納会でした #1

12月です。
本日は神奈川県剣道連盟杖道部会の納会が、神奈川県立武道館で開催されました。
今年は土曜日開催なので、いつもより参加人数は少なめ。皆さん、夜の忘年会から参加でしょうか…


午前中と午後1時間は講習会。
初段〜六段を均等に混ぜた3班に分かれて、それぞれに八段の先生と七段の先生が1人ずつ講師として担当。
全剣連杖道を1本目から12本目まで、留意点を確認しながら稽古。
e0076761_23310599.jpg
同じ班に初段から六段が混在しているから、各々が課題としている事が少しずつ違っていて、ちょっと面白い発見がぽろぽろありました。
今年4月に改訂された解説書の読み込みが足りていないな…と、反省する箇所もいくつか。ほとんど変わっていないと思い込んでいたけれど、頭を柔らかくして如何様にも対応するべき所作があった。
あらら…ちょっと注意したくらいじゃ、体に染みついた動作は簡単には変わらない。

また、講習の内容とは別に、単独動作・相対動作の「繰付」の解説について、いつも自分がしている動作と違う記述に気付いてしまった。
これについては休憩時間にちょろちょろ訊いて回って、いちおう解決。次の稽古で師匠にもういちど伺おう、自分。うん。


午後の講習会後には、来年=来月の六段審査受審者の方々による模擬審査会。
e0076761_23441313.jpg
受審者の皆様は今日はずっと別グループで稽古をされていた。
審査の本番まで、あと約1ヶ月!


その後、初段から六段まで演武会。
e0076761_23460544.jpg
段位ごと、優秀演武者を表彰して、終了。
e0076761_23473933.jpg
私、六段の部で賞状を頂くことができて、良い感じに1年間を締め括れました…って、まだまだ2017年は終わりません。
来週は稲城での玄武会の稽古納めがある。さ来週には今度は居合道部の納会があって、それに参加する。
玄武館坂上道場 杖道部・居合道部としての稽古納めは、さらに後、年末の近くである。

そんでもって、最後の稽古納めの2週間後には稽古始めです。
2018年が始まる。


おつかれさまでした。


*


県連杖道部会による公式「活動報告」は↓こちらをご覧ください。


http://kanagawa-jodo.main.jp/


自分が撮った写真は、 Flickr(←Click!)にあります。
公式写真が個人名義アカウントにストレージされていることの是非は、どうか問わないでほしい。
ボランティアなんです。

演武会は五段の部まで全員撮影していますが、六段の部は撮影者(私)が演武番号1番で、かつ2組目と3組目でも打太刀していたため写真は全員ありません。
演武後で抜け殻になりながら撮った表彰式の写真はブレブレな"ボツ"レベルな出来ばかりですが、折角なので公開しています。
  六段の表彰式は事務局が撮ってくださりました。ありがとうございます。
いろいろ至らない写真ばかりですが、ご容赦ください。


皆様、良いお年を。



# by snowy_goodthings | 2017-12-09 16:10 | 稽古記

「奇跡」

来年5月、世界中を旅して歌うお爺ちゃんが来る。
e0076761_12530335.jpg
There is No Intention to Infringe Copyright.


誰ですか、前回・前々回の来日で「最後」とか宣うたのは…
そして今回は「奇跡」だそうですが、僭越ながら私はそうは思わないんです。

歌いたいから、歌う。世界中を旅したいから、旅する。
ただ、それだけのヒト。只人ではない。
だから"快適だった"と言っていた街にまた来るだけのこと。たぶん…
(先月テルアヴィヴを再訪していたから、東京へもまた来るんじゃないかと思い込んでいた)違うかもしれないけれど。
ともあれ、つまりは、自然な成り行きなんだと思っている。余計な勿体振りは、このお爺ちゃんの生き様の前には意味が無い。

来年5月がどんな季節になるのか、さっぱり想像がつかない。問答無用で楽しみ。



# by snowy_goodthings | 2017-12-01 12:05 | 鑑賞記

'Low In High School' US tour pre oder "Clear"

Hollywood Bowl での2日間のショーのチケットを "Morrissey pre sale" で購入した際の
バンドルLPがアメリカから無事に到着。
e0076761_09343837.jpg
チケットはそれぞれの発売日に
10日は自分のぶんだけ1枚買って、11日は現地集合の知人さんのぶんも一緒に2枚買ったから、
同じクリアヴァイナル盤が3枚。

アメリカから発送されてきたから、Made In USA なのかと思いきや、違った。
ジャケット裏に印刷されたUK盤のバーコードの上に、ぺたっとUSでの販売用バーコードのシールが貼られているだけ。
およよーん、アメリカの輸入盤って呼べば良い?

数量限定の日本語盤は綺麗に仕上がっていたけれど、通常盤の此方はちょっとだけ出来上がりが雑な印象。
スリーヴの入れ口、高さがズレて裁断・貼り合わせられているのはご愛嬌でしょうか?
モリッシーのプリント側が6mmくらい短い。
たった数ミリの誤差なんだけれど、それだけで天地のバランスが悪く見えるのだから、人物写真は難しい。
Made In Japan だったら、これは検品で弾かれるであろう…そう考えると、ちぃと憐憫も感じてしまう。
他の2枚は開封していないから、状態は不明。

ジャケットに「MORRISSEY」と印字されていることに、ちょっとほっとしました。
黄盤は、眺めているだけで気持ちがざわついてくる。今も。


1枚はもうひとりのチケット購入者である知人さんへ送る。
もう1枚は、九州地方へ里子に出します。杖道つながりの方が 'Morrissey' に興味を持ってくれたので、
じゃあぜひLPを聴いてって、押し付けお裾分けする。
レコードプレイヤーを持っている友人さんを見つけて、一緒に聴いてくださるそう。
  なにやら、"モリッシー"を聴くための人脈が生成されつつある様子。
  えぇっ?

現在、Google とか検索エンジンで "Morrissey" あるいは "モリッシー" と入力すると、
最近の氏の言説について "abr" だか "Copy & Paste" だかな喧伝であったり、
あるいは解釈の鞘当てみたいな呟きとか訴えの拡散であったり、ぽろぽろと様々な
メディア・個人の言葉が表示されるんだけれど…
どうか、どうか、それら全部は暫くは見ないで・読まないで、待っていてください。
今週末には時間を作って発送します。

まっさらに透明なレコード盤に針を置いたら聴こえてくる声に、貴方が何を思うか?
貴方自身が、
貴方の五感で観て聴いて感じて考えた姿が、
貴方が知る "Morrissey" そのヒト。
その瞬間が来るまで、お楽しみです。

(^_^)/



# by snowy_goodthings | 2017-11-29 22:55 | 買物記

誕生日でした

今日は我が誕生日であります。
この1年間、頑張った。今日から新しい1年の始まりであります。もっと頑張れ。

(^▽^)

まったく、楽しき無間地獄だぜ。


 続きは、今日が終わったら書き足します。
 ところで、旅行記・鑑賞録は…写真を1枚現像するたびに感激しちゃっていて、進まない。
 まぁいいや、自分のために書くものだから。できる時が来たら、やる。それっていつ?


*

仕事中にひょこっと届いた、ルーマニアのMorrisseyつながりさんからの
誕生日祝いメッセージに貼り付けられた動画が 'Sing Your Life' だったのがかなり嬉しい。


A君、ありがとう。
この歌、自分が最近考えていた事に符号しまくり。いや…ちょっと考えたら、違うんだけれど。

でも思った、存分に自分の人生を謳歌できたら、幸せだ。
良い事は勿論だし、たとえ悪い事であっても、どちらもひっくるめて。そうしたいです。
自分が行くべき・いるべき場所は判っているし、既にやるべき・やりたい事で1日24時間では足りなくなっている。
私は自分の人生を突き進みたいだけです。
だったら、思い上がって突き抜けるくらいのほうが良いのかも。貰ったメッセージを眺めながら、そんな事を思った。


そんでもって、夜はオット弟のお店こと、玉箒へ。
先日のLA遠足で街の雰囲気にびびりながらたいへん品揃えが良い酒屋で買った Sake One の 'Moonstone Plum' を開けた。
e0076761_01052587.jpg
日本の梅酒とはちょっと違うセンスを感じる…
でんっと力強い香りが立ち上がってきて、それでいて飲み心地は不二家ネクターのように穏やかに柔らかい。
Sake One は、青森県の桃川酒造と共同出資により立ち上げられた、オレゴン州フォレストグローヴ(州都ポートランドの郊外)にある日本酒造メーカー。
此処の存在をもっと早くから知っていれば、Morrissey のツアーを開幕日から追いかけたかな?いや、やっぱり無理だったかな。

でね、
Louis Roederer のシャンパンと、酒のアテになる甘いばっかりじゃないケーキで祝って頂いたのです。
e0076761_00564785.jpg
わーい、ありがとーう♪
齢を重ねて"自分"を完成させていくのが目標だから、誕生日は何歳になっても嬉しい。

あとさ、
たまたま隣り合わせたお客さんに、初対面なのに Morrissey を追いかける旅について話をしちゃったりした。
ちきしろ、お喋りしているうちにルーマニアへまた行きたくなってきてしまう。
んー、次に旅する目的地は何処に定めようか。現在、たいへん迷っている。


…という具合に、今日は1日ずっと私は楽しかった。でも、地球上の他の皆さんがどうであったかは知らない。
まぁいいや、今日は私の日だもん。

私は私、貴方は貴方。各々、善く生きていれば幸い。
もしそうでなかったら、残念だけれど…それ以上は致し方が無い。

(^▽^)


# by snowy_goodthings | 2017-11-28 22:45 | 冠婚葬祭年中行事記

Händel: Il Parnasso in Festa

るんるん♪な「パルナッソス山の祭典」…
e0076761_19354932.jpg
鳥肌が立つ思いをしながら、愉しく聴いている。
こういう音楽は、お休みの日(研修会があったから休みな気はしないけど)じゃないと聴けない。
  で、明日からまた 'LINHS' かなぁ… ←ぐるぐる中

# by snowy_goodthings | 2017-11-23 19:00 | 鑑賞記

高段者研修会でした

神奈川県剣道連盟杖道部会、秋(初冬?)の高段者研修会が神奈川県立武道館で開催されました。
e0076761_18302677.jpg
参加人数は45名ほど。
少ないようでいて、県外からの参加もあったり、海外からの参加もあったり、
久しぶりに参加される方があったり、顔ぶれは多彩でした。
最初に全体で単独動作。それから、七段〜四段をまんべんなく4班に分けて、
全剣連杖道(「制定型」と呼ぶことが多いけれど、正しくは「全剣連杖道」)を1本目から順番に稽古。
e0076761_18392818.jpg
研修会は、高段者=指導者として「全剣連杖道を正しく使う」ことができるよう、
解釈の揺れ・癖・弱点を自覚・修正することを促されるような内容。
稽古の合間には、全員集合して各班で出た質問・指摘事項の整理があったり、
体を動かすばっかりではなく頭も動かすような展開も。
e0076761_18421575.jpg
悶々と考えるばっかりでも、闇雲に動くばっかりでも、上手にも強くにもなれない。
先生や先輩から教えてもらうばっかりでも、自分勝手にやるばっかりでも、後退はしないだろうが前進はできない。
それが稽古というもの。もっとやりようがあるでしょう…と、
いつもの通り袋小路にぶつかったような気分に至って終了するのでありました。
だからって、めげない。諦めるなんて、さらさら思わない。まだまだ、頑張る余地がありあり。

(^▽^)


*


県連杖道部会による公式「活動報告」は↓こちらをご覧ください。


http://kanagawa-jodo.main.jp/


自分が撮った写真は、 Flickr(←Click!)にあります。
公式写真が個人名義アカウントにストレージされていることの是非は、どうか問わないでほしい。
ボランティアなんです。


おつかれさまでした。

# by snowy_goodthings | 2017-11-23 15:45 | 稽古記

'Low In High School' 黄盤

MPORIUM.UK で予約購入していた Morrissey 新譜、
'Low In High School' CLEAR YELLOW LP (JAPANESE) は今日(11月21日)、
無事に配達されて宅配ロッカーに鎮座していた模様。オットが受け取ってくれていた。
e0076761_08482904.jpg
レーベル名とアルバムタイトルとを除いて"これでもか!これでもか!"って勢いで日本語翻訳されたパッケージを見て、

まさか日本語で歌いだすんじゃないか

…と、変な妄想をしそうになるけれど、そんな事はなかった。良かった。
Morrissey は Morrissey ご自身の言語で歌っている。

言い回しは不思議だけれど間違っているとは断じられない、解るような判じ物のような、
懇切丁寧にも余白が大きい資料を呈示されて「自分で考えなさい」と宿題を出されたような…
そんなジャケットの日本語訳詞のくっきりフォントを眺めながら、
自分の拙い英語の聴力・読解力でも存分に伝わってくるような気がする
(しかし、そんな簡単には理解できっこない)声をじんじんと聴いている。


したっけ、思った。
どの歌もライブで奏でているのを観てみたい・聴いてみたい。
既にお披露目されている楽曲はいつか是非再び観たい・聴きたい。まだお披露目されていない楽曲も、
ステージで音を出したらバラバラになっちゃいそうな楽曲、グスタヴォ君が1人じゃ足りなさそうな楽曲、
いずれも是非いつか。

先々週末に Hollywood Bowl で観た・聴いた、 'Home Is A Question Mark' が忘れられない。
あの時、なにかに取り憑かれたみたいな気分になって、あれ以来、ゆらゆら揺れている感じがしている。
何処かへ流離いたくなっている。あれ、そういう歌だっけ?

その他、いろいろと。
「心づくし」という言葉が頭の中をぐるぐると巡っているのだけれど、
「ありがとう」と言ってのけて受け取るには、自分の技量がいささか足りない。
しばし、黄色い円盤をくるくるとひっくり返し続けることになりそう。


 

# by snowy_goodthings | 2017-11-21 23:10 | 買物記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る