タグ:県立武道館 ( 30 ) タグの人気記事

居合道五段以下審査会でした

昨年秋に年限は来ていたのですが、諸事情諸々で本日受審。
初段になった時だったか、講評かなにかで
「始めたら五段まで一気に過ぎる、その間にどこまで身につけられるか」という
意味のお話を頂いたのですが…

今日、二段に昇段。
2年後には三段。三段なったら、真剣に持ち替えるものだと、聞いた記憶がある。
果たして、この調子で得物に似合った所作・技ができるようになるのか?

うぬぬー、ひたすらに、やらねば。
(^_^;


肝心の審査は…
自分の順番を待っている間に、冷え性でガチガチ。
先週(伝達講習会以来)初めて出た講習会でたくさん素敵な教示を頂いたというのに、
ほとんど台無しにしてしまった。でも、
そのとき教えてくださった先生方から審査後に声を掛けて頂いたのは、励みになりました。

やり直さなければ。これから先ずっと、この繰り返しです。
終わりはない。

by snowy_goodthings | 2017-04-02 15:00 | 稽古記

神奈川県剣道連盟杖道部会、級審査会・講習会でした

何故だ…拙ブログにおいて、杖道稽古・行事について書いた記録よりも、
Morrissey について書いた作文のほうがセッション数が多くなってしまっている。
最近1ヶ月間ちょっと、ずっと。
パブリックサーチによるアクセスは、相変わらず
「杖道」「神奈川」「八段」「福岡」「全国杖道大会」「全日本杖道大会」、
あるいは私の選手としての登録名:「石田ゆき子」による
検索ばっかりなのに。←もとより、狭い業界である

恐るべし、モリッシー先生。
この人には、絶対に敵わない。もとより、なんら挑んでいません。


*


県連行事は、6月の伝達講習会以来でしょうか。本日は杖道部会の講習会でした。
e0076761_23323142.jpg
講習会は、無段〜六段まで班に分かれ、各班を八段・七段の先生が講師を担当。
我らが六段は午前中はずっと「乱合」。午後は「正眼」と「雷打」と加わって、これら3本。
最後の30分だけ抜けて、相方氏と全日本杖道大会のための稽古。
先週、もうちょっと変わりようがあるだろうと思ったばかりの事があったのだけれど
もうちょっと足りていない。 もうちょっと、もとい、もっともっと。
e0076761_23330660.jpg
あわせて、午後1時から1級審査会。
審査員のお役目を仰せつかったので、私による写真はありません。


*


9月も後半というのに、今なお稽古着が塩を吹く勢いで汗だく。
一昨日の稽古で着た稽古着と、昨日の居合道伝達講習会で着た稽古着とが
やっと乾いたところだが、今日の稽古着を帰ったらジャブジャブ洗濯しなければ。
(^_^;
e0076761_23332230.jpg
おつかれさまでした。


公式記録は↓こちらをご覧ください。

http://kanagawa-jodo.main.jp/


上記の通り、
我がiMacはメモリだのHDDだのトラブルが重なって、写真の取り込みはできず。
復旧し次第、写真はいつも通りにFlickrにストレージします。しばしお時間ください。
おそらく、2016年が暮れる頃までかかりそう。

デジタルな記憶なんて、クラッシュして吹っ飛んだらお終いである。
ちょっと今、焦っている。



by snowy_goodthings | 2016-09-19 16:00 | 稽古記

神奈川県剣道連盟居合道部、伝達講習会でした

自分の本領について、自分ができる限りの事を精一杯やり尽くさなければ。
そーんな、自己陶酔的な義務感で追いまくられております。
やらないと。もとい、やっていますってば。
やっと、初めて居合道の講習会に参加しました。大会と審査会は出ていたけれど、講習会は初めて。
(然るべき順序とは逆な気がする)

伝達講習会なので、午前中は座学で抜いたのは午後のみなのですが、
たった半日かそこら刀を帯びていただけで、腰がガタガタに軋んでいる。

  ベルゲンで悔しがったばかりだが、自分はまだまだ色々と鍛錬が足りていない。
  こればかりは、多忙とか年齢とかを言い訳にして良いものではない。

自分の身体を自在に操るべき指導を頂いたので、
できるようになるのみ。励みます。


…久し振りに、初々しく単純に愉しい気分。 (^o^) やるべし。

by snowy_goodthings | 2016-09-18 16:00 | 稽古記

神奈川県剣道連盟杖道部会、伝達講習会でした

作文は後ほど。

毎年6月の恒例、中央講習会の翌週には伝達講習会です。
例年に比べ、参加人数は先生も受講生もやや少なめであったかもしれない。
e0076761_00533698.jpg
(水平を確認して撮った筈なのに、傾いて撮れている)

伝達事項の座学は、中央講習会における確認事項や指導・統一事項の"伝達"というより、
「杖道解説」(平成20年6月1日 第2版第1刷発行)に基づき、この版が発行されて以降あった中央講習会・地区講習会での
確認事項や指導・統一事項を"反芻"していくといった内容。
e0076761_01032041.jpg
説明が詳細に過ぎると、表現が混みいって理解が難しくなる時がある。
しかし、すなわち、つまりは、
「今まで、今している指導の通りです」ということ。

…なんだけれど、
講師先生の言い回しの途中の部分だけインプットされちゃって、認識に一部バラツキが生じる。
(^_^;
同じ説明を受けたのに、理解がちょっとずつ違うという現象が起きてしまうのです。
隙間時間に、あたふたと受講者どうしでチューニングするのでありました。
  報告書を書いたり、説明のプレゼンテーションをしたりするのを仕事にしている身には、
  いろいろと感じ入ることでした。自分の志向は「極限までシンプルに」だから、逆に興味深い。
  "伝える"って大変。そして、"理解させる"と"行動させる"ってのは、もっと大変。


座学ののち、
初段以下〜六段に分かれ、各班に八段〜七段の先生が講師として付いて稽古。
e0076761_01084182.jpg
我々、六段の班は五段以下とはちょっと違う進行。
頭ばっかりでも、体ばっかりでも、ダメよね。そんな事を腑に落とす内容ではあったのだが、
たぶん今日1日では変われないと思う。
解説書に書いてある事とか、書いていない事とか(後者は、講習会の現場にいるから知る事)。

稽古に果てはない…試行錯誤と変化は死ぬまで続くんだ、きっと。
e0076761_01220410.jpg
おつかれさまでした。


*


公式記録は↓こちらをご覧ください。

http://kanagawa-jodo.main.jp/


講習会の模様(写真)は Flickr (←Click)にストレージしました。
公式写真が個人名義アカウントにストレージされていることの是非は、どうか問わないでほしい。
ボランティアなんです。
*稽古つながりで Flickr で登録している方は、ボツ写真・オリジナルデータもご覧頂けます。取り扱いはよしなに。


by snowy_goodthings | 2016-06-12 16:00 | 稽古記

五段以下審査会でした

春の講習会ならびに五段以下審査会が、神奈川県立武道館で開催されました。

午前中は無段〜五段に分かれて講習会…なのだが、
写真を撮ろうとしたらごまこ(Canon 5D Mark II)にCFカードが入っていない。
(@_@;
一昨日、センサー清掃をしてもらうためにオットにカメラを預けたんだが、
サービスセンターでカードを抜いて返されたのを、
オットが自分のカバンに入れっぱなしにして忘れていたらしい。
おいおいおいおおいおいおーい

仕方が無いので、昼休みに家にスペアのカードを取りに行った。
ちきしろー


まぁ、講習会では六段以上は講師役ということで
全然動いていない(動くのは受講者さんのお役目)から、
体力は有り余っていたんだけれどね。しかし、なんだかなぁ。


*


午後から、審査会。
e0076761_01492443.jpg
受審者数はやや少なめな印象ながら、年齢幅は広い。
e0076761_01505379.jpg
したっけ、今回も拝見していて思った。
e0076761_01574533.jpg
稽古する理由って何だ?

こんな現代に何故、
そんな人を斬ったり打ったり突いたり払ったりする技を稽古しているんだ?

斬っているのか、斬っているつもりなのか。
打ったのか突いたのか払ったのか、打ったり突いたり払ったりしているつもりなのか。

所作の規定が細かく厳しいのが制定型杖道であるけれど、
技として定められた所作・間合があって、その理由には理合があるという意味では
古伝の杖術となんら変わらない。
技を強く使いたくなるんなら、所作を正しく使うことなんて容易いんじゃないか。

…ということに、気付いてしまった。

たまに稽古中に遭遇する不思議な言説として、
「いつも古流の稽古ばかりしていて、制定型なんかを稽古していない」から
「制定型が古流の動きになる」あるいは「制定型の動きをつい忘れる」
という言い訳がある。
制定型を"上手に"できない理由として、そんな意味の説明を
ご丁寧にされることがある。本当はもっと"上手に"できるらしい。
かく書く自分も六段審査を受ける前までは、よく言っていた。
でも、それってさ、
型武道として定められた所作・手順ひいては理合などプロトコルを
「まったく理解できていない」「教えられた通りに実行できていない」を
斜に構えて、自分は格好悪くならないように言い換えているだけなのだ。

「できない」「やらない」を格好付けてどうするんだ。
それって、すげぇ恰好悪い。実は。
「できる」ようになりたいなら、みっともないくらいにおやんなさいよ。

…ということを、考えてしまった。

そこに気付いたんだから、そこまで考えたんだから、
自分の稽古だけでもせめて変えていこう。うん。
とりあえず、言い訳はしない。ただ、やるのみ。


おつかれさまでした。
e0076761_02143029.jpg



審査会の報告は県連杖道部会サイトをご覧ください。



http://kanagawa-jodo.main.jp/





例によって写真はFlickr(←Click) にあります。
行事の性質上、ほとんど公開していません。
 *稽古つながり or お顔とお名前が一致しているFriendsさんは
 *見て頂ける状態にしていますので、オリジナルデータでどうぞ。



by snowy_goodthings | 2015-04-12 16:30 | 稽古記

五段以下審査会でした

秋の講習会ならびに五段以下審査会が、神奈川県立武道館で開催されました。
e0076761_21224863.jpg
最初に、夏の全剣連審査会での昇段者の証書授与式。
9月以降、県の講習会に久しく参加していなかったオレが、
最後の1人で残っていた模様。
(^_^; 皆さんの前で証書を頂きました。

ありがとうございます。
杖道六段になっても、モリッシー先生のようなキラキラなオーラな波動をちっとも
出せる気しませんが(御大とやってることは違うけどさ)、稽古に思考に励みます。


本日の講習会参加者は118名。
e0076761_21261745.jpg
全員が広がって稽古するには県立武道館は狭過ぎるということで、
稽古をするのは無段〜五段まで。六段以上は指導に配役されたもんですから、
私もとうとう「先生」デビュー。うひゃ。

日本語で説明するのだって覚束ないのに、
英語で「正しい繰付の所作は云々」とか、どう言えば良いのだ?
(^_^;
でも、お相手がとても熱心な方だったので、伝わったらしい。たぶん。
成せば成る。

結果、自分の稽古にもなったのでした。


*


受審者が多いため、今日は昼休み終了の13時からすぐ審査会開始。

このたび、ゼッケンが可愛らしいフォントに新調されていました。

e0076761_21333722.jpg
初段受審者が多いので、
審査場の入退場の方法とか杖・太刀の置き方や持ち替え方とか
最初に説明されたのだけれど、いざやってみると右往左往にやり放題な有り様。

e0076761_21320292.jpg
それはそうです。
押し出し式で審査を行うようになったのは、割と最近のこと。
神奈川県においては、私が五段を受審した時が最初だったから…5年かそこら前から。
今は、作法として浸透のプロセスにあるというべきか。

e0076761_21430278.jpg
審査会については、
最後の指導部長の講評いわく「総じて稽古不足」。うーん、うーん、うーん。

e0076761_21484237.jpg
撮っていて感じたのは、
格好良く武道を趣味にしている様子。愉しく稽古・練習をしている様子。
それは佳い事だが、それで良いのか。

稽古とか練習とかって、めっさ地味な時間の連続だし、
ひどく格好悪い失敗の積み重ねだと思う。
自分のやりたい有り様と、自分があるべき有り様との葛藤とか、しないのかな。
今時、そういうのって流行らないのだろうか。

稽古時間、稽古内容、稽古量。思考時間、思考内容、思考量。
自分の過ごし方はどうなんだろ。

いやいやいや、目指す事や期待する事は人それぞれ。
ここで自分自身が目指す事や期待する事を並べるのは、まるで
"絵画教室で自分の描いた絵について説明し過ぎるおじさま"のような
無粋さに近しい行為。(^_^; やめておけ。


おつかれさまでした。



審査会の報告は県連杖道部会サイトをご覧ください。



http://kanagawa-jodo.main.jp/





例によって写真はFlickr(←Click) にあります。
行事の性質上、ほとんど公開していません。
*稽古つながり or お顔とお名前が一致しているFriendsさんは
 見て頂ける状態にしていますので、オリジナルデータでどうぞ。




by snowy_goodthings | 2014-11-03 16:30 | 稽古記

五段以下審査会でした

春の講習会ならびに五段以下審査会が、神奈川県立武道館で開催されました。
e0076761_23243184.jpg

午前中と午後1時間半は講習会。
今日一級受審する無段〜五段まで段位別に分かれて、六段以上の面々が講師となり指導。
午後からは5月に八段を受審する七段先輩達も稽古。


14時30分から五段以下審査会。

受審者数は少なめなだが、顔ぶれは国際色豊か。準備では、カタコトの英語・日本語が飛び交う。
e0076761_23282633.jpg

そして、合格率も高め。
e0076761_23293750.jpg

皆様、お疲れ様でした。




例によって写真は Flickr(←Click!)にあります。
「2014年度神奈川県杖道部会 五段以下審査会」setをご覧ください。
ほとんどがFlickrアカウントをお持ちで当方でFriends/Family設定している方のみ閲覧可能な
状態に制限かけています。関係各位はよしなにご覧ください。
 掲載期間終了、public写真も閲覧制限設定しました。
 *稽古つながり or お顔とお名前が一致しているFriendsさんは引き続きどうぞ。
 *全部を見たい方はどうかFlickrのアカウントを取得の上、contact申請してください。


受審者数および合格者数について、公式記録は県連杖道部会サイトをご覧ください。


http://kanagawa-jodo.main.jp/



by snowy_goodthings | 2014-04-13 15:50 | 稽古記

五段以下審査会でした

秋の講習会ならびに五段以下審査会が、神奈川県立武道館で開催されました。
e0076761_185834.jpg

10月の県講習会は欠席したので、えらい久しぶりの県行事に感じられる。いかんいかん

午前中と午後45分間は講習会。
今日一級受審する無段〜五段まで段位別に分かれて、稽古。
e0076761_1862272.jpg

「もし太刀が届かなかったら」「深く斬り込んだら」「もっと相手を攻めるためには」といった
技の追究はとても面白い事なのですが、
第一にするべきは「正しい所作(動作・作法)」と「あるべき間合(距離・位置)」の体得。
e0076761_181145.jpg

稽古・練習の中でいつもごっちゃになってうやむやにしてしまうが、迷ったら兎に角
基本に戻らないと。巧くできない事に、言い訳や解説なんかは不要。ただ、正しく使う。
そんな事を思う瞬間がいくつかある講習会でした。

14時より五段以下審査会。
e0076761_18162575.jpg

9月の級審査会が台風の影響で中止になっていたので、受審者はいつもより多め。
e0076761_18161913.jpg

高段になるに従い、演武者の型・技に対する考え方が動きを通じてクリアに見えるような
気がするのは何故だろう。
e0076761_2017875.jpg

ともあれ、どんなヒトにも大事なのは稽古を続けること。

皆様、お疲れ様でした。



例によって写真は Flickr(←Click!)にあります。
「2013年神奈川県講習会&審査会」setの後ろのほうにあります。
関係各位はよしなにご覧ください。



受審者数および合格者数について、公式記録は県連杖道部会サイトをご覧ください。


http://kanagawa-jodo.main.jp/



by snowy_goodthings | 2013-11-04 17:00 | 稽古記

五段以下審査会でした

春の講習会ならびに五段以下審査会が、神奈川県立武道館で開催されました。
e0076761_19104551.jpg

自分にとっては、1月の地区講習会を風邪で休んで以来、久しぶりの
公式(全日本剣道連盟or神奈川県剣道連盟が開催という意味で)行事参加。
「大丈夫か?」と言われること、甚だしい。


午前中と午後1時間は講習会。
今日一級受審する無段〜5月に京都で八段受審する七段まで段位別に分かれて、稽古。
e0076761_19254635.jpg

e0076761_19244530.jpg

自分が参加した五段は、
↓こんな感じに懇切丁寧に解説と実践を繰り返しながら「着杖」から「正眼」まで。
e0076761_19185094.jpg

先輩先生ってば、
最初は「体調が悪かったのは無茶しなくて大丈夫かー?」と心配してくださったようですが、
時間経過と共にいつもの調子に戻っちゃって、
「攻めてないんだー」
「しっかり打てー」
「体の向きはこっちー」
「休むなー」
バンバン打ってくる。ドスドス突いてくる。

ううう…ツライ。でも、なまら愉しい。(^_^; ←変態


14時より五段以下審査会。
e0076761_19265148.jpg

同じ段位でも、
若い方なら"気合"って勢いがあったり、老いた方なら"理合"って理解があったり、
それぞれに強みが見えるし、裏腹に弱みも見える。そんな感じ。
e0076761_19291269.jpg

そんでもって、どんなヒトにも大事なのは、やっぱり稽古を続けること。

皆様、お疲れ様でした。



例によって写真は Flickr(←Click!)にあります。
「2013年神奈川県講習会&審査会」setを作りました。今年からは年度単位に括ります。
たぶん受審者の全員の写真を2〜3枚ずつpublic公開していますので、
関係各位はよしなにご覧ください。
 掲載期間終了、public写真も閲覧制限設定しました。
 *稽古つながり or お顔とお名前が一致しているFriendsさんは引き続きどうぞ。
 *全部を見たい方はどうかFlickrのアカウントを取得の上、contact申請してください



受審者数および合格者数について、公式記録は県連杖道部会サイトをご覧ください。


http://kanagawa-jodo.main.jp/





稽古後に食べた甘海老みそラーメンも美味しかったし、良い1日でした。
e0076761_1937336.jpg

by snowy_goodthings | 2013-04-21 16:00 | 稽古記

五段以下審査会でした

秋の講習会ならびに五段以下審査会が、神奈川県立武道館で開催されました。
e0076761_15392874.jpg

参加申込者は101名…と、久しぶりに100人超え。
昼食のお茶とお弁当は107人分配達された筈なのに、1人分ずつ足りないという
怪奇現象が起こる賑やかさ。だもんで、事務局先生のお昼はカップヌードル カレーとなり、
オレのお茶は1階の自販機で買った生茶となるのでした。あれぇ。 (^_^;
欠席者もいた筈なのに、おかしいなぁ?

とまぁ、メシの恨みはさておき。
e0076761_21425354.jpg



午前中は講習会。
初段以下〜五段まで段位別に分かれ、六〜八段の先生・先輩が講師として指導。
自分が参加した五段は受審者がいない班だもんで、この機会に普段は駆け足練習に
なっちゃって、ちっとも錬れない「乱合」から開始。
先輩!この展開は嬉しい。午前中ずっと「乱合」でも良いくらいです!
e0076761_14463414.jpg

したっけ、↑講師2人がいちばん稽古しているかもしれない。(^_^;


審査手順について解説があった後、
e0076761_14525620.jpg

14時より五段以下審査会。
e0076761_14592054.jpg

県行事ながら受審者さんは国籍も年齢もさまざま。
e0076761_1553583.jpg

e0076761_1501189.jpg

広報用写真を撮りながら拝見するに、級・段それぞれに1人位ずつ、
はっと目を惹く"位"が素晴らしい方がいらっしゃり、大いに刺激を受けました。
e0076761_1524886.jpg

したっけ、口が悪い我々は↑五段については、1人以外は不合格になるのでは…なぁーんて、
酷評してしまいましたが、全員合格。 (^_^; おめでとうございます。


審査会後、石堂先生より「審査会だけでなく、普段の講習会から参加を」と、
"お願い"のお話があり。

毎夏、全剣連の中央講習会で統一され、各都道府県剣連の講習会において伝達されている
制定型の所作をやらない(できない、ではなく、やらない)方が何人か。
神奈川県では中央講習会直後に伝達講習会が実施されているし、その他講習会でも
"変更点"については何度も先生・先輩方がしつこく説明してくださっているから、
年中いつでも理解・確認の機会がある。それを活かさないのは勿体ない。

いずれ、剣道・居合道のように講習会参加が昇段受審資格を得るための条件となるのかな。



*


以下、他人様の振りを見て我が振りを直すべく考えたこと。

動きが悪い・技が使えない理由はたった一言「稽古不足」で片付けられてしまうけれど、
自ら「稽古不足」を言い訳にするのは正しくない。
だって、稽古すれば良いだけだもん。できるようになるため、稽古を始めたんだもん。
意地悪く捉えれば、「稽古ができていない」は「稽古する気がない」の体裁の良い言い換えに
聞こえてしまう。理由はなんであれ。 (>_<)

神道夢想流杖術も、全剣連杖道制定型も。どちらかだけでなく、どちらも。
師匠から教わった事も、地区講習会や県の講習会で先生から指摘された事も。
せっかく習った事なのに、稽古なり練習なりして自分の身につけなければ、意味が無い。
…つうか、自分が好きで始めた稽古なら、上手くできなくても下手やらかしても
言い訳なんてするもんじゃない。するもんか。 (>_<)

ときどき寄り道してでも、前進あるのみ。




例によって写真は Flickr(←Click!)にあります。
「2012年神奈川県講習会&審査会」set後ろに追加しました。
今回は準備風景なども含め、撮りも撮ったり821枚。
うち、受審者の全員について"引き・寄り"ショット2枚ずつ(五段のみ少し多め)を
public公開しましたので、関係各位はよしなにご覧ください。
*全部を見たい方はどうかFlickrのアカウントを取得の上、contact申請してください



受審者数および合格者数について、公式記録は県連杖道部会サイトをご覧ください。


http://kanagawa-jodo.main.jp/






おつかれさまでした。
by snowy_goodthings | 2012-11-04 17:00 | 稽古記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る