タグ:岡野 ( 64 ) タグの人気記事

キッチン・イチニョ

GWの前半、西よりチズルさん来る。
GWの後半、我々が京都遠征する時にはお仕事の都合でお会いできない事が決まっていたから、
この展開は嬉しい。昨年終わり、ステージにいる姿を観た以来。

横浜駅前で待ち合わせて、オットも一緒に夕食。
奥横浜在住者らしいご接待をするべく、一如さんのビストロへ。
e0076761_23152269.jpg
此処は、お野菜多め。
e0076761_23154641.jpg
皿の中で同居する肉とか魚は同席の方々に委ねて、オレは自分が食べたいものを食らうのです。
e0076761_23155137.jpg
チズルさん突然の来訪目的は、さいたま市大宮盆栽美術館だったそう。
BONSAI?

知らなかった。
さいたま市北区には「盆栽町」なる町があって、大宮盆栽村なる場所がある。
かつて東京の千駄木の辺りには江戸大名屋敷の庭を造る植木職人達が住まい、
明治に時代が変わってからは盆栽職人がそこで誕生したのだが、関東大震災に被災。
多くの職人が盆栽に適した土壌を持つ埼玉へ移住して、現在に至るのだとか。


チズルさんが今日見聞した街や盆栽や籠や菓子の事とか、
プロフェッショナルとアマチュアとの垣根が無くなりつつある音楽産業の事とか、
たいへんニッチな杖道稽古の事とか、
お互い自分が暮らす街の事とか、あれやこれや。
そんな内容のお喋りをしながら、食べたり呑んだり。

チズルさんの生業である音楽と我々がまったく食うことができない武道とは
ぜんぜん違う世界であるのだけれど、
各々ほぼ同じ言い回しの言葉で語ることができてしまう。
芸能人・武芸者、どっちも己の"芸"で成り立つおこないであるからかな。

(^▽^)

そんなチズルさんは、モリッシー先生と同い歳。
チズルさんはモリッシー聴きでは全然ないのだけれど、
私のまとまらないモリッシー見聞話に付き合ってくれる数少ない友人知人の1人であり、
音楽の"表現者"らしい感受性を以って話を聞いてくれる数少ない大人の1人である。

いちいち「うんうん」と頷きながら聞いたり話したりできちゃう手応えを、
「共感」とか「気づき」と言えば簡単。
腹に心にエネルギー充填。そういう表現のほうが合っているかも。

毎年、新緑の季節に京都で集うのが恒例でしたが、今年は横浜で達せられたという僥倖。
良い感じなGWの始まりでした。

by snowy_goodthings | 2017-04-28 23:00 | 外食記 横浜

中華みゆき

ストーブの前でホットドッグになっていた、ゆずちゃん。
e0076761_15424258.jpg
此方、もやしそばが美味いです。
ラーメンって出汁がアレですが、此処では食べる。
e0076761_15434130.jpg

by snowy_goodthings | 2017-03-12 11:45 | 外食記 横浜

中華みゆき

看板ワンコ、ゆずちゃん。おばあちゃんです。
e0076761_00242926.jpg


by snowy_goodthings | 2017-01-08 13:45 | 外食記 横浜

Wine Bar Cyama

ぱぴこちゃん、年末の挨拶ついでに1杯だけ。
e0076761_23494317.jpg
「その後(横浜公演のキャンセル後)、モリッシーのツアーは無事に終了したんですか?」と
尋ねられたので
「いいえ、それが無事ではなく終了したようです。」などと答えていたら、
隣の席にいた年嵩な男性に「え、モリッシー?」と反応された。
「僕、スミスが好きで。モリッシーがソロになってからもアルバム5枚までは買っていて、今も持っている。」
だって。

「モリッシーって名前を久しぶりに聞いたな。」
「モリッシーは元気ですよ。9月終わりには日本に来ていました。」
と、校友会だか同窓会だかみたいなノリでお喋り。


ソロになってからアルバム5枚って、 Southpaw Grammar の頃まででしょうか。
日本公演では流れなかったけれど、
2016年ツアーは The Operation のイントロでコンサートが始まりました。
あの変態的な太鼓叩きまくりは、心臓に悪いくらいワクワクした。
…という話までは、できなかった。
(^_^; ←弱気




by snowy_goodthings | 2016-12-17 23:58 | 外食記 横浜

Wine Bar Cyama

"空のグラス恐怖症" 猫…
e0076761_22395845.jpg
"猫" 欠乏恐怖症の人間も沢山いらっしゃるのかな、今夜は…

でも、また明日。

by snowy_goodthings | 2016-10-01 22:00 | 外食記 横浜

Wine Bar Cyama

今夜は、モリッシつながり友人さんとご一緒。

とうとう、
「中川さん、お通しは肉・魚ではないほうが良いですよね?」と、ご配慮頂く事態と相成りました。うひゃっ
e0076761_22443613.jpg
グラッパ+ずんだタルト、なんちゃって lacto végétarien もどき晩酌。
とことん考えが甘い自分の方針は、
主義・志向・価値観の違いを巡って "争わない" そして "寛容な態度を増やす" であるから、
出来る事でやってくれちゃうお気遣いが、ものすごく嬉しい。

酒と甘いモノって、悪魔的な美味しさ。堕落する事、間違いなし。


そして、
深夜近くにやってきた顔見知りの常連さんに Morrissey をご紹介したら、
小さなカウンターの上で、彼のスマートフォンから 'Piccadilly Palare' が大音量で流れるという事態。
何故、その歌を選んだんだろ?

アニキ、
9月28日と9月29日のオーチャードホール公演ならば、チケットまだ少しあります。
是非、行ってください。 (^_^)
  もし会場で遭遇したら、ご希望通りニッコリ笑って頷きますから…遠くから。
e0076761_23462392.jpg
そんな人間どもの右往左往な試行錯誤なんて、我関せずなパピコさん。最強。






by snowy_goodthings | 2016-08-26 01:00 | 外食記 横浜

Wine Bar Cyama

パピコちゃん!
私が北欧遠足で見聞したことを聞いてくれ。
e0076761_01220060.jpg
北欧遠足の目的:Morrissey が来日するという話で、結構長く会話が続く。
Cyama さんお知り合いで、
伊勢佐木町のほうにある老舗バーのバーテンダーさんは、
過去に海外までモリッシーを追いかけた経験があるファンなんだって。
えーっ、じゃあ来月の来日についてもご存知かしら。いずれか公演に行かれるのでしょうか。
e0076761_01273063.jpg
そんな話を、あれやこれや。
e0076761_01321111.jpg
そうやって浮足立っている人間達の会話に対し、
「猫には、コンサートなんて知ったことじゃない」と言わんばかりな、パピコさま。
すまぬ。






by snowy_goodthings | 2016-08-20 01:00 | 外食記 横浜

Wine Bar Cyama

有朋自遠方来、不亦楽。
横浜に来るとあらば、此処へお招きするっきゃない。
e0076761_23273907.jpg
カウンターの主は、お客さんが猫好きさんであると判るみたい。
初対面であるにも関わらず、歓待ぶりが半端ない。甘噛みしたり、見つめたり。
e0076761_23283181.jpg
終電時刻を気にせず、お喋りできることが嬉しかったです。
(^▽^)
パピコちゃん、今夜もありがとう。
e0076761_23300804.jpg



by snowy_goodthings | 2016-04-08 01:00 | 外食記 横浜

Wine Bar Cyama

昨日が結婚記念日だったので、酒でも呑もう…と、ご近所ワインバーへ。
e0076761_14175044.jpg
それぞれ好みが違うので、1杯目はこんなん。
e0076761_14180542.jpg
店長のツンデレ接客にメロメロになりながら頂きました。
e0076761_14191719.jpg
私の2杯目はこんなん。金平糖のように甘い赤。
e0076761_14192904.jpg
美味しかったです。
e0076761_14194743.jpg
久しぶりに会ったパピコさんはシルエットが丸々。
太ったわけではなく、モフモフとしたファーがたっぷり。
熟女らしい、ど迫力の可愛さ。



by snowy_goodthings | 2016-04-03 01:10 | 外食記 横浜

Wine Bar Cyama

台風が温帯低気圧に変わりながら上空を通過中、雨の隙間に秋の美味いモノ。

ぱぴこちゃん、こんばんは。
e0076761_11094512.jpg
ブラジルのママ料理、ムケッカ(Moqueca)。
e0076761_00095186.jpg
昨日の夜から食べる気満々だった、秋刀魚のコンフィ。
e0076761_00105158.jpg
イタリア産、ワンコとニャンコのワイン。
e0076761_00111655.jpg
ごちそうさまでした。
e0076761_00114300.jpg
今夜はこれからまだ大雨になる模様。やや警戒しつつ、おやすみなさい。



by snowy_goodthings | 2015-09-09 23:00 | 外食記 横浜


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る