<   2012年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

肥後スミレ

冬の間、枯れ草のようになっていた肥後スミレ。
3月半ば頃から緑色の草がもしゃもしゃ生えてきて、あっという間に白い花が咲いた。
e0076761_11529.jpg

逞しい宿根草。(^_^)
by snowy_goodthings | 2012-03-29 09:50 | 庭風景

年度末大掃除

久しぶりにベランダの大掃除。
ブルーベリーの紅葉が散るのを待っていたら、年が明けてしまった。
(^_^;
床のウッドブロックを剥がして、排水路のレンガと穴あきパネルを外して、
ブロアーでガーガー・ボーボーと土や落ち葉をかき集めて、また床を敷き直す。
延べ3週間ちょっとで終了。
たった1坪しかないのに、大仕事になっちまった。

↓東側
e0076761_2221563.jpg

↓西側

e0076761_222626.jpg


あれ。写真に撮ってみると、スカスカで寂しい。
ブルーベリーの葉が茂ってきたら、庭らしく鬱蒼としてくるだろうか?

ぼつぼつ春だねぇ。
by snowy_goodthings | 2012-03-25 10:10 | 庭風景

シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム / Sherlock Holmes: A Game of Shadows

ぶっ飛んでいるようで、
真っ当真面目なパスティーシュぶりが愉しくって愉しくってたまらない、
ガイ・リッチーのというか、ロバート・ダウニー Jr.とジュード・ロウとの
世界一有名な探偵とその盟友のお話。
英国紳士って真面目なんだか変人なんだか。


1891年って言ったら、「最後の事件」の年ではないですか。
モリアーティ教授が姿を見せるんだったら、「最後の事件」じゃないですか。
e0076761_1355327.jpg

(C)VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

"戦争は文明を破壊する愚行"とも言うし、"勝利のために犠牲は必要"とも言う、
正義と不謹慎との間を行ったり来たりするする複雑怪奇な人物描写は間違いなく
小説で読んだシャーロック・ホームズその人。奇行度がやや高め。

一方、"犯罪界のナポレオン"モリアーティ教授は何故ホームズをいたぶるためにワトソン君を
狙ったんだ?"英国政府そのもの"のマイクロフト兄ちゃんを狙ったほうが、野望のためにも
一石二鳥だろうに。まるで世界征服が目的なのに幼稚園バスばっかり襲う
「仮面ライダー」のショッカー。
そりゃ、そうしないとお話が始まらないけれどね。紳士度がやや高め。

…と、大爆発や大炎上の規模・回数の増加と事件規模の拡大との相関はちょっと弱い。
20世紀始めの大戦を予感させる派手なドンパチを交えつつも、
やっぱり相変わらずダラダラ起承転結。いや、それで良いんです。それが良いんです。
はい。

物語は期待通りかな。オチも裏切りがない。


そんでもって、映画としての仕掛けの面白さが強烈でした。

前作で気に入らなかった、出ずっぱりなアイリーンの処理は天晴。
でもやっぱり映画にはヒロインが必要らしく、いかにも監督好みっぽい
ロマのお姉さんが出てきちゃう。このヒトが華奢なのになまら強いなと思ったら、
スウェーデン版「ミレニアム」のリズベットだ。なら、しょうがないか。

馬に乗って敵を追跡なんて西部劇っぽい展開だなーっと思ったら
「真昼の死闘」の音楽が流れるもんだから、えらい可笑しい。
こういうのタランティーノ作品っぽいけど、如何にも映画らしくって憎めない。


最終的な興業成績しだいで、次回作があるかないか決定するらしいけれど、
下敷きとなる聖典のモチーフはけっこう使い尽くしてしまった印象もあり。

ロバさんのホームズが観られるとしたら嬉しいが、いやはや、さてはて。
by snowy_goodthings | 2012-03-24 02:30 | 鑑賞記

伊勢廣 銀座店

やき鳥どんぶり 4本。
e0076761_0511318.jpg

「銀座5丁目店」の伊勢廣さんではなく、「銀座店」の伊勢廣さん。
ご馳走になりました。
by snowy_goodthings | 2012-03-23 11:50 | 昼飯記 港区界隈

年度末、講習会でした

平成23年度最後の講習会でした。
あ、思い出した。
昨年度末~今年度初の講習会は、
地震で県立武道館の天井が一部崩落して中止だったのです。
もう1年。まだ1年。
e0076761_2154117.jpg

単独動作の後、1級以下〜五段以上に分かれて、回り稽古。
さらに午後は、七段〜八段を受審する先輩達が集まって"特訓"なんてのもありました。
オットよ、もっと頑張れ。←鬼嫁


講習会後は、稽古仲間で呑み。おめでたい。
e0076761_2264644.jpg

そして例によって長丁場。(^_^;

1軒目は西口五番街の居酒屋ひさご。
e0076761_2301260.jpg

2軒目は奥横浜のwine bar cyama。
e0076761_2301965.jpg

気がつけば結構な深夜。(^_^; おつかれさまでした。

*"鼈"の皆様へ伝言
 「お好きなおでん一品サービス券」が6枚ありますんで、使ってください。


そうそう、
平成24年度から、講習会の参加申込は事務局締切を厳守のこと。
当日"飛び入り"参加は極力しないで(原則不可)ほしい、と。保険加入するとかなんとか。


あと、
平成24年度最初の講習会・五段以下審査会は4月8日です。
終わったら、お花見か?←期待

それと、
平成24年度の県大会は第30回です。キリ番だ。
記念□段戦開催とか?←妄想

…いやいや。
by snowy_goodthings | 2012-03-19 23:30 | 稽古記

新橋ときそば

今日のお昼は外メシ。
いつも、会社いる時のお昼はお弁当を買って来るばっかりなので、
これはたいへん珍しい。

そんでもってたいへん珍しいことに自分が奢ってあげるお昼なので、
どうせなら美味しそうな処に行きたい。

…という訳で、塩竈神社そば、新橋ときそば。
e0076761_2121328.jpg


by snowy_goodthings | 2012-03-16 13:00 | 昼飯記 港区界隈

ヒューゴの不思議な発明 / HUGO

大人たちがオロオロ・バタバタする映画ばかり撮る印象があったスコセッシ監督が、
70歳近くなって「オレ、子どもだって撮れるんだぜ」と、"引出し"を増やしたらしい。
e0076761_1583026.jpg

(C) Paramount Pictures

映画黎明期の作品達や人類最初の映画監督であるジョルジュ・メリエスに逢える、
映画愛ばかりが溢れる映画。監督はそういう意図ないみたいだけれど、
表現への欲とか業のような情念がムラムラと感じられてしょうがない。

でも、映画愛を感じられない邦題がただただ残念。
配給会社さんは、何故にこの作品をファンタジーかSFかと思わせぶりたがったのだろうか?
そりゃ、ちっと物語の繋ぎが強引で、わかりにくい展開だったけれどさ。
お話の肝は全然違うのに。(^_^;
これをマーケティングと呼ぶのか。あるいは、読解力が吹っ飛んでいたのか。
(失礼)


まぁ、でもね。
そんな悶々は映画が終わる頃にはどっかに行っちゃいます。

3Dがとにかくとても綺麗。
今いちばん新しい撮影技術で、いちばん古い撮影技術を表現するって不思議な妙。

映画って素晴らしい。映画を観るって愉しい。
by snowy_goodthings | 2012-03-10 23:30 | 鑑賞記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る