<   2014年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

級審査会・講習会でした

オープンカーの醍醐味。
母を助手席に乗せたら、「日に焼ける」とdisられた。

ちきしろー。(^"^;


*


全国大会を棄権して以降、
病院で父を見舞い、実家で父の机周りをひっくり返しては家政の状況を探っているところ。
父が不在となって、残った家族は何をどうすれば良いのか、理解するのが我がミッション。
そんな話を、一昨年くらい前に父とはしていたんですよ。末っ子のオレが。
なんて準備の良い。いや、良くない。

パパさんよ。貴殿の中途半端なファイル整理に、
ビジネスパーソンの端くれの娘はややキレ気味だぜ。


そんな事態なもんで、
全日本杖道大会前の講習会ではありましたが、私は欠席。
相方氏も同日開催の居合道伝達講習会に参加するので欠席と
聞いていたから、こっちは良しとしましょ。


参加したオットが、広報用の写真を撮ってきてくれました。
e0076761_0352510.jpg

↓これ、何?(^_^;
e0076761_0365247.jpg

今夏地区講習会において制定型の解説で強調されていた、
打太刀中段の構え、切っ先の高さのことであろうか。

講習会は、夏の昇段審査で六段になった面々が講師デビューしたそう。
e0076761_039417.jpg

そして、級審査会。
e0076761_0394554.jpg

審査員は、新六段・新七段の方々がご担当されたそう。


…と、
他人事みたいに書いているけれど、自分も次回参加したら指導役になるんですね。
(^_^;



受審者数および合格者数について、公式記録は県連杖道部会サイトをご覧ください。


http://kanagawa-jodo.main.jp/



例によって写真は Flickr(←Click!)にあります。
「2014年度神奈川県秋季講習会・級審査会」albumを追加しました。
公開している写真については
「Copyright」表示を付けて「無断転載・2次使用不可」の旨、主張しています。
稽古つながり or お顔とお名前が一致しているFriendsさんは
オリジナルデータでどうぞ。


by snowy_goodthings | 2014-09-21 16:30 | 稽古記

こぐまかろん

全国大会の後で受け取ろうと思って予約しておいた、
こぐまや洋菓子店 の「こぐまかろん」が宅配便で横浜まで追いかけてきた。
e0076761_00363786.jpg
会いたかったよ。会えて嬉しいよ。
e0076761_00381399.jpg
表情ごとにフレーバーは3種類。
1頭ずつ(?)、美味しく頂きました。
e0076761_00412309.jpg
次の福岡訪問時は、お店まで辿り着きたいです。


by snowy_goodthings | 2014-09-16 18:00 | 中食記

ワイン食堂 根

親睦会のあとは、福岡遠征の恒例。

そう、ヌイグルミたちの宴。
e0076761_23362551.jpg

ソラリア1階で待ち合わせて、「さぁ、何処に行こうか」という感じだったので、
かねてより興味があって、呑める友と行きたいと思っていたお店へ。

国体道路から薬院駅の間、細い路地がウネウネする界隈は、
来るたび歩くほど愉しい。そんなエリアの真ん中にあるのが、こちら。
「根」と書いて「こん」だって。
e0076761_23522050.jpg

気易く、容易く、美味しいモノを食べられそう。

カエルちゃん達が、六段昇段のお祝いをしてくれました。
e0076761_23382017.jpg

で、呑んだくれ始めて間もなく、
オットから石田家の非常事態の第一報。

おいおいおいおいおいおいおおい。
22時過ぎにそんな事を言われても、今すぐ横浜には戻れませぬ。

明日朝いちばんの飛行機が最も速いルートと確認して、
母に電話をかけ、兄のお嫁さんからメールが届いたので返信し、オットに電話をかけ、
稽古仲間達に「父が倒れて危篤なので、明日の大会は棄権する」とメールを送ったら、
これ以上、今できることは何もない。

だもんで、
anzyとヌイグルミ達と、呑んで語るのでありました。
内容については、省略。
これ以上、今できることは何もない。


anzy、付き合ってくれてありがとう。いろいろ、立ち向かっていくぜっ!
根さんは良いお店だったから、また行きましょうぞ。
(^_^)/



by snowy_goodthings | 2014-09-14 01:00 | 外食記 旅先

流祖夢想権之助神社奉納演武会・親睦会

e0076761_22212984.jpg

2年に1度、流祖祭こと流祖夢想権之助神社奉納演武会が
9月13日の午後、宝満宮竈門神社境内 夢想権之助神社で開催されました。

e0076761_14273872.jpg

祭典が行われ、
e0076761_14274957.jpg

大変良いお天気の下で、奉納演武。
e0076761_14295051.jpg

福岡の先生達による剣術。
e0076761_1430333.jpg

東京の先生達による杖術。
e0076761_14305061.jpg

我らが神奈川の先生達による十手術。
e0076761_14305117.jpg

その後、集まった方々による演武を何回か。

私は久しぶりに在福岡のお仲間女史と"中段"を5本やっていたのだけれど、
稽古不足感がキラキラな有り様なもんで、冨永先生から短くも鋭いご指導を頂く。
したっけ、たった一言「しっかり切りなさい」で変わるんだから、先生ってスゴイです。


その後、福岡の先生・先輩達から
おそらくお隣で"表"を演武されていた東京の方々と混同されたようなのだが、
「一礼」の所作についてご指導を頂いたのはすごい良い経験でした。
(ご指導されたかったであろう、東京の方々に届かなかったのは不幸ですが)

構え・所作について、言い回しを含めて自分達が習っている事と違っているもんだから、
すごい聞いてしまう。出来る事が増えるのは、単純になまら嬉しい。
帰ったら、師匠に伺ってみるつもり。
師匠も「知見が増えるのは良いこと」と仰るに違いない。←実際、そうだった


*


夜は場所を福岡、ソラリア西鉄ホテルに移して親睦会。
e0076761_14494973.jpg

乾杯して、
e0076761_1453294.jpg

小塚先生が歌うのを聴いて、
e0076761_14553436.jpg

お神酒を頂いた。
e0076761_14562729.jpg

かしこみ、かしこみ。


*


…で、
予定ならば翌日は第56回全国杖道大会に参加するのですが、
石田家の非常事態により、棄権して始発便のJALで離福。
一昨日はひじょうに不愉快な思いをしたJALさんですが、この日は助けられた。
良し悪しの振り幅が激しいサービスのQCに、オレの気分も乱高下。
(^_^;


大会開会式が始まるのと同じ頃、横浜の南端にある病院で
担当医師から術後経過の説明と覚悟すべき処置の同意書へのサインなど、
うんざりする時間を過ごし、動かない父を看た後、
我が母はこう言い放った。

「今から福岡に戻って、試合に出るの?」

…出ませんよ。
確かに、今から首都高湾岸線を北上してすぐ飛行機に搭乗できれば、
午後から始まるであろう五段の試合に間に合うでしょうけれど。

恐るべし、ママさん。


*


■流祖祭と親睦会で自分がちょこちょこ撮った写真は Flickr (←Click!)にあります。
全部に「Copyright」表示を付けて「無断転載・2次使用不可」の旨、主張しています。
*実際に撮った写真はもっと多い。
稽古つながり or お顔とお名前が一致しているFlickrのFriendsさんは、
オリジナルデータのままでどうぞ。
by snowy_goodthings | 2014-09-13 20:00 | 稽古記

ロシア料理 ツンドラ

土曜の朝に早起きするのがイヤで、金曜の夕方に仕事上がりそのまま来福。


クライアント訪問の予定が入ったので、
出発時刻直前にチェックインを急ぐことがないように、
朝の出勤前に手荷物だけ預けようと羽田空港に寄ったら、
JALのお姉さんに「16時30分の出発までの間に空港から出るか?」と問われ、
「空港を出るのなら、手荷物を預かることはできない」と断られた。あれえ?

理由は、
「万が一、出発時刻までに空港にお戻りになれない=乗り遅れた場合、
お荷物だけ預かっているとお客様にご迷惑をおかけするから」という。

ちょっと待って。
それって理解できない。

事前にJALのサイトで、手荷物預かり開始時間についてなんらか規定がないか
調べたし、アドバンスチェックインなるサービスがあり、
"ご搭乗当日の出発空港営業時間内ならいつでも搭乗手続きを承ります"と
読んだから、預かって貰えると理解・判断したのに。

何度かカウンター奥に控える他スタッフの方にも確認して頂いたけれど、
「預かることはできない」の繰り返し。リジェクトされた。

「手荷物預かり」作業は、「チェックイン」手続きの一環ではないらしい。

それなら、アドバンスチェックインは手荷物預かりがない場合のみ可能な
サービスと明示してほしい。

搭乗手続きのガイドに「出発15分前までに保安検査をお済ませ」と一緒に
「手荷物を預けたら、搭乗時刻まで空港から出ないこと」も明記してほしい。

仕方がないので、
長くて四角くてかさばる手荷物は、空港地下にある預かりサービスに
お願いし、出社。

ひとまず、自分の誤解・誤認という理解でいるけれど、
そこはかとなく不愉快な感情がじゅわじゅわと湧いてくる。腑に落ちない。
そして、
そんな愚痴をぶつぶつ独り言みたいにこぼしていても何にもならない。

なので、
上記顛末の説明と、チェックイン業務のプロトコルについて教示してほしい
というお願いを、JALお客さまサポートセンターへちまちまとメールして、
福岡へ出発。



*


そーんな腑が煮えくり返った不機嫌な体であっても、時間が経てば腹は減る。

煮えくり返っている腑でも、美味しいモノを入れれば嬉しい。
なんてわかりやすい。
e0076761_2329444.jpg

来てみたかった、福岡の老舗ロシア料理店。(^▽^)
e0076761_23303362.jpg

念願のボルシチ。
e0076761_2332424.jpg

缶詰よかやっぱ美味しい。

腹が立っていたから、腹が減っていると思ってがっつり行き過ぎた。
e0076761_23335791.jpg

お肉は余計だったかもしれない。翌日の昼過ぎまで、
ちっとも空腹にならなかったから。でも美味しかったから、後悔しない。


*


そうそう、
JALお客さまサポートセンターからはその後ご丁寧な回答を頂きました。

いわく、
自分が「空港を出るのなら、手荷物を預かることはできない」と断られたのは
"空港係員の誤ったご案内"であったらしい。

なんてこった。

しかしね、
この現象の原因について、
ある特定スタッフによるプロトコル誤認のヒューマンエラーによるのではなく、
サービス規約とは異なるローカルルールが羽田空港のとある一画にあるんじゃないかと
疑いたくなるんだ。

まぁ、私はただのいちカスタマーですから。
次にこんなシチュエーションで搭乗手続きする時、
同じ目に遭わなければ良いのです。



お手並み拝見。



by snowy_goodthings | 2014-09-12 21:30 | 外食記 旅先

GODZILLA

オットいわく、
お話はまるっきり「ガメラ 大怪獣空中決戦」(平成ガメラ1作目)なんだって。

確かに、この映画においてゴジラはヒーローである。
e0076761_0453929.jpg

(C) WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. & LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC


ゴジラ映画は1作目しか観たことがないので、
この国産怪獣は"核兵器によって誕生し、人類に対峙する存在"というのが自分の認識。
だもんで、
この映画でのゴジラは"人類に都合の良い存在"にプロットが変わっているように
思われてしまう。

それに関連して、
観ていて、ちょい「ツライ」と思うくらいの違和感を覚えるのが、"核兵器"に関する描写。
日本で生まれて日本の教育を受けて形成された思考力で捉えると、
そんな簡単な肯定じゃいかん。
これって劇中での芹沢博士が発する警句と同様、非力な正論か感傷なのかな。


アーロン・テイラー=ジョンソンが
コスプレしない「Kick-Ass」みたいな頑張る正義漢だったり、
富士山とレトロな原発のマリアージュとか、"国際学校"って妙な名前の国際学校とか、
その他諸々、観ていて愉しいモチーフはいくつもあった。
でも、それらは物語全体の印象を強化するのとは違うモノ。惜しい。



続編制作が決定しているそうですが、
まさか「vs.キングコング」ではなかろう。次こそ「vs.人類」になるのか。
うーん…


by snowy_goodthings | 2014-09-06 23:15 | 鑑賞記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る