<   2012年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

津軽で年越し

初めて、オットの実家で年越し。
行きの飛行機は、関東地方の強風を伴う雨で大揺れ。
帰りの飛行機は、津軽地方の暴風雪による滑走路閉鎖で大幅遅延。
…と、
往復の交通に悩まされたのは冬のトーホグ帰省のお約束かな。

久しぶりに、
踏んでも踏んでもフワフワ・サラサラで足を取られる雪道を歩いたよ。
e0076761_23114228.jpg

31日は飯詰稲荷神社裸参りなんぞを観に行く。
褌一丁の男衆が、地元の名士さん家前で水風呂(バケツ)に浸かって禊をした後、
奉納品を担いで1km弱先の稲荷神社へ参るという行事。
何故、寒い土地のオトコは寒い季節に脱ぎたがるのだ?(^_^;

残念ながら禊の儀には間に合わず、ご近所さんに水をかけられながら歩くところに遭遇。
想像してはいたが寒そうな光景に動揺したか。この時に撮った写真は全部失敗しちまった。
e0076761_23203622.jpg

オット兄弟3人も初めて見たんだそうだが、江戸時代から続く伝統行事とのこと。
e0076761_2328993.jpg

最後に、無病息災のご利益があるという蜜柑投げ。
だめだ、写真を撮っている暇なんてない。
天然の"冷凍みかん"が、真正面から・頭上から飛んでくるんだから。ひゃーっ!
e0076761_2328589.jpg

無事に頂いた蜜柑。これを食べたら、来年は病気知らず?
e0076761_23392745.jpg

帰りに出会った、
北国の犬らしい毛むくじゃらな可愛いワンコ。
e0076761_23312767.jpg

これも北国らしい、凍った干し柿。
e0076761_2335239.jpg

…と、
呑気に写真を撮り散らしているが、
雪が降ったり吹雪いたり、ずぅーっと大変な寒さでした。
e0076761_23353478.jpg

↑地面から吹き上げる風に煽られるヌイグルミ達。


そして大晦日のご馳走。オットの実家ではしゃぶしゃぶが恒例とのこと。
e0076761_2341521.jpg

今夜、日本の多くの家庭で
すき焼きかしゃぶしゃぶか寿司を食しているではないだろうか?

そんでもって、NHK紅白歌合戦。
e0076761_2343558.jpg

ももクロちゃんと美輪さまが強烈だった。必死なヒトが出す"気"は、凄い。


そんなこんな、お祭り騒ぎで過ぎていく2012年。

by snowy_goodthings | 2012-12-31 21:10 | 旅行記

007 スカイフォール / SKYFALL

ロンドン・オリンピック開会式で、
女王陛下と007とが「スカイフォール」していましたっけね…


ダニエル・クレイグ=ボンド、3作目。
原作小説に近しい"堅い"雰囲気にゾクゾクした「カジノ・ロワイヤル」と
剥き出しな環境資源利権と政治の闘争が妙にリアルでゾッとした「慰めの報酬」は
連続した物語だったけれど、今作は時系列的なつながりは特に無い模様。
プロダクションの破産などで間が開いたからか、ボンドさんがオッサンに老けていたのは
同世代の自分にはかなり衝撃でした。えぇ。

今作は映画シリーズ50周年のお祝いみたい、
歴代ボンド映画のモチーフがぽんぽん飛び出てきて、大賑わい。
e0076761_22435321.jpg

(C) Danjaq, LLC, United Artists Corporation, Columbia Pictures Industries, Inc.


かなり哀しい"世代交代"があるけれど、
主人公のボンドが既に6人も代替わりしているんだから、諸行無常…か。
代わりに魅力的な人物達が加わって、もう次の作品での活躍を期待してしまう。
例えば、6代目Qのお兄ちゃん。何処かで観たことがあると思ったら、
「パフューム」のジャン=バティストだったヒトではないか。またしても、異能のヒト。

そんでもって、ダニエル007は、出てくる悪役がとにかく、とことん魅力的。
あぁ、もう。
見慣れない金髪のハビエル・バルデムのあの気持ち悪い怪しさはなんなんでしょう。
前作のマチュー・アマルリックも、前々作のマッツ・ミケルセンも、観る側に
居心地の悪さを感じさせること甚だしかった。
あぁ、もう。溜まらない。

ダニエルさんは、あと1〜2作はボンドを演じるとかなんとか。
同世代の自分としては、ビシッと、シャキッと、まだまだ格好良くいてほしいです。
by snowy_goodthings | 2012-12-29 21:00 | 鑑賞記

仕事納後、一如

仕事納めの会で、送別の儀。
e0076761_17403430.jpg

去るヒトに「久しぶりに戻って来てどう?」と聴かれて、
印象を忌憚なく言ったら納得される。そういうものか。そうなのか。

その後は我が家の仕事納め。
昨年と同様
一如でよく悔い、もとい、食い、呑む。
e0076761_17531425.jpg

この1ヵ月間で3kg超痩せて驚いた。だけれど、食欲はちゃんとあるから大丈夫だろう。
e0076761_17414280.jpg

美味しいモノは美しい。これって、単純明快に幸せ。
e0076761_17552490.jpg

早めの年越し蕎麦。
e0076761_17564723.jpg

どれもこれも美味しく頂きました。(^o^)

さぁ、冬休みっ。
会社のPCも持ち帰ったし、リモートアクセスの仕方にも慣れたし。うん。
by snowy_goodthings | 2012-12-28 22:00 | 外食記 横浜

納会でした

あれこれ考えて、あちこち相談した結果、11月下旬に前勤務先へ出戻りました。
辞めたのは約7年9ヶ月前。ほぼ8年振りの復帰。
会社全体の組織も仕組みもがらっと変わっているので、知らない会社に入ったも同然。
むしろ、変わった事の大きさ・多さが見えるぶん、戸惑う事が多い。
なのだが、
知っている方々からは公的に私的に要求される事が多い。体制が変わったなりに、色々と多々。
それらに対し、
何もしていないというか、できるようにならないまま、1ヶ月経過中。あああ…

そんなこんなしていたら、寝坊した。


今日は神奈川県剣道連盟杖道部会の納会が神奈川県立武道館で開催されました。

いつもよりちょっとだけ豪華なお弁当。
e0076761_11193611.jpg

13時から演武会。無段〜七段までそれぞれ仕杖を審査。
e0076761_11203868.jpg

土曜日開催のためか、参加人数は全体に少なめ。
「五段以上は古流を演武しなさい」とお達しが出たもんで、
稽古仲間で中段をバタバタと演武。

演武中、後ろのほうで八段の先輩達がブツブツ言っていたのが聞こえたけれど、
"できていない"から"できる"ようになるため稽古してるんだから、
「できていない」なーんて、当たり前のことを言われても、ぜんぜん響かない。
そんでもって、
自分はもう「できない」「難しい」なんて言い訳を言うつもりはないのです。
それを言うと、身に付かない・変われない自分を許しているように思えるのだな。うん。

下手でも、なんでも、稽古はやってなんぼ。

最後に、八段先輩達の五月雨。事務局先生の反応がなんとも印象に引っ掛かる。
e0076761_11264994.jpg


その後、六段以下の優秀者には表彰。ありがたくも、賞状を頂きました。
事務局からの講評は「正確さを追求すること」そして「もっと気合を出すこと」。


忘年会には参加しなかったので、私の2012年の稽古はこれで終了。
今年一年、ありがとうございました。来年もよろしくお願い致します。



例によって写真は Flickr(←Click!)にあります。
「2012年神奈川県納会」setを作りました。
ほぼ全部public公開しましたので、関係各位はよしなにご覧ください。



公式記録は県連杖道部会サイトをご覧ください。後日更新。


http://kanagawa-jodo.main.jp/



by snowy_goodthings | 2012-12-22 16:30 | 稽古記

のぼうの城

原作を愉しく読んで、延期になった映画公開を楽しみに待っていました。
e0076761_23354544.jpg

(C)「のぼうの城」フィルムパートナーズ


待ったぶん、過剰に期待してしまった。(^_^; 不満ではないです。観られて満足ではある。
ただね、戦=殺し合いの情け容赦ない映像描写が生々しいので、
教科書的に丁寧なナレーションに違和感あり。時代劇映画って、
どうしてそんなに活字に頼ろうとするの?映画なのに。
"水攻め"の映像表現よりも、役者さん達のお芝居の迫力が凄かったのに。

ともあれ、登場人物達のその後の人生は過酷な筈なのに、
見終わった後は意味も無く清々しい。不思議だねぇ。
by snowy_goodthings | 2012-12-15 23:30 | 鑑賞記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る