<   2014年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

チェイス! / DHOOM:3

ヒトが沢山いる映画祭上映は苦手なのですが、
Sir Aamir Khan が初来日&舞台挨拶すると知ってしまったので行きました。

第27回東京国際映画祭での先行上映。
e0076761_22051946.jpg
今日昼過ぎに会社を抜け出すがために、
クライアントに提出する第1稿をえいやっと叩き上げたのは、前日の
深夜どん詰まり…というよりも本日の明け方と呼ぶべき時間の午前3時。
オレってまだまだ若いな。 (^_^;


壇上の監督・俳優は、好感度すこぶる高め。
インド映画は今や स्वदेशी (Swadeshi)な娯楽ではなくて、世界中に観客がいるんだよ。
もちろん、極東のここ日本においても。ねぇ。
e0076761_19150067.jpg

*


インド本国での公開されたのが、2013年12月。
それ以来待ちかねていたもんだから、FacebookとかYoutubeとか観過ぎて
物語について「奇術師」的仕込みプロットとかあらすじとか知ってしまっていた。

e0076761_22112884.jpg
(C)Yash Raj Films Pvt. Ltd.

しかしながら、
映画の印象はそんな鑑賞者の斜に構えた期待をぶっ飛ばす。

設定や物語展開は"あり得ない"と言ってやりたい突っ込みどころだらけだし、
シカゴが舞台なのは"派手なカーチェイスを撮りたかっただけでしょう"と言いたくなるし、
観ていて"雑"と感じるところはそこかしこにある。

まるで、
キャスト全員が「我も我も」と出てきて、床が抜けて火の海になった舞台のような騒乱ぶり。
(そんなシークェンスはない)

そんでもって、
主人公のダンスシーンが、結構がっさりとカットされているような気がする。
御本人が「スタントよりも大変だった」と仰っていたダンスシーンが。あれ?


それなんだけれど、メロドラマな仕掛けにずっぽり嵌ってしまう。
すさまじい力技でねじ伏せてくる、喜怒哀楽ごった煮のエンターテインメント。


*


日本での劇場公開は、やっと2014年12月5日。
次はオットと一緒に観に行きます。
(^o^)

アーミル氏の新作「PK」も観たいです。

そんでもって、
ムンバイにまた行きたくなるのです。



by snowy_goodthings | 2014-10-29 16:00 | 鑑賞記

Wine Bar Cyama

wine bar cyama 店長、ぱぴこちゃんのお誕生日お祝い会。
e0076761_19381179.jpg

おめでたいです。
e0076761_19395034.jpg
内祝いにお菓子を頂き、「お祝いのご馳走」満載なご馳走が饗せられた。
e0076761_1950775.jpg
ぱぴこちゃん、おめでとう&ありがとう。
e0076761_19401380.jpg



by snowy_goodthings | 2014-10-27 01:50 | 散歩記 横浜

福島で食べた、うまいもの

福島市観光キャラクター、ももりん。白うさぎさんである。
e0076761_21101527.jpg
福島市の西方にある吾妻小富士では、春先になるとウサギの形に残雪が残り、
それを「種まきうさぎ」とか「雪うさぎ」と呼ぶそうで、
それをモチーフにしているとのこと。

全日本居合道大会会場の壁にも、パンダうさぎがいた。
e0076761_21123666.jpg
こちらは東邦銀行さんのキャラクターらしい。このコの由来は存じ上げない。

とまぁ、ようするに、福島の街はウサギの絵柄で溢れていたのです。


そんな福島で、うさぎヌイグルミ達と一緒に食べたかったのは、円盤餃子。
e0076761_21532272.jpg
我々はビギナーなので、間違いがなさそうな"元祖"のお店、満腹へ。
e0076761_21463325.jpg
福島駅から歩いて15分くらい。
商店街が途切れた先、抜け道のような狭い路地ぞい。
接客のおばちゃん達が皆さんよく動く。
おばちゃんがハキハキ元気な店は、街の繁盛店の証。

開店時刻に入ったら、既にお客さんが数人。その後10分足らずで満席。
奥の席では、福島競馬場帰りのおじさん達が陽気に反省会している。カウンター席では、ご夫婦客とか、
初対面と思しきおじさんとお兄ちゃんの1人客が酔っ払いながら仲良くなっている。

餃子専門店なので、グランドメニューは餃子だけ。
他にあるのは、枝豆・お新香・湯豆腐、それと冬限定でモツ煮。なまら潔い。

1皿に30個の餃子、この1皿が1人前。
お隣の若人カップルは2人で1皿を頼んでいたけれど、我が家は1人1皿頂きました。
そして餃子にはやっぱりビールだろ、ビール。
e0076761_21535357.jpg
さくっとあっさり、平らげた。美味しかったです。
e0076761_21510379.jpg
ただ、「満腹」にはならず。
昼飯抜きで試合観戦していたので、胃袋はまだまだ空いている。

福島駅に戻る途中、偶然みかけた蕎麦屋に寄り道。
e0076761_21491773.jpg
久しぶりにお蕎麦屋さんらしいお蕎麦。
e0076761_21502095.jpg
ごちそうさまでした。
(^o^)




by snowy_goodthings | 2014-10-25 17:30 | 旅行記

第49回全日本居合道大会

朝4時すぎ起床。
金曜夜の延長で賑わう横浜駅西口を通り抜け、座れないくらい混んでいる東海道線始発に乗って、
ディズニーランドへ向かう女性客の群れに逆らって東北新幹線に乗換え、来たぜ福島。
e0076761_1730159.jpg

第49回全日本居合道大会、於:福島県 県営あづま総合体育館。
e0076761_17332921.jpg

きっかけは、水月会の先輩が七段の部で選手出場されることだったんだけれど、
会場入ってすぐのところでばったり出会ったT女史先輩に
「今年はついに居合を始めたから、良いものを観に来た、ということね」と
面白がられた。

そうでした。自分の稽古のためにもせねばならぬのです。 (^_^; だって、
ここには、47都道府県で五段・六段・七段を代表する先生方が集うのです。
e0076761_1739319.jpg

"東日本大震災復興支援"と銘打たれた大会。

福島県より来賓の方々が口にする「震災からの復興」「風評被害」という言葉は、
各メディアの報道、SNSのコメントで見聞きするよりも、生々しく真っ直ぐ響いてくる。
e0076761_17541595.jpg

なんだかね。いろいろと考えさせられるのです。

その福島県が大会主管。お揃いの蛍光キミドリ色ジャンパーの方々による
大会運営・進行のプロフェッショナルさが見事でした。
e0076761_17585232.jpg

全日本剣道連盟主催の大会について
全日本杖道大会しか知らなかった我が感覚は、コペルニクス的回転をする。
e0076761_1842293.jpg

なんだかね。いろいろと考えさせられるのです。


e0076761_18104997.jpg

観覧席からの撮影ポジションは、
試合場の選手を前方から眺められる北海道または沖縄県の選手控え席。
杖道で馴染みの方々がいる北海道の席に、「このヒト、北海道出身だから」と入れて頂きました。
役得。 (^_^)

都道府県を代表する先生方どうしの試合は、所作の精度・技の練度とかの比較なんか飛び越えて、
思想とか思いの機微を推し量るような感じ。
e0076761_18101040.jpg

なんだかね。いろいろと考えさせられるのです。

いまだ「良い」「悪い」の目利きは解っていませんが、
これから習う立場として、やるべきことを思い知る機会となりました。
e0076761_18174011.jpg

稽古しょ。



大会全体の公式記録は、
全日本剣道連盟 サイト「大会情報」(←Click)をご覧ください。



自分が撮った写真は、
Flickr (←Click)にあります。
□神奈川県代表:五段/六段/七段
□杖道で面識ある友人知人
□観覧席の目の前、五段の部で「素敵」と思った方おふたり
□決勝戦ちょっとだけ:五段/六段/七段
…と、えらい偏った撮り方しかしていないので、ほとんどまったくpublicにはしていません。
悪しからず。

*稽古つながり or お顔とお名前が一致しているFlickrのFriendsさんには、
 見て頂ける設定していますので、オリジナルデータでどうぞ。



by snowy_goodthings | 2014-10-25 15:11 | 稽古記

Diwali in Yokohama 2014

ちょうど1年前のムンバイ旅行をきっかけに知った
横浜・ムンバイ友好姉妹都市イベント。

“横浜が印度になる2日間”、Diwali in Yokohama
e0076761_13025866.jpg
我が在所には、こんなに沢山インドの方々がお住まいだったとは。
こんなにインドが好きな方々がお住まいだったとは。
#たまにインドではない演し物もあったけど
e0076761_12585482.jpg
ちらっと立ち聞きしたトークイベントが、面白かった。
 「日本は今“お墓問題”が話題だけど、インドではそんな問題すら起きない。
  インド人は死んだら、ガンジス河で焼いて遺灰を流しちゃうから。」
…そーんな話とか。(^_^;


昨年の今ごろ、ムンバイ街歩きを案内してくれたK女史ご夫妻と
一緒にここ、ヨコハマでインドのビールで乾杯するという面白い巡り合わせ。
#私、車の運転があるから撮るだけね
e0076761_13051983.jpg
昨年のイベントレポートを見たら、サリー着付け体験なるものがあったので、
ムンバイで仕立ててもらったサリーを持っていったのだけれど、今年はいらっしゃらない。
なんと。

でも、日印女子会の方にドレーピングして頂きました。
こちらの私的なお願いに、ご厚意。ありがとうございます。
e0076761_13141592.jpg
サリーを巻いてみたい日本婦女子は多いと思うんだ。
私みたいに、サリーを仕立てたものの自力で着られないってヒトも多いと思うんだ。


良い機会だし、自分でもサリー着付けできるようになろうと思った次第。
東京で指導してくださる方がいることを教えて頂きました。いずれトライします。
e0076761_13151249.jpg

そして遭ってしまった、ナン子ちゃん。
生年月日は不明。血液型はB型、身長167cm、靴は24cmらしい。
ヘッドサイズは何cmだ?
e0076761_13190650.jpg
インド映画を応援する使命を帯びて来日しているらしいが、
GOLDEN ASIAさんブースでの 仕事ぶりは限りなく熱意が低め。
…いや、インドらしく、ゆるキャラらしく「緩い」と言ってやるべきかな。 (^_^;


お散歩イベントとして、ちょうど良い愉しさでした。


*


日が暮れてきたところで、退散。


そして気付いた、新たなオープンカーの醍醐味。
サリーを着て運転すると、腹が冷える。



by snowy_goodthings | 2014-10-18 17:30 | 駆動記

フランク / FRANK

何処かの映画館でチラシを見かけた時、異形なアタマが記憶に擦り込まれた。
どんな話でも良いから、とりあえず観たかったんだ。
e0076761_17363031.jpg

ウェールズからアイルランド、そしてアメリカへ。

フランクの姿だけを見ていると、
出会いと合宿と旅の果てに彼自身が在るべき世界に到る
ふんわりとハッピーエンディングな道のりの物語。
e0076761_17332585.jpg
(C) EP Frank Limited, Channel Four Television Corporation and the British Film Institute

あるいは、
才能を持ったオトコと才能を持てなかったオトコ達数人が、
出会いと合宿と旅の果てに彼ら自身がいるべき世界に到る
当たり柔らかいほろ苦く残酷な道のりの物語。

…どちらでもいいや。
観ていて、何故だかしみじみとしてしまう。


作品解説いわく、

  『FRANK‐フランク‐』は、
  イギリスの人気コメディアンだったクリス・シーヴィー扮するキャラクター、
  フランク・サイドボトムや、ダニエル・ジョンストン、キャプテン・ビーフハートなどの
  アウトサイダー・ミュージシャンをモデルに構想を練ったフィクションである。


…ということなのですが、3人の誰も私は存じ上げません。
e0076761_17570852.jpg
この機会にちょっと観てみようか。聴いてみようか。



by snowy_goodthings | 2014-10-17 23:00 | 鑑賞記

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー / GUARDIANS OF THE GALAXY

マンガ的な造形の登場人物達が愉しげだったし、
ベニチオ・デル・トロさんが出てくる筈だし("Jimmy P."日本公開やっと決定が嬉しい)、
テレビCMで流れる音楽が懐かしく趣味良さげだった。

お気軽に愉しいSF映画を観られればいいやっと、期待値を低めに設定して行ったら、
やさぐれた見ために反して、
真っ当に出来の良い「友情」「努力」「勝利」のお話だった。
e0076761_17123947.jpg
(C) Marvel

感動とか、そーんなたいそうな感情は動かないんだけれども、
脇役達は凄惨な死に方をするから、おめでたいばかりではないんだけれども、
「あぁ、よかったねー」と能天気にホノボノとしてしまう。

きっと、ママのセンス抜群な楽曲セレクトのせいだ。
Music is our life's foundation.
e0076761_17220438.jpg
(C) Marvel




by snowy_goodthings | 2014-10-13 18:30 | 鑑賞記

第41回全日本杖道大会

久しぶりの東京開催、全日本剣道連盟主催
第41回全日本杖道大会が巣鴨学園で開催されました。
ギムナシオンは建て替えられて、とても綺麗な体育館になっていた。
e0076761_23403930.jpg

私、4日前に父の葬儀が終わったばかり


忌中の殺生は禁物ですが、
杖道は「疵つけず 人をこらして戒むる 敎えは杖の外にやはある」だから
許されるでしょう。

たぶん、きっと。
e0076761_23403348.jpg

本日の結果は、
オットは七段の部で準決勝まで、私は六段の部で決勝まで。
e0076761_23405196.jpg

ビジネスパーソンらしく(?)
「タスクを果たして最大限理想的な結果を出す」ことを目標に現相方さんと出るようになって3年目。
私いち個人の経験としては5回目(四段のとき1回、五段のとき3回、六段の今回)の
全日本決勝戦で初めて優勝することができました。


自分が「良い」と信じることを追い求めるだけでは、ダメ。
如何様にも、何れの様にも、誰に見られても「良い」ように、
自分が「できる」ことを増やす。それを実行する。

そもそも、誰からも「良い」と見てもらえないと、
自分が「良い」と信じることを伝えられない。
試合はそんなプレゼンテーションの場。


「できない」なんて自分を甘やかしても、何も残らない。
「やらない」なんて自分を格好付けても、何も起こらない。
どっちに転んでも、「何もない」という結果は変わらない。だったら、するだけ。

そーんな稽古を、今の自分は誰よりもできている。
そーんな自信を、今の自分は誰よりも持っている。

そーんな態度で挑んだから、
大会の間際に稽古・練習ができていなくたって、全然不安なんか無し。
e0076761_2343113.jpg

したっけ、
優勝は今日という日が終われば過去のことになります。

明日からは
また、変わること・変えることを見つけて、「できる」ことを増やすのみ。

稽古しょ。
武芸の道に終わりはないんだそうです。死ぬまで続く。
最期の日が、自分にとって「仕上がり」の時。それまで頑張る。



大会全体の公式記録は、
全日本剣道連盟 サイト「大会情報」(←Click)をご覧ください。


神奈川県より出場、入賞者の報告は県連杖道部会サイトをご覧ください。
広報担当者2人で決勝進出したため、昨年に続き写真がぜんぜんありません。
北海道の方に提供頂いたものを1枚貼っています。




http://kanagawa-jodo.main.jp/





例によって写真はFlickr(←Click) にあります。
撮った試合写真は、オットの七段準決勝のみ。
しかもあんまり格好良くなく写っている(本人、嘆き中)から、ほとんど公開していません。
なんだよー、矢野庄一郎先生が言っていたじゃんか。「自分の悪い姿を撮られて直せ」って。
そう教えられた通りに私は撮っているのに。
*稽古つながり or お顔とお名前が一致しているFriendsさんには見て頂けるよう
*設定しています。オリジナルデータでどうぞ。


毎度思うことですが、
他人様が撮った写真やビデオで「見取り稽古」しようなんて安易な考えは
おやめください。
被写体さんの師匠でもない立場で、斜め上目線で批評家"先生"ぶるのはもってのほか。
勿論、それらの是非は個人の勝手ではありますが。

写真やビデオは、時として真実を捉えるけれど、けっこう頻繁に嘘をつく。
被写体ご本人にとっては、己の姿を思い知る物的証拠になるでしょう。しかし、
第三者にとっては、せいぜい記録か芸術表現か記念か報道か。

稽古だったら、
ご自分の目で体で、生身で見て感じることこそ、本物。



by snowy_goodthings | 2014-10-05 18:00 | 稽古記

10月5日は

第41回全日本杖道大会です。
(^o^)
e0076761_13072586.jpg

日時 2014年10月05日(日) 午前9時開場/午前9時45分開会
会場 巣鴨学園ギムナシオン

「"杖道"って、なんて読むの?」というヒト、百聞は一見に如かず、ご観覧あれ。



by snowy_goodthings | 2014-10-05 09:00 | 稽古記

父、逝く

我が父、石田喜久夫は2014年9月26日午後0時34分に永眠。享年82歳。←晒し者にする親不孝
本日、故人の希望に則って、家族のみで告別式。
e0076761_20384738.jpg

厚生労働省がいう男性の平均寿命(平成20年データ:0歳平均余命79.29歳)より少し長め。


「昨日の朝早くに脳出血で倒れた」
「10人医師がいたら7人は"しない"と言うであろう手術をした」
「明日朝9時から医師の術後経過説明がある」
…そんなだったか、
ちっとも迅速ではない連絡を貰ったのは、福岡で流祖祭と親睦会が終わった土曜の深夜。

今はもう呑むしかすることがないと腹を括って夜を明かし、
全国杖道大会を棄権して日曜朝さいしょに飛び立つJALに乗って、
羽田空港でオットと待ち合わせて、タクシーでばびゅーんと首都高湾岸線を南下。
乗換えシミュレーションでは間に合わない筈だったのが、
ICU入口で母に追いつくという"大返し"。うん、やればできた。

それから、ちょうど2週間後に心肺停止。
出勤してさぁ仕事…というときに携帯電話に母から、
「心肺停止(正しくは呼吸停止)したと病院から電話があった」と
かかってきた。
兄に電話したら「今ね、金沢に出張で来ているの」と言う。兄嫁に
メールで状況を連絡し、オットにも電話をし、
社長に「父が死んだっぽいから暫く休む」と大雑把な申し出をして
新橋駅からタクシーすっ飛ばしてもらって病院に行ったら、
父の病室の手前、廊下の端まで心電図モニタのアラート音が鳴り響いている。
それで良いのかよ。
母ひとりの立会いでは、お医者さんは死亡診断をできないんだか、
しないんだか、理由について母に聞いても要領を得ない。
それで良いのかよ。
その後すぐ、会社を早引けしたオットが着いたので、
3人で死亡診断立会い。診断書には死因は「肺炎」とか書かれていた。
それで良いのかよ。


おそらく本人が望んでいたような最期の迎え方ではなかったと思うけれど、
できる事はできる限りすべて遣るのが、遺される者の務めです。
  家族が、遺される覚悟をするため自己満足するのに付き合わせちゃって、
  悪かったと、思わなかったわけではないんだけれどさ。
  まぁ、その辺りはお互い様だ。

父の生前段取りの数々は、元NHKアナウンサーとは信じ難い詰めの甘さ。
家のあちこちに挟まった遺言らしきモノを見つけては、
頭を抱えながら葬儀を準備して、「はじめてのおつかいなんです」と
言い訳しながら親の家と区役所を往復する日々。
あちこち電話したり手続きすることが山ほどある。でも、やればできる。

そんなこんな。
3週間くらい稽古から遠ざかっていたけれど、
全日本杖道大会は出ます。
在るべき技や所作は全部習っていて、頭に体に染み付いている筈。なんとかなるでしょう。
できる事はできる限りすべて遣るのが、生きている者の務めです。


父のPCに残っていた日記をみたら、
婿・娘、それぞれの昇段審査を気にかけていて、かつ結果を喜んでいた模様。
そしたら、
オット・ワタクシ、それぞれ昇段して最初の試合は出ないと。ねぇ。



by snowy_goodthings | 2014-10-01 12:30 | 冠婚葬祭年中行事記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る