タグ:映画 ( 249 ) タグの人気記事

さよなら、人類 / En duva satt pa en gren och funderade pa tillvaron

なんでこんな映画を観ちゃったんだろうという、困惑しかない。
e0076761_20211503.jpg
(C)Roy Andersson Filmproduktion AB

人類の未来を信じて笑って良いのか?人類の終焉を感じて恐れたほうが良いのか?
枯れた色彩の中、必死に生きている筈の人々が死人のように見えてくる。

え、これコメディなんですか。 (^_^;

by snowy_goodthings | 2015-08-18 22:30 | 鑑賞記

ジミーとジョルジュ 心の欠片を探して / Jimmy P

アルノー・デプレシャン監督作品でなかったら、日本公開は無かったかも?
いずれにせよ、観られて良かった。
e0076761_19390175.jpg
(C)Why Not Productions-France 2 Cinema-Orange Studio

臨床精神分析医のジョルジュ・ドゥヴルーの「夢の分析:或る平原インディアンの精神治療記録」が下敷き。
1948年、アメリカモンタナ州の軍病院。
心因性と思われる不調に見舞われた帰還兵である先住民ブラックフット族のジミーと、
治療者として招聘されたハンガリー系ユダヤ人でフランス国籍のジョルジュとが、
精神分析的な対話を通じて、それぞれの心の闇に光を灯していくお話。

出身国とか国籍とか民族とか、そういった人間を定義するレッテルをべりべりと剥がして、
うねうねと語られぬ暗い葛藤を経て、良い結末に至る。

ジョルジュ・ドゥヴルーとは何者かを知らないと、ちょっと解りづらい場面もあると思う。
心理学専修者の自分は心踊りながら眺めていたけれど、付き合わされたオットはどうだっただろう?
(^_^;

by snowy_goodthings | 2015-04-29 19:25 | 鑑賞記

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)/ Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)

愚かで面倒くさい表現者達が、長回しっぽい映像の中で右往左往していた…と、
書いてみたら、それ以上の感想が思いつかない。
e0076761_18054577.jpg
(C)Fox Searchlight Pictures

映画って、お芝居って、面白いなぁ。
いつも、なにかしら "新しい事" を教えてくれる。

映画そのまま、飛翔するような良い気持ちで観終わったけれど、それで良かったかな。
ちょっと引っ掛かっているんだけれど。 (^_^;

by snowy_goodthings | 2015-04-24 23:45 | 鑑賞記

幕が上がる

今夜はこれを観る。
平田オリザさんの小説「幕が上がる」の映画化。
小説に出てくる事物が好きなものだらけだったので、観られるのを楽しみにしていました。
e0076761_21430021.jpg
小説に比べると、
脚本を書くことから演出をするまでの脳みそが汗かくような創作の悶々とか、
高校生っぽい恋話はがっさり削って、
演劇という夢中になることをみつけて全身汗みどろにぶつかっていく部活動の勢いとか、
高校生っぽい夢や未来への不安や葛藤に焦点を当てた印象。

上手とか下手とかさておき、
ただ"頑張った"ではなく、稽古を繰り返して"身に付けた"であろうと感じる
「演技」をするももクロさん達。
e0076761_21430730.jpg
(C) O.H・K / F・T・R・D・K・P

昨年のいばらき総文2014の演劇部門の大会が流れたり、
青森中央高校演劇部のお芝居がのべ3作品登場したり、
他にも何処かで見覚えがある役者さんや演出家さんが映るし、あちこちにいろんなヒトが写っていたり、
芝居好きなヒトが作った映画っぽい。
富士山が見える土地の高校が舞台になっているのに、
讃岐うどんの「うどん脳」が出てきたり「ウィンタータイムマシンブルース」とかだったり、
芝居好きなテレビ局さんが作った映画っぽい。
そんでもって、
静岡県東部地区大会に津軽弁が溢れる『もしイタ』を演じる強豪校が出場するという、
物語としてのリアリティとかアイドル映画の気遣いとか高校演劇の枠とか地方演劇の枠とか、
なんもかも吹っ飛ばす無茶な展開するし。

映画ってなんでもありな虚構世界だったんだ。

素敵だ。


なんというか…間違いなくアイドル映画なのだけれど
(アイドル映画らしいバカバカしい配役も多々あったし)、
中途半端な映画好きであったり、中途半端な芝居好きであったりすることを
誇らしく思っちゃう映画でした。

そーんな、愉しい感慨だらけ。


劇中で演じられたお芝居は全部観たい。
"中西さん"の「修学旅行」とか、観られる時が来るだろうか。
Blu-ray発売時の特典映像か?




by snowy_goodthings | 2015-03-08 00:00 | 鑑賞記

シェフ 三ツ星フードトラック始めました / CHEF

今日はこれ。
e0076761_18334830.jpg
「アイアンマン」1〜2作目を監督したご縁なのか、ロバさんとか
それっぽい役者さん達が脇役で登場するのが楽しみだったのだけれど、
ただただ愉しくって美味しそうな"FOOD PORN"な映画だった。

e0076761_18430776.jpg
(C)SOUS CHEF,LLC.

肉食の描写が、下ごしらえから調理を経て食べるところまで潤沢。
ものすごくお肉が食べたくなる。
で、主人公の奥さんがベジタリアンであったりして、
多様な食習慣があっさりと共存する、おめでたい雰囲気がむんむん。
さらに、フランス料理店の厨房でコチュジャンとか作っていたり、
「おいしい」という味覚に人種や信仰や国籍の壁はないという、
やさしい雰囲気もむんむん。

メニューを巡って定番を重んじるレストランオーナーと創作を志すシェフとの対立とか、
ビジネスとアートとがバトルする真面目な話にも見えるんだけれど、
Twitterで大炎上を起こしてクビになっちゃったら、
あっさりとその葛藤はお仕舞い。

その後は、変態だが優しい男性達と美しい女性達と良くできた息子が
わらわらと主人公を助けて、ハッピーエンディングを目指してCUBANO屋台トラックが
走り出す。ただただ、おめでたい。
e0076761_18550251.png
(C)SOUS CHEF,LLC.

ゴージャスなフレンチも、屋台のキューバサンドイッチも、どっちも旨そう。
食欲はヒトを堕落させる大罪だが、ヒトの本質を剥き出しにする。なんてこった。
でも、台詞の端々に現れる主人公の態度は、
成熟したオトナの責任とか情熱とか愛情とかがキラキラしている。

…とまぁ、脳幹と胃袋とに心地良い刺激。


真面目なベジタリアンやヴィーガンの方には不向きこの上ない映画ですが。
(>_<;


ところで、キューバ風サンドイッチというのは、キューバではなく、
フロリダが発祥の料理だそう。ケイジャン料理みたいなルーツがあるのかな。
そういえば、アメリカとキューバは国交回復するんですよね。キューバ・フィーバーが来る?


by snowy_goodthings | 2015-02-28 23:00 | 鑑賞記

NO / NO

今日はキネカ大森、名画2本立てのうちの1本。
e0076761_17554371.jpg
封切り前から興味があったのに、
あちこち映画館での上映期間を逃しまくっていた「NO」をやっと観た。


ガエル・ガルシア・ベルナル主演だけれど、メキシコではなくチリの映画。
自分は冷戦世代ですから、
ピノチェト将軍の軍事独裁政権の存在は覚えているんだけれど、
この映画で描かれている1988念のピノチェト政権の信任を問う国民投票および
"Sí(YES)vs. No (NO)"両派のキャンペーンCM合戦のことは知らず。
独裁政権は冷戦後の現在も存在するけれど、
国民に対し賛成-反対を真っ当公けに問うなんて、
しかも政権が敗北を認めるなんて、なんて長閑。今や想像しづらい。
信任投票の2年後、ピノチェトは退任している。

e0076761_23080494.jpg
(C)Participant Media No Holdings, LLC

広告という表現手段について、
まじめでヒトをわくわくさせる役割の部分が語られている。
ぐだぐだ、やる気があるのかないのか。バラバラのチームワークながらも目的に
向かって盛り上がっていく製作者たちの姿はちっとも格好良くないんだけれど、
やってのけちゃう。


滲んだ画面と揺れるカメラアングルと暑過ぎる空調とで、途中から目眩を起こして
大変な思いをしながら観たけれど、面白かった。痛快だった。
乗り物酔いみたいなことにならなければ、もっと良かったのだけれど、
それを差し引いても良かったです。
ふぅ





by snowy_goodthings | 2015-02-22 16:35 | 鑑賞記

マッハ!無限大 / ต้มยำกุ้ง 2 (Tom Yum Goong 2)

1月は観たい映画が沢山あったのに、
地区講習会のあと寝込む日が多くてあれもこれも観損ねた。
なによりも衝撃だったのは、ロバさんの映画があっという間に上映終了していたこと。

あんまりだ。あんまりだ。


…と、
恨み節をぶつぶつこぼしながら、久しぶりにトニー・ジャーさん映画。

「マッハ!弐」と「マッハ!参」は公開されたことに気付かず、これらも観損ねている。
「トム・ヤム・クン!」以来です。
いっとき出家されたとか還俗されたとか、俳優活動ではない話題ばかりをちらちらと
聞いていたけれど、待てば果報あり。


邦題は「マッハ!」だけれど、お話は「トム・ヤム・クン!」の続編。
前作を観たのは2006年春だったか。
ありゃ、観た記憶があるのにログが残っていない。まだ記録を残していない頃だったっぽい。

虚飾ナシ、生身のアクションが"売り"のトニーさん映画ですが、
今回はワイヤー吊りも早回しもCGも使って"なんでもアリ"だそう。それも
嫌味が無い塩梅の加工という印象。
e0076761_22590110.jpg
(C)SAHAMONGKOLFILM INTERNATIONAL CO.,LTD.

端正な構図によく動く視点。
アクション映画なんだけれど「綺麗」という印象が最初に出てくる。

さんざん殴っても蹴っても全然くたばらない長い長い格闘は、
技前が無駄無く鋭すぎて映画らしく仰々しい派手さがあんまり無いので、
観ているうちに疲れてくる。スゴい事をし過ぎなんだよ…ウソっぽさが無さ過ぎ。 (^_^;


もう1人、久しぶりにお姿拝見できて嬉しいジージャー・ヤーニン。台詞はめっさ少なめ、
とにかく蹴る、跳ぶ、殴る。ついでに刺す。
e0076761_22590720.jpg
(C)SAHAMONGKOLFILM INTERNATIONAL CO.,LTD.


でもって、
人間達の粉骨砕身な闘いの締めくくりを象さんがあっさりとさらっていく。
出来過ぎな展開だけれど、大団円。

愉しかった。



by snowy_goodthings | 2015-02-21 23:40 | 鑑賞記

おみおくりの作法 / STILL LIFE

脚本・監督のウベルト・パゾリーニのお名前が妙に引っ掛かって
すごく観たかった映画。
e0076761_23413458.jpg
(C) Exponential (Still Life) Limited


ヒトの死に様を描くことは、ヒトの生き様を語ること。

死者が沢山登場するお話だから、おそらく悲劇。
悲劇なんだけれど、お話の運びが軽妙だから何故か滑稽。いや、
明日は我が身の、家族とか町とかのコロニーが無くなった
大都市らしい哀しい現象。

主人公を待ち受けていたエンディングは衝撃的だったけれど、
最後の最後にもっと驚くことがおきる。
救いとか慰めとかはなーんにも無いんだけれど、仕事を全うした人間の極みを見た。
そんな感じ。

ところで、この主人公は今のオレと同い年。
それも衝撃。
とうとう、レストレード警部と同輩になってしまった。年取ったな、自分。


この作品を観たことは、しばらく忘れられなくなりそう。



by snowy_goodthings | 2015-02-11 16:30 | 鑑賞記

ベイマックス / BIG HERO 6

映画で娯楽を享受したいんだったら、ディズニーさんとこの映画。


マーヴェルさんの映画「アベンジャーズ」が、
ロキではなく、「X-MEN」のマグニートーを敵にしたようなお話。
そうみえた。いや、違うか。でも、そんな。
e0076761_23235755.jpg

(C) Disney.


最後になって、マーヴェルの戦隊ヒーローものコミックが原案になっている事に
スタン・リーの文字通りのカメオ出演などで気付いた。
そうでした、
マーヴェル・エンターテインメント社は今、ディズニー社の傘下にあるんでした。

企業買収によって、ディズニー・ワールドが
マーベル・シネマティック・ユニバースにワームホール経由で繋がったみたい。
だから、ディズニー定番の世界観を引き継いだ馴染み感はないのだけれど、
いままでになかった新しい世界を構築したような斬新さともと違う。
妙な安定感と安心感がある。

良い塩梅でした。


ベイマックスにはアベンジャーズに合流してほしいです。←うそ


*

同時上映の「Feast」が楽しみだったんだけれど、期待通りの可愛らしさ。
でも、人間と同じモノをワンコに食べさせたらダメだよ。そこだけ引っ掛かったけれど、
良いお話でありました。
by snowy_goodthings | 2015-01-10 23:40 | 鑑賞記

チェンナイ・エクスプレス 愛と勇気のヒーロー参上 / Chennai Express

一昨年ムンバイで宣伝看板をみかけた映画。
ついに日本で観る機会が到来しました。


お話は、かなりどうしようもない Boy meets Girlドタバタ活劇。
見ためは、色彩鮮やかな南インドの風景や人々の衣装がとても美しいロードムービー。
e0076761_23493193.jpg

(C)Red Chillies Pvt.Ltd.


ボリウッド作品だし、ムンバイから物語が始まるヒンディー映画だけれど、
南インドが主な舞台の物語なのでタミル語がばんばん出てくる。でも、
日本人のワタクシには言語の違いがよくわからない。音の違いをそこはかとなく感じる程度。

全編、
往年のインド映画の名場面オマージュが満載らしいのだけれど、
自分はそんなに沢山観ているわけではないので、
その辺りの面白さを堪能することはできず。
あ、"あの"タミル映画の名作「ムトゥ 踊るマハラジャ」のヒーロー&ヒロインに
敬意を表しているっぽい仕掛けは解りました。ラジニカーントすげえ。

ところどころ真面目な台詞が挿みこまれるけれど、お話のノリはいい加減で薄い。
でも、小気味良く軽やかに変わる画を追いかける視覚的な愉しさのほうが勝る。


南インドは本当にあんなに美しいのだろうか。
主な撮影現場はタミル・ナードゥ州ではなく、マハーラーシュトラ州であったようだが。
それでも。いつか行くことは叶うかな。


*


ヒロインを演じるディーピカー・パードゥコーンは、
今日(1月5日)がお誕生日だそうです。 Happy Birthday Deepika!
by snowy_goodthings | 2015-01-05 21:25 | 鑑賞記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る