど、
オープンカーは空気が綺麗な郊外でないと幌を開けて走れません。許して。
…って、横浜のど真ん中でも開けて走っているけれどさ。

クルマを停めたら、丸々したニャンコが「んにゃー」と出迎えてくれた。
e0076761_20355372.jpg
今日はじめて知ったが、こちらの看板ニャンコちゃんは2匹いる。よく似た毛色の、大きいコと小さいコ。

今日は中の間に上がり込んだ。
e0076761_20372229.jpg
本日の定食。
味噌汁は事前にお願いすれば昆布出汁にして頂けるとのこと。んじゃ、次はお願いしようか。
e0076761_20381388.jpg
中の間には文庫本が沢山。背表紙を眺めていると、持ち主のご趣味が窺われる。
「幸福という名の不幸」…
e0076761_20394887.jpg
にゃーにゃー声がすると思ったら、さっき出迎えてくれたニャンコだ。ちょっと太めちゃん。
e0076761_20414646.jpg
外に出たら、昨年末に来た時に会ったニャンコが挨拶してくれた。ちょい小柄ちゃん。
コロコロと、よく転がる。
e0076761_20425008.jpg
じゃあね、また来るね。
e0076761_20431967.jpg
そして、国立歴史民俗博物館で「見世物大博覧会」を観た。
展示品の数が少なかったことは残念であるが、1時間ちょっと愉しかった。
e0076761_21571261.jpg
図録が読み物として、重量級の面白さ。帰宅してから、ただいま読みまくっている。


by snowy_goodthings | 2017-02-04 16:30 | 駆動記

Blue Bottle Coffee Shinagawa

並ぶコーヒー屋。
並ぶのがイヤで暫く近付かなかったけれど、そんなに混んでいなかったから立ち寄った。
e0076761_22012706.jpg
綺麗に淹れられている。
豆のせいなのかドリップの仕方のせいなのか、酸味が強め。
苦味が出てほしい自分の好みの味とはちょっと違った。

1杯ずつドリップしてくれるなら、
日本のコーヒー専門店みたいに豆を選べたりすると良いなぁ…って、
だったら気難しいが礼儀正しいおじさんがカウンターにいるような店に行けってか。
(^_^; そりゃそうです。ただの相性の問題。

by snowy_goodthings | 2017-02-02 13:10 | 外食記 東京

鋤田 正義 写真展:SUKITA / M Blows up David Bowie & Iggy Pop、ゴジラ初上陸の地

今年の人間ドックは1日がかりの受診になっちゃって、
午後のMRI検査まで隙間時間があるから、品川のキヤノンギャラリーSへ。
海からの風なのか、ビル嵐なのか、冷たくて強い風がビュービュー吹きすさぶ中、行った。
e0076761_22084334.jpg
鋤田 正義 写真展:SUKITA / M Blows up David Bowie & Iggy Pop
2017年1月19日〜2017年3月6日
於:キヤノンギャラリーS

たいへん有名な、
1977年の来日時に撮影されたポートレイトとか、その後のライブ写真やポートレイトとか。
ずいぶん前の作品だろうけれど、「古い」と感じない艶っぽさ。
イギーじいじは、ごく最近、2016年のツアーで撮られたものもあって、
懐古的な郷愁ばっかりではない印象。
  Flow Festival 2016 のポスターになっていたポートレイトは、
  鋤田氏撮影だったんだーっ、きゃーっ

フィルムカメラで撮影された写真を、
CANONの大判プリンター imagePROGRAF でプリントしたものだそう。
被写体を生々しく剥き出しにするというより、
芸術的なギミックが施されたハレの姿をみせてもらっている気分になる。
畏敬の念を持って、憧れてみつめるような、絶妙な距離感。
素晴らしいアーティストは、近いんだけれど、遠い。そして、離れない。

たまらーん。

受付で頂く事ができる図録には、小さめながら作品が全部網羅されている。
e0076761_22333366.jpg
貰っちゃって、良いんですか?
自分、キヤノン使いでいて良かったです。いや、自分は中途半端な写真好きなだけなんだけれど。
(^o^)


*


キヤノンSタワーは品川駅前のオフィスビル街の端っこ近く。
此処は、
JR東日本と京浜急行のターミナル駅と最先端オフィスビル郡と日本最大の食肉市場とが
並列する奇妙な界隈。

ちょい足を伸ばして、北品川の古い町並みをぷらぷら歩いて、「ゴジラ初上陸の地」へ。
e0076761_22413967.jpg
1954年公開、「ゴジラ」第1作で、ゴジラは東京湾から品川に上陸したのだそう。
此処から?

なお、観音崎たたら浜には「ゴジラの足跡」があるけれど、
あれは同じく「ゴジラ」第1作でゴジラの存在が最初に確認されたのが
観音崎沖だったからであるらしい。そうだったのかっ。


もうちょっと歩けば、"海水湯" って名前の銭湯があったり、
「David Bowie is」開催中の寺田倉庫G1ビルがある天王洲まで行ける筈。
古い建物と新しい建物、小さな家屋と大きなビルや倉庫、様々な建造物がごっちゃ混ぜで
不思議な界隈。

by snowy_goodthings | 2017-02-02 12:50 | 鑑賞記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る