<   2015年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

是非に及ばず

旧東欧から帰ってきて、ちょっとだけ変わったこと。

家で自分が作る食事は、
乳製品・蜂蜜は摂るが肉と魚と卵は摂らない
菜食(Lacto-VegetarianismだかVeganだか、曖昧)に則っている。↓こんな感じ。
e0076761_18324986.jpg
この週の常備菜は、Veganっぽい。
しかし、ジャイナ教の方には間違いなく「違う」と言われるであろう構成である。


我ながらいやらしいのだけれど、
平日夜かなりの頻度でオットが作る夕食とか、外食の時に出てくる料理は、
菜食ではない。買ってきた食べ物には、しばしば鶏卵加工品が含まれる。
そんなんであるのだが、帰国後、最近1ヶ月間の食事で菜食実施率は、
朝・昼・夜の食機会3回×30日=90回のうち85%くらい。←ざっくり、おおよそ


そんなことをしている理由は、とてつもなく簡単。
海を越えてでかけていって Morrissey を観て・聴いて、
さんざん自分が思ったり願ったりした通りの素敵な体験をしているんだから、
なにかひとつくらい"変化"があったって良いじゃないか。それだけ。

そういうのであるが、言っておくけれど、
モリッシー御大の意に従う事に喜びを感じるのとは違うよ。
グラスゴーでPeTAのマダムに
「milk飲むなんて、とんでもない」と叱られて、いまだ困惑しているし、
日本で昔から聴いているファン、あるいは
海外で大陸をまたいで追っかけているファン
皆さん、全員が必ずしもvegan / vegetarianではないことを知って、
いまだ困惑しているし。いろんな人がいる。

植物にだって魂はあるから肉・魚を食べないことが「優しい」とは思わないし、
野菜不足は身体に悪いらしいが野菜しか食べないことが「健康的」とは思わない。
したっけ、
肉・魚を食べることが"長寿の秘訣"と言われても「長生きは幸せ」とは思えない。
でも、そういう
"自分と違う考え方・行動をする人間が存在することが許せない"
是非を問う議論は知ったこっちゃない。
この辺り、一昨年のムンバイ旅行で感じることがあったんだ。

勝手にやってください。オレは関わらない。そんなの、
地球上の遥か遠くで起こっている紛争や政争と原理は一緒じゃん。
何を望んでいるの?それでどうなるの?考え方が甘い自分には耐えられない。


…まぁ、
メインディッシュの肉・魚を「食べきれない」と途中で残しておいて
デザートは「別腹」と宣うて喰らうオンナなんか見ると、
オレだって殴りたくなる時はあるけれどさ。
o(^"^;


by snowy_goodthings | 2015-11-22 23:30 | 家食記

高段者研修会でした

またしても秋の恒例、高段者研修会です。

四段以上が参加。
いつもより丁寧な単独基本動作の繰り返しから開始。
e0076761_14472392.jpg
どうでも良いんですけれど(いや、良くない)、
私は上座の先生に質問をしているのに、何故に横のほうから
先輩が答えてくるのだ?
双方同時に説明されても聞き取れませんってば。 (^"^;

そのあとは、各班に四〜六段が満遍なく配置されるよう分かれて稽古。
e0076761_14532383.jpg
その途中で、称号予備審査会も行われていた模様。

おつかれさまでした。


公式報告は県連杖道部会サイトをご覧ください。



http://kanagawa-jodo.main.jp/



例によって写真は Flickr(←Click!)にあります。
「2015年度 秋季高段者研修会」albumを追加しました。
関係各位はよしなにご覧ください。
publicに見られる写真は10枚ほど、いずれもスナップですが雰囲気は伝わるかな。






by snowy_goodthings | 2015-11-15 16:00 | 稽古記

第29回 鶴岡八幡宮奉納古武道大会

鎌倉の鶴岡八幡宮 研修道場において、鎌倉居合道協会「第29回 奉納古武道大会」。
自分、初めて参加しました。師匠いわく「道場の雰囲気がとても良いので、良い経験になる」と。
e0076761_15552549.jpg
居合道の先生は、男性も女性も
(激しく語弊があるが)チャーミングであると感じるのでした。
人間としての魅力が、目を引く・目を見張るような技の冴えを生むんじゃ
なかろうかとか、考えてしまう。

演武について褒めて頂いたり、稽古について良いお話を伺ったりしたのだが、
べろべろに酔っ払って半分くらい忘れてしまっています。
(>_<) また伺う機会はあるだろうか。

おつかれさまでした。ありがとうございました。




by snowy_goodthings | 2015-11-07 18:00 | 稽古記

五段以下審査会でした

秋の恒例、五段以下審査会でした。
e0076761_14204078.jpg
午前中は、一級受審者〜五段まで分かれて講習会。
e0076761_14214120.jpg
六段以上は各班の指導…ということで、自分は一級受審者さん達を担当。
皆さん所作の手順は覚えているので、
体の使い方について理合に通じる部分を指摘したくなるのだけれど、
2時間で何処まで理解してもらえるだろうか。それよりも、
気合をしっかり出すとか、常の構えを安定させるとか、優先事項は
技の基礎づくりのほうかもしれない。がんばってー。

午後から審査会。
e0076761_14293390.jpg
拝見していて感じるのは、
稽古に対する自分の生活の中での位置づけの違いが
立ち姿や技前の異差になって見えてくること。なんとなく、
三段くらいから違って見える。四〜五段になると、ぜんぜん違う。

段位が上がるほど、「楽しい」だけでは済まなくなる。
10〜30代に始めたヒトなら、
仕事に使う時間・生活に使うお金とのやり繰りに迷う時期。
40〜60代に始めたヒトなら、
体力・健康状態との折り合いに苦労する時期。
そして、稽古そのものについて、
迷ったり苦労したりすることがどっと増える。大変だぁ。
しかし、稽古の道に果てはないという。


おつかれさまでした。



公式報告は県連杖道部会サイトをご覧ください。



http://kanagawa-jodo.main.jp/



例によって写真は Flickr(←Click!)にあります。
「2015年度 神奈川県剣道連盟杖道部会 秋季五段以下審査会」
albumを追加しました。
関係各位はよしなにご覧ください。



by snowy_goodthings | 2015-11-03 16:00 | 稽古記

SMART ILLUMINATION YOKOHAMA 2015

スマートイルミネーション横浜 2015
学校部門に参加された東京経済大学コミュニケーション学部中村理恵子研究室
"Shake Spears Dialog" にて、杖道演武をさせて頂きました。

佐野さん:打/石田:仕で、
プログラム冒頭に、全日本剣道連盟杖道制定型「乱留」と神道夢想流杖術 表「太刀落」。

何事も経験です。
演武をする場としては「ふさわしくない」雰囲気で満ち溢れていましたが、
その違和感もひっくるめて、楽しかったです。
難しい状況であればあるほど、やる気が燃え上がる。

これは、いわゆる "light drawing" ではなく、
太刀と杖との"攻防"の動き・間合の軌跡を光で視覚化したものであって、
その中で起きたヒトとヒトとが織りなす現象を読み解くもの。
だから、"Shake Spears Dialog" という詩的に意味深な名前。
  こんなざっくり理解で大丈夫ですか?なかむら先生。


こうやってヒトは成長する。
  ただ、ABBAはちょっとキライになりました。

そんな機会を掴ませてもらうことができました。ありがとうございました。


*


この作品に関する詳細は、中村理恵子さんのブログ'なかむら Lab.'で。
我々も、"作品"になっていた。 わーお!


by snowy_goodthings | 2015-11-02 21:00 | 稽古記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る