<   2016年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

夢の劇〜ドリーム・プレイ〜

横浜の素敵な劇場 KAAT神奈川芸術劇場で、
毎年1回はお芝居を観たいと思っているのだが、昨年はいちども行っていなかった。
もったいない!もったいない!もったいない!

久しぶりに来たお芝居は、
劇場主催公演、4月から正式にKAAT芸術監督になられた白井晃さん演出
「夢の劇〜ドリーム・プレイ〜」。
e0076761_19544005.jpg
原作は 19世紀末〜20世紀初頭の戯曲作家 Johan August Strindberg …
映画「令嬢ジュリー」の原作者と言われても、それ以上の事は知らないまま鑑賞。


ホール舞台上に舞台と客席とが配置されて、演者と観客との彼我の境界が緩くなった空間で
2時間、くるくると繰り広げられる人間達の人生という苦悶の数々。

神インドラ(ヒンドゥー教・バラモン教における天空の神)の娘が地上に降りてきて、天に帰っていくまで。
始まりから結末に至るまでの過程は、夢現の境界が緩く混沌としている。
真正面から突っ込んでいったら、深みに嵌ってイヤな気持ちしか残らなさそうなお話だけれど、
「美しい」という印象のほうが強い。

ほぼ出突っ張りでお芝居を引っ張る早見あかりさんが、
そのお名前のとおり、暗い舞台の中でぽっと明るく輝いている。
口にすると難しいであろう言葉が多い台詞を鮮やかに操り、舞台の上を泳ぐように駆ける姿がとても綺麗。
また彼女が舞台に立つ姿を見たいです。生身の存在感が素晴らしい女優さん。

役者と舞踊家、それぞれの分野を専門とするヒト達がお互いが得意とする領域の境界を緩くまたいで演じる姿が格好良い。
凝った舞台装置の中で、濃い"芸"が展開されていく光景に見惚れる。


でもね。
今こんな時代に、この演目。「美しい」って印象だけで終わらない、ざわっとした感触も残っている。



by snowy_goodthings | 2016-04-29 15:00 | 鑑賞記

棚田と浜辺と岬

構想3年(←長すぎる)、南房総まで走った。
初めて通った東京湾アクアラインはガラガラで快適。金曜日(平日)だからかな。

川崎の工場地帯を眺め、東京湾を見晴らし、新緑が滴る県道を巡って、
我が家から1時間半くらいで、棚田を見下ろすカフェに到着。
e0076761_01024356.jpg
此処に来てみたかったのです。
e0076761_01051458.jpg
窓から里山風景を眺めながら、
e0076761_01055494.jpg
春の旬、筍と豆のカレー。
e0076761_01112031.jpg
味が柔らかい印象になった南インド料理っぽい…と思ったら、後から気付いた。
こちら、飲物・菓子の一部を除いて dietary vegan な
お料理を仕立てている。
e0076761_01140649.jpg
器屋さんでもある。
e0076761_01145993.jpg
周りからは、
ヒトではない生き物達が「げこげこ」「けきょけきょ」鳴く声が
ずーっと聴こえてくる。そんな場所。
e0076761_01164048.jpg
此処まで走ってくる途中、目の前をツバメが低空飛行してきて
ブレーキを踏む瞬間があったけれど、
雨の日にはカエル達が水を伝って通りに現れ、そのカエル達を食べようと
タヌキ達が追いかけてきて、そのタヌキ達をクルマが牽いてしまうことがあるんだそう。←カフェの主人さんに教えて頂いた
e0076761_01232480.jpg
多加久良神社、"一の鳥居"。←カフェの主人さんに教えて頂いた
e0076761_01250240.jpg
次には上のほうまで登ってみたい。ただ、
べーゔぇの車幅で何処まで行けるだろう?今日、此処まで上がってくるのもびびったし。
e0076761_01263826.jpg
来た道を戻って、道の駅「保田(ほた)小学校」。
廃校リノベーション&町興し事業が上手くいくよう、期待をさせる例でしょうか。
野菜が安いーっと、わらわらと買い込んだ。
e0076761_01274127.jpg
此処も来てみたかった、保田(ほた)海水浴場。
e0076761_01323950.jpg
お約束の記念写真。
e0076761_01330491.jpg
あっ…
e0076761_01332786.jpg
そろそろ太陽が東京湾の向こう側に傾いてきた。
e0076761_01335709.jpg
彼方では、お散歩するワンワンと寝転がるニャンニャンとが交流している。
e0076761_01351839.jpg
金谷港へ向かう途中で、岬のカフェに寄り道。
内房なぎさラインから岬へ入る入口で迷って、後ろのクルマに迷惑をかけてしまった。
たいへん申し訳ない。
e0076761_01364513.jpg
岩盤剥き出しな駐車スペースに恐れ慄きながらも、着きました。
吉永小百合さんの映画「ふしぎな岬の物語」のモデルになったお店であるとかなんとか。
e0076761_01424750.jpg
テラスから波が泡立つ海を見下ろしながら、コーヒーを頂いた。
e0076761_01435382.jpg
お店の裏手で、ニャンコに出会った。
e0076761_01452080.jpg
帰りは東京湾フェリー。
べーゔぇ、初めての船乗り…は、特に感慨なく、あっさりできた。
e0076761_01485870.jpg
「ばいばい、房総半島」
e0076761_01495777.jpg
こんなに近いなら、また来よう。次は鋸山に登ろうか。
e0076761_01505591.jpg
走る事が取り柄のクルマに乗っているんだから、
ドライブを趣味にしなきゃ勿体ないと思った。宝の持ち腐れ。猫に小判。etc...
(^_^;
昨年は海外に飛んで行く事が多かったけれど、今年は国内を走ろう。


帰って、保田小学校で買ったアスパラガスで晩酌。
e0076761_01532285.jpg
良い1日でした。
走行距離は161kmくらい。



by snowy_goodthings | 2016-04-22 20:30 | 駆動記

珍客

土曜日の朝、
「ひーよ、ひーよ」と鳴く鳥の声に起こされてカーテンを開けたら、ヒヨドリがブルーベリーの花を突いていた。
e0076761_21333377.jpg
だめーっ!
蜜が美味しいんだろうけれど、そこまでっ!

ヒヨドリ達は、やや離れた緑地を寝床にしている筈なのに、
週末になると我が家の周りに飛んで来ては、ついでにブルーベリーの花を突いて去っていく。


今年は、ブルーベリー3鉢いずれも花付きがとても良いので、受粉作業をしたばかり。
鳥達が我が狭小ベランダを気に入った事は嬉しいんだが、
そろそろ人間の取り分を彼らに主張しないと、丸裸にされてしまいそう。
(^_^; ブルーベリーは、花も美味しいんだろうが、実はもっと美味しいんだよ。

この機会に、ベランダ内の配置替え。
夏に向けてエアコン室外機前は広めに開けて、ブルーベリーの鉢達は書斎スペースの窓がわに寄せて不織布を被せた。
e0076761_21510817.jpg
翌週末、ベランダの向こうから
「ちっ、食べられないじゃないか」と不満を述べているような鳴き声が聞こえてきた…気がする。
(^_^; だからさ、ブルーベリーは、花も美味しいんだろうが、実はもっと美味しいんだよ。




by snowy_goodthings | 2016-04-16 11:00 | 庭風景

Paul Smith + Masayoshi Sukita for David Bowie 2016

出勤前にちょい寄り道、
Paul Smith SPACE GALLERY。
e0076761_23584924.jpg
鋤田正義さんの大きな写真を観られる小さな展示。
e0076761_00024493.jpg
人物の撮り方がわからぬ
自分の目には、これらは魔法使いの技前のようです。
e0076761_00041583.jpg
美しいのは被写体が…というのもあるだろうし、
印象が強いのは撮影者の感性が…というのがあってだろうし。

「写真という武器」って、それってプロフェッショナルだから素晴らしく響く言葉。
"撮る"という行為が時として「傲慢な自己満足の乱暴」になってしまう
アマチュア・愛好家・(時として)ファンの
自分の立場からは、遠く及ばない境地。←それでも懲りずに撮るのですが
e0076761_00175147.jpg
「BOWIE × SUKITA Speed of LIFE」をパラパラめくらせて頂いたり、
雑誌を立ち読みさせてもらったり。
e0076761_00323279.jpg
「哀悼の意をこめ」る展示だそうですが、眺めていて、
"哀しい"って湿っぽさよりもぽっと明るく"幸せ"を感じてしまう。
何故か、自分はね。
e0076761_00411415.jpg
良い心持ちになったから、
いざ、会社へ。
今日もお仕事満載ですが、やってやるっ。



by snowy_goodthings | 2016-04-13 12:55 | 鑑賞記

五段以下審査会でした

4月です。平成28年度の始まりです。
年度最初の行事は恒例、五段以下審査会。
e0076761_21445478.jpg
午前中は講習会。
初段以下〜五段まで5班に分かれ、各班を八段先生が1人ずつ講師として担当。
それに六段受講者が講師補助として配置される。

五段の班は、来月の県大会に備えるべく審判講習。
初段以下〜四段の班では、午後に昇段審査を受ける受講者はそのための稽古。
その他はいつも通りの稽古。あ、いや。
来月に八段受審を控えている先輩達も、ご自分の稽古をされていた。

新年度しょっぱなから、やるべき事が沢山ある。


*


午後も30分ほど稽古をして、それから審査会。
e0076761_21524845.jpg
印象として、受審者数は例年に比べ少なめ。しかしながら、
神奈川県の登録者だけでなく、中国・メキシコからの受審者もいるので、
顔ぶれは多彩。
e0076761_21554892.jpg
欠席者を除き、受審者の全員が合格という結果でした。
e0076761_21572563.jpg
皆様、おめでとうございます。
今日は明日には過去になり、過去の貴方はもはや現在の貴方ではなくなる。
稽古を続けている限り、きっと毎日が新しい。がんばってー。 (^▽^)/

武道稽古は"余暇の趣味"にあらず。
一生お付き合いする"生き様"になるかも。棒ならぬ、杖を振る人生…うーん♪


*


新年度といえば、
3月生まれ&4月生まれの大竹先生&神之薗先生は今年還暦。
わーお!
e0076761_22024635.jpg
足柄方面の几帳面女史が、申年生まれに因んで
赤いチャンチャンコのお猿さんアミグルミをプレゼントされたもんだから、
今日1日「かわいい」「かわいい」と盛り上がるのでした。
e0076761_12483091.jpg
弟子はなーんもお祝いしていません。 /(^_^;


おつかれさまでした。



公式報告は県連杖道部会サイトをご覧ください。



http://kanagawa-jodo.main.jp/



例によって写真は Flickr(←Click!)にあります。
「2016年度 神奈川県剣道連盟杖道部会春季五段以下審査会」
albumを追加しました。
関係各位はよしなにご覧ください。





by snowy_goodthings | 2016-04-10 16:00 | 稽古記

Wine Bar Cyama

有朋自遠方来、不亦楽。
横浜に来るとあらば、此処へお招きするっきゃない。
e0076761_23273907.jpg
カウンターの主は、お客さんが猫好きさんであると判るみたい。
初対面であるにも関わらず、歓待ぶりが半端ない。甘噛みしたり、見つめたり。
e0076761_23283181.jpg
終電時刻を気にせず、お喋りできることが嬉しかったです。
(^▽^)
パピコちゃん、今夜もありがとう。
e0076761_23300804.jpg



by snowy_goodthings | 2016-04-08 01:00 | 外食記 横浜

Wine Bar Cyama

昨日が結婚記念日だったので、酒でも呑もう…と、ご近所ワインバーへ。
e0076761_14175044.jpg
それぞれ好みが違うので、1杯目はこんなん。
e0076761_14180542.jpg
店長のツンデレ接客にメロメロになりながら頂きました。
e0076761_14191719.jpg
私の2杯目はこんなん。金平糖のように甘い赤。
e0076761_14192904.jpg
美味しかったです。
e0076761_14194743.jpg
久しぶりに会ったパピコさんはシルエットが丸々。
太ったわけではなく、モフモフとしたファーがたっぷり。
熟女らしい、ど迫力の可愛さ。



by snowy_goodthings | 2016-04-03 01:10 | 外食記 横浜


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る