<   2014年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

二郎は鮨の夢を見る / JIRO DREAMS OF SUSHI

かの有名な銀座の鮨店、
すきやばし次郎の店主と職人さん達を追いかけたドキュメンタリー。
e0076761_0292376.jpg


鮨を食べられない自分の目で観ても、心底「美しい」と感じる「美味しい食べ物」達。
被写界深度が浅い、キラキラとした映像が素敵です。

親子・師弟といった、食の職でつながった人々が語る言葉は力強くて、
しみしみと感覚が動く。うーん。
by snowy_goodthings | 2014-12-31 18:00 | 鑑賞記

6才のボクが、大人になるまで。 / Boyhood

パパとママが離婚してからの12年間、
メイソンJr.の6歳から18歳までに起こる出来事の断続的な記録映画。

ハリウッド俳優の自由な創作活動を助けた筈のデ・ハヴィランド法が
この作品では出演者達の12年間に及ぶ出演契約を阻む足枷になったらしいけれど、
メイソンJr.もパパもママもお姉ちゃんもおばあちゃんも、
ついでにチャーリー・セクストン(!!!)も、12年間無事に出ずっぱり。
e0076761_18382373.jpg

(C)boyhood inc. / ifc productions i, L.L.c.


起こる出来事のひとつずつについて、
すべてを語りきらずにどんどんと時間が過ぎていってしまうのだけれど、
ずんずん育っていく子ども達・じわじわ老いていく大人達の姿をみてしまうと
すべてを知らされなくても充分という気持ちになる。

主人公の体験について自分史と重なる部分はまるっきり無いし、
2002年〜2013年の出来事について共感する部分はあんまり無いし、
ただ傍観するばかりなのではあるけれど、2時間46分の尺を長いとはちっとも感じない。
感動するとか、考え込むとか、感じ入るとか、
そういう感覚はまったく動かないのだけれど、終わった後はほのかに気持ち良い。
良い映画。

by snowy_goodthings | 2014-12-30 18:00 | 鑑賞記

インターステラー / INTERSTELLAR

次元と重力と時間を超えて父親の愛が娘を救う、SF映画の皮を被った人類賞賛譚。
…違うかな。いや、たぶんそう。
e0076761_2094932.png

(C) Warner Bros. Entertainment, Inc. and Paramount Pictures.

たぶん。
e0076761_2095521.jpg

(C) Warner Bros. Entertainment, Inc. and Paramount Pictures.


宇宙空間の"無音"な時間がたまらない、約3時間。

「2001年宇宙の旅」とか「惑星ソラリス」とか
世界観を理解するのが難しくて尺が長いのとか、
「スタートレック」とか「スターウォーズ」とか「月に囚われた男」とか
脇役のロボットやコンピュータが可愛らしく楽しいのとか、
その他いろいろ、いままで観た記憶があるSF映画が重なるシークェンスがいくつか。
それらがいちいち愉しい。


舞台設定やビジュアル表現の吹っ飛んだ華やかさに対し、
物語はどっしりとした雰囲気。
年末の仕事納め後、ゆるっと時間を過ごしながら観ることができて嬉しい。そんな作品。
by snowy_goodthings | 2014-12-29 23:00 | 鑑賞記

Meet the ART of Central India

仕事納め後、自由が丘へ寄り道。
e0076761_00062838.jpg
K女史 が立ち上げた Touch the GOND 初めての展覧会を観に行ったのです。

Gond Art = ゴンド画は、インド中央に位置するマディヤ・プラデーシュ州
मध्य प्रदेश (ヒンドゥー語で"中央の州"という意味)の伝統技法から発展した
コンテンポラリー・アート。

緻密な筆致で描かれた、自由で奔放な世界。
リアリティとファンタジーとが、当たり前のように隣り合っていたり絡み合っていたりする。

インドらしい…というより、インドだから在る絵。そんな印象。


で、ご縁を感じた1枚を我が家に迎えることができた。
e0076761_00243539.jpg
今はこんな感じ。
ミッフィーちゃんと奈良美智さんに挟まれて、「かわいい」感を醸している。
e0076761_00293288.jpg



by snowy_goodthings | 2014-12-26 19:00 | 買物記

鶏一羽焼いた

日本では信仰に関係無く、
12月24日の夜に多くの家庭や飲食店で大量の鶏が焼かれるのである。

我が家も焼いたよ。今年はまるごと一羽。
e0076761_17472274.jpg
できあがりの見ためはイマイチ残念。
e0076761_17510520.jpg
時間をかけて仕込んで作ったけれど、あえなく翌日には食べ尽くした。罪深い食事。


by snowy_goodthings | 2014-12-23 17:00 | 家食記

チェイス! / DHOOM:3

12月の「THE BIG ISSUE日本版」、表紙は主演のAamir Khan。
e0076761_23414226.jpg

この映画が日本公開されたから、ですね。
きっとそうだ。


*


今度はオットと鑑賞。

12月5日全国劇場公開、我が在所最寄りの映画館、
年明け:2015年1月25日に閉館する109シネマズMM横浜では12月26日上映終了とは、
3週間で"打ち切り"?そんなぁ。
*東京都内では1月以降も上映続行する映画館あります(念のため)

インド映画好きの方々の幅広い興味と奥深い知識の豊富さ、
映画好きだがインド映画に馴染みない方々の感受性の壁の高さ、
我々のような中途半端な映画好きの鑑賞機会の気まぐれさ、などなど。
それらすべてと配給会社の皮算用とが噛み合っていなかったということか。

いや違う。
ナン子ちゃんの頑張りが足りなかったからだ。
きっとそうだ。 (^"^; ←八つ当たり


何度観ても、
もっと観ていたいと思うキラキラなサーカスのシークエンス。
e0076761_23335076.jpg

(C)Yash Raj Films Pvt. Ltd.

大きなスクリーンでまた観ることができたことを喜ぼう。うん。
by snowy_goodthings | 2014-12-22 23:55 | 鑑賞記

納会および忘年会でした

今年の神奈川県剣道連盟杖道部会の納会は、横須賀市追浜にある北体育館で開催。
陽当たりが良い立地かつ温水プール併設の体育館なので、
真冬の講習会ながら基本の単独動作を12往復すると汗かくほどに温かい。そんな場所。
e0076761_13415040.jpg

開会式はじめに、10月に開催された
第41回全日本杖道大会において神奈川県から参加し入賞した選手へのお祝い授与。
今年の入賞は、三段の部で優秀賞、六段の部で第1位。
e0076761_13522030.jpg

↑相模原のKさんがシャッター押してくださって、珍しく自分が写っています (^o^)
 六段相方氏は病欠のため、不在

ふと思ったのだけれど、全日本剣道連盟が主催する9大会のうち
杖道大会のみ、トーナメントのてっぺんは"優勝・準優勝"ではなく"1位・2位"と呼ばれる。
仕打2人1組で競うから、団体戦という意味での定義でしょうか。どうだろ。
その辺りの真相は未確認だけれど、そうだとしたら腑に落ちてくる。

全剣連杖道制定型という"競技"について真っ正面から挑もうとすると、
自分ひとり勝手に頑張っても、盛り上がっても、取り組んでいる気になっても、
全然足りない。
ひたすら真っ直ぐに極めるプロフェッショナルは当然として、それに加えてやるべきは
あれこれチームで試行錯誤を繰り返すプロジェクト。
これだと、適切な表現じゃないかな。まぁいいや。
自分が良いと思う事をがむしゃらにやれば良いと思っていた頃とは、
ちょっとだけ考え方が変わっている。そういう過程にあるということで。 (^_^;

今年やった事に、来年は何をどう積み上げてゆこうか。


したっけ、開会式はそれだけでは終わらない。
今年の敬老の日に全日本剣道連盟がされた
「90歳となる剣道・居合道・杖道高段位(七段以上)の方々をお祝い」。
全国に94人いらっしゃる該当の先生のうちおひとりが山本先生である…ということで、
神奈川県剣道連盟杖道部会からもお祝い贈呈。
e0076761_14341125.jpg

山本先生は現在92歳。
凄まじい事に、初めてお会いした時からまーったく印象が変わらない。


午前中は、無段〜六段に分かれて講習会。

私がいた六段の部はこんな感じ。
e0076761_14403999.jpg

林先生が1人ずつにダメ出しするというきめ細やかさ。
これで改善されなかったら、今の段位は返上だろうってくらいに端的な指摘ばかり。

うひゃあ。
さっき考え始めたばかりの、次にやるべき稽古のお題はもう揃った。


13時から演武会。
e0076761_14461218.jpg

無段〜六段までそれぞれ仕杖を審査。
無段と初段については、六段受講者7人全員が審査。
e0076761_14465782.jpg

私も審査員デビューしました。先生に「写真撮りながら審査する?」と言われましたが、
正面背後の先輩が「審査態度を見ます」と言うから、さすがにそれはできず。
自分の制定型に対する視座を問われた気分になります。
審査用紙は自分でも解読不能なメモだらけ。一緒に審査したお仲間と意見交換をせねばな。
e0076761_1454986.jpg

演武会後は、八段・七段の先生による演武。
e0076761_1525028.jpg

今年の演武は全剣連杖道とか神道夢想流杖術とか併伝技とかラインナップ豊富。
e0076761_153291.jpg

e0076761_153598.jpg

e0076761_1553260.jpg

ついでに演武機会を頂いて、
オットと一心流鎖鎌術をやったのだけれど、ぜーんぜん鎖が太刀に絡まない。
できる日は面白いくらいに掛かるのに。
しかし、失敗をすれば先生・先輩たちが寄ってたかって、あれこれアドバイスをしてくださる。
これは、上手であれ下手であれ、やったヒトだけに与えられる役得というもの。
(^o^) 習ったなら、実践あるのみ。


そして、各段位の演武優秀者には表彰。
無段〜五段以下には、表彰者のうち数人ずつ、
来年開催される「第16回剣道世界選手権大会」のTシャツを副賞として授与。
自分、賞状を頂けましたが、
Tシャツは六段に授与なーし、ざんねーん。
e0076761_15103540.jpg

事務局からの講評は「型の動きを覚えたら、動きの意味について理解を」。


その後、忘年会。
追浜駅前の商店街の裏道、「うれしたのし屋」で"制限時間2時間"勝負のお座敷宴会。
e0076761_15163999.jpg

いわゆる悪立地であっても繁盛していることで横浜・横須賀の食い道楽には知られた、
三浦半島拠点の地産地消居酒屋チェーンさん。
裏横浜にある支店の「○う商店」はいつか行こうと思っていたのだが、
来年2月に我が在所の奥横浜にも支店ができるらしい。「〇う商店yellow」ってまさか
クリーニングのミックさんのビルか?!←ローカル感まるだし反応

居酒屋の時間制限サービスはぜんぜん好かないのですが、
お料理が本当に美味しかったし、お兄さん達の客あしらいが嫌味じゃなかったし。
e0076761_1525361.jpg

罪悪感を感じるほどに、めいっぱい食べた。口福。

猛烈な勢いで食べて呑んで、良い感じに仕上がる杖使いの猛者御一行様。

おつかれさまでした。


*


例によって写真は Flickr (←Click!)にあります。
どなたでもご覧になれる公開写真については
全部に「Copyright」表示を付けて「無断転載・2次使用不可」の旨、主張しています。
 *実際に撮った写真はもっと多い。
 *FlickrのFriendsさんは、オリジナルデータのままでどうぞ。

公式記録は県連杖道部会サイトをご覧ください。



http://kanagawa-jodo.main.jp/



by snowy_goodthings | 2014-12-20 19:00 | 稽古記

毛皮のヴィーナス / La Vénus à la fourrure

"マゾヒズム"の語源であるオーストリアの作家Leopold Ritter von Sacher Masochの小説
「毛皮を着たヴィーナス」を下敷きにしたブロードウェイ戯曲"VENUS IN FUR"の映画化。
…なのだが、
ロマン・ポランスキー監督の脳内世界のように思えてしょうがない。
e0076761_2220826.jpg

(C)R.P PRODUCTIONS - MONOLITH FILMS

マチュー・アマルリックの母君は、確かポランスキー監督と同郷(違ったらすみません)。
遠い親戚なのかもしれないってくらい、
マチューの容貌はポランスキー監督とよく似ている。
もうひとりの登場人物、"ワンダ"を演じるエマニュエル・セニエは
ポランスキー監督の現奥方。でもって、
マチューとエマニュエルは「潜水服は蝶の夢を見る」で夫婦役を演じている。
そーんなこんな、余計な知識がついているから、
観ていて、物語の展開と一緒に自分の印象も虚実ごっちゃに混乱していく。
いや、そんな情報がなくても混乱していくだろ。そして笑っちゃうでしょ。


男と女、
それぞれ己の身ひとつで本気で対峙したら、その闘いは官能的というよりも禁欲を強いる。
マッチョとコケットリーがバイオレンスする、その有り様はまるっきりファンタジー。

そして、
"Dieu l'a puni et livré aux mains d'une femme."
勝利するのは女なんだって。
by snowy_goodthings | 2014-12-20 14:30 | 鑑賞記

天才スピヴェット / L'Extravagant Voyage du jeune et prodigieux T. S. Spivet

飛び出す絵本のような3D効果が愉しい、総天然色な映画。
e0076761_225935100.jpg

(C) EPITHETE FILMS - TAPIOCA FILMS - FILMARTO - GAUMONT - FRANCE 2 CINEMA

ベタベタにアメリカの田舎っぽい、モンタナの大自然の中で暮らすアメリカの家族の物語。

生まれるのが100年遅れたカウボーイの父、昆虫博士の母、女優に憧れるヒッピーな姉、
母に似た異能の科学者である主人公、
父そっくりの逞しく優しい双子の弟。
21世紀の「大草原の小さな家」は、かなり変わり者な一家だ。

でも、登場する役者さん達は主人公以外は
ほとんどアメリカではない国ご出身であるような気がする。カナダとかイギリスとか。

おフランス人がイメージする"アメリカらしさ"が炸裂。
そこはかとなく風刺を感じるのだけれど、あからさまではない。

劇的な大展開はないけれど、ひたひたと良い気持ちになっていく。
最後はめでたしめでたし。

毒が抜けた真っ当な家族愛のお話になっている。
by snowy_goodthings | 2014-12-11 23:40 | 鑑賞記

ATELIER Morihiko

札幌に来たら、森彦のコーヒーを頂きたし。

2009年に円山公園の本店に行って愉しい思いをしたけれど、
今回は大通公園近くのお店へ。
e0076761_18045544.jpg

こちらは、すっきりとクリーンな雰囲気。
e0076761_18072789.jpg

外の平らな景色と相まって、廃校をリノベーションした雰囲気があるけれど、
ここは雑居ビルの1階。
e0076761_18070525.jpg

季節のコーヒーは深煎りのブレンド。かなり好みな苦み具合。
e0076761_18125438.jpg

こんな明るい"コーヒーだけ勝負"な場所が生活圏にあったら、
通いつめて入り浸ってしまうと思う。
札幌にあってくれて良かったです。(^_^;
by snowy_goodthings | 2014-12-07 14:30 | 外食記 旅先


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る