タグ:玄武館坂上道場 ( 9 ) タグの人気記事

11月の標語

道場のカレンダー、今月の標語はこれ。もーう、たまらんです。
e0076761_23092765.jpg
じゃんじゃん、琴線に触れまくり。ごろごろ、腑に落ちまくり。ぶすぶす、心に刺さりまくり。


ところで、本日は新たに入会希望の見学者さんご来館。
まったく準備無し・ぶっつけ本番で、全剣連杖道の型12本を見てもらったら、気持ち良い反応が返ってきた。だから調子に乗って、ものすごい久しぶりに一心流鎖鎌術をやってみたら、面白いように絡み飛び当たる。
自分、最近ぜんぜん練習していなかったのに、すごく上手になったような気分になってしまう。
/(^_^;
己の体内でなにか醸成されたのだろうか?それが実力?

え、そんな簡単なものではないでしょう?


こんな調子で、この3連休はずっと稽古か仕事か、どっちかしかしなかった。
自分が好きな事・面白いと思う事について、存分に励む事ができている。良い事じゃないか。

あぁ、そうだ。
隙間時間には、太平洋の向こうでツアーが始まった Morrissey US tour 2017 の動向とか、
はるか西での UK tour チケット発売のお祭り騒ぎについて、電子の噂を伝聞したり。レコードを聴いたりもしたっけ。うん。
いずれの機会でも、
モリッシー先生ご自身が行きたい場所に行き、歌いたい歌を歌ってくれたら、それに勝ることはないと思います。
自分はそう思う。はい。こればっかりは、致し方無いというか、それ以上の希望を持ちようが無い。
Don't rain on M's parade... とか、能天気にお祈りするのみです。


ようするに、
単純に慌ただしく忙しいのだけれど、あんまりツライと感じていない。



by snowy_goodthings | 2017-11-05 21:00 | 稽古記

玄武会

今年4月に開設以来、地味に更新を続けている
神道夢想流杖道 玄武会(a.k.a. 玄武館坂上道場 杖道部・居合道部)のWEBサイトですが、
管理者(私)が長いURLを覚えられないため
短く "genbukai.info" に変更しました。


こちらでお見知り置きくださいませ。
神奈川県剣道連盟杖道部会ホームページ、
拙ブログの過去記事に掲載されたリンクURLは更新済みです。


11月は自分の生誕月であります。なにか始めるには、良い頃合い。
クーポンとかポイントのサービスとか、クレジットカードの優待とか、
自分になんらか行動(要するに購買・消費の行動)意欲を刺激しようと
あれやこれや機会がやってくるし。
なんでも良いほうに受け取って、なんでも試してみようと思ったりする。



by snowy_goodthings | 2017-11-03 00:00 | 稽古記

10月の標語

道場のカレンダー、今月の標語がまたしてもぐっとくる。
e0076761_22472161.jpg
それって「悪口」に限らないと思う。かつ、
"ああ言えばこう言う"式に「自分が優れていると思って言っていない」と詭弁を弄するヒトとかいると思う。

「批評」とか「定義」とか、ぱっと見は理性的なおこないのような言説行動も、
他人について語っている時の"自分が上で相手を下に置く"というか"自分のことは棚に上げている"風体が透けて見てしまうと、
まったく響かないというか、バカバカしく聞こえてしまって聞いていられない。聞き流すカロリーすら勿体無い。

しかし、
字面は「悪口」でも「批評」でも「定義」でも、真実の扉を開く鍵のような鋭い示唆であったりする時もある。
そういう言葉を使えるヒトは、ものすごく少ないけれど存在する。
ようするに、誰が言うか次第。その誰かの在り方次第。

…で、
そんなチャーミングな悪態をつける誰かって、今や1人くらいしか思いつかないです。←誰って?
いや、武道稽古界隈では何人かまだいるかな。どうだろう…
ともあれ、自分はそういうのいきなり真似できないから、自分の人生を謳歌することから真似します。はい。


そんでもって、今日は道場で広がるような深まるような、素敵な出会いがありました。
良い感じな秋のはじまり。
(^_^)


by snowy_goodthings | 2017-10-01 20:45 | 稽古記

流祖祭・第58回全国杖道大会

2年に1回開催される、流祖祭こと流祖夢想権之助神社奉納演武会ならびに全国杖道大会は、
いつも通りであれば来年度(2018年)の開催ですが、今年は夢想権之助神社創建50周年という記念すべき年なんだそう。
故に今年は特別、昨年に続いての開催。

自分としては、予定というか、期待していた事をほぼ全部遣り尽くして、
期待していたよりも良い事が沢山積み上がった2日間でした。

流祖、最強。
午前中から設営中までずっと雨が降っていたのに、流祖祭の開会と同時に止みました。

そして、私は決勝戦敗退記録を更新しました。
e0076761_20112030.jpg
今回、玄武会から参加は私ひとり。※出場に際し所属団体は「水月会」名義
故にセルフィー感が漂う(うへっ)結果報告写真となってしまう。


*


土曜日は、宝満宮竈門神社境内 無双権之助神社で流祖祭。
e0076761_00340649.jpg
受付開始時間を過ぎても時々ざぁっと強い雨が降り落ちてくるような天候だったのに、
祭壇の前に椅子が並べられて、いよいよ流祖祭がはじまる瞬間になったら、雨が止んだ。

たまにビューっと風が通り抜ける中、祭典がおこなわれ、
e0076761_19300238.jpg
先生方の奉納演武。
e0076761_00354612.jpg
そして自分も稽古というか練習をさせて頂きました。ありがとうございます。
せっかく福岡に来ておいて、福岡の面々にお相手して頂かないでなんとする。というよか、
オットも稽古仲間も来ていないし、これは良い機会。いわゆる、"打太刀の現地調達"というやつ。

え、古流は同門同士でないと、"合わせる"のが難しい?そんな事はないです。全然できました。
実際、土曜も日曜もやりました。そりゃあ上手ではなかったけれど、できました。
そうした結果、所作・理合の解釈の様々について、わくわくする興奮としみじみする実感とを伴って"解る"ことができました。
いかん、自分は腑に落ちる理解をするまで随分と時間がかかりすぎ。
(^_^;
しかし、その過程を全部ひっくるめて"稽古"だと開き直るんだい。
e0076761_00381087.jpg

夜は懇親会へは参加せず、元お仲間女史が所属する稽古場所へお邪魔して稽古させて頂きました。
あのね、帰ってから師匠にも話したんですけれど…皆さん上手だし熱心なの。
たいへんお若い方達が楽しそうに稽古されているから、
1〜2人くらい拐って帰ろうかと思ってしまった。←冗談です、しませんってば
それと、ちょっと反省した。自分のための稽古の事ばかりじゃなくて、打太刀などお相手したのですが、
自分の引き出しというか、懐深さがちょっとまだ足りていなかったと思う。これは、次の機会までの宿題です。


*


日曜日は、福岡市立博多体育館で全国杖道大会。
e0076761_00404701.jpg
自分の結果は上述の通り。でも、決勝戦敗退=準優勝という結果よか、
ぶっつけ本番だった最初の試合から決勝戦まで、全部が全部、気持ち上がる稽古だった事が嬉しい。
…なぁーんて書くと、すごい格好良さそうだが、実際にはいろいろやらかした。
自分が打太刀した時の出来は良くなかった。お相手さんに対して、たいへん申し訳ない。面白かったんだけれど、面目ない。
(T_T) ダメじゃん。これについては猛烈に反省している。
次の機会にはもっとしゃんとするべく、稽古してきます。それ以上やりようがない。
e0076761_00421159.jpg
閉会式での大会会長・審判長の講評を伺って、もっとやろうと思いました。
  先生がたが何を仰ったかは、あえて此処には書かない。
  あの言葉は、現地へ行った・やった、その事へのご褒美だから。
  (しかし、稽古場ではお土産話にさんざん喋っている)


閉会式が終わったら、慌ただしくというか慌てて記念写真を撮って、
昨日・今日とお世話になった方々への挨拶をほとんどする余裕が無くて、オロオロと辞去。

21時発のJALさんで帰る予定だったのだが、福岡空港に着くと出発が決まっているのは19時発便まで。
その後の便は「天候調査中」ということ。あらら…航空会社によっては欠航も出ていた。
自分が買ったフライトは、搭乗日時の変更に制限がある"スーパーなんちゃら"割引チケットであるが、
悪天候・自然災害による影響が見込まれる場合は変更可能。ありがたい。
出発が決まっている便はいずれも「お席は充分に空いております」ということだったので、19時発に変更してもらって、
お土産を買って、保安検査場近くのフードコートでお茶しながら短いお喋りをして、ごきげんよう。
結果、がらがらの飛行機に乗って、予定よりも早く帰宅することができました。
台風18号の影響は「行きも帰りも飛行機がよく揺れた」くらいの感じ方で行って帰って来ることができたけれど、
たまたま幸運であっただけだと思う。やっぱり自然の猛威は恐ろしい。


ひたすら、稽古ばっかりした2日間でした。
できる事をまだまだ増やせそう。まだまだ変われる。
今、私は、過剰に前のめりに、大袈裟に前向きになっている。今の自分なら、なんでもかんでも、面白がってやれそう。
…と、
自分が好きな事について問答無用で寿ぎたくなった、久しぶりの福岡遠征でした。また行くべし。

(^▽^)


*


主催:神道夢想流杖道振興会による公式記録は、
福岡県剣道連盟 杖道部ホームページで見る事ができます。
次回は3年後=2020年に開催されるとのことです。


*


流祖祭・全国大会で好き勝手に撮り散らかした写真は、 Flickr(←Click!)にあります。
今回、コンパクトカメラしか機材を持っていかなかったので枚数はありませんが、雰囲気は伝わるかと思います。
「石田さん、今日も撮って世界に発信して」と声を掛けて頂いたから調子に乗って
奉納演武の写真など誰でも閲覧可能な状態で公開していますが、
被写体の先生方の肖像権を優先します…と書きつつ、
つまりは記念写真のように使って頂ければ幸いです。実際、そう使って頂くことができて、光栄であります。


「水月会」名義の行事における一部支部会員の写真撮影・メディア掲載については
要事前許諾・不可とするルールの適用を受け、該当支部に所属する参加者の写真はありません
※大会後の集合記念写真のみ水月会ホームページに提供しました
(後日、参加者ご本人にはプリントをお渡ししますが、データ提供はお断りしています)


*


我らが玄武会WEBサイトも地味に更新しています。
「稽古日・お知らせ」をご覧ください。



試合結果とはほとんど関係無いのですが、
本日の試合前の1曲(実際は開会式後すぐの第一試合から出場だったため、前夜に聴いたんだけれど)は、
The Smiths 'Pretty Girls Make Graves' でした。
よりにもよって、何故この曲なのだ。(^_^; それは、これを聴きながら寝オチしたから。

"Give in to lust, give up to lust, heaven knows we'll soon be dust..."

わーおっ!


by snowy_goodthings | 2017-09-17 21:45 | 稽古記

8月の標語

毎月、いちいち心に刺さってくる、道場のカレンダー。来月はこれ。
e0076761_23315891.jpg
自分にも、自分が見知った周囲の人間にも、自分はよく知らない他人にも、あれやこれやにも、きっと心当たりがあり過ぎる。

…という具合に、
悔しいんで、下衆い達観している。


by snowy_goodthings | 2017-07-30 20:15 | 稽古記

第29回東京都杖道大会・第18回東京杖道祭

本日は都大会でした。

今日はオットの日でした。(^▽^) 祝、てっぺん七段の部で優勝。
e0076761_23283263.jpg
神奈川県剣道連盟の参加は今年で3回目。
結果は、
初段の部 優勝
二段の部 優勝
三段の部 優勝
四段の部 優勝
七段の部 優勝
決勝戦まで進んだ組はすべて、最後まで勝つという結果。
e0076761_23291545.jpg
一方、六段の部の私と相方氏は、
前回・前々回と決勝戦で負けて準優勝を2回繰り返していたのだが、
今回は準々決勝で敗退。あららー
この結果について、"ベスト8"とか言えば体裁はちょっと整うかもしれませんが、
都大会については決勝戦まで進むことを前提と捉えて挑んでいるので、この結果には怒り心頭。
こう書くと、恐ろしく不遜な物言いに見えると思うが、
自分自身にそういうお題を与えているというだけの話であります。

故に、3回目の参加にして恐ろしく不完全燃焼・生煮えな終わり方をしたのですが、
これで腐るわけにはいかない。
/(^_^;
勝った時だって達成感とか自分を褒めている暇はなかったし、負けても挫折感とか疑義心とか自分を甘やかしている暇もない。

やれよ、やるしかないんだよ。ざまぁみろ。

今日という日は明日には過去になる。過去の自分はもう今の自分ではなくなる。

…と、
此処、巣鴨学園ギムナシオンに前回来た時も同じようなことを考えていたのでした。
本当に果てがない。
e0076761_23285468.jpg
ともあれ、今日はオットをお祝い。
神奈川県連の打ち上げには参加せず、住宅街の路地をうねうねと抜けて、巣鴨地蔵通商店街へ。
e0076761_23304666.jpg
オットに奢ってやろうではないか。行ったのは、ファイト餃子。
愛らしい街の中華料理店は、ごちゃっとした雰囲気が居心地良かった。餃子とビール、最強(狂)の組み合わせ。
(そして後ほど、日常の肉摂取量が極端に減っていたオレは腹を壊す)


したっけ、帰宅後はもう平常通り。
何枚か撮った決勝戦の写真を見て「この立ち姿は格好悪い、弱そう」「ぎゃあーっ」と言い合うのでした。

本当に果てがない。


*


公式記録は、東京都剣道連盟杖道部会サイトをご覧ください。

それと、7月19日(水)の東京新聞にも結果が掲載されるそうです。


*


県連杖道部会による公式「活動報告」は↓こちらをご覧ください。


http://kanagawa-jodo.main.jp/


自分が撮った写真は、 Flickr(←Click!)にあります。
公式写真が個人名義アカウントにストレージされていることの是非は、どうか問わないでほしい。
ボランティアなんです。


*


我らが玄武会WEBサイトも地味に更新しています。
「稽古日・お知らせ」をご覧ください。
馬鹿正直に、入賞できなかった時の戦歴も記録する几帳面さを発揮していますから。


*


まったく個人的な思い出話なんだけれど、
たいてい試合の時って、開会式の前からお昼休憩の頃までは彼方此方の先生・選手さん達とご挨拶するとか、
比較的緩めに時間を過ごすのだが、さすがに自分の試合が始まる直前は、
目の前のことに集中するべき瞬間にとっておいている。
…の筈だったのだが、
13時からの試合開始前の休憩時間、
最後ちょっと安心するための稽古をしようとした瞬間に、今しなくて全然良かろう話を誰かに仕掛けられた気がする。
本気かよ。勘弁してよ。
実際、「今する話じゃないですよね」と投げた。理も義も此方にあると思っている。

その直前、頭冷やしに聴いた1曲が、
モリッシー先生の Certain People I Know (Vivid Live 2015 3日目の音源だったかな)だったんだけれど、
選曲を誤ったかもしれない。(^_^; まったく、なんてこったぁ。


by snowy_goodthings | 2017-07-16 17:00 | 稽古記

満月

道場の窓からみえる月が、とても綺麗でした。
e0076761_00531134.jpg




by snowy_goodthings | 2017-07-09 20:00 | 稽古記

玄武会

神道夢想流杖道 玄武会(a.k.a. 玄武館坂上道場 杖道部・居合道部)のWEBサイトができました。


https://tsurumigenbukai.wixsite.com/jodo

いまどき珍しい町道場です。
見学・入会のための案内を主たる目的として構成しています。


Solidarity of 道場 (DOJO: training monastery of martial arts) is Omertà.
  …なぁーんて事を、
  しみじみ感じながらの作業でありました。
  そして、これが続くのです。続く。
  続けなければ。うわぁー…



by snowy_goodthings | 2017-04-25 00:01 | 稽古記

木曜と日曜

速い、看板の稽古日が変わっている…
e0076761_23153985.jpg
本年度から、つまり4月が始まった先週から
玄武館坂上道場 杖道部の稽古日は、木曜も再開となりました。
毎週2回:木曜と日曜に稽古をおこないます。
20年前に私が入門した時には既に日曜のみになっていたので、たいへん久しぶりの事であるらしい。
さらに、
"指導者"が不在のため長らく休会であった居合道部も再開。これは、道場主先生の強い希望でもあった。

いっときは閑散となり過ぎて存続を危ぶみかけたのだが、
この3〜4週間で事態が変わった。
そういう巡り合せがやって来た。それが今だった。
遣ればできる。


*


そんなこんな、
2017年の春は自分が遣るべき事でしっちゃかめっちゃか蠢いている。

太平洋の向こうで歌っている Morrissey を追いかけるという希望を今春は実行しなかったのだが、
はらはらとした気持ちで、ほぼリアルタイムで伝わってくる電子の噂におろおろしている。
インターネットは便利だ。

えーっと…

良い日もあれば悪い日もある春はまもなく終わる。
  総じて素晴らしい日々だったと言ったら、怒られる?これは傍観者の無責任。
そうしたら、
次には自分の苦手な夏が来る。その後には自分の好きな季節である秋と冬が待っている。
2017年の季節はこれから動き出す。どんな1年になるかは、まだわからない。

あのおじさんは、何があっても歌い続けるんでしょうから。
たまに思い通りに歌えない日があるかもしれないが…というか、そんな日だってある。
毎日が成功して勝利して終わる日々なんて、嘘みたいな生き様なんざ在ってたまるか。

で、自分。どうなりたいか、どうしたいか、希望を述べることは簡単。
そして、実行することも簡単。遣るのか遣らないのか、それだけのこと。
すげえ前向きだ、自分。 (^o^)
明日がどんな日になるかは、わからない。それでもさ。


途中から稽古の話じゃなくなったが、現象の本質に違いはないと思ってご容赦ください。
どちらも、つまりは「自分」の話ですから。


by snowy_goodthings | 2017-04-13 21:10 | 稽古記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る