タグ:京都武徳殿 ( 16 ) タグの人気記事

第113回全日本剣道演武大会・杖道八段審査会

毎年5月の恒例、"京都大会"こと全日本剣道演武大会へ。
e0076761_11030638.jpg
5月2日(火)が演武大会初日。
武道センターでちょっと稽古して、武徳殿の会場準備を眺めて、8時30分から開会式。
e0076761_11055934.jpg
今年の杖道公開演武は、東京都の敦賀先生と藤﨑先生。
※「崎(山と大と可)」ではなく「﨑(山と立と可)」です。閲覧環境により文字化けしていたら、ご容赦ください。
e0076761_11204856.jpg
目上の先生に対してこういう表現は怒られるかもしれないけれど、
稽古者として真摯な意思を以って思ったんですと言い訳しつつ書かせて頂きたし。
ガッツがある演武は、拝見している此方まで力が湧いてくるのです。
それと、写真撮影という視点においても、
カメラのレンズファインダー越しに見ていて、ワクワクしたのです。たまらんらん。
e0076761_11162359.jpg
したっけ、私、個人的にこの日のクライマックスはこれ。
e0076761_21294402.jpg
誰ですか「石井ゆき子」とは?私の名前(登録名)は「石田ゆき子」です。
(^_^; プログラムの記載は正しかったけれど、貼り出しの筆耕が間違えられた。
小学校1年生で習う常用漢字で全部書ける筈なのに。
まぁ、
珍しい"当たり"を引いたというか、これから1年間笑い話にさせてもらえるというか。

ただ、タイポ(綴り間違い・入力ミス)は自分の仕事においても
時として起きるたびに青ざめる事態であるから、ちょっと気になった。
ミスはあって然るべき事。ミスを検知して是正する仕組みがあって、充分に機能する事が大事。
それは…って、完全に仕事の話になっちゃうから、やめておこう。うん。


演武については、鎖鎌も杖術も昨年と同じ箇所でしくじった。
ただ、ひたすら楽しがるだけだった昨年よりも、今年はどういう演武をしたいか考えたというか
考えても仕方がないというか、今の分際で"上手にやろう"なんておこがましいから
暴れてなんぼだろうと思った通りのことはやったのでした。
出し惜しみするほどの技量も足りないんだから、今あるものは出せるだけ出そう、と。
今はそういう段階。
最初から出来上がっちゃったら、続ける理由がなくなってしまう。

写真屋さんから
「これ、私が撮ったのよー。撮った時、"やったー"って思ったわー。」という
リップサービスを頂戴した鎖鎌は、オレは元気が良くってオットは良いやられっぷり。
e0076761_22001524.jpg
(^_^; いずれ、巧くなるんだろうか。

さて、来年はどうなれるだろう。
…じゃなくって、どうなりたいか考えて稽古するんですってば。やるべし。



*


5月3日(水)朝から杖道八段審査会。
e0076761_21403818.jpg
一次審査は、制定型偶数番:2、4、6、8、10、12本目
二次審査は、制定型奇数番:1、3、5、7、9、11本目
申込者は29名(年齢:49歳〜91歳)、全員受審。
e0076761_21564852.jpg
一次審査合格者は8名、二次審査合格者は3名(合格率10.3%)。

審査を拝見するたび思うんですが、
自分はもっと頑張らないと・踏ん張らないといかんとビシビシっと感じてしまう。
追い込まれるというか、憧れるというか、見学している此方が稽古しているような気になる。
e0076761_22154400.jpg
杖道八段審査会・杖道範士審査会の結果は既に全日本剣道連盟サイトで発表されています。


*


いち参加者兼観覧者の立場で、やや自意識過剰ぎみに撮った写真は
Flickr (←Click!)にストレージしております。興味・関心があるヒトにご覧頂ければ幸い。
私が知っているヒトならば、会った時に感想の一言でもください。できましたら。




今年は、かなり真面目に撮りました。
場所取りの制約もあるので、自分が撮りたい表現で撮れると思った瞬間だけ。かつ、
その瞬間を後々まで残す意味について、ちょっとだけ考えた。
…と、かなり不遜な物言いを書いていますが、「写真を撮る」とは「この世界の事物を活写する」という行為ですから。
  自分の中途半端な写真趣味はちょっとだけ前進したばかりである。

自分の目の前で起きる事を"在るがまま"に、自分の五感を使って撮ろうと思ったら、
随分と綺麗な写真になってしまった。あれれ…
スポーツ写真としては足りていないのだけれど、
あの場に居合わせたプロフェッショナル・アマチュアいずれの方々とも違う、
自分の表現だって自負がある。

そして、大会・演武会など行事や稽古の折々に写真を撮り始めた頃、
矢野先生から「撮れ」と教えられた瞬間はちょっとは撮れるようになったと思う。
  今現在の問題は、同じ心構えで私自身を撮ってくれるヒトがいない事だ。


先に「お願い」しているとおり、
被写体ご本人、あるいはお弟子さんなど"縁"ある方々に記念写真のように
見て頂ければと思って公開しているものです。その事はどうかご理解ください。何卒。
…と、書きつつ、
自分なりに真剣に撮った記録であり、"写真"として完成度を志向しつつあります。
ですから著作権は放棄しません。

よろしくお願い致します。



by snowy_goodthings | 2017-05-03 14:30 | 稽古記

第113回全日本剣道演武大会

開催日:2017年5月2日(月)〜5日(木)
会場:京都市武道センター旧武徳殿

詳細は、全日本剣道連盟ホームページをご覧ください。

5月2日(月)8時30分より開会式。
我らが「杖道」演武は初日に行われます。

e0076761_14314226.jpg
演武大会とはなにか?その模様・雰囲気については、
昨年:第112回全日本剣道演武大会の写真など以下リンク先をご覧ください。


■全日本剣道連盟 公式Flickr



■不肖、私のFlickr(ただし、各種型・杖道および杖道八段審査会のみ)←ちゃっかり、最後の1枚は自分達の写真


…なのですが、百聞は一見に如かず。
武徳殿の素敵な空間も含めて、肉眼で観てみて頂きたいです。
(^o^)/


by snowy_goodthings | 2017-05-02 08:30 | 稽古記

お写真頂いた

My god, it's full of me... ←ボーマン船長っぽく
e0076761_21122332.jpg
日曜に師匠から無事に受け取りました、ありがとうございます。

そして、要修正箇所を自覚しました。 (^_^; 来年5月はもうちょっと格好良く。



by snowy_goodthings | 2016-11-06 21:00 | 稽古記

お写真頂いた

たまには、撮られる立場。
e0076761_14053277.jpg
ありがとうございました。

by snowy_goodthings | 2016-10-16 17:00 | 稽古記

第112回全日本剣道演武大会・杖道八段審査会および杖道称号範士審査会結果

たった1回しかない「初めて」の演武大会参加、そしていつも通りの見学…をしに、京都へ。
毎年5月の恒例ですが、今年だけはちょっと違う心持ちで行ってきました。

…なのですが、記録と感想文は後日書きます。
今この瞬間、仕事が溜まっているため、作文はまた後で。働かざる者、食うべからず。
ゴールデンウィーク?なにそれ? (^_^;


*


5月2日(月)朝から演武大会。
6時30分から武道センターが開放されているので、此処で目覚まし。
e0076761_00505298.jpg
8時30分より開会式。
e0076761_00515467.jpg
GWの狭間、月曜日の開催ではありますが、我らが先生や先輩達は当たり前のようにいらっしゃる。
もとい、師匠は来なかった…あれ? (^_^;

今年の杖道公開演武は、
広島県の黒郷先生が打太刀・神奈川県の杖道部会会長こと山口先生が仕杖。
e0076761_01011243.jpg
山口先生の素材感が素敵な装束は、坂上隆祥先生のお召しだったもの。
自分は大先生(おおせんせい)には会ったことがないけれど、玄武館坂上道場の先生・先輩達から今も何度も聞く
逸話の数々を思い出しながら拝見。
神奈川県で杖術を習う"偶然"と"必然"の巡り合わせとか、とりとめなく考える。ただ、この話にオチはない。
e0076761_01174199.jpg
「格好良いのを1枚だけプリントして」と言われたけれど、
矢野庄一郎先生の教えに従って、格好良くない瞬間を10枚くらい(←大袈裟)プリントしてお渡しします。はい。


…いかん、書き忘れそうになったけれど、
我が「初めて」の演武は、ただただ楽しかったです。
"出来栄え"については、稽古・練習で何回かに1回「それなら良い」と相対的に誉められるときのほうが良いのは当たり前。
演武や試合でできることは、稽古・練習で「それなら良い」うちの何割か。だから、
この場に立てることをひたすら喜ぼうと思っていて、実際その通りのことができました。「初めて」だから、暴れてなんぼ。
ただの乱暴者だったかもしれないけれど。 (^_^;
でも、楽しかった。しくじった部分も含めて、楽しかった。

「良い」か「悪い」かどちらでも。演武後、声を掛けてくださった方々の言葉から察するに、
なにかしら"烈しい"印象を感じて頂けたらしい。やったー

ここから始まり。来年には、今年よりもできることを1つでも増やしたいです。

さぁ、来年はどんな風に言える(書ける)んだか。


*


5月3日(火)朝から、杖道八段審査会。
e0076761_01462259.jpg
一次審査は、制定型偶数番:2、4、6、8、10、12本目
二次審査は、制定型奇数番:1、3、5、7、9、11本目

申込者は28名(年齢:48歳〜90歳)、全員受審。
受審者数は昨年と変わらないが、年齢幅は上にも下にも広がっている。
e0076761_01485085.jpg
一次審査合格者は12名、二次審査合格者は5名(合格率17.9%)。
初めて日本から海を越えた地、オランダに八段先生が誕生。そして神奈川、大阪、兵庫、熊本の先生。
神奈川県から安田嘉一先生が合格されました。
e0076761_02330651.jpg
前日の演武会で「格好良い!」と拝見していた先生達は、今日の審査会でも格好良かった。

稽古に果ては無いってことを、改めてガツンと教えられた数時間でした。
審査会の終盤、あの会場内がぎゅっと緊張してしゅした瞬間。あれを見たら、
楽しいばっかじゃなくて、もっと踏ん張らなきゃあ…と、見ている此方が追い込まれる。
というよりも、四の五の言わずに、単純明快に憧れる。


範士審査会の結果は、「該当者なし」。


*


杖道八段審査会・杖道範士審査会の結果は既に全日本剣道連盟サイトで発表されています。
そちらをご覧ください。


それと、
(おそらく)私が知っているヒト・知らないヒトいろいろ皆様が
見たいであろう写真は Flickr (←Click!)に既にストレージしておりますので、ご覧頂ければ幸い。
私が知っているヒトならば、会った時に感想の一言でもください。できれば。
e0076761_23263497.jpg

自分の印象が向くまま、
他流の先生、他都道府県の先生の演武も含め、執拗に撮ったり撮らなかったりしています。
自分の演武前後は撮ることできませんので、記録としては不完全。ですが、毎年やっている事だから。
フォーカスが甘い写真だらけですが、枚数だけは沢山あります。

先に「お願い」しているとおり、
被写体ご本人、あるいはお弟子さんなど"縁"ある方々に記念写真のように
使って頂ければと思って公開しているものです。その事はどうかご理解ください。何卒。

よろしくお願い致します。



by snowy_goodthings | 2016-05-03 15:30 | 稽古記

第112回 全日本剣道演武大会について

開催日:平成28年5月2日(月)〜5日(木)
会場:京都武徳殿

5月2日(月)8時30分より開会式。
我らが「杖道」演武は初日に行われます。

詳細は、全日本剣道連盟ホームページをご覧ください。
e0076761_19163907.jpg
112th. All Japan KENDO ENBU TAIKAI
Date: May 2~5. 2016
Venue: Kyoto Butokuden

Opening ceremony is scheduled to start at 8:30AM on May 2.
Demonstrations of "Jodo" is going to be held on Day1.

For more information: All Kendo Federation web-site


*


段位が上がって称号を頂いたので、
今年から自分も演武者として参加します。一瞬の出番にどれだけ集中できるか、
新たな稽古の場です。 My débutante.
Our appearance time will be only a few & busy minutes
but very concentrated. It's a supreme practice field of fight.


by snowy_goodthings | 2016-05-02 08:30 | 稽古記

第111回全日本剣道演武大会・杖道八段審査会および杖道称号範士審査会結果

…を見学しに、前日の午後から会社を抜けて京都へ。
e0076761_13475582.jpg
毎年5月の恒例、京都大会です。
ゴールデンウィークなる観光シーズンができる前から開催されているんだから、
道中あふれかえる観光客の皆々様に対してちょっとdis'るくらいの
無作法は許してください。
(^_^;


*


5月2日(金)朝から、演武大会。
e0076761_19070491.jpg
お会いした方々に「出ないの?」と振られたのだけれど、
私はただいま六段"名無士"ですから。出られるかどうかは、次の称号審査を受けてからです。

そーんな、来年のことは来年に。


我らが先生や先輩は、今年も当たり前のようにいらっしゃる。

鎖鎌術とか
e0076761_19175554.jpg
短杖術とか
e0076761_19182265.jpg
剣術とか
e0076761_19185110.jpg
短剣術とか
e0076761_19190597.jpg
杖術とか
e0076761_19193806.jpg
今年の杖道公開演武は、北海道の安丸先生と塩田先生。
e0076761_19212541.jpg
会場放送で「連写撮影はご遠慮ください」というでっかいアナウンスが
何度も流れてくるんで、隣にいた先生達のお弟子さんと共に途中で撮るのは中断。
でも翌日、演武されていた先生ご本人に伺ったら、
うるさかったのは武徳殿外での工事音であって、カメラのシャッター音ではなかったんだって。え?
考えてみれば、
連写モードで撮っていたのは、玉座正面で陣取っているプレスの方達だけだった。え?
e0076761_19335750.jpg
武徳殿を"二人占め"されて演武される、格好良い瞬間です。
  途中まででも、撮ったぶんはプリントしてお送ります。


演武の後は、記念写真屋台を物色。
e0076761_19392629.jpg
…とまぁ、
撮影規制はますます厳しくなってきていて、
「師匠・先輩の演武を弟子・後輩が撮る」って、昔からあった当たり前のことが難しくなった。
しかし自分の師匠達は、代々揃って写真好きだったりする。
この軋轢をどう処理しようか。

写真とかビデオとか"撮る"という行為は、無邪気で喧しいものであるのだけれど、
稽古者の立場からいえば、
師匠の使う技の記録であり、師匠が使う理合の証拠である。
この葛藤をどう処理しようか。

そーんな、来年のことは来年に。


*


5月3日(土)朝から、杖道八段審査会。
e0076761_20033256.jpg
一次審査は、制定型偶数番:2、4、6、8、10、12本目
二次審査は、同じく奇数番:1、3、5、7、9、11本目

申込者は29名(年齢:52歳〜78歳)、1名欠席。
一次審査合格者は7名、二次審査合格者は2名(合格率7.1%)。

東京都の先生おふたりが合格。

不合格だったとある先生の「来年、また新しくなった自分を見てもらいに来る」という
お言葉に痺れました。


その後、杖道範士の合格発表。
神奈川県から山口薫先生が見事合格されました。
e0076761_20133499.jpg


見学しつつ撮った写真は Flickr (←Click!)にあります。
他都道府県・他流の先生方も含め、被写体の皆様に見て頂くことを目的に
public(誰でも見られる状態)にしています。
しかしながら、
被写体ご本人あるいはお弟子さん以外であろうと思しき方が画像をキャプチャして
無断転載するケースがしばしばあるので、写真にはcopyrightスタンプを付けています。
僭越ながら。悪しからずご理解ください。


審査結果について公式記録は全日本剣道連盟サイト(←Click!)「審査会情報」に。




by snowy_goodthings | 2015-05-03 14:30 | 稽古記

杖道八段審査会

毎年5月3日は何曜日であろうと
武徳殿の北側、京都武道センター補助道場にて、八段審査会。それが恒例。
e0076761_21573745.jpg

定刻より早く、8時20分頃より受付開始。この時点で受審の先生方は全員集合済み。
9時頃だったか、審査委員長から指定技の発表。
一次審査は、制定型偶数番:2、4、6、8、10、12本目。
二次審査は、同じく奇数番:1、3、5、7、9、11本目。
いずれも3〜4人ずつ1組となり、押し出し交代式に演武を実施。
e0076761_2212684.jpg

9時30分に開会、すぐに一次審査開始、審査終了(二次審査合格発表)は12時40分頃。
e0076761_220428.jpg

申込者は34名(年齢:50歳〜77歳)、全員が受審。
審査終了後すぐ、合格発表で
一次審査合格者は12名、二次審査合格者は4名(合格率11.8%)。
e0076761_2215510.jpg

神奈川県から、安部先生が見事合格されました。


見学しつつ撮った写真は Flickr(←Click!)にあります。
審査会という行事の特性上、そこでの先生方の演武写真はほとんど閲覧制限かけています。
悪しからずご理解願います。
 掲載期間終了、publicにしていた写真も閲覧制限設定しました。
 *稽古つながり or お顔とお名前が一致しているFriendsさんは引き続きどうぞ。



審査結果について公式記録は
全日本剣道連盟サイト「審査会結果」を(←Click!)に
電脳石火、もとい、電光石火で審査会当日にアップされています。

by snowy_goodthings | 2014-05-03 12:40 | 稽古記

第110回全日本剣道演武大会

…を見学しに、新横浜朝6時11分発のぞみ99号に乗って京都へ。
e0076761_21201030.jpg

毎年5月の恒例、京都大会です。
何曜日であろうと、黄金週間であろうとなかろうと、5月2日から開会。
e0076761_21213558.jpg

いつもの通り、我らが先生やお仲間も他所の先輩やお仲間も、当たり前のようにいる。
e0076761_2121859.jpg

今年の杖道公開演武は、東京の荒井先生と大里先生。
e0076761_21274663.jpg

ここに来ると、稽古したいという気持ちが整うのであります。えぇ、感化される。
e0076761_21313228.jpg

見ているだけでも、ひとつふたつ気付く事があったり。
e0076761_2136634.jpg

帰ったら稽古しましょう。
e0076761_1041595.jpg

練習しましょう。
e0076761_21423946.jpg

例によって、撮った写真は Flickr(←Click!)にあります。
武徳殿においての演武写真は、他流の先生方、他都道府県の先生方の写真も含め、
誰でも閲覧可能なPublicにしてあります。ご興味ありましたら見てやってください。

 掲載期間終了、閲覧制限設定しました。
 *稽古つながり or お顔とお名前が一致しているFriendsさんは引き続きどうぞ。

*私は写真屋ではありません。いずれもいち稽古者の個人的な趣味・興味で撮り散らかしたものです。
 事前の「●○先生を撮ってください」/事後の「●○先生の写真ありますか?」といった
 要望・質問にはお応え/お答えできませんので悪しからずご理解を願います。
 これは毎度のお願い。
 過去には対応したことがありましたが、ボランティアでやるには作業の際限がない。
 (写真・ビデオを提供した途端に音沙汰無いこともある…お礼は求めませんが、礼儀は欲しい)

 記念の写真ならば、専門の業者さんが演武場の周りを駆け回り撮ってらっしゃいます。
 彼らプロフェッショナルのお仕事をお買い上げになるのが、なによりかと。


武徳殿での撮影規制はだんだん厳しくなっている印象。
自分は此処での写真撮り趣味はあと数年でお仕舞いと思う(←というか、そうなりたい)が、
もし来年いきなり"撮影禁止"とかなったら、後悔しか残りません。(^_^;
写真の腕も、もうちょっと巧くなりたい。


いろんな意味で、頑張ろう。

by snowy_goodthings | 2014-05-02 12:10 | 稽古記

第109回全日本剣道演武大会

…を見学しに、京都へ。

本当は、1日から前乗りして、関西Flickrの皆様と1年振りに遊んでから
挑むつもりだったんです。
でもって、3日午前中までは滞在して、杖道八段審査会も見学するつもりだったんです。
e0076761_11535173.jpg

しかし、仕事が終わらない。違う。
正確には、オレの理解と立ち回りが間に合っていない。何故だ?
1人で負いきれないから、巻き込めるヒトは巻き込んで、無茶でも振るモノは振っているが、
それでもチマチマとした段取り作業は手元に残る。そこも含めて振りたいのに。

適当にやるしかしょうがないけれど、適当にやったら後の災禍が怖いから。それは困る。

気付いた分だけ、気になる性分のせいか。いや、違う。
良く言えば、他人のせいにしたくない。悪く言えば、相手を信じていない。何故だ?
また閉じてきている自分を自覚しているが、どうすればよいか考える時間が惜しい。

色々と悶々とした心持ちで、親しい連中と会うのは嫌だった。
だもんで、1日はキャンセルしました。仲間達、ごめんなさい。
それと、最近放置しがちなオットをさらに放置するのは後ろめたかった。
だもんで、3日もキャンセルしました。先輩達、頑張って。

誰からも自分に「やれ」と要求されてはいないが、
やる奴がいないのなら、後で「どうなっている?」と請求されるのは自分なのだ。
残念ながら、周囲のそういう事態への配慮は後手に回るものだし、
自分もそういう事態への耐性が強くない。そしたら、自分でやるしかないじゃない?

だから、大嫌いな言い訳:「仕事のため」を繰り出すしかない。すごくイヤな感じ。

こんな心理状態が続くと、パニック障害とかになるんだろうな。それも困るんだけれど。



でも、2日だけは行きたい。いち稽古者として、行くべき。
だから行くのだ。行ったのだ。


勤務先について変な夢を見ちゃってあんまり眠れず、ほぼ完徹。
ふらふら眠い眼をこすりながら、新横浜駅から始発2本目の新幹線に乗車。
がらがらのグリーン車で隣の席まで斜めになりながら仮眠。
京都駅からタクシーの運転手さんに業界の苦労話を伺いながら、京都武徳殿へ。

開会式の最中に着。
e0076761_11433192.jpg

立合の範士先生の「拝見」の声に、観ているこちらまで気が整う。
すべての迷いが、この瞬間に吹っ飛ぶ。
e0076761_12222838.jpg

平日開催だからか、各種型、薙刀、杖道は、演武者数は昨年よりもさらに少なめな印象。
平日早朝だからか、観客席も少なめな印象。
e0076761_11571066.jpg

でも、いつもの先生達・先輩達はいつも通りにいらっしゃる。
e0076761_11572473.jpg

「選手控え席からの撮影はご遠慮ください」とか規制が増えたけれど、
この場でパパラッチに杖使いの先生方を撮るのは、自分にとって年中行事のお約束。
e0076761_1202555.jpg

同県・他県の先生達と「今年も撮りに来たね」とか、「撮ってくれた?」とか、
愉しくご挨拶させて頂きました。ありがたい事です。
e0076761_1156593.jpg

撮りながらいつも思う。稽古しないと。稽古したいです。
e0076761_126452.jpg

そして思う。もうちょっと頑張って、この床を演武者として踏みたいです。
もうちょっとかかるけれど。
e0076761_11475394.jpg

相変わらず出来は悪いがいつもより枚数多めな写真は Flickr(←Click!)にあります。
武徳殿での演武写真は他都道府県の先生の写真も含め、
誰でも閲覧可能なPublicにしてあるので良ければ見てやってください。
※当然ながら、神奈川の先生・先輩が被写体の中心。
※「●○先生の写真ありますか?」という問合せにはお答えしませんので悪しからず。
e0076761_1210434.jpg

この後、観光客が多めな祇園で先輩達とお昼ご飯と酒を頂いて、
e0076761_14223053.jpg

そこで出たお汁がなまら旨かったので、仕入れ先のお店を伺って白味噌を購入。
e0076761_14203468.jpg

新幹線で昼寝をしながら勤務先へ。
そう、今日は有給休暇を取ったんだけれど、18時に出社。出鱈目な。

毎年4〜5月は稽古と仕事のポートフォリオに悩む時期だけれど、
今年の悩みは特に深い。

踏ん張ろう。
e0076761_14211265.jpg

by snowy_goodthings | 2013-05-02 12:00 | 稽古記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る