<   2013年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

マラヴィータ / MALAVITA

FBIの証人保護プログラムの下、アメリカからフランスへ逃れたあるファミリーの一家が、
ノルマンディーの片隅で殺戮と暴力のご近所迷惑を引き起こす。
…と、振り返ってみると、本当にそれだけのお話だった。この1作品に限定して述べるなら。

マーティン・スコセッシ製作、リュック・ベッソン監督、ロバート・デ・ニーロ主演。
e0076761_1764192.jpg

(C)EUROPACORO

ロバート・デ・ニーロと言ったら、「ゴッドファーザー」でのマフィアのドンとか、
「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」か「アンタッチャブル」のギャングとか、
その筋の"親分"などなど。
マーティン・スコセッシとロバート・デ・ニーロの組合せといったら、当然、ニューヨークを
悪党どもがワラワラと闊歩する「グッドフェローズ」などなど。

そんな記憶が、シークエンスのあちこちにチラチラ見えるモチーフから想起される事が、
この映画の本当の楽しみ方なのかもしれない。

それで良いのかな?良くないように思うのだが。 (^_^;
e0076761_1764989.jpg

(C)EUROPACORO

さんざん盛り上げておいて、締め括りきれずに時間切れで終わっちゃう、それを気にせず、
気軽に眺めるのが良さそうな映画でありました。

映像は綺麗です。そこんとこは、さすがベッソン監督。


おフランス映画の世界では、たいてい悪役はBMWに乗って現れる。
これもそうだった…何故だ?






by snowy_goodthings | 2013-11-30 20:30 | 鑑賞記

MORRISSEY 25Live

モリッシーの最新映像作品「MORRISSEY 25Live」日本盤Blu-ray/DVDが本日発売。
2013年3月2日、ハリウッド・ハイスクール公演を観られます。

昨年の来日後、M御大が
 Record shops also continue to exist in Japan - most notably Tower Records,
 where we are allowed to remember the joy of 'accidental discovery'.

…と印象を書き残したのが微笑ましい(しかし、それしか褒める事がなかったのなら哀しいけれど)、
タワーレコードで購入(しかし、横浜モアーズから撤退したのはショックだけれど)。
e0076761_1853376.jpg

やったね、お店で買う醍醐味。缶バッヂのおまけを頂いた。
(^▽^)

2009年の「Years of Refusal」後、日本盤CDのリリースが途絶えている。
2012年の来日公演では、川崎と恵比寿の他ではチケット完売できなかった。
そんな日本マーケットですが、いやいやまだまだビジネスが成立すると思ってもらえるような
数字が出てほしい。こればっかりは、気持ちだけでは届かない。

そんな事を考えながら、日本盤Blu-ray購入でした。


日本盤の醍醐味といったら、英語非ネイティブ向けの翻訳と解説の資料添付。
歌詞だけでなく、曲間の喋り、息つぎにまで付いてゆく日本語字幕は不思議な読み心地。
モリッシー先生が観客に手を伸ばして歌うことすべてを伝えてくれようとしているのはよく解る。
ただ、そこにまで字幕を貼るの?!ってバカ正直すぎる仕事ぶりが、
"愛"というより"ヤケッパチ"のようにも感じる力業(ちからわざ)。

いや、これが熱狂というやつなんでしょう。
そう、熱意が高速空回りしている。だから、憎めない。なんか解るのです。
(^_^;

日本語字幕の語調や懸詞の解釈について賛否両論が起こりそうですが、
英語のままでも一語にいろんな意味が掛かっていて、行間に含みが満載な詞なのだから、
海の底よりも深い解釈を書き下したら字幕スペース2行に収まりっこない。

言い回しは自分が思う"モリッシーっぽい日本語での喋り方"に脳内変換して、言葉の意味を
濃く捉え直すのも薄く聴き流すのも、あとは観るヒトの感性の豊かさと英語の力しだい。

モリッシーの歌に限らず、英語に限らず、言葉の解釈・理解は聴くヒトによって変わるし。
英語非力な自分の理解で「ん、そうなのかな?」と思う細かい表現の機微はあったけれど、
その解釈の幅を愉しむ余地を貰ったような按排がある。

翻訳・字幕作成はタフな作業だったと察します。キングレコードさん、素敵。
ライナーの解説も丁寧な言葉運びで、アーティストと鑑賞者への敬意が伺われる真摯さが
ありありと。


日本語字幕やライナーは、日本語が解るヒトだけのお楽しみ特典でしょうか。
うーん、でも、この熱意凄まじい日本語字幕は、Morrissey本人にも見てほしいです。
読めなくても良いから。
M御大が自分の墓標と言ったマイクみたいに、氏の口から出た音の全部を拾って日本語の
"ふりがな"を振って、歌・言葉すべてを伝えよう/聞き出そうとする人間が日本にいるって事を
知ってほしい。
それを享受している観客もいるんだよ。

そんでもって、日本にまた来てほしいと思ってしまうのです。
綺麗な映像、手に届く距離感でモリッシー先生のご尊顔拝するのも幸せですが、
遠くて良いから生身の姿を観たい。
(^▽^)


さぁ、もう1回観よう。
鑑賞者としての私の熱意も高速空回りしている。 (^_^;

by snowy_goodthings | 2013-11-27 20:00 | 鑑賞記

新天地カフェー組合

尾張屋橋の西側、すぐ下。初めて通った路地で見かけたお稲荷さん。
e0076761_15261722.jpg

"新天地カフエー組合"?

…"カフエー"じゃなくて、"カフェー"か。
喫茶の"カフェ"ではなく、風俗営業の"カフェー"でしょう。そのくらいは知ってるやいっ。

横浜で赤線・青線といったら黄金町だと思っていたけれど、この辺りにもあったのか。
黒澤明監督の映画「天国と地獄」における"地獄"は、浅間台から見下ろす平地を指していたから、
この辺りはまさに"それ"。

その事を意識して見回すと、
歓楽街であった往事の姿が想像できる構造の建物がぽつぽつ見かけられる。


住んでいる街について、知らないことがまだまだある。
by snowy_goodthings | 2013-11-24 15:00 | 散歩記 横浜

36 Spices [野毛に移転]

思うに最近、横浜駅の南〜西の辺り=戸部駅〜天王町駅の界隈は、
ネパール料理店とインド料理店が増えたような。
自分はインド旅行帰りのため感度が高くなっているのかもしれないと、ご近所さんに話を振ったら
そのヒトも「増えた」と言っていたから、本当に増えているのでしょう。おそらく。

面白いのは、何処もざっくり"インド料理"と名乗っていないこと。
ネパールかインドか、北部か南部か、地域により調理法・味覚が異なることをうかがわせる
屋号であったり、メニューであったり。


で、西横浜駅すぐ前にあるここ。
"さぶろくすぱいす"という店名からローカル色は見えないのだけれど、
お昼にマサラドーサを供するから、タミル料理がお得意らしい。
シェフはタミル・ナードゥ州都のチェンナイご出身だそうだから、納得。

噂に聞いていた通りにでっかい、
テーブル横幅いっぱいの米と豆のクレープぐるぐる巻き。
e0076761_1430689.jpg

中はジャガイモ。
e0076761_14301179.jpg

一緒に付いてくるのはカレーじゃないのだよ、サンバルだよ。それとチャツネ。

ベジタリアン食でした。
by snowy_goodthings | 2013-11-24 14:30 | 外食記 横浜

wine bar cyama

ぷらっと、ボージョレ1杯ひっかけにご近所ワインバーへ。
e0076761_2332569.jpg

今夜のぱぴこちゃん。
e0076761_23331294.jpg

by snowy_goodthings | 2013-11-23 23:33 | 外食記 横浜

東京ステーションホテル Camellia

復原後の東京ステーションホテルへ。
e0076761_19553157.jpg

赤レンガ駅舎の中は豪華で優美な場。
e0076761_19565886.jpg

日本家屋のように奥へ奥へと伸びる廊下・回廊を一歩進むごとに美しい装飾・細工が
目に飛び込んでくる。狭小空間を逆手に取ったような、素敵な発見が沢山仕込まれた空間。

"見るだけ"では、ここまで入って来づらかろう…南口ドームの2階。
e0076761_2034429.jpg

目的地は、Bar & Cafe Camellia。
e0076761_2055284.jpg

丸の内の街を眺めるパサージュで、お洒落姉さん達とよく喋りながらお昼。
e0076761_2073711.jpg

窓の向こう、KITTEは賑わっていた。
e0076761_2072978.jpg

でも、建物を出て来た人たちはお買い物をしてきた様子が見えない(袋を提げていない)ね、と
突っ込んだりしながら、ぱくぱく。
e0076761_22523898.jpg

ビーフシチューだよ。
復原前に食べたモノとは変わっていたけれど、これはこれで。まぁまぁ。
e0076761_20101619.jpg

次はお泊まりに来たいです。はい。
by snowy_goodthings | 2013-11-23 16:20 | 外食記 東京

清須会議

三谷幸喜による原作・脚本・監督、1582年の清洲会議での武将たちのドタバタなお話。
e0076761_1933494.jpg

(C)フジテレビ東宝


武将ひとりひとりに暑苦しいまでの愛情を注いだ人物造形、好奇心剥き出しに凝った時代考証が
ありありと伺える、面白い台詞回しと素敵な映像が沢山。

クスクスと面白く観ることができたけれど、清洲会議の概要について
日本史で習った記憶とか大河ドラマで観た記憶とかがないと、カリカチュア的笑いはこみ上げて
こないようにも思われた。さてはて。
by snowy_goodthings | 2013-11-22 23:40 | 鑑賞記

冬の土鍋めし

茸と鶏がらでリゾット、海苔まぶし。
e0076761_19484167.jpg

by snowy_goodthings | 2013-11-21 21:00 | 家食記

岩亀横丁、開勢堂ベーカリー

みなとみらい地区と掃部山に挟まれた辺りの、古い商店街。
幕末に外国奉行によって開業した港崎遊郭のひとつ、岩亀楼の遊女達が静養する寮があったことが、
この通りの名前の由来だとかなんとか。

桜木町でレイトショーの映画を観たあと、家まで歩いて帰るのによく通っていたのだけれど、
太陽が頭上にある時間にここを通るのは初めて。

今日、気になったのはここ。
e0076761_15483768.jpg

絵に描いたような"横丁のパン屋さん"だ。
e0076761_1548484.jpg

焼きそばパンお買い上げ。
e0076761_15485735.jpg

いただきます。
by snowy_goodthings | 2013-11-20 12:10 | 散歩記 横浜

紅葉しない

10月は雨・台風が多かった影響で、
我が家があるマンション大規模修繕の進行はやや遅れ気味。
リビングに入れた植物達にとってはしばし辛抱の日々。

ブルーベリー3本は11月になっても青々している。
e0076761_10195029.jpg

落葉した後にベランダに戻したかったが、それは無理か。

お前達、外はもう冬なんだよ。(^_^;
by snowy_goodthings | 2013-11-20 10:31 | 庭風景


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る