タグ:CANON EOS Kiss Digital N ( 406 ) タグの人気記事

納会および忘年会でした

今年の神奈川県剣道連盟杖道部会の納会は、横須賀市追浜にある北体育館で開催。
陽当たりが良い立地かつ温水プール併設の体育館なので、
真冬の講習会ながら基本の単独動作を12往復すると汗かくほどに温かい。そんな場所。
e0076761_13415040.jpg

開会式はじめに、10月に開催された
第41回全日本杖道大会において神奈川県から参加し入賞した選手へのお祝い授与。
今年の入賞は、三段の部で優秀賞、六段の部で第1位。
e0076761_13522030.jpg

↑相模原のKさんがシャッター押してくださって、珍しく自分が写っています (^o^)
 六段相方氏は病欠のため、不在

ふと思ったのだけれど、全日本剣道連盟が主催する9大会のうち
杖道大会のみ、トーナメントのてっぺんは"優勝・準優勝"ではなく"1位・2位"と呼ばれる。
仕打2人1組で競うから、団体戦という意味での定義でしょうか。どうだろ。
その辺りの真相は未確認だけれど、そうだとしたら腑に落ちてくる。

全剣連杖道制定型という"競技"について真っ正面から挑もうとすると、
自分ひとり勝手に頑張っても、盛り上がっても、取り組んでいる気になっても、
全然足りない。
ひたすら真っ直ぐに極めるプロフェッショナルは当然として、それに加えてやるべきは
あれこれチームで試行錯誤を繰り返すプロジェクト。
これだと、適切な表現じゃないかな。まぁいいや。
自分が良いと思う事をがむしゃらにやれば良いと思っていた頃とは、
ちょっとだけ考え方が変わっている。そういう過程にあるということで。 (^_^;

今年やった事に、来年は何をどう積み上げてゆこうか。


したっけ、開会式はそれだけでは終わらない。
今年の敬老の日に全日本剣道連盟がされた
「90歳となる剣道・居合道・杖道高段位(七段以上)の方々をお祝い」。
全国に94人いらっしゃる該当の先生のうちおひとりが山本先生である…ということで、
神奈川県剣道連盟杖道部会からもお祝い贈呈。
e0076761_14341125.jpg

山本先生は現在92歳。
凄まじい事に、初めてお会いした時からまーったく印象が変わらない。


午前中は、無段〜六段に分かれて講習会。

私がいた六段の部はこんな感じ。
e0076761_14403999.jpg

林先生が1人ずつにダメ出しするというきめ細やかさ。
これで改善されなかったら、今の段位は返上だろうってくらいに端的な指摘ばかり。

うひゃあ。
さっき考え始めたばかりの、次にやるべき稽古のお題はもう揃った。


13時から演武会。
e0076761_14461218.jpg

無段〜六段までそれぞれ仕杖を審査。
無段と初段については、六段受講者7人全員が審査。
e0076761_14465782.jpg

私も審査員デビューしました。先生に「写真撮りながら審査する?」と言われましたが、
正面背後の先輩が「審査態度を見ます」と言うから、さすがにそれはできず。
自分の制定型に対する視座を問われた気分になります。
審査用紙は自分でも解読不能なメモだらけ。一緒に審査したお仲間と意見交換をせねばな。
e0076761_1454986.jpg

演武会後は、八段・七段の先生による演武。
e0076761_1525028.jpg

今年の演武は全剣連杖道とか神道夢想流杖術とか併伝技とかラインナップ豊富。
e0076761_153291.jpg

e0076761_153598.jpg

e0076761_1553260.jpg

ついでに演武機会を頂いて、
オットと一心流鎖鎌術をやったのだけれど、ぜーんぜん鎖が太刀に絡まない。
できる日は面白いくらいに掛かるのに。
しかし、失敗をすれば先生・先輩たちが寄ってたかって、あれこれアドバイスをしてくださる。
これは、上手であれ下手であれ、やったヒトだけに与えられる役得というもの。
(^o^) 習ったなら、実践あるのみ。


そして、各段位の演武優秀者には表彰。
無段〜五段以下には、表彰者のうち数人ずつ、
来年開催される「第16回剣道世界選手権大会」のTシャツを副賞として授与。
自分、賞状を頂けましたが、
Tシャツは六段に授与なーし、ざんねーん。
e0076761_15103540.jpg

事務局からの講評は「型の動きを覚えたら、動きの意味について理解を」。


その後、忘年会。
追浜駅前の商店街の裏道、「うれしたのし屋」で"制限時間2時間"勝負のお座敷宴会。
e0076761_15163999.jpg

いわゆる悪立地であっても繁盛していることで横浜・横須賀の食い道楽には知られた、
三浦半島拠点の地産地消居酒屋チェーンさん。
裏横浜にある支店の「○う商店」はいつか行こうと思っていたのだが、
来年2月に我が在所の奥横浜にも支店ができるらしい。「〇う商店yellow」ってまさか
クリーニングのミックさんのビルか?!←ローカル感まるだし反応

居酒屋の時間制限サービスはぜんぜん好かないのですが、
お料理が本当に美味しかったし、お兄さん達の客あしらいが嫌味じゃなかったし。
e0076761_1525361.jpg

罪悪感を感じるほどに、めいっぱい食べた。口福。

猛烈な勢いで食べて呑んで、良い感じに仕上がる杖使いの猛者御一行様。

おつかれさまでした。


*


例によって写真は Flickr (←Click!)にあります。
どなたでもご覧になれる公開写真については
全部に「Copyright」表示を付けて「無断転載・2次使用不可」の旨、主張しています。
 *実際に撮った写真はもっと多い。
 *FlickrのFriendsさんは、オリジナルデータのままでどうぞ。

公式記録は県連杖道部会サイトをご覧ください。



http://kanagawa-jodo.main.jp/



by snowy_goodthings | 2014-12-20 19:00 | 稽古記

稽古後よりみち、工場夜景

道場からべーゔぇでちょい走ると、川崎の工場地帯はすぐ近くであった。
e0076761_017229.jpg

首都高の高架に沿って浮島町のほうに行ったのだけれど、駐車場もない。
日曜深夜も稼動する工場のゲート付近で路上駐車するほど、自分には度胸がない。

…だもんで、お隣の千鳥町へ移動。
e0076761_015568.jpg

ちどり公園の駐車場は夜間は閉鎖中だが、道幅がひじょうに広いので路上駐車は可能。
e0076761_0162836.jpg

工場夜景の撮影スポットとして有名な場所なので、
関東近郊あちこちのナンバーの車が何台も集まっていて、ちょっとした団体ツアーの様相。
e0076761_1757986.jpg

我々は初めて来たので、
「ロケハン、ロケハン」とまったく意味不明な言い訳しながら、スナップ程度に撮る。
e0076761_0154030.jpg

真面目に露光とか考えながら撮るには、土地勘が足りないから。
e0076761_0154885.jpg

というよりも、ぜんぜん装備も機材も足りないまま来ちゃったんだよ。
e0076761_0164087.jpg

だって、稽古帰りの寄り道ですから。
e0076761_0164537.jpg

カメラを積んで工場街をフォトジェニックな場所を探してうろうろ走るのに、
オープンカーは最適な乗り物であると気付いた夜でありました。
e0076761_0165121.jpg

えぇ、もちろん寒かったですよ。
e0076761_0165722.jpg

もうちょっと暖かい季節になったら、また寄り道しに来るつもり。
by snowy_goodthings | 2014-11-22 22:00 | 駆動記

奥ヨコ、ネコ

裏横浜の猫といったら、朝日屋食堂のイチロー。
e0076761_23313365.jpg

姿を見なくなってから久しいけれど、ネコに逃げられることが多いワタクシにも
愛想良く構ってくれた、横浜駅近隣住まいの先輩である。


線路を挟んだこちら側、奥横浜の猫もイチローとよく似た"白まじり黒"の連中が多い。

ちーっとも、愛想が良くないヤツとか。
e0076761_23435178.jpg

わざわざ、ベランダ下まで挨拶にくるヤツとか。
e0076761_2344648.jpg

たまーに、真っ黒なヤツとかいて、驚かされるけれど。
e0076761_23443183.jpg

最近よく見かける、昼寝ばかりしているヤツとか。白黒い猫の多いこと、多いこと。
e0076761_23491575.jpg

野良猫・外猫の家系図は想像もつかないけれど、
彼らは親戚なのだろうか。「メンデルの法則」的現象なのだろうか。


まぁ、それだけの事。
どちらかといえば犬好きなので、これ以上、話は広がらない。 (^_^;
by snowy_goodthings | 2013-10-10 23:58 | 散歩記 横浜

牛かつ おか田

深紅に輝く牛カツ。
レアでも、これは美味しく頂きますっ。 (^o^)
e0076761_1649228.jpg




by snowy_goodthings | 2009-08-26 18:30 | 外食記 東京

保存とか再開発とか

東京駅前の東京中央郵便局は、丸ビルや新丸ビルのように建て替えるそうですが、
今日(2009年3月3日)の朝日新聞 朝刊いわく:
  鳩山邦夫総務相は2日、工事の進む東京中央郵便局を視察した際、
  「経済性、米国流の利益追求主義で設計をして一部を壊した。
  国の恥で国辱ものだ」と語り、批判を強めている。

…と、揉めているらしい。 (^_^; なんだかなー。

2007年に日比谷の三信ビルディングが解体される時にも、
お上が物言いつけてほしかった、なんて思ってしまう。
まあ、
建物所有企業の成り立ち・パワーバランスとか、
経済状況って環境条件とか、
土地・建物に関係する方々の価値観とか、
さまざまな巡り合わせもあるんだろうな。


この報道が妙に気になったのは、レトロ建造物が好きだから。

レトロ建造物といえば、
大津の滋賀県体育文化館(旧 武徳殿)が
老朽化および県財政上管理の困難、
さらに運営する滋賀県警新庁舎に武道場が併設された…etc.の理由から、
2009年1月末に閉館した、と。
e0076761_085870.jpg

毎年5月に開催される全国杖道大会の会場だったので(今年の開催は無し)、
外から中から建物を愛でる事ができたのは幸せ。 (^_^)
e0076761_095639.jpg

1939年(昭和14)築。"武徳殿"としては最後のほうにできた=新しいほう。
e0076761_093429.jpg

設計した三井道男氏が所属する岡田信一郎事務所は、
大正〜昭和のモダン建造物をいくつも遺しているとかなんとか。

東京なら、
歌舞伎座(現在の建物は戦後の復旧)とか、明治生命館とか、鳩山会館とか。
大阪なら、中之島の大阪市中央公会堂とか。

…ん、鳩山会館?
鳩山邦夫氏の祖父:鳩山一郎氏の邸宅で、今も保存・開放されている素敵な洋館。
その事を踏まえると、「国辱もの」と猛烈に激烈な発言は、
同意はしかねるが、理解はできます。
好むとも好まざるとに関わらず。 ←政治に絡められると、苦手な領域だもんで


…と、かなり強引に話のふりだしに戻る。 (^_^;

地震や台風が多い国ですから。
古い建物の危険性だとか、維持管理の難しさは勿論わかるんだけれど。
でも、
ガラス張りの高いビルばっか、林立させなくても良いと思うんだけれど。
地震や台風が多い国ですから。

いつも思うが、壊す事を前提にした建物なんて、本当は無い筈。
"理"も"利"もある方法って無いんだろうか。
うーん、うーん



by snowy_goodthings | 2009-03-03 23:59 | 旅行記

Flexaret & Polaroid Girl

みあさんが東京にいらしたので、
羽田空港で写真撮りっこ、ご対面&お見送り。
e0076761_1137426.jpg

短い時間でしたけれど、なまら愉しかったのでした。

今度は私が行きますから、遊んでくださーい♪ o(^o^)o



by snowy_goodthings | 2009-02-14 18:00 | 散歩記 東京

お誕生会

イチゴミルフィーユの群舞。
e0076761_230178.jpg

by snowy_goodthings | 2009-02-03 17:30 | 冠婚葬祭年中行事記

いただきものシングルモルト

何故か勤務先への頂き物ウィスキーを、私が貰う事になった。役得。 (^_^;
e0076761_1273923.jpg
薀蓄はほどほど少なめに、愉しく美味しく飲めれば良いです。
e0076761_1275377.jpg
ウィスキーの語源は、アイルランド語の"uisge beatha"。意味は"生命の水"だってさ。
酒飲みにはたまらない響き。



by snowy_goodthings | 2009-01-31 22:00 | 中食記

JR鶴見駅の

…1・2番ホーム南端にあった「めん処 屋島」が、
2009年1月15日で閉店していた。
e0076761_2329463.jpg

この事は、ぐらんぐらんとショック。 (T_T)

店長さんは無念の閉店だったのか、
店の外に貼り出されたお別れの言葉には、やりきれない想いがじわじわ。
e0076761_23341897.jpg

おじさんが1人で切り盛りしてて、
初めて食べた時には「お口に合いましたか?」なーんて、声かけられたのです。


鶴見駅の再開発後に、戻ってこないの?
NRE系の「あじさい茶屋」か「めりけんや」が出店するんですか?
もし「濱そば」とかできたら、行かないっ、寄らないっ。

そんな余所の駅にわんさとある店なんか要らんっ。 o(>_<;

個性があって、経営も踏ん張れるお店がいなくなって、
何処にでもあるチェーン店ばっか出張るのは、半可臭い。
チェーン店が悪いって意味じゃなくってさ。
だって、屋島も、木屋フーズってチェーンの系列ですから。
(ただし、店長さんの腕に支えられている印象が大きい)
お互い良いとこあるんだから、歳月かけて積み上げてきた価値があるんだから、
棲み分け・共存すれば良いじゃないか。

ecuteとか、GRANSTAとか、
駅ナカだか駅ビルは地域限定的な個性化に向かうのかなって思ったけれど、
そういうのって、首都圏ターミナル駅でのみ当てはまる事なのか。
他は金太郎飴みたいに同じ顔つきで良いんですか。
なんだかなー。


とにかく…
屋島の店長さんに、まだまだ、これからもご多幸ありますように。



by snowy_goodthings | 2009-01-25 21:20 | 散歩記 横浜

デジタルカメラはカメラじゃないかもしれない

師匠とのカメラ談義の時だったか、
「デジカメはどんなに良い機種を買っても、3年も経てば最新機が出て、
前のは物足りなく感じる」って。 (^_^;

銀塩カメラも、技術革新の積み重ねがあったけれど、
50年位前に出たHasselblad500C/Mを今も現役で使っているヒトは多いし、
30年位前に出たNikonF3は今や"お散歩写真"男女の必携アイテムみたいだし。

我が家にある、"りこちゃん"ことRICOHFLEX NEWDIAは1956年、
"ななこ"ことCANON7は1961年の発売。
どっちも余裕で動くし、良い感じに撮れる。
デジ一眼で撮った写真より褒められる事が多いしさ。


マーケティングの教科書的に考えると、カメラ市場は
CASIOやSONYの参入を以て、家電と同じ消費サイクルで回り出したろうし、
携帯電話にカメラ機能が搭載されて、市場規模は拡大・多層化しただろうし。
…うむむ。
まだ考えがまとまっていないので、暫定的な印象だけれど。 (^_^;


…だから買わないという選択肢もあったんだけれど、結局、購買意思決定。
Canon EOS5D Mark II ボディのみ
e0076761_2036250.jpg

普通に写真を撮るなら、50Dで良かったんだけれど、
動く被写体=稽古とか演武とか対策で、思い切ってこちらを選んだ。

勿論、今までのCanon EOS KissDitigal Nも使います。
「物足りない」なんて思わないで、修理不可能になるまで使い切るつもり。


今年はもう、お洋服とか鞄とか帽子とか靴とか、
道楽買物はできないなー。 乂(>_< ムリムリ!



by snowy_goodthings | 2009-01-24 16:30 | 買物記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る