タグ:CANON EOS 5D MarkII ( 601 ) タグの人気記事

#TQID

自分史上、今いちばん The Smiths を聴いていると思う。何故、今さら。そういう潮目か。
e0076761_14283903.jpg
*自分が持っているのはRhino再発盤、イスタンブールで買ったんだけ?


ふとレコード盤を引っ張り出して、夜中に眺めたり、明け方に聴いたり。
何事も経験ですが、何をしているんだか…


o(^"^; ちきしろーう、負けないぞー。


*


7/20追記:

驚愕、
"5LP Vinyl Boxset"とか"3CD / 1 DVD box set"とかって。

仕事柄っぽく、産業構造をなんちゃら考えるならば、
日本盤を買うべきだろうって気持ちもあるにはあるのですが、
頭に血が上がっちゃって、待つ・考える余裕無し也。


by snowy_goodthings | 2017-07-18 07:00 | 鑑賞記

白楽駅・六角橋商店街あたり

べーゔぇで駆け抜けてしまうことばっかりな界隈を久しぶりに歩いた。たぶん、10年ぶりくらい。

白楽駅の西口を出て、すぐ左の路地に入った先のeimekuさんでじゃらじゃらペンダント購入。
e0076761_23573200.jpg
ブレスレットがほしいなーっと思ったのだが、骨太な俺の手首にはちょっと華奢すぎる気がしたから、こっち。
ここ1〜2年で、首から下げる長いモノがずいぶん増えている。
困ったことに、買う人間が1人だから、似たような意匠のモノばかりが増えている。
まぁいいや、だって気に入ったんですもの。
(^_^)


そして、お話上手なeimekuのお兄さんにゴクラクレコードさんの前まで案内していただいた。
e0076761_00064203.jpg
ありがとうございますっ!
Google Mapはぜんぜん違う座標を案内していたので、ヘタをしたら店の前を何度も通り過ぎて
辿り着けないなんてことをやらかしていたかもしれない。
ロコ・サトシ画伯の派手な外壁は、街の風景によく馴染んで溶け込んでいる…

見て終わりにするつもりが、
中古レコードの隙間に入った新品のレコードを買ってしまった。ただ、勢いで。
e0076761_00124818.jpg
同じ通り沿いにある、素敵な古本屋さんTweed Booksは、白幡身代わり地蔵のお隣。
e0076761_00205334.jpg
祀られたお地蔵さまの身代わりな姿に、思わず手を合わせた。
e0076761_00454699.jpg
そして、此処でもやっぱり見るだけのつもりだったのに、本と目が合った。
店主殿の「今日さっき出したばかりなんですよ」という言葉に、運命を感じちゃう。
e0076761_00194568.jpg
読むのが楽しみです。


南のほうへ向かって、千代田湯。
e0076761_00222013.jpg
さっきeimekuさんのレジ台後ろにある小窓から、良い感じに銭湯の煙突が見えた銭湯。
しかしながら、衝撃の事実。
千代田湯さんは5月20日をもって廃業されていた。
e0076761_00243851.jpg
いちどは浸かりたかったです。後悔は先に立たず。
そして、宮造りと呼ぶのか?入浴という日常のおこないをハレの雰囲気で迎えてくれる建物は
後世に残らないという話も聞いた。


千代田湯さんの横から、六角橋商店街仲見世へ。おぉ、キッチン友さん。
e0076761_00263253.jpg
此処は木製アーケードがチャーミング。
e0076761_00274818.jpg
10年前に来たときからお達者なお店もあれば、新顔と思しき綺麗なお店もある。いちいち、何処も気になる。
e0076761_00284035.jpg
したっけ、仲見世を出て商店街と横浜上麻生道路との角にあるこの店が、なによりも気になった。
噂のサリサリカリーさん。
e0076761_00304385.jpg
皿の上に母がいたら、食べられないじゃん。 (^_^;
事実、ここのメニューはパキスタン風チキンカレーとサラダとチャイのセットのみ。
北部料理だしな、肉かぁ…そのあと絶食するって覚悟して挑戦してみようか、いつか?
  今だって完全菜食なわけじゃないのだが、たまに肉とか魚とか食べると具合が悪くなる。
  躯体がでかいイキモノから食べられなくなるという噂は本当だった…
  今や牛肉は確実にオレの腹を壊してくれるから、近付けやしない。うもぉーっ

横浜上麻生道路を渡って、神奈川大学近くにある白楽ベーグルさんでコーヒーを一服。
e0076761_00393342.jpg
たいへん可愛らしい設えのお店。
午後も遅かったので、残念ながらベーグルは完売だったが、今日はコーヒーで満足。
それと、お店と工房を仕切る素敵な模様ガラスが眼福。
e0076761_00425431.jpg
で、電車に乗らずに歩いて帰った。

だいたい3kmちょっとの距離だから歩けるだろうと思ったら、結構アップダウン激しい山谷で険しい道だった。
途中の町は、栗田谷とか台町とか沢渡とか三ツ沢とか…名は体を表す地名ばっかりだったし。
e0076761_00535369.jpg
すごいわ、六角橋商店街。
目的無くダラダラと過ごしても愉しいんだけれど、来月ちゃんと目的を伴ってまた行くつもり。
(^▽^)




by snowy_goodthings | 2017-07-01 18:00 | 散歩記 横浜

ネコとオレ

やあ。
e0076761_17415013.jpg


by snowy_goodthings | 2017-07-01 12:50 | 散歩記 横浜

#TQID

世の中を動かすのは政治じゃない、経済だ。
国会が空転したって生活者は困らないもん、とりあえず日常を平穏に暮らすぶんには。
  政治経済学部がある大学を卒業した人間として、ダメ発言。
  σ(^_^; だって、私は文学士だから。


それはさておき。

消費者が "欲しい" "買いたい"といった 欲望に突き動かされたとき、
欲求充足のため購買に向かう行動は、あさましいほど猛烈に凄まじい。資本主義と自由、
どちらも謳歌してやる。


"The Queen Is Dead" 30+1周年おめでとうございます。
e0076761_11392013.jpg
1年越しの祝祭について、極東の人間も集うことに如何程の意義があるのだろうか。
自信は無い…良いですよね?

彼方此方を探したり、方々にお願いしたり。で、約2週間遅れで、今夜やっと聴いている。
Record Store Day 2017 の時にも揺れたけれど、
このレコード盤の存在・楽曲達をどういうコンテクストで捉えれば自分にとって最適解となるか、迷っている。

幸いにも、時間はあるから。
夏が終わる頃まで、秋の気配を感じる少し前くらいまで、暫し考える。



by snowy_goodthings | 2017-06-29 22:00 | 買物記

初夏の新入り

ロケットの花が咲いたと喜んだのも束の間、アブラムシの大量発生でお亡くなりになってしまった。
(T_T)
木酢液を散布するなどもしたが、
狭いベランダの中が酸っぱい匂いで充満するばっかりで効果無し。

空いた鉢の土を入れ替えて、新入りをお招きしました。
e0076761_23244707.jpg
インド風のカレーを作るたびに欲しかった、カレーリーフ。
生葉が手に入りにくいというなら、育てれば良いんだ。滋養強壮、消化促進、解熱、殺菌、発疹抑制、なんでもござれ。


そして、今度はイタリアンパセリの花が咲いた。まるで線香花火。
e0076761_23315299.jpg
こちらは、今度こそ種を取れるだろうか?
日当たりと風通しに気をつけているが、あいつら(アブラムシ)はあっという間にやって来るし、来たら勝てる気がしない。


さらに最近、しばしばベランダにアゲハチョウが飛来している。
綺麗な蝶がヒラヒラと舞う姿は素敵なのだが、ちょっと待て。それってつまり、
何が起きているかといえば…
この数日、山椒の苗の葉が急に減ったなと思ったんだ。小さな毛虫達がワラワラとお食事中であった。あああ…
現在、発見しだい集合住宅裏の緑地へ退居願っているのだが、イタチごっこである。
無事に夏を越せるだろうか。


by snowy_goodthings | 2017-06-23 08:30 | 庭風景

多肉、花が咲く

BBC World News チャンネルが "London attack" について報道しているのを見ながら、
ベランダの植物達に水をあげている。

宗教の名が掲げられたテロであるんだけれど、
信仰者らしい"情"や"念"が見えてこないのは何故だろう。
いや、"憎悪"でパンパンになった自身の境遇や世の中への"怒り"は判るんだけれど、
暴力の実行に至るまでの間の、
神様だか創造主だかに対峙した人間らしい葛藤の軌跡が捉えられない。
彼らに魂はあるのか。あった筈の魂は何処へ行ってしまったのか。
e0076761_20170500.jpg
人の世はままならないが、狭小ベランダ空間だったらなんとかなる。自分の器だったら。
…あれ、そういう思考で良いんだけ?

良い報せがあったり、悪い報せがあったり、いつもの通りな報せがあったりするのだが、
どれも極端過ぎて、いちいち反応していることが面倒臭くなってきている。
いや、「面倒臭い」は語弊あるのだが、
真摯に向き合う覚悟無しに考えたり感じたりするのって、危なっかしいから。
なんなんだか。勿論、
向き合わずにはいられない衝動にかられたら、猛烈に自分の頭で考えて自分の五感で感じる。
そして、自分ではない人達について考えもするし、感じてみようともする。

ただし、
私は私、貴方は貴方。
御大がどういう意図でそう言ったかは解らないけれど、
私はそれを聞いた時、ぽっと自分に光が当たった気分になったのです。
自分で自分を良くしよう。そうしたら、
自分ではない誰かも良く在ってほしいと願う事だってできちゃいそう…いや、それはしないか。
これって我田引水。
でも、あのおじさんを観て・聴いて、少なくとも己れがツマラナイ人間であるのは勿体無い。


*


エケベリア達よ、来週くらいに仕立て直してやるからな。
お前達だって良く生かさなきゃ。


by snowy_goodthings | 2017-06-04 10:50 | 庭風景

紫陽花が咲いた

6月になった。

紫陽花が咲いた。「今年も綺麗ね」と褒めちぎっている。
e0076761_08563577.jpg
冬ではなく春になってから枯れかかったジャスミンは、
「頑張れ、応援している」と毎朝言い聞かせたら復活した。いや、勿論それだけじゃなくって肥料をあげるなどしました。
e0076761_08191830.jpg
花が咲いたら嬉しいが、ひょろひょろっと伸びる葉っぱも可愛い。


狭小ベランダの緑の住人達は、いつも主人の大雑把な世話に健気に応えてくれている。
ありがたや。


by snowy_goodthings | 2017-06-02 08:00 | 庭風景

第 35 回神奈川県杖道大会(第6回神奈川県親善杖道大会)

毎年恒例、初夏の県大会です。
e0076761_22413899.jpg
開催日:平成29年5月28日(日)
会場:神奈川県立武道館
開会:9時30分(終了は16時30分予定)


大会は、個人戦から開始。各段位、決勝戦まで実施。
その後、団体戦。
e0076761_22440617.jpg
例年通り、
八段以上の先生は大会進行・会場主任業務、五段以上の先生・選手は試合進行・審判業務をそれぞれ担当。
例年通り、
途中「あれ?」と戸枠う・混乱する瞬間はありつつも、上席の審判長の差配でぐいぐい進行。
思った。
"観る"と"見る"とは、まったく異なる行為だ。

あと、私は例年通り「記録係」でした。
試合進行・審判業務の隙間に大会の風景とか会場配置の様子とか、あれこれ撮るのでありました。
あと、決勝戦のビデオとか。
いずれ、資料・史料として大事なマテリアルとなるんだろうか?
e0076761_23193289.jpg
そうそう、
昨年・一昨年のドロー表をコピー&ペーストしたような自分の試合は、1回戦第1試合で終了。
杖を持ち替え損じた瞬間があったのだけれど、演武そのものは悪くはなかったと自分では思っている。
(後日、稽古場でそういう話になった)
ちょっとやりようを考える、気の持ちようのコツが解ってきたかもしれない。さぁ、どうだか?
自分の試合はあっという間に終わったが、その後3位決定戦までずーっと打太刀で出ずっぱり。
試合は一発勝負の稽古だから、良い鍛錬になりました。
…って、昨年とまったく同じ感想だ。あれ?
打太刀をした2人のうちおひとりが優勝。おめでとうございます。(^o^) 私も嬉しい。


試合終了後、演武。
e0076761_23192623.jpg
オットと私とで京都大会とは仕打を替えて鎖鎌をやったのだが、出来はイマイチ。
(^_^;


表彰式を行い、終了。
今年は祝賀会などないので、会場撤収作業の後に散会。

おつかれさまでした。


入賞者の結果や決勝戦の模様(動画)は、
神奈川県剣道連盟 杖道部会サイトにあがっていますので、
公式記録は↓こちらをご覧ください。

http://kanagawa-jodo.main.jp/

公式「記録係」の自分が撮った写真は、 Flickr(←Click!)にあります。
公式写真が個人名義アカウントにストレージされていることの是非は、どうか問わないでほしい。



撮影者自身が審判・選手であるため、
各段位・各選手の試合記録というよりも、大会運営の記録ということを目的にして撮影しております。
スナップ的な写真が多いのはそのため。ご了承ください。
かつ、写真について著作権は放棄しません。
  故に、現在はダウンロードを不許可設定にしています。


年度が変わったので、そろそろ県連サイトのトップ画像も模様替えしましょう。



by snowy_goodthings | 2017-05-28 17:00 | 稽古記

黄檗禅宗 瑞芝山 閑臥庵

黄檗禅宗 瑞芝山 閑臥庵 で、京懐石普茶料理。
e0076761_21242633.jpg
普茶料理とは、江戸時代に中国から伝来した精進料理。
油の使い方に特徴があって、胡麻豆腐や魚を模した"もどき"料理など、華やかで少し濃い口当たりのお料理が特徴。
…という事までは勉強してきたのだけれど、
目の前に並べられた食膳は想像をずっと超えていた。
e0076761_21370188.jpg
皿の向こう、枯山水のお庭が借景みたい。
花にも草木にも命はある。食べるのが惜しくなるのだが、食べた。
e0076761_21381323.jpg
わーい、見目麗しい"もどき"料理。これは「栗もどき」。
e0076761_22183812.jpg
これは「鰻もどき」。
いずれも、殺生・煩悩は除かれたお料理であるのだが、むしろかえって生々しい気配を感じるのは何故だろう。
食欲の業(ごう)とか考えてしまう。
e0076761_22240050.jpg
五観の偈(ごかんのげ)
  一 計功多少 量彼来処
  二 忖己德行 全缺應供
  三 防心離過 貪等為宗
  四 正事良薬 為療形枯
  五 為成道故 今受此食
…の四つめを、今夜は腑に落ちて感じ入りました。
武徳殿から鞍馬口までの道中でちょっと体に不調を覚えて(いつもの脱水症状)、
食に挑むに良い態度ではなかったのだけれど、食べている間に元気になった。びっくり。
e0076761_22242533.jpg
かくして、食らうことで人は生きている。

時々、頭上=屋根の上を軽やかに駆け回る足音が聞こえてきて、
「猫か?」と思ったら、お給仕してくださった男性いわく「鼬(イタチ)です」と。なんと。
  帰りに大きな四つ足のケモノを見かけたが、素早すぎて猫か鼬か識別できず。

長居してしまいました。
ご馳走様でした。
e0076761_22244001.jpg
そして思った。
また来年も伺いたいです。今度はしっかりコンディションを整えて。
そうだ、こうも思った。
久しぶりに、"静か"な京都の街を歩いた。


*


此処に来るための細やかな予約のやりとりを中継ぎしてくださったのは、チズルさんである。
そのおかげで、初来訪なのに、ちょっと"親しい"心持ちで門をくぐる事ができました。
ありがとうございます。 (^_^)/


by snowy_goodthings | 2017-05-02 21:00 | 外食記 旅先

キッチン・イチニョ

GWの前半、西よりチズルさん来る。
GWの後半、我々が京都遠征する時にはお仕事の都合でお会いできない事が決まっていたから、
この展開は嬉しい。昨年終わり、ステージにいる姿を観た以来。

横浜駅前で待ち合わせて、オットも一緒に夕食。
奥横浜在住者らしいご接待をするべく、一如さんのビストロへ。
e0076761_23152269.jpg
此処は、お野菜多め。
e0076761_23154641.jpg
皿の中で同居する肉とか魚は同席の方々に委ねて、オレは自分が食べたいものを食らうのです。
e0076761_23155137.jpg
チズルさん突然の来訪目的は、さいたま市大宮盆栽美術館だったそう。
BONSAI?

知らなかった。
さいたま市北区には「盆栽町」なる町があって、大宮盆栽村なる場所がある。
かつて東京の千駄木の辺りには江戸大名屋敷の庭を造る植木職人達が住まい、
明治に時代が変わってからは盆栽職人がそこで誕生したのだが、関東大震災に被災。
多くの職人が盆栽に適した土壌を持つ埼玉へ移住して、現在に至るのだとか。


チズルさんが今日見聞した街や盆栽や籠や菓子の事とか、
プロフェッショナルとアマチュアとの垣根が無くなりつつある音楽産業の事とか、
たいへんニッチな杖道稽古の事とか、
お互い自分が暮らす街の事とか、あれやこれや。
そんな内容のお喋りをしながら、食べたり呑んだり。

チズルさんの生業である音楽と我々がまったく食うことができない武道とは
ぜんぜん違う世界であるのだけれど、
各々ほぼ同じ言い回しの言葉で語ることができてしまう。
芸能人・武芸者、どっちも己の"芸"で成り立つおこないであるからかな。

(^▽^)

そんなチズルさんは、モリッシー先生と同い歳。
チズルさんはモリッシー聴きでは全然ないのだけれど、
私のまとまらないモリッシー見聞話に付き合ってくれる数少ない友人知人の1人であり、
音楽の"表現者"らしい感受性を以って話を聞いてくれる数少ない大人の1人である。

いちいち「うんうん」と頷きながら聞いたり話したりできちゃう手応えを、
「共感」とか「気づき」と言えば簡単。
腹に心にエネルギー充填。そういう表現のほうが合っているかも。

毎年、新緑の季節に京都で集うのが恒例でしたが、今年は横浜で達せられたという僥倖。
良い感じなGWの始まりでした。

by snowy_goodthings | 2017-04-28 23:00 | 外食記 横浜


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る