Sunday

暑いよね。
e0076761_16504247.jpg

# by snowy_goodthings | 2017-08-27 13:00 | 散歩記 横浜

パイナップル、食べたあと

パイナップルの葉っぱクラウンを水栽培すると、芽が出て子供パイナップルが育つらしい…うまくいけば。
ならば、やってみるー。(^o^)
e0076761_09550650.jpg
一昨年スコピエで買ったアイヴァルの空き瓶に、丁度良く鎮座ましまし。
(お婆ちゃんみたいに、やたらとモノを取っておいてたのが役に立った)

1〜2週間くらいで根が出てきた。もう少ししたら、鉢に植え替える。
果たして、どうなるかな。


*


スコピエといえば、マケドニアの首都。
2015年には、シリアからヨーロッパを目指す"難民"と呼ばれる人々が通過する地として、名前が挙がった国。
2016年には、中部の街ヴェレスが発信源のフェイクニュースから "Post-truth" が火を噴いて、
その年のアメリカ大統領選挙になんらか影響を及ぼしたとかなんとか、そういう国。たまに読む WIREDで読んだ。

世界中の人々をざわざわとさせるような事が起きてしまった国。
でも、自分がかの地で出会ったヒト達は、誰も彼もそれぞれ魅力的であった。奇妙なくらいに。
皆さん、今日もお達者であろうか。そうであってほしい。
…と、願っちゃう、自分の五感で得た印象のほうを信じておく。うん。


# by snowy_goodthings | 2017-08-26 09:50 | 庭風景

屋台

横浜駅西口五番街の辺りでしばしば見かけた屋台ラーメン屋 来喜さんは現在、平沼橋陸橋のすぐ下、
岡野1丁目の角にいる。
お商売の立地としては難しそうだけれど、以前から常連さんらしき方々が親しげにやって来る様子をしばしば見かける。
e0076761_23202273.jpg
横浜VIVREの前、新田間川〜幸川の辺りにあったおでん屋台が行政代執行で撤去されたのは、確か昨年春のこと。
おでん屋台街は、戦後の闇市から始まったんだって。すごい歴史を積み重ねていたのに、無くなってしまった。
その煽りで、このラーメン屋さんも移動を余儀なくされた模様。
ラーメン屋さんも1960年創業というから、そこらのチェーンのラーメン屋さんよりも年季が入っている。

屋台といえば福岡市。
彼方では、街と屋台とが共生するべく「福岡市屋台基本条例」なるものを作り、
屋台営業候補者を公募するなどして、"屋台が並ぶ街並み"を維持する施策を講じているらしい。
こう書くと成功事例みたいに響くけれど、
実際の運用に際しては混乱があったって報道をみかけた。行政の規則 vs. 街の掟…とても相性が悪そう。


規則も掟も、どちらも大事です。
公衆衛生の見地から対処が必要とか言われたら、その通りです。生活のために必要な商売とか言われたら、その通りです。
矛盾しようが、対立しようが、どちらもそこそこ歴史ある都市に在って然るべきもの。
どちらかだけになったら、たいへん按配が悪い。
故に、片方(屋台)だけが無くなったのは、なんだか後味が悪く感じられる。そう思う。

"多様性"と呼ぶとちょっと語弊があるけれど、
そんな概念をやんわりと受け止められる状態こそが真っ当ではなくって?
横浜市民370万人の全員が、同じように考えて、同じように感じて、同じように行動するなんて…
あり得ないじゃん。


したっけ、残念ながら、
私は政治家でも公務員でもないので、傍観者の戯論(けろん)しかできない。これが限界なり。




# by snowy_goodthings | 2017-08-24 22:00 | 散歩記 横浜

秋の遠足

自分は、「行きたい」を「行く」にできそうだけれど…
  Facebook の "Morrissey Official" がオフィシャルだとやっと理解しました。
  日本時間で丑と寅の間の刻、
  突然FOTGTD(←この略称、難しい)が流れ始めて、驚いた。
  (^▽^) ボケまくり。

「今年(できれば11月まで)」って希望があった知人さんも、チケットを買えたご様子。
深夜3時に「出た」「LowinHighSchool」「買った」「買えた」とか
メッセンジャーでやり取りし合えちゃう、インターネットって便利だね…本当に。

しかし、政治の"壁"で「大好きなアーティストのコンサートを観る」という目的では、アメリカに入れないヒトもいる。
外つ国の顔見知りさんがそうであるらしい。
EU加盟によって域内は諸々の軋轢を孕みつつ往来できるが、大西洋は越えられない?
ビザ申請について、提出書類が多くて審査が厳しくて手続きが極めて面倒かつ時間がかかる…という意味かもしれないけれど。

いろんなヒトがいる。
世界は大変だ。

いつか自分も、行きたくても行けなくなったりするのかな?





*8/25追記:

11月10日のHollywood Bowl公演。
Album Bundle Presale で自分が買ったチケットは、舞台前にあるプールみたいなピットの隅っちょ。
批評家ランキングTOP10〜20に入る交響楽団のコンサート並みのチケット価格は場所柄だろうと思ったのだが、
これは"for M fans" 仕様で破格に廉価だったっぽい。ほんの数分で売り切れていた。
現在販売されているプラチナチケットの "ちょーアメリカ!" な価格(せんどるっ、そんなの買えないっ)に恐れ戦きつつ、
目下の関心事は、チケット購入時の注意書き:
"Album will be delivered before or on November 17th." っていうのは、
日本へもその通りに届くのだろうかということ。その他にも、大きな事から小さな事まで、いろいろハラハラしている。
いつも通り、なんでも起こり得るのだから、なんでも覚悟しておこうとは思っている。

既に、かなりみっともなくなっている。
なにかが「始まる」瞬間って、そうなるものではあるけれど。
(^_^; 大丈夫か、自分。


しかしながら、今年は自分事な行事のほうが先に起こる。
10月8日までは、稽古がほぼすべてに優先するように努めねば。ぃえーいっ。





*8/26追記:

追加公演決定、翌11日にもショーがある。
すごい、西海岸。暑苦しいほどの熱情。




*8/30追記:

(^▽^)

昨年の今頃、
稽古場で高校生に「石田先生が海外まで追っかけしているヒトって誰ですか?」と訊かれたから
「モリッシー」と答えたら「?」と首をかしげていたけれど
「スミスなら聞いた(聴いた?)ことあります」と、ふふっと良い顔して反応をされた。
歌に綴られた言葉を考えたら、10代ど真ん中過ぎくらいの年頃だったら、そうですよね。
でも不思議。
30年前に解散していて、生まれた時にはとっくに離散した海の向こうのバンドを、
いまどきの若人達はどうやって知るのだろ?

…以下削除。
唐突にふっと思い出して、クルクルパーにだらだらと妄想し始めちゃっていた。

最近ずっと早寝早起きだったから、たまに夜更かしをすると交感神経が働きすぎて、妙な思考が巡ったりする。
とっくに"大人"と呼ばれる年齢になっているのに、のたうちまわっている自分。
いかん、独り言はほどほどに。


すごい判じ物で勝負されたような。そんな気分になった、数分間。
今夜もお疲れ様でした。しかし、まだ始まっていない、これから何でも起こり得る…





*8/31追記:

自分が買ったチケットは2日間とも喩えれば、今秋サントリーホールである
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の来日公演のC席(←S席ではない)と同じくらいな価格設定。
  新譜レコードが2枚届く予定…1枚は自分で聴く、
  もう1枚は聴かせたい若人にあげるつもりだが、プレイヤー持ってるかな?
で、初日と同様に追加された2日目も
自分の席の真後ろ・斜め後ろの席が、自分のより3倍超の額で現在販売中であるっぽい。
リセールは売り手の志向でプライスまちまち。
同じPOOL席でも、中央・左右・前後で$270〜$1,750くらいの階層がある
=席の良し悪しで細かく値付けされているのは、アメリカさんらしいなと思うけれど、ところどころ不思議。

まぁいいや。自分で考えて、覚悟して、腑に落ちているなら、それで総て良し。

またしてもモリッシー先生のおかげで、知らない街へ旅しに行ける。
自分にとって、東欧諸国のほうが心理的な距離はうんと近い。しかし、物理的な距離はアメリカのほうがぜんぜん近い。
これが現実。
今年は行く。来年は待つ。再来年は、できれば遠くまで行きたい。
この秋は頑張って行く。行きたい。"さよなら世界平和"な今日この頃、あんまり先の事まで予定しづらい。
そして今回は現地集合で道連れあり。
私なんかよりずっと前から、人生の何割かをモリッシーに持っていかれている知人さんと一緒。
どっちかというと、彼女の希望に私が調子良く乗っかったようなもの。これはご縁。


そんでもって、
仕事か稽古かどちらかしかしない9月が、いよいよ始まる。
(^▽^) 励む。


# by snowy_goodthings | 2017-08-23 03:07 | 鑑賞記

Nandhini 虎ノ門店

何度でも、ナンディニ。
e0076761_00101451.jpg
かなり気に入っている、レモンライス。頂くのは、のべ3回目くらい。
(^o^)

今日はビリヤニがある日で、両隣のお姉さん達がネパール風っぽいチキンビリヤニの山盛りと格闘していた。すんごい量。
でも「食べきれない」とギブアップしても、ここのお店は大丈夫。残りは持ち帰り箱に詰めてくれる。
それ、良い。
持ち帰り不可な店もあるけど、此処はOKだって。

いいなぁ…ベジビリヤニを作ってくれたら、頂いてみたい。
巡り合わせを楽しみに待とう。


# by snowy_goodthings | 2017-08-21 13:15 | 昼飯記 港区界隈

A CITY RETREAT BAR あうん [閉店]

此方、
10年前に2回くらい行ったきりで、しょっちゅうお店の前を通り過ぎるだけだった。
昨日で閉店。

ぜんぜんお客さんではない自分ですが、
今朝、この光景を目の当たりにしてちょっと感激した。
e0076761_23563416.jpg
少し前にみかけた貼り紙によると、店主殿は野毛のお店に行かれるとか。
"奥横浜で開店 → 野毛へ移転" するお店は過去にもあった。そりゃ、野毛は酒呑みにとって天国のような街ですから。

ますます、ご発展を。 (^o^)


# by snowy_goodthings | 2017-08-21 10:00 | 外食記 横浜

一昨年に見聞したことについて

いつも自分の認識はすごく遅れて追いつくのがやっと。
e0076761_09020910.jpg

…と、
一年くらい前に思ったことを、一語一句変えずにもう一度書いてしまう。

Epoché とか言って格好つけようかとしたけれど、
それって自分には似つかわしくないと、最近になって考えを改めつつある。
ヘ(^_^; 無理、無理、無理。
しばらくフワフワと、自分が知覚した事をどうとらえるか、どのくらい腑に落とすか、
自分でどうにかする。
ただし、自分は最後まで判断しない。たぶん、ずっと考えるんだろうけれど、考え尽くせる気がしない。
「理解」とか「定義」とか「共感」とかって表現を
このヒトに対して使いづらい。うん。うーん。


please kindly note*
© 2015 Yukiko Nakagawa / Original images are stored in Flickr
Photographs of "Morrissey" are just memories taken by NON-professional
photographer audience, me.
Most importantly, Mr. Morrissey’s right of portrait has precedence over my copyright.
(But I know I can NEVER photograph him perfectly)
Thank you & So sorry.

# by snowy_goodthings | 2017-08-21 07:00 | 鑑賞記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る