<   2013年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

CALDERO

スペイン、ムルシア地方って土地はお米をよく食べるそうだ。
そこの釜料理を真似っこ。
e0076761_21352684.jpg

スペインのお米料理といえば、バレンシア地方ではパエリア。
ムルシア地方のはカルデロ、雑炊のような汁気が多い米の煮込みなんだって。

メキシコにもカルデロって料理はあるが、そちらはもっとスープみたい。
同じ"Caldero"と言っても、地方・地域によってかなり作り方・出来上がりが異なるらしい。
by snowy_goodthings | 2013-09-28 10:00 | 家食記

大統領の料理人 / Les Saveurs du Palais

よく似た邦題で「大統領の理髪師」って映画なかったけ?



黒トリュフをたらふく食べてみたくなりました。
e0076761_18552074.jpg

(C)Armoda Films- Vendome Production –Wild Bunch – France 2 Cinema


ミッテラン大統領の頃、女性初のエリゼ宮料理人として勤めた
ダニエル・デルプシュ女史をモデルにした、実話に基づくフィクション。
凄く威勢がよくて、結構やりたい放題なおばちゃんが、男どもばかりな場で奮闘するって
ちょっと良いお話が、美味しそうなお料理の数々の画を挿みながら、サクサクと進んでゆく。

"祖母・母から受け継いだ家庭料理を作れる料理人"にしては、
作り出されるお料理は美食を尽くした献立にしか見えないのだけれど、とにかく美味しそう。


猛烈に、腹が減った。
by snowy_goodthings | 2013-09-25 17:00 | 鑑賞記

べーゔぇちゃんがきた

発注からぴったり6ヵ月。

"べーゔぇちゃん" 2014 Yr. Model 納車。
e0076761_13224373.jpg
終売が近いモデルなので、
もしかしたら、日本において最終オーダーかもしれないらしいとかなんとか。


帰り際、ALPINAを買ったわけじゃないのにALPINAのワインを1本貰った。
産地のセレクトが渋い、ハンガリー・エゲル産。
KékfrankosとBlaufränkischのブレンド。
売主がドイツだからか、ドイツ語で"Qualitäts-rotwein"ってのは、わからん、QbA?
たぶんたいそうな肩書き品ではないでしょうけれど、旧東欧産ワイン好きなので
がぶがぶと飲ませて頂きました。
Trocken とあるが甘い…Trockenbeerenauslese の読み間違いだったのか、そういうものなのか。
そのほうが嬉しい。ご馳走さまです。

分不相応感、むんむん。でも、気にしない。


by snowy_goodthings | 2013-09-23 11:30 | 駆動記

ベランダ撤去

マンション大規模修繕のため、ベランダを片付け中。
これがなかなか、一大事。

工事業者さんが、野良猫たちの通り道、もとい、裏庭の避難用通路に植木鉢置き場を
設けてくれたのだが、1階まで降ろすのは厄介なので、全部部屋に退避することにした。

この機会にちゃんと手入れしてやりたいと思う、ちょっとした後ろめたさもあったのだな。

大物のブルーベリーとブラックベリーと月桂樹は、季節前倒しの剪定して
リビングの陽が当たる場所へ。
哀しくも枯れかけていた小さい鉢いくつかは、土を捨てて洗浄してその辺に積んでおく。
骨董品の脚立とベンチは廊下隅に置いておく。
しばらく家の中は狭くなるが、なんとかなるだろう。

問題は、ベランダに敷いたウッドとレンガ。
e0076761_13461398.jpg

素人技ながら、自分で図面を書いて、きっちり綺麗に敷き詰められるように誂えたもの。
10年経って腐食するなど痛んでもいるのだが、良い感じの退色具合が愛おしいから、
塗り替えたり捨てたりするのは、なんだか惜しい。
相変わらず素人技の補修をして、物置に格納。それなりに大変ですが、愉しい。


片付け中、
15cm位の足が長い毛むくじゃらなクモとか、白っぽいヤモリとか、蝶の幼虫(毛虫)とか、
いろいろなイキモノと遭遇。
e0076761_14464354.jpg

こんな街中なのに、こんな狭いコンクリートのベランダなのに、
生態系が形成されている。

おまえ達。
工事が終わるまで生き延びて、帰っていらっしゃい。


*追記
黒いトカゲだかイモリ…「黒蜥蜴」!もいた。
by snowy_goodthings | 2013-09-22 14:48 | 庭風景

秋季錬成会・偲ぶ会でした

水月会では毎年9月の恒例、秋の稽古会。
e0076761_22514348.jpg

今年は、土曜は南足柄市体育センター、日曜は松田町立体育館と場所を変えて2日間開催。
e0076761_22515330.jpg

全日本杖道大会出場者と11月の昇段受審者、その他面々の2組に分かれて稽古。
あと2週間で、指摘された箇所を矯正できるだろうか。いや、するってば。しますってば。


初日稽古後は、お座敷に集って、矢野庄一郎先生を偲ぶ会。
今日は我らが師匠の三回忌に当たります。
e0076761_22551749.jpg

誰かが「先生が亡くなってもう3年」と言っていたけれど、数え年だから
三回忌は2年目の祥月命日ですってば。
e0076761_22575836.jpg

ともあれ、湿っぽい感傷はどっかに置いておいて、とことん呑んだくれ食いまくるのでした。

水月会の本当の名前は酔月会だもん。ねぇ、先生。
e0076761_22581548.jpg



すみません…2日目は稽古を欠席しました。
(-人-)
お姉様先輩達に「体壊したんでしょ」「相当ストレスだったんでしょう」「大事にしなきゃ」
「いきなりあんなに稽古して大丈夫だったの?」etc. ご心配頂いた通り、
体が動かず。
いえ、ただの疲労ですから。ちゃんと生きていますってば。
by snowy_goodthings | 2013-09-22 09:00 | 稽古記

百花繚乱、百人町

退職後の健康保険手続きのため、JR新大久保駅下車。

平日の午後なのに、平日の午後だからか、
駅の階段下や改札前は待ち合わせマダム・マドモアゼルが溜まっていて、通り抜けにくい。

あらイヤだ、奥さま達ってば。
駅という公共空間の雰囲気を察して、もちょっと違う場所で集合しませんこと?
…ダメかしら。
e0076761_19454542.jpg

合気会合気道の本部道場が近くにあるから、
学生時代は合気道の道衣屋さんが沢山あるイメージだったのだけれど、
今は"韓流"ファンのメッカなのでしょうか。

社会人になってからも東京グローヴ座へお芝居を観に来ることはあるんだけれど、
山手線の内側の方は全然足を踏み入れていなかったので、ちょっと好奇心で歩いてみた。



パスポートが無くても行ける、

ご近所서울だ。
 本当のソウルには行ったことないけれど。
e0076761_19213375.jpg

韓国映画はいくつか好きな作品あるけれど、韓国テレビドラマは観ないし、
K-POPも聴かないし(PSYの「江南スタイル」なら知ってるよ)、
どれが誰だか、未知との遭遇な気分。あー、もう。わかりません。
e0076761_19532458.jpg

韓国コスメはシートパックが優秀。お土産でよく頂いて使うけれど、どれも外れが無い。
ここで買えるね。
e0076761_19333277.jpg

24時間焼肉…眠らない街だ。
e0076761_19483614.jpg

何処か懐かしい色彩と感じる、お惣菜とかお菓子とか。1個くらい買ってみれば良かった。
e0076761_19494830.jpg


折角なので、遅めのお昼はコリアン・フード。
비빔밥♪ ←JB風に読んで
e0076761_1958119.jpg

美味かった。
コチュジャンじゃんじゃんかけて、ぐるぐるっと。


周りのお客さんは、女性ばかり。そして何故か、2人組だらけ。
乙女が徒党する店なのか…と思ったら、焼肉ランチが2人前からオーダー可能だからみたい。
なんだぁ。

耳に入ってくる会話は、K-POPアイドルの"追っかけ"武勇伝というか、無邪気な
ファン談義というか。日本の各地、韓国の本拠地、アジア各国まで追いかけたって
愉しげなお話を勝手に聴いてしまったから、何かのご縁です。
貴女達のご主人達が、これからもっとせいぜい働いて、貴女達の欲望を満たすがため
がしがしと稼ぐべく、健勝であるように。心よりお祈り申し上げます。
(-人-)

かく書く自分もMorrisseyを追いかけて地球を約半周した経験がありますから、
気持ちは解ります。半分くらいまでは。



路地裏で眉毛があるワンコとご挨拶。
e0076761_20181493.jpg

ちょっと懐かしいセンスのデコレーションに遭遇。
e0076761_2018111.jpg


でも、百人町とその周辺は"韓国"だけではなかった。
e0076761_20183854.jpg

タイとか、
e0076761_20185327.jpg

中国(?)とか、
e0076761_201976.jpg

ヒマラヤとか、
e0076761_20192021.jpg

万国旗のような、多文化・多言語な街でした。

面白い。また来よう。
by snowy_goodthings | 2013-09-20 16:00 | 散歩記 東京

無理、無理

前々勤務先の仕事で主婦向け雑誌をざぁーっと眺める機会があったのだけれど、
「すて奥」こと「節約生活すてきな奥さん」ってすごい名前の雑誌だなぁと思ったのです。

無理、自分にはそんなの絶対に無理。なんですか、「節約生活」って?
金も時間もミニマムに家事するって、どうやって?
無理、無理。


自宅療養と称して家にいるから、専業主婦っぽいことをしようと思うのだが、
いかんせん遣り慣れていないから、落ち着かない。

例えば、料理は好きなのだけれど得意な訳ではないために、
"たまに作るご馳走"のノリで作るものだから、
おそらく無駄に凝ったモノを作っているような気がする(くれぐれも、金はかけていない)。
e0076761_18495348.jpg

昨日作ったアクアパッツア↑とかさ、
ドライトマトを作るとこから始めたら1時間かかったし。おーいおい。
だって、生のトマトだとそれっぽく仕上がらないから。美味かったから良いのですけれど。


うーむ…この調子でやっていたら、料理研究家みたいになってしまう。
凝る対象がなんか違う。


いかん、早く再起動しよう。
やっと調子が上がってきたから、もうちょっとしたら。たぶん。
by snowy_goodthings | 2013-09-20 09:15 | 家食記

月は東に

月より団子。
e0076761_23284256.jpg

いえ、何年かぶりに満月の十五夜ですから観ました。

ご近所のご夫婦で営まれている菓子店のみたらし団子は、しっかり炙られたゲシュタルト。
素晴らしい。
by snowy_goodthings | 2013-09-19 23:30 | 中食記

タイピスト! / Populaire

ロマン・デュリスが堺雅人くんみたいな"素が笑顔"なのが、ややショックではありました。
もちょっとクールな印象だったんだけれど。まぁ、いいや。


秘書の仕事を求めて田舎から飛び出した女の子が、
正規雇用を賭けてタイプライター早打ちコンテストに挑む、唐突な展開だらけの
スポーツ根性もののようでいて、おフランスらしくamour満載なお話。
e0076761_18375657.jpg

(C)LesProductionsduTresor-France3Cinema-France2Cinema-MarsFilms-WildBunch-PanacheProductions-LaCieCinematographique-RTBF(Televisionbelge)

ポップな1950年代の事物や、昔の映画を思い出すシークエンスの数々。
でも懐古的視覚印象に反して、主人公の女の子は今様にポジティブだから、
くるくると変わっていく、ワガママだったり迷ったり頑固だったりする表情・行動を
憎めないというか、頑張れとか言いたくなってしまう。

可愛らしい。でも、それだけじゃない。
ガーリィな欲望も炸裂しているが、女性だけが観る映画であるのは勿体ない。
なんかほわっと元気になります。

タイプライターの歴史を語るギミック蘊蓄エピソードも満載。
そうだ、そうだ、アーム式のタイプは慌てて打つと絡むのだ…とは使った事があるから
一緒にハラハラしてしまう。
タイプボールはIBMが開発したんじゃなかったけ…なんて脇道のオチは何かの隠喩だろうか。
皮肉っぽく、ちょっとした遊びかしら。


久しぶりに殺戮や憎悪が無い映画を観た。
先の大戦から10年ちょっとも経っていないので、ノルマンディー上陸作戦やレジスタンスなどの
言及があって、まるっきり平和なわけじゃないけれど。それでも。
by snowy_goodthings | 2013-09-18 15:00 | 鑑賞記

級審査会・講習会は中止でした

そうそう、昨年9月の級審査会・講習会も"台風18号"の接近で
終了時刻が繰り上がったのでした。

前日の日曜夜から"台風(またしても)18号"が関東地方を通過するという予報があったため、
土曜の朝から「中止」の通知が電話とメールで駆け巡ってきた。

級審査会は11月4日(月・祝)に神奈川県立武道館で行われる五段以下審査会に延期されます。
9月に1級受審、11月に初段受審を予定されていた方はご安心を。
今回1級審査を申込みされていた受審予定者は、11月4日の1級審査合格後に
同日に初段審査を受審できる特例処置が適用されるそうです。


そんでもって、審査を受けない我々はお休みかと言ったら、そうはならない。
会場はキャンセルされていないので、使用可能。稽古したい者は各々、
自由稽古して良いとのこと。

自由稽古…広い体育館をフリーダムに使わせて頂きました。 (^_^)
e0076761_19125952.jpg

雨が止むのを待ってから出たので、稽古できたのは2時間足らずでしたが、充分。
とにかく、動くことが大事だから。

お疲れさまでした。
by snowy_goodthings | 2013-09-16 17:00 | 稽古記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る