<   2012年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

春の新入り

昨夏に枯らしてしまった苔玉ワイヤープランツの跡地(割れた鉢)に、
車葉草。
e0076761_1394370.jpg

配送中にポットの土が半分以上こぼれ落ちるというアクシデントに見舞われたコだが、
「大丈夫、大丈夫」とか、あれこれ声をかけながら植え替えたら、
翌日にはぴちぴちと伸び始めた。

こんな時、植物にも魂はあると思ってしまう。





あぁ、でもね。
菜食主義者の方々へ喧嘩を売る気はさらさらございません。
"モ"中につき、「Meat Is Murder」でビビっている (^_^; ←自意識過剰
by snowy_goodthings | 2012-04-29 10:00 | 庭風景

He

はるか昔、レコード店でみかけた
太ゴシック&行書体で「肉喰うな!! THE SMITHS」って邦題の帯が恐ろしくて、
遠めの間合いであまり聴かないようにしていたのは、The SmithsとMorrissey。
自分もオトナになったんだし、向こうもおじさまになったんだし、
大丈夫だろうって聴き始めたら、綺麗な声が、
恐ろしく耳に心地良いこと甚だしい。
驚いた。

思春期での反抗や青年期のモラトリアムとか、階級や政治経済の歪みとか、悶々とする年齢の頃に
自意識を重ねて熱狂するのが相応しいアイコンであると思っていたから、
まさか"守り"のサラリーマンになって、これまた"守り"の壮年期になってから響くなんて。
驚いた。

なんだかね。なんというか、
大人になるって、世間の荒波にさらされて丸くなるものかと思ったら、さにあらず。
肥大し続ける自意識はますます尖り、周囲の人々とド突き合う修羅場となる。
ただ、痛々しいってだけではないような。時に滑稽でもある。
もう若くはないから、"若気の至り"な悲壮感はない。
ややこしい。


したっけ、
休日出勤してもはかどらない仕事を途中で押しのけて行ってきました、
Morrissey Japan Tour 2012 CLUB CITTA' KAWASAKI。
妙な脅迫観念にかられて行ってきましたよ。えぇ。これこそ自意識過剰。
これで一人前の聴き手。←ぜんぜん違う
e0076761_0432759.jpg

観客の頭上でユラユラと花がそよぎ(美しい)、
オッサンの怒号のような歓声が飛び交い(恐ろしい)、
ステージによじ上って抱きついた女性へ御大が賛辞を贈られたり(そうなんですか)、
携帯やスマートフォンでステージを撮りまくったり(良いんですか)、
…今まであまり観た事がない、コンサートの光景。

ああ、良い年したオトナで、良い年になったコドモ。

初めてナマ身の肉体を伴った姿で拝見したM御大は、
頻りに詩とも世辞ともネタともつかぬ言葉を投げかけたり、
観客にマイクを向けて会話を仕掛けたり、汗ばんだシャツを脱いでは投げたり、
フランクというか、フレンドリーというか、無頼漢でジェントルマン。
この表現が適切かは不明。たぶん、まだなんにも解っていない。

誰にともなく周囲にどっと陽の"気"を惜しみなく吐き出すヒトに出遭ったのは、
これが自分の人生では2度めくらいの体験。どばっと浴びてしまった気がする。
驚いた。
オーラとか、ぜんぜん目には見えないんだけれどさ。感じがするのです。
とんでもないヒトを見てしまった。こんなヒトがいるなんて。


後方のいち観客として、
「桜」とか「六本木の綺麗な家」とか、ウィットがさっぱりわからず
気の利いたリアクションを返せなかった事が悔やまれる。
「Sexy Zone」とか言われても、オレ芸能ネタに疎いんだもん。
ごめんなさい、モリッシィ。


会場ごとにセットリストが微妙に異なるそうで、川崎では以下の通り。
1 You Have Killed Me
2 Alma Matters
3 You're The One For Me, Fatty
4 How Soon Is Now ?
5 Ouija Board Ouija Board
6 I Will See You In Far-off Places
7 Last Night I Dreamt That Somebody Loved Me
8 I'm Throwing My Arms Around Paris
9 Action Is My Middle Name
10 Speedway
11 Meat Is Murder
12 Everyday Is Like Sunday
13 Still Ill
14 People Are The Same Everywhere
15 Let Me Kiss You
16 To Give (original: Frankie Valli)
17 Please, Please, Please Let Me Get What I Want
18 First Of The Gang To Die
enc: One Day Goodbye Will Be Farewell

かなり出遅れた聴き手なので、最近のソロ楽曲多めの構成が嬉しかった。
(いちばんよく聴いていたアルバムが「Years of Refusal」だもん)
アンコールの曲の歌詞は、(年齢的に経験的に)他人事じゃないから、
涙腺が緩むなんてことじゃ済まぬ。胃が痛むこと甚だしい。


あぁそうだ。"STILL ILL"の有名な一節:
 ENGLAND IS MINE AND IT OWES ME A LIVING
 (イングランドは僕の国だ、僕の生活を保障する義務がある)
の真っ青なTシャツ、買ってくれば良かったな。この事も悔やまれる。


また来てください。いや、もう1回行きます。←日本語で書いても伝わらないって(^_^;

by snowy_goodthings | 2012-04-21 19:30 | 鑑賞記

夜花見

ベランダのあちこちでワラワラと開花する今日この頃。
深夜に外に出て花を眺められるなんて贅沢。花を見るだけなんだが、これが
まぁ、良い気分転換。

先日の大掃除の際、
重なった枝を切って鉢の間隔を広げたブルーベリー達は今年は花付きがとても良い。
行き当たりばったりに無茶苦茶な剪定をしたのだけれど、樹木たちは喜んでくれたらしい。
e0076761_0535213.jpg

夜な夜な、受粉作業が進行中なのだが、ちょっとした労働である。

求む、ミツバチ。やる気重視、委細面談。
…って、毎年思うんだよ。(^_^;
by snowy_goodthings | 2012-04-17 00:40 | 庭風景

桜、発気揚々

昨年、衝動買いした桜小盆栽"はっけよい"こと「旭山」が今年も満開。
e0076761_11474618.jpg

盆栽の扱いがようわからず、水を遣って、適当に話し掛けているだけなんだが、
ちゃんと咲いてくれました。ありがとーう。

今週末は土日曜も出勤しないと仕事を片付けられないダメ主人に代わって、
ヌイグルミ達が花見をしてくれています。
e0076761_1148221.jpg

うぅっ…
by snowy_goodthings | 2012-04-15 11:50 | 庭風景

アーティスト / The Artsit

今年のアカデミー賞は映画黎明期を扱った作品:
フランスの"SF映画の父"メリエスを描いたアメリカ映画「HUGO」と
サイレントからトーキーに移行する頃のハリウッドを描いたフランス映画「The Artist」とが
賞を分け合っていたけれど、アカデミー賞って
映画作りへの性だの、業だの、愛だの、欲だの、
"映画に人生捧げちゃったヒト達"のお祭りみたいで愉しそうね。
e0076761_11444166.jpg

(C)La Petite Reine – Studio 37 – La Classe Américaine – JD Prod – France 3 Cinéma – Jouror Productions – uFilm


フランス映画だから、
モノクロ&字幕って表現と着想の斬新さだけで勝負している作品かもしれないと、
勝手に警戒してしまいましたが、そんな事なかった。(^_^; サウンドトラックが素晴らしい。

古風だけれど、古臭くはない。夢物語だけれど、優しいお話ではない。
懐古趣味なようでいて、新しい感動を生み出そうって野心のほうが強そう。
(勿論ダグラス・フェアバンクスとかルドルフ・ヴァレンチノとか観たくなりますけど)

ちょい気怠くのろい展開に感じるところもあるんだけれど、犬もヒトも、皆さん魅力的
だから、眺めているだけで愉しい。
そんでもって、観終わった後の感覚は爽やか。


少し時間を置いて、また観たくなりそう。そんな映画。
by snowy_goodthings | 2012-04-14 23:20 | 鑑賞記

五段以下審査会でした

午前中と午後少しは講習会で、一級・初段〜五段の段位別に分かれて稽古。
六段以上は各グループの指導者役。

あれこれ考え直す&やり直すべき点の指摘があったのですが、
もちょっとガツガツ動くだけの鍛錬の土台がないといかんよなーっ…と、
思う次第。愉しく稽古するのが目的じゃないんだよ。うん。
まぁ、その辺りは実行を以て実現するしかないので、当然な反省や正論は無力。
稽古しよーう。


14時より、半年に1回の五段以下審査会。
受審者さんは、国籍・年齢さまざま。沢山いらっしゃった。
e0076761_20471070.jpg

審査の演武中、所作間違いが散見されたけれど、理合と間合の理解が不十分ゆえのミスか。
空振る現象が続いた印象あり。
稽古ではついし損じた動作からやり直してしまうけれど、型としては不成立。
(>_<)
"本番"でし損じた際の善い立ち回り方について、図太く慣れておく必要を感じる。自分も
やりそうだよ。


その後は、1年に1回の花見。
岸根公園は満開の少し手前のピンク色。ちょい花冷え。
e0076761_2058219.jpg

帰って仕事しなきゃあなーって状況だったんで、あまり呑めませんでした。残念。
一方、オットはけっこう呑んだくれたらしく、陽気。うぅっ
(^"^;


例によって写真は Flickr(←Click!)にあります。
*杖道振興・普及(?)のために、最近はpublic幾ばくか


県連杖道部会サイトの「活動報告>審査・大会結果報告」も更新されますので、
ご覧ください。



http://kanagawa-jodo.main.jp/



by snowy_goodthings | 2012-04-08 18:00 | 稽古記

ぺんぺん

最近流行りのミラーレス一眼ってやつを
遅ればせの"誕生日祝い"と称してオットに買ってもらった。(^o^)

OLYMPUS PEN Lite E-PL3
例によって、センスの欠片もない私的コードネームは「ぺんぺん」。うひゃっ
e0076761_0261725.jpg

初めて買ったデジタルカメラ「CAMEDIA C-3030ZOOM」以来、久しぶりのオリンパス。
頑張れオリンパス。

お約束で、1枚目はうさこ。
e0076761_0262546.jpg

ミラーが光学でないだけで、こんなにもカメラ本体って薄くなれるのかぁ。
コンデジより軽いんじゃなかろうか。驚愕。(^o^)
by snowy_goodthings | 2012-04-01 12:00 | 買物記

我家的開花宣言

ブルーベリーが咲き始めました。
e0076761_0192116.jpg

昨年より1週間位の遅れ。
by snowy_goodthings | 2012-04-01 10:00 | 庭風景


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る