寝てばっかり

クロちゃん、羨ましい限りです。
e0076761_19473588.jpg

# by snowy_goodthings | 2017-10-07 14:30 | 散歩記 横浜

handmade cafe USAGIUMA

お洒落さんのお家に上がり込んでいる気分になる、USAGIUMAさんでコーヒー一服。
e0076761_23440970.jpg
ちょくちょく来るつもりが、約半年以上ぶりになってしまいました。
しかし、お店のお姉さんは我々のことを覚えていてくれた。ちょっと嬉しい。


# by snowy_goodthings | 2017-10-07 14:00 | 外食記 横浜

Nobel Prize in Literature 2017

Nobelprize.org いわく、
e0076761_18272858.jpg
There is No Intention to Infringe Copyright.

The Nobel Prize in Literature 2017 was awarded to Kazuo Ishiguro
"who, in novels of great emotional force, has uncovered the abyss beneath our illusory sense of connection with the world".

…という受賞理由を読みながら、
Brexit への嫌がらせかしらと思ったり、
"離脱"とか"残留"とか"分離独立"とか"自治権"とか"保護主義"とか"移民削減"とか
"国民性"とか"国籍"とか"人種"とか"言語"とか"個性"とか"自由"とか、あれやこれや、考えてしまう。
ノーベル賞の思わせぶりな時代感覚は、その賞の成り立ちを考えたら当然なんだけれど。

したっけ、日本での報道が「日系英国人」である作家について"ニッポン"を連呼する割合が多くて、
あまり作品の有り様について語ってくれないのが物足りない。
作家ご本人も語っている通り、その生い立ちは彼を作家として唯一無二の存在にした礎石であるから当然だし、
報道の取っ掛かりとしてわかりやすい。それは確かなのだけれど…
文学らしい伝播はもう少し経ってからかな。


作品が出るたび、日本語訳が出るのを待ってのろのろと読んでいた作家さんの受賞は
ちょっと嬉しい。同じ時を生きている感覚を伴うから
やっぱり、そう思っちゃう。良い方に考える。

# by snowy_goodthings | 2017-10-06 07:00 | e.t.c.

October 2

今日は1日、いろんな事があり過ぎた。
私は幸せだったけれど、海の向こうの友人知人さん達も幸せだったみたいだけれど、そうではなかった人達も沢山いる。
仕事とか、ライブとか、ニュースとか、メールとか、etc...


There is No Intention to Infringe Copyright.


観ました。聴きました。
モリッシー先生がお昼のロンドンで歌っている姿を、そのまま、ありのまま、夜の日本で観られるなんて。
ラジオなのに、聞こえるだけでなくて見られちゃう。インターネットは便利だね。


ちょっと、頭の中で処理が追いつかない。
いかん、本気で混乱している。
嬉しいのは本気で本当なんだけれど、このフワフワとした現実感はなんだろう?
面白かったり、頭を抱えたり、振り幅が大きい。


言葉は難しい。
ついでに、日本語は難しい。

たった独りの歌い手に対して、
目の前に聴衆は何人いたんだろ?電波やインターネットを通じて視聴者は何人いたんだろ?
野次馬も加えたら…ちょっと想像がつかない。
観たヒト・聴いたヒトの数だけ、キラキラでドロドロな印象が生まれるんだろうし、
それらは、似ていたり・違っていたり、共感し合ったり・対立したり、
聞き取りの精度が高かったり・誤字脱字が多かったり、なんでも起こり得るんだろうし、なんでもあって当たり前。
おそらく、自分以外が全部あって、自分だけがない。←上手い表現が咄嗟に思いつかない

したっけ、自分=私はきっと大丈夫。
どう受け取るかは、自分の器の大きさ次第。頑張る。

(^▽^)


# by snowy_goodthings | 2017-10-02 22:30 | 鑑賞記

カトマンズ ガングリ

またしても、目黒。
長らく関わっていた案件が残念ながら今日でひと区切り付くと思われるので
(たいへん面白い仕事だったから、終わるのが惜しい…そのくらい面白かったのです)、
次にこの界隈に来るのはいつになることやら。ならば、食べたかったモノを食べておかなければ。
だから、ネパール&チベット料理のお店。

ネパール料理といったらダルバートなのかもしれないが、
此処ではサグ(パラク?)カレー。
インド料理やパキスタン料理とどう違うのかと訊かれても、自分にはちょっと区別がつかない。
食べて旨ければ、総て良し。
e0076761_08572812.jpg
カトマンズへは「行きたい」と衝動的に思い立って旅行計画を途中まで立てかけたことがあったのに、
実行に至らず。自力で"きっかけ"を作れば行ける場所なのに、他の衝動に追いやられて後回しになってしまっている。
いつか行けるかな。
行くとは思うんだけれど、その前にどれだけ何処に行くんだか。


これから年末に向かって、次から次へとお仕事がめじろ押し。
(º∀º)
暫しの間ごきげんよう、目黒。←駄洒落だよ


# by snowy_goodthings | 2017-10-02 13:00 | 外食記 東京

秋の炊き込みご飯

かつては秋になったら土鍋で秋刀魚ご飯を炊くのが我が家の恒例だったのだが、一昨年あたりから趣向が変わった。

大根と油揚げと干し椎茸の味噌ご飯。
e0076761_23392211.jpg
かつ、今日は土鍋を出す暇がなくって、炊飯器で炊くという慌ただしさ。
でも、旨かったよ。(^▽^)


# by snowy_goodthings | 2017-10-01 21:30 | 家食記

10月の標語

道場のカレンダー、今月の標語がまたしてもぐっとくる。
e0076761_22472161.jpg
それって「悪口」に限らないと思う。かつ、
"ああ言えばこう言う"式に「自分が優れていると思って言っていない」と詭弁を弄するヒトとかいると思う。

「批評」とか「定義」とか、ぱっと見は理性的なおこないのような言説行動も、
他人について語っている時の"自分が上で相手を下に置く"というか"自分のことは棚に上げている"風体が透けて見てしまうと、
まったく響かないというか、バカバカしく聞こえてしまって聞いていられない。聞き流すカロリーすら勿体無い。

しかし、
字面は「悪口」でも「批評」でも「定義」でも、真実の扉を開く鍵のような鋭い示唆であったりする時もある。
そういう言葉を使えるヒトは、ものすごく少ないけれど存在する。
ようするに、誰が言うか次第。その誰かの在り方次第。

…で、
そんなチャーミングな悪態をつける誰かって、今や1人くらいしか思いつかないです。←誰って?
いや、武道稽古界隈では何人かまだいるかな。どうだろう…
ともあれ、自分はそういうのいきなり真似できないから、自分の人生を謳歌することから真似します。はい。


そんでもって、今日は道場で広がるような深まるような、素敵な出会いがありました。
良い感じな秋のはじまり。
(^_^)


# by snowy_goodthings | 2017-10-01 20:45 | 稽古記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る