<   2013年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

華麗なるギャツビー / THE GREAT GATSBY

ちょっとでも共感できると思える登場人物が誰1人もいなかった"がっかり"感しか
記憶にないフィッツジェラルドの小説の何度目かの映画化。

予告編がとても美しかったので観たかったのです。
e0076761_125734.jpg

(C)WarnerBros.EntertainmentInc.

期待通り美しい映画でした。
嘘みたいに綺麗な映像効果と登場人物達の姿形が、小説を読んだ時にうんざりするほど
感じた違和感を思い出させる。どちらかといえばネガティブな印象が多いのだけれど、
嫌な感じはしない。ただちょっと、疲れた。ドロドロと感情の渦にまみれた気分。

"報われない"運命に抗うが結局は翻弄されてしまうヒトを演じさせたら天下一品な
ディカプリオさんが見事です。共感できないが、同情はちょっとならできる。

でもってとっても良かったのは、
物語の語り手を演じるトビー・マグワイア。
面立ちがフィッツジェラルドに似ていて、原作者そのヒトの生き様と重なる感じ。
彼が言葉を綴り吐き出す姿は、ボロボロなんだけれど、キラキラしている。
結末に向かってギャッツビーは死へ、彼は生へと向かって行く。これはちょっと救い。
by snowy_goodthings | 2013-07-20 23:30 | 鑑賞記

めでたしごと

水月会・期待の若人、一杖鼈の会・末っ子であるN君の華燭の典。

20代らしい、若々しく賑々しく愉しげな挙式と披露宴でした。(^_^)
e0076761_228218.jpg

友白髪まで仲良い夫婦でありますように。

↓みてみて、むちゃくちゃ可愛いDuffyウェディングケーキ。
   お嫁さんはホルンを抱え、お婿さんは杖を握る。
e0076761_2281449.jpg

我らが水月会はなんと来賓上座の席で恐縮。
水月会師範が最初に祝辞を述べるという贅沢な布陣。

後輩の晴れ舞台のため、披露宴前のちょっとした隙間時間に高砂の前でバミる、優しい先輩達。
e0076761_22145121.jpg

そして「拝見」新郎みずから中段を演武。
e0076761_22173610.jpg
師匠が立合い、先輩が打太刀をするという贅沢な布陣。

最後は名古屋の結婚式といったら、お愉しみの「お菓子まき」。
e0076761_222185.jpg
その呼び名の丸い印象とは裏腹に、けっこう痛くてなかなか激しいイベントでした。
びっくりした。でも面白かったです。

じゃ、次は稽古場でお会いしましょう。お嫁さんも是非! (^_^)/
by snowy_goodthings | 2013-07-14 18:00 | 稽古記

Nagoya Marriott Associa Hotel

体力とともに写欲も減退期だったので、ほっとんど写真を撮っていないけれど、
名古屋マリオットアソシアホテルに泊まったのだ。
e0076761_1511951.jpg

眺望はイマイチでしたが、
e0076761_1532196.jpg

香港マフィア映画みたいな摩訶不思議空間がとても素敵でした。
e0076761_1552989.jpg

チェックインの時に英語で迎えられて、「国内旅行者です」と言ってしまったのはご愛嬌。

ぐるっと見回すと、日本国外からのビジターが多め。
印象的だったのは、しばしばマスメディアで面白可笑しく取り上げられている
中国系旅行者のマナーについて、
この場所で私が遭遇した彼らの行動は極めて洗練されていたこと。
むしろ日本人宿泊客のほうが、パブリックスペースで騒々しく群れて喋るし、
通路を塞ぐし、ビュッフェではがっついて汚く食べ残すし、お行儀が悪い。

たまたま?
団体ツアー客がほとんどいないホテルという、サンプリングの偏り?
なんだかね。


シティホテルで気取りすぎる必要はないけれど、
場の'位(くらい)'に似合った行動って大事だなっと思った次第。
by snowy_goodthings | 2013-07-13 15:00 | 旅行記

第31回神奈川県杖道大会・第2回神奈川県親善杖道大会 1

何故に県大会は梅雨が明けるか明けないか、猛烈に暑苦しい日に開催されるのだろうか?
試合中、熱中症だか運動性頭痛だかになってツライ思いをするのは
毎年恒例のことなのだが、今年は家を出る前に脱水症状になってしまった。(>_<)
頭痛で立っていられなくなって寝込むこと数分。
ゲロゲロとトイレとチークダンスを踊ること数分。



「棄権」という言葉で頭の中がいっぱいになったけれど、
それでも行ったのは団体戦があるから。オレ、大将だから。
e0076761_21345223.jpg

そうなのです。
今年から県大会は個人戦の他、稽古場・道場対抗の団体戦も開催されたのです。
神奈川県だけでなく、東海・英国からも参加者がわんさと登場し、
賑々しく慌ただしく盛り上がる。
e0076761_21344229.jpg

9時30分より開会式。
   今回は、露払いの演武はなし。
9時45分より個人戦(仕杖のみ判定)。
   2会場に分かれて初段以下〜五段まで、その後1会場にまとめて六段〜七段。
   各段位、決勝戦・3位決定戦まで実施。
14時30分より団体戦。
   20組が参加して、決勝戦まで実施。
最後に有志および八段先生達による演武。

自分の試合は個人戦はあっさり1回戦で終了。棄権するのを忘れて出ちまったよ。(^_^;
良くはなかったけれど、気力であれだけ動けたんなら立派だと自負しよう。
…って、昨年の大会
とまったく同じ事を書いている。

因果はまた巡る。
あれだけ大騒ぎして辞めて前勤務先に戻ったのに、
仕事と稽古との関係はもっと酷いことになっている。
あんまりだ。話が違う。
誰のせいだ?決めたのは自分だから自分のせいだ。なんてこった。

オットには「次に倒れる時は死ぬ。もう辞めなさい。」と
言われている。
先生にも「稽古がしたくて、"ちゃんとした"企業に転職したんじゃなかったの?」と
言われてしまっている。
稽古仲間には「事前に説明された職場の状況と実際とが異なるなら、辞めるべき。」と
言われたし。後輩からも「心配です。」と言われたし。
友人からは「仕事が愉しいと思い込むことで我慢しようとしている。」と
言い当てられたし。
勤務先のヒト達を除く自分の周りのヒト達全員に揃って「辞めなさい」と責められる
オレの仕事ってなんなんだ。(^_^;
あぁ、どうしよう。えぇ、どうにかするけれど。


まぁ、それはさておき。


午後の団体戦はもうちょっと良い感じに動けました。
初段〜五段まで、経験値が異なる3人が一緒に勝ち上がるのは大変だなっと思ったので、
この結果は健闘したと言えるでしょう。
e0076761_21353072.jpg

でも、団体戦の運営は来年に向けて色々改善の余地がありそうです。
審判は慣れてきたので、大会全体の運営・進行の"いろは"を学ばねば。
e0076761_21382031.jpg

大会後の懇親会はキャンセル。
体調を気遣ってくださった事務局先輩のご厚意で、参加費が戻ってきたけれど、
こういう土壇場ご迷惑は良くない。反省。
帰宅途中で具合が悪くなったら大変だからと、オットもキャンセル。申し訳ない。

横須賀の市場料理ってどんなんだったんだろうか…残念。


入賞者の結果とか決勝戦の模様(動画)は、近日中に
神奈川県県道連盟 杖道部会サイトにあがりますので、
公式記録は↓こちらをご覧ください。


http://kanagawa-jodo.main.jp/





例によって自分が撮った質より量な写真は Flickr (←Click!)にあります。
ほとんどpublicなんで、よしなに。
 掲載期間終了、閲覧制限設定しました。
 *稽古つながり or お顔とお名前が一致しているFriendsさんは引き続きどうぞ。



by snowy_goodthings | 2013-07-07 17:00 | 稽古記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る