タグ:神奈川県立武道館 ( 22 ) タグの人気記事

神奈川県剣道連盟杖道部会、級審査会・講習会でした

3連休の締め括りは、神奈川県立武道館で級審査会・講習会でした。
e0076761_00510080.jpg
一昨日・昨日、福岡でご一緒だった先生・先輩・お仲間の半分くらいは、今日もまた一緒なのでした。
台風18号による飛行機欠航・新幹線運転見合せに遭って昨日中の帰宅を阻まれた先生・お仲間もいたのですが、
お昼過ぎには羽田空港・新横浜駅から直行で到着。
「昨日はお疲れ様でした」と、さらっと挨拶して、
当たり前のように今日もまた稽古をして、審査会を行なって、また稽古。
e0076761_00530156.jpg
おつかれさまでした。


*


県連杖道部会による公式「活動報告」は↓こちらをご覧ください。

http://kanagawa-jodo.main.jp/


自分が撮った写真は、 Flickr(←Click!)にあります。
公式写真が個人名義アカウントにストレージされていることの是非は、どうか問わないでほしい。
ボランティアなんです。


by snowy_goodthings | 2017-09-18 16:00 | 稽古記

ほぼ毎週、土曜と日曜。それと祝日も。

予定通り、9月の赤文字の日(週末・祝日)はずーっと先生・先輩・稽古仲間さん達と顔を合わせている。
(^_^; すなわち、ずーっと稽古です。前進あるのみ。

今日は居合道の伝達講習会でした。できるようになるべき事が、沢山です。
ココには書けないけれど、「こんな事が!」と道場で聞いてほしい話もある。いちいち、なにもかもが面白い。
e0076761_00023923.jpg
県立武道館がある岸根公園の篠原池は、緑がぼーぼー。水面がほとんど隠れている。
今年は此処に来る機会がぐっと増えて、季節の移ろいをよくよく自覚するようになった。
見えるモノがいちいちなんでも面白い。今は、そういう時。


by snowy_goodthings | 2017-09-10 15:30 | 稽古記

お盆なのに

1日ぶんぶん刀を振り回す、居合道講習会でした。

私が参加した班は more practice, less talk な進め方で、抜いた本数は他のどの班よりも多かったのではないだろうか。
でも、短い注意事項の説明が「これは絶対に守るべき理合」と腑に落ちる事ばかりで、
猛烈に勉強になりました。
かつ、実際に抜いた回数が多いぶん、所作の粗い箇所をバシバシっと指摘される機会も多くって、
結果的に自分の足りていない部分を猛烈に自覚することになるのでした。
e0076761_22585453.jpg
夏だ…県立武道館の垣根では、真っ白いユリ達がぼーぼーと気ままに咲いている。


かくして、今年も我が父の墓参りに行きそびれるのであった。
来月、命日の頃に行こうかと思うのだが、
10月の全日本杖道大会までずっと、週末も祝日も稽古か講習会で予定が埋まっている。
それと、昨年はモリッシー先生の来日公演と重なり、自分史上最も悩んだ挙句に(当時、しかし迷わず)行かなかった
流祖祭と全国大会、今年は参加する。行くぜ、福岡。
  その隙間に南欧に行こうとか、旅行計画をしかけたこともあったけれど…
  (^^;
  先生・先輩に「そろそろ三段になったら、真剣の購入を」と言われたけれど、
  それを買う資金があったら旅しに行きたい…というのが、本音ではあるけど。
  もう忘れよ。今は暫し待つ時です。


世界に目を向ければ、不穏なニュースばっかりが気になる。だが、しかし。
今、自分がするべき事というか、したい事は、自分がしゃんとしていればできる事。
稽古です、稽古。稽古しよ。



by snowy_goodthings | 2017-08-13 16:00 | 稽古記

高段者研修会でした

神奈川県剣道連盟杖道部会、夏の高段者研修会が神奈川県立武道館で開催されました。

最初に全体で単独動作。
それから、8月の七段・六段審査受審者は別班で稽古。
そのほか参加者は、七段〜四段がまんべんなく3班に分かれて相対動作。
e0076761_19194027.jpg
そして、2班にまとまって審判講習会。
今回は仕込みは少なめ。基本的な所作を繰り返す。
e0076761_19203190.jpg
その後、再び受審者の1班+3班に分かれて制定型を1本目から練習。
併せて、教士・錬士の称号予備審査会も実施されて、午後の練習はまず受審者の演武から開始。
e0076761_19231941.jpg
称号予備審査会は、全員合格。おめでとうございます。

その後、再び制定型を繰り返して、終了。
e0076761_19260716.jpg
今日は蒸し暑かった。
稽古着が汗で重いというか、汗臭いというか…自分で自分が気になって、そろそろ我慢ができなくなりそうな頃に
ちょうど終了しました。
(^_^;

おつかれさまでした。


県連杖道部会による公式「活動報告」は↓こちらをご覧ください。


http://kanagawa-jodo.main.jp/


自分が撮った写真は、 Flickr(←Click!)にあります。
公式写真が個人名義アカウントにストレージされていることの是非は、どうか問わないでほしい。
ボランティアなんです。

by snowy_goodthings | 2017-07-23 16:00 | 稽古記

居合道県大会でした

e0076761_23473570.jpg
普段の練習では一度たりともやったことがないのに、やってしまった。
納刀で刀を落として、一回戦で終了。
ヘ(@o@)/

試合って一発勝負の稽古だから。
昨日の稽古で「ダメ」と言われた事はちょっとは是正して出来た事は、良かったと思う。
せめて、その位だけでも…あわわ。
自分の体格に対してやや長めの刀を使っているから、やるとは思わなかった。驚いた。
もとい、初段審査のときにもやった気がする…これは鬼門か。

後で「あれさえ、無かったら」と言われたが、やっちまったのだから仕方が無いです。
稽古します。練習します。


当たり前の事であるけれど、練習は裏切らない。
勿論、試合での勝負のための努力が報われるという意味ではなくって。
繰り返したぶんだけ、もうちょっと出来そうな手応えが増えたり、
もう暫くは無理だろうって出来ない実感が増えたり、兎に角、自分が今どの程度であるのか見えてくる。

自分の心身を、自分の思い通りにどう操るのか。
スイッチを入れ直すというか、配線を繋ぎ変えるというか、なんというか。
「剣禅一如」は自分には遠い言葉で、難しいから。そういう理解で、続けます。
/(^_^; にわかに、かなり楽しくなってきている。
いきなり The Best は無理。More Better を積み上げていくよう、励む。
昨年は全然練習しないで挑むって無茶したんだから、今年はやっと真っ当な心構えになった…おろおろ。


by snowy_goodthings | 2017-06-25 14:00 | 稽古記

第 35 回神奈川県杖道大会(第6回神奈川県親善杖道大会)

毎年恒例、初夏の県大会です。
e0076761_22413899.jpg
開催日:平成29年5月28日(日)
会場:神奈川県立武道館
開会:9時30分(終了は16時30分予定)


大会は、個人戦から開始。各段位、決勝戦まで実施。
その後、団体戦。
e0076761_22440617.jpg
例年通り、
八段以上の先生は大会進行・会場主任業務、五段以上の先生・選手は試合進行・審判業務をそれぞれ担当。
例年通り、
途中「あれ?」と戸枠う・混乱する瞬間はありつつも、上席の審判長の差配でぐいぐい進行。
思った。
"観る"と"見る"とは、まったく異なる行為だ。

あと、私は例年通り「記録係」でした。
試合進行・審判業務の隙間に大会の風景とか会場配置の様子とか、あれこれ撮るのでありました。
あと、決勝戦のビデオとか。
いずれ、資料・史料として大事なマテリアルとなるんだろうか?
e0076761_23193289.jpg
そうそう、
昨年・一昨年のドロー表をコピー&ペーストしたような自分の試合は、1回戦第1試合で終了。
杖を持ち替え損じた瞬間があったのだけれど、演武そのものは悪くはなかったと自分では思っている。
(後日、稽古場でそういう話になった)
ちょっとやりようを考える、気の持ちようのコツが解ってきたかもしれない。さぁ、どうだか?
自分の試合はあっという間に終わったが、その後3位決定戦までずーっと打太刀で出ずっぱり。
試合は一発勝負の稽古だから、良い鍛錬になりました。
…って、昨年とまったく同じ感想だ。あれ?
打太刀をした2人のうちおひとりが優勝。おめでとうございます。(^o^) 私も嬉しい。


試合終了後、演武。
e0076761_23192623.jpg
オットと私とで京都大会とは仕打を替えて鎖鎌をやったのだが、出来はイマイチ。
(^_^;


表彰式を行い、終了。
今年は祝賀会などないので、会場撤収作業の後に散会。

おつかれさまでした。


入賞者の結果や決勝戦の模様(動画)は、
神奈川県剣道連盟 杖道部会サイトにあがっていますので、
公式記録は↓こちらをご覧ください。

http://kanagawa-jodo.main.jp/

公式「記録係」の自分が撮った写真は、 Flickr(←Click!)にあります。
公式写真が個人名義アカウントにストレージされていることの是非は、どうか問わないでほしい。



撮影者自身が審判・選手であるため、
各段位・各選手の試合記録というよりも、大会運営の記録ということを目的にして撮影しております。
スナップ的な写真が多いのはそのため。ご了承ください。
かつ、写真について著作権は放棄しません。
  故に、現在はダウンロードを不許可設定にしています。


年度が変わったので、そろそろ県連サイトのトップ画像も模様替えしましょう。



by snowy_goodthings | 2017-05-28 17:00 | 稽古記

杖道五段以下審査会でした

神奈川県立武道館がある岸根公園の桜は、ほぼ満開。
e0076761_20245993.jpg
平成29年度はじまりの行事は、五段以下審査会です。
e0076761_20254808.jpg
午前中は無段〜五段に分かれて講習会。
各班とも午後の審査会受審者がいるので、六段も「講師の補佐に入って」という事だったのですが、
何人かは五段の班でちゃっかり稽古をしていた模様。
その辺りの大雑把さについて、
各々のご判断は各々の意思によってご随意にする事ですから、私には関わりない。

かく書く自分は、二段の班で今日は審査を受けない方々の講習を拝見していて、
ざらっとした感触を伴って考える事がいくつかあったのですが
何を考えたとか、そういう話は此処には書きません。此処で書く事ではないから。
(^_^; 気が変わって、いつか書くかもしれませんが…少なくとも、今は書く立場ではない。

そんな最中(さなか)、学生くんから受けた質問が、かなりツボでありました。
自分も初段〜二段の頃に先生や先輩から言われて「それってどういう事?」と
試行錯誤する以前に訳が解らなくてグルグルだったから。今だって出来ているか怪しい。
…と、そのまま、ありのままに答えてしまった。傍にいたオットも同様の回答。

"Don't think. FEEL!" は真理だけれど、全部じゃない。
ちょっとは考えてみるべき事がありそうだし、考えたぶんだけ何かを得られる気がしている。

それと、
審査会の前にちょろっと、
写真とか旅とか、自分の趣味に絡む話題でたいへん含蓄あるお喋りが1つか2つ。

やばい、やばい、やばい。
遣るべき事はまだ沢山あるというのに、さらに増えていく。
さすが、桜が咲く頃ですから。


*


午後は13時から審査会。
e0076761_20362990.jpg
おつかれさまでした。


*


審査会終了後の撤収の際、小道場で稽古されていた他流の先生方より
「申し出・許可なく写真撮影をされてしまった」という申し出あり。
大変申し訳無い事態であるのですが私では対応しきれず、
事務局にお話して頂けるでしょうかとしか応えようがなかった。伝わったであろうか?


杖道部会も、講習会・審査会は部外者の立ち入りはお断りしている。
それぞれの稽古場においても、稽古風景の撮影は師弟の了解に基づき行われるものであって、
出稽古者や見学者が撮る時には「撮らせてください」という手続きがある。

観覧歓迎の演武会や試合は別として…と、書きつつ、
自分なんかも京都大会では杖道の先生・先輩達を放っておいて
他流の先生をバシャバシャと撮っている。素敵だと思ったら、撮りまくっている。
"目が釘付け"って表現があるけれど、
カメラのレンズ越しに被写体を見ていても同様の現象が起こるのです。
この凄まじい瞬間を捉えておかないでどうするって、脅迫観念みたいな妙な感覚が時々ある。
ただし、それって一歩踏み外したら、
自分勝手に達成感を求めたがるご迷惑なお客様かパパラッチになってしまう。
いや。踏み外そうが踏みとどまろうが、違いは無いか…

  Morrissey のショーも、ほぼ同じ。
  おじさんが歌う場に居合わせた時、その姿を撮ろうとする行為は
  聖地で奇跡の瞬間を撮ろうという狂喜に似ている。
  そこでは理性なんてありゃしない。なんと危うい。


そんな事もあった、新年度のはじまり。少しでも成長せねばなりません。



公式報告は県連杖道部会サイトをご覧ください。



http://kanagawa-jodo.main.jp/



本日の審査会、私は言われるまでもなく写真係でした。

で、例によって写真は Flickr(←Click!)にあります。
「2017年度 神奈川県剣道連盟杖道部会春季五段以下審査会」
albumを追加しました。
関係各位はよしなにご覧ください。


by snowy_goodthings | 2017-04-09 16:00 | 稽古記

納会でした

Christmas... what's that?
昨日:24日は師匠の下での稽古納め、そして今日:25日は神奈川県剣道連盟杖道部会の納会でした。
e0076761_21542338.jpg
本日は一眼レフカメラの調子がひじょうに良くなく、ISO=H2で固まっちゃっていて、
古いフィルムで録ったみたいに砂嵐のような写真ばかりが撮れていた為体。
「なかなか味がある」とか言っちゃって、諦めるしかない。


午前中は初段以下〜六段の段位ごとに分かれて、各班に八段と七段の先生が講師に付いて、講習。
我々、六段の班は回り稽古ぐるぐる。
「六段は指導者の立場なんだから…」と、途中から講評し合ったり。

午後は13時から、無段〜六段まで、段位別に演武会。
仕杖のみが評価対象となるため、打太刀はそれぞれ一段上位の選手が担当するという方法。
故に、仕杖が打太刀を探したりお願いしたりする必要なし。このやり方は、進行がとってもスムーズ。
e0076761_21594454.jpg
六段の打太刀は、七段の先輩達がしてくださった。事前の合わせ稽古なんて無し。ぶっつけ本番である。
で、六段演武の審査は、八段の先生達が担当。なんだか、贅沢。
しかしながら、審査しながら溜息ついたりするのは止めてください。
(^"^; 聞こえるんですけれどー。モチベーション下がるんですけれどー。
e0076761_22024053.jpg
その後、八段・七段の先生達による演武。
全日本剣道連盟杖道型および、神道無想流杖術と中和流短剣術。
e0076761_22041751.jpg
最後に、演武会での優秀者に表彰。
e0076761_22050189.jpg
自分、今年も賞状を頂くことができましたが…演武中、先輩に斬られた気がする。
(^_^;
強くなる・巧くなるために頭が良い必要はないけれど、頭が悪いと強くも巧くもなれないのが杖道の妙。
そんな話を、ずいぶん前に講習会で先生から聞いた記憶がある。
演武で技を繰り出している時は考える暇なんてないけれど、
技について考え詰める暇がなければ、何度やったって強くも巧くもなれない。そんな事を、思った。

"Don't think. Feel." は真実であるが、総てではない。やるべき事は沢山。
来年に続く…2週間後には稽古始です。


おつかれさまでした。
皆さま、良いお年をお迎えください。
e0076761_22152148.jpg
忘年会は不参加だったので、このあとの顛末は私にはわかりません。
  最近、肉とか魚とか卵とかあんまり食べないから(まったく食べないわけではない)、
  宴席からじわじわと遠ざかっているのです。すまぬ。



公式報告は県連杖道部会サイトをご覧ください。



http://kanagawa-jodo.main.jp/



例によって写真は Flickr(←Click!)にあります。
「2016年度 神奈川県剣道連盟杖道部会 納会」albumを追加しました。
関係各位はよしなにご覧ください。酷い写真で申し訳ありません。

by snowy_goodthings | 2016-12-25 15:30 | 稽古記

高段者研修会でした

今年度は秋のみ開催、高段者研修会でした。
理解度と練度の正確さを高めること、それらの水準を揃えること。
そういうことを求められ続けた1日でした。これ、いち参加者である自分の印象。

午前中は単独動作と相対動作。
e0076761_19551400.jpg
午後はまず審判講習。最初に座学。
e0076761_20001582.jpg
そのあと、審判実習。
e0076761_20004978.jpg
そして、制定型12本の疑問点の確認を経て、四〜七段は段位ごと班に分かれて稽古。
八段の先生にがしがし突っ込みを受けるのでありました。
e0076761_20074999.jpg
おつかれさまでした。



公式報告は県連杖道部会サイトをご覧ください。



http://kanagawa-jodo.main.jp/



例によって、私が広報用に撮った写真は Flickr(←Click!)にあります。
「2016年度 神奈川県高段者研修会」albumを追加しました。
関係各位はよしなにご覧ください。


by snowy_goodthings | 2016-11-23 16:30 | 稽古記

五段以下審査会でした

11月の恒例、秋季五段以下審査会です。
e0076761_23463738.jpg
午前中と午後30分間は、初段以下〜六段まで班に分かれ、講習会。
アメリカ、中国、EUからの受審者・講習参加者もあって、
剣道場がびっしり埋まるほどの人数。
e0076761_23481916.jpg
我らが六段は、「乱合」ばっかり。
型・所作についての理解し直しというか、理合の叩き込み直しを延々と繰り返していました。
e0076761_23522391.jpg
そろそろ、何か変わった…というか、
できるようになった実感が1つくらいあっても良さそうなのですが。うぬぬ。
(^_^;

しばらく、のたうちまわらないとならぬ気がします。
気付いた事や理解した事について、アホみたいに遣り込む期間がないと、身につかない。


*


13時30分から審査会。
e0076761_23561145.jpg
八段・七段の先生が審査員と進行。六段が立ち会い。

  ぜんぜん雑談ですが、Morrissey先生のコンサートで"へんてこSpeedway"後の
  Moz & Gus おふたりの「相互の礼」を見るたび、私は↓この立ち会い交代を想起するのです。
e0076761_23571916.jpg
  武道稽古の現場では「当たり前」な所作ですが、
  モリッシーファンというか日本人の音楽聴きには「奇異」だか「面白い」だか、
  わざわざ印象に引っ掛かる仕草であるっぽい。
  海外の公演ではお辞儀をゲラゲラ笑うおっさんなど見かけるけれど、日本でもそうなんですか。
  (rockin' on のライブレポートを読んで、そんな印象を受けたさ)
  礼法って、日本の現実社会では廃れつつある規範であるように思うことがたまにある。
  だから、そういう反応があっても仕方が無い。まぁ、
  そういうものなら、どうでも良くって…本当は良くないと思うけれど。
  (それより、SpeedwayとGanglordのタイポが校正されず雑誌発行された事のほうが心配
   この手の誤記は、誰にだって何にだって起こり得るものだから)


一級から五段まで、受審者の顔ぶれは性別も年齢も国籍も体格もさまざま。
そんな差異なんて関係無く、仕打が対等に相見える。それが杖道のすごいところ。
e0076761_00151913.jpg
おつかれさまでした。
e0076761_00162550.jpg

公式報告は県連杖道部会サイトをご覧ください。



http://kanagawa-jodo.main.jp/



本日の審査会、私は言われるまでもなく写真係でした。

で、例によって写真は Flickr(←Click!)にあります。
「2016年度 神奈川県剣道連盟杖道部会春季五段以下審査会」
albumを追加しました。
関係各位はよしなにご覧ください。

今年度は、"記録"ということを意識して全受審者さんを撮るようにしているのですが、
窓の外から差し込む日差しの動きや自分の立ち位置で設定をコロコロと変えたせいもあって、
トーン&マナーがまちまち。
"ライブ"写真撮影については、独学で試行錯誤中なんです。どうかご容赦ください。






by snowy_goodthings | 2016-11-13 17:00 | 稽古記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る