横浜美術館 2016年度コレクション展 第3期

横浜美術館、[写真]全館展示。

道場へ行く前、1時間ちょっと寄り道。
お友達さんにおすすめであると教えて頂き、コレクション展を観に来ました。


I 昭和の肖像 〜写真でたどる「昭和」の人と歴史
II ”マシン・エイジ”の視覚革命 〜両対戦間の写真と映像
e0076761_00423592.jpg
素晴らしかったです。溜息ばっかり出てきた。

もう、横浜美術館は毎日が写真展示だけでも良いです。ずっと眺めていられる。


# by snowy_goodthings | 2017-02-26 17:20 | 駆動記

ご近所さん

窓にニャンコ。
e0076761_23021549.jpg

# by snowy_goodthings | 2017-02-26 12:15 | 散歩記 横浜

成長期

頂き物の多肉ちゃん、ハオルシア・オブツーサの成長期が始まった模様。今、こんな感じです。
e0076761_21013035.jpg
家の中で最適な日当たりの場所を探して放浪している間に、冬が過ぎた。春だ、春。


# by snowy_goodthings | 2017-02-25 12:20 | 庭風景

ケララの風II

最近、外食はインド料理が多め。
菜食しようとするとインド料理店しか選択肢がない場所が多いからということもあるし、
目を惹かれる魅力的なインド料理店に彼方此方で遭遇するからということもあるし。

此処は、私なんざが説明する必要なんてないケララの風II といったら、
たいへん有名なケララ調ベジ・ミールスと軽食のお店。
e0076761_01270508.jpg
こちら、週末+月曜日のお昼時間のみ営業。
月曜日のお昼どきにJR大森駅界隈にいるなんて、滅多にない機会だもんで来ました。
来た甲斐がありました。

本場のミールスのお作法に則って、ご飯もおかずもお代わり自由。
「冬瓜が好きなんです」と言ったら、奥さんが沢山盛ってくださって感激。


南インド料理と言っても、
ケララとバンガロールとハイデラバードとチェンナイと…州によってぜんぜん雰囲気が違うと思う。
行った事はないから想像だけれど、たぶんそうだと思う。
これは、"カレー"というより、ケララ州辺りで食べられそうな"定食"。

美味しかったです。 (^o^) また来る機会を作らねば!


# by snowy_goodthings | 2017-02-20 13:00 | 外食記 東京

人生フルーツ

文化庁芸術祭「テレビ・ドキュメンタリー部門」大賞受賞作。
生粋の映画作品ではないのですが、
映画館のスクリーンでニコニコと微笑む英子さんと修一さんの暮らしぶりは、
素晴らしく端正な生き様の物語みたい。
e0076761_01464032.jpg
(C)東海テレビ放送

津幡修一さんは、
丹下健三に師事しアントニン・レーモンド事務所や大学教授の職を経て、
建築家から雑木林のお家で半農生活を営む "自由時間評論家" となったヒト。
妻・英子さんは、
収穫された野菜や果物を切ったり煮たり焼いたり、毎日丁寧な手料理を作るヒト。
e0076761_01470912.jpg
(C)東海テレビ放送

そんなおふたりの「年を重ねるごとに美しくなる人生」を、
最初は優しい世捨て人のスローライフのように眺めていたんだけれど、
その印象はちょっと間違いだったかも。
修一さんはずーっと、
自分がマスタープランを手がけたニュータウンの完成後の有り様を見続けていたし、
英子さんは
電車を乗り継いだ先の商店街と長年お馴染み、出来合いではない料理を作り続けていたし、
ご夫婦は台湾へ招かれるべくして出掛けていったし、
最後の佐賀県での建物設計のお仕事ぶりは活き活きとしていたし、
ぜんぜん隠遁者の暮らしではない…ずっと現役でいらっしゃった。


他人の生き様を覗いちゃって、
自分なりにその正当性の意味づけをするのが、ドキュメンタリーの妙。
自分がどんな意義を考えたかって、そんなに大層な事は思いつかないんだが、
観終わった後の心持ちは、たいへん柔らかくなっていた。


# by snowy_goodthings | 2017-02-20 12:10 | 鑑賞記

ご近所さん

んにゃんにゃ(仮称)とオレ。
e0076761_22285520.jpg
人間のほうが、猫に遊んでもらっているんだと思う。


# by snowy_goodthings | 2017-02-19 13:30 | 散歩記 横浜

講習会および級審査会ならびに第2回杖道大会紅白戦でした

年度末近くで極寒の日の神奈川県剣道連盟杖道部会の行事。
全体に参加者は少なめでしたが、内容は盛り沢山でありました。
e0076761_23175246.jpg
午前中は講習会。
級審査を受ける方々は、単独動作の稽古。
その他の段位は、六段以上が打太刀(元立ち)となって初段〜五段が15分間ずつ掛かり稽古。

午後は、級審査会。
e0076761_23235133.jpg
その後、一級〜六段の参加者を紅白に分けて1時間稽古。
そして、団体戦。題して、「神奈川県剣道連盟杖道部会 第2回杖道大会紅白戦」。
  *第1回は2012年10月の開催でありました
e0076761_23263598.jpg
両チームで図ったわけではないのですが(むしろ避けようとしたのに)、
タイプというかスタイルが似た選手同士が当たる試合が続いた。あれれー?
その事について、八段の先生達からは「面白い」という反応が聞こえてきたのでした。
e0076761_00020993.jpg
思ったのですが、皆さま「紅白戦をやります」「はーい」と、ノリが良かった。
ついさっき一級に合格したばかりの4人も参戦。
午前中は単独動作ばかりを稽古されていただろうに…制定型4~5本をこなしている。

先鋒から大将まで、全15試合。
白組はひとり少ない14人だったのですが、
学生くんが13将(初段)・9将(三段)の2役で立ってくれる活躍ぶり。
皆さま、とても柔軟。そして、真面目に楽しそう。ぐいぐいと進んでいく。

そして、勝敗は大将戦まで縺れ込み、大将戦の結果で決するという白熱の展開。
最後の2試合は、判定も拮抗。
e0076761_00030138.jpg
結果は、8-7で白組の勝利。


昨年11月の称号審査と1月の六段審査の合格者への証書授与。
そして大会講評の後、終了。
e0076761_22294379.jpg
おつかれさまでした。



公式報告は県連杖道部会サイトをご覧ください。



http://kanagawa-jodo.main.jp/



例によって写真は Flickr(←Click!)にあります。
「2016年度 神奈川県剣道連盟杖道部会 第2回杖道大会紅白戦」albumを追加しました。
関係各位はよしなにご覧ください。


# by snowy_goodthings | 2017-02-12 16:00 | 稽古記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る