<   2011年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル / Mission: Impossible – Ghost Protocol

タイトルとは裏腹に、ずぶーっと安心して観られるトム・"絶対にできる"・クルーズ印の
スパイ大作戦映画版4作目。

相変わらず、背筋が真っ直ぐでブレない走りが見事です。
e0076761_21572692.jpg

(C)PARAMOUNTPICTURES


1~3作目までは、トム・クルーズ演じるエージェントとヴィング・レイムスの同僚の2人が
1作ごと設定をリセットして大暴れするシリーズだったと思ったけれど、4作目は3作目の続編。
最初のほうで前作にもいたベンジーがご丁寧に台詞で説明してくれるのだけれど、
5年前に観た記憶をむぎゅーっと絞り出す。
最後、主人公の奥さんがスパイ顔負けに強かったって話だっけ。(^"^; ←忘却

悲劇的な殺戮は冒頭だけ。あとは悪役をバッタバタと倒していく展開なので、
ディズニーランドのアトラクションのように安心。
しかも主人公1人が頑張るわけじゃないチームプレイだから、さらに安心。
最後の最後に悪役のボスが強靭な身体能力に目覚めて主人公と互角に肉弾戦をやってのける
なんて信じ難いが、それでも安心。

そんな期待通りの展開をするってわかっていても、ハラハラしながら観ちゃうんだから、
映画って面白い。


今までで最も華やかで凝った作品といった印象。異国情緒溢れて、画面がカラフル。

個人的にはやっぱりジワジワと騙し合う1作目がいちばん好きなんだけれど、今作の
東西冷戦の再現なんて、今更だけれどあり得なくもなさそうなモチーフにはゾクゾクするのでした。
最後のほう、アフガニスタンがどうとか言っていたのも気になる。(^_^;
大団円でもなお残る、ちょっとした後味の悪さ。なんなんだ。

そんな時代性の妙といえば、
全編あちこちで登場するAppleのノートやタブレットやスマートフォンなどなど。
シリーズ1作目ではPowerbook5300があちこちで映っていたけれど、PC全盛の頃だっかたら
「ウソっぽい」て妙なツッコミを入れるヒトもいた事が思い出されて、アップルさんの最近の
興隆ぷりをしみじみ感じ入る。
by snowy_goodthings | 2011-12-30 23:30 | 鑑賞記

納会でした

12月4日は水月会の納会、そして12月25日は神奈川県の納会でした。

偏頭痛がひどくって、1時間ちょい遅れて参加。
今までだったら休むんだけれど、今は意地でも稽古したいのです。(>_<)
e0076761_0211997.jpg

午前中は段位別に分かれて稽古。
五段グループがちょうど偶数だったので、お隣の六段以上グループに混ぜて頂いて稽古。
先輩達とは出来が悪いほうに違うので、あれこれ突っ込まれまくるんだが、
やり直す余裕のないままバッタバタ。すみませんでした。 (^_^;

午後は段外〜七段まで演武会。そして八段による演武披露。
e0076761_0272210.jpg

e0076761_14231035.jpg

e0076761_14231553.jpg

自分は勢いばっかで、理合ぐちゃぐちゃな困った演武をしちまいましたが、
これも経験という事で。やらないと解らないもの。
えぇ、もう。たぶん。 (^"^; ←余裕無し

納会後は、忘年会。
会場は、いつものホテルではなく居酒屋のお座敷。
e0076761_0321116.jpg

くだけまくった雰囲気で、称号段位や稽古歴を超えて喋くり合う"呑み会"も
たまには良いんじゃないですか。 (^o^)


そんでもって
忘年会後は、稽古仲間と2次会。

お空の上にいる師匠と乾杯。
e0076761_037127.jpg

先生に教えを貰いたかった事が残っていたのは先輩達もそうなんだと思うけれど、
こっちだって見てもらいたい事と尋ねたい事が沢山あったのです。

師匠がいた場所はこれからしばらくの間、ぽかっと穴が開いたままだけれど
(代わりはいませんってば)、その分、
師匠に習った事を存分に思い出したり考えたりする時間が沢山あるって事なのです。
もちろん、ノンビリはしていられないけれど。

頑張りまっす。(^_^) 頑張るのが自分の役割だから。


そんなこんな、質より量な写真は
Flickr(←Click!)にあります。
演武会・忘年会の写真ともpublicにしておりますので、誰でも閲覧可能です。
"杖先の高さ"フェチみたいな写真が多いのは、
その事について自分が考えているところだからなのでご容赦を。
よしなに何卒。

神奈川県剣道連盟杖道部会ってこんな感じなんです。愉しそうでしょ。
by snowy_goodthings | 2011-12-25 22:00 | 稽古記

しょうあん

お城を見て古建造物フェチづいたところで、ダメ押しでしょうあんへ。
姫路城の西、
漆喰の建物がずらっと並ぶ歴史的景観と、抜け道に使う車の交通量の多さとが
無体な時代超越の風情を漂わす一画にある、カフェ。
e0076761_16264892.jpg

バスだのトラックだのの隙間を縫って、えいやっと一歩お店に入れば、そこはとても静か。
e0076761_16321710.jpg

城下町っぽいコーヒー。←出し方が、なんとなくね
e0076761_16482519.jpg

姫路の商店街って、年かさのご主人が昔っから引き継いだようなお店もあれば、
東京か大阪の学校を出て帰ってきたような若人が自分の趣味丸出しなお店をやっていたり、
1〜2軒おきにいろんな世代・嗜好・趣向のお店が混ざっていて面白い。
"若者が出て行った街"にはならなさそうだし、"若者が集まる街"にもならなそうな気配。

素晴らしーい。
by snowy_goodthings | 2011-12-24 16:44 | 外食記 旅先

今なら姫路城大天守にはエレベータで上がれます

大阪に行ったついでに、姫路へ。

駅前の商店街は写欲くすぐる店構えのお店が沢山。(^_^;
e0076761_21295298.jpg

外観だけ撮って去るのも惜しいんで、
夜勤明けで一杯やってるおじさん達に混ざって早めのお昼。
姫路に来たんだから、姫路おでん。
e0076761_21322543.jpg

名物らしい、穴子丼。
e0076761_21324033.jpg

そして大天守保存修理工事中の姫路城
e0076761_21335265.jpg

"白鷺城"の真っ白い姿が拝めないなんて、嘆いちゃいけない。
e0076761_21414733.jpg

剥き出しな天守閣の構造が解るのは今だけなんだから。(^▽^)
e0076761_21352861.jpg

1ヶ月前にネットで予約して、入口で入場券を買って、
エレベータでぎゅーっと一気に天守のテッペンまであっという間。
e0076761_21372128.jpg

ここ、屋根だよ、屋根。「天守物語」の長壁姫よりも高い場所にいるんだぜ。
e0076761_21381170.jpg

滞在時間はいつもの半分程度:1時間位だけれど、見聞した充足感はかなり一杯。
e0076761_21441371.jpg

決して城好きではないんだが(日本史は苦手)、姫路城は美しいと思います。
駅からお城まで連なる商店街も元気があって、姫路の街は歩いていて愉しい。
また行きたい。
by snowy_goodthings | 2011-12-24 16:00 | 旅行記

ぷらっと関西

大阪へ行ってきたよ。
e0076761_15111166.jpg

10月の来阪時
大阪なのに旨い食べ物にイマイチありつけなかったのが残念至極であったが、
今回はふらっと通りがかった店の何気ないモノが美味しいこと、美味しいこと。
e0076761_15471910.jpg

大阪はこうでなきゃあ。


旅の第一の目的については来年1月15日にまとめて覚え書きするつもりなんで、
第二の目的の事。

この日はFlickr関西"乙女"のおひとりがお誕生日。
それを祝わずに帰るってぇ事はべらんめぇ、あり得ないでしょうっと、お祝い会。(^▽^)
e0076761_15112430.jpg

主役に選んで頂いたお店は、京橋駅ガード沿いのネパール料理店。
e0076761_151151100.jpg

ナンが美味しくて「ナンおじさん」の話でちら盛り上がりする。

ナンおじさん、ご存知?(^_^; 私はドラム寿司が好きだったんだが。


お祝いしたり、お土産頂いたり、お買い物したり、いろいろ良いモノを手に入れた。
愉しい事ばっかりな1日。
e0076761_15133975.jpg

また遊んでくださーい。
by snowy_goodthings | 2011-12-23 20:30 | 旅行記

さよなら「ZED」ほぼ日スペシャルデー

始まりがあるなら、終わりもあるもの。
世界でいちばんでっかいサーカス、シルク・ドゥ・ソレイユの
日本で唯一のレジデントショー「ZED」は今年いっぱいで公演が終了するそう。
ショービジネスは"ショー"と"ビジネス"どっちも成り立っての事だから。

…なぁーんて、物解りの良さはさておき。
いつか観に行きたいたいと思っていたので、さぁ、どうしたものかと慌てたら、
時々眺めてはホッとしているほぼ日刊イトイ新聞さんが
「みんなで一緒に『ZED』を観て拍手を贈りましょう。」
なんて特別公演をされるんだって。ちょうど発売開始時間に遭遇。
袖振り合うも、拍手するも、盛り上がるも、なにかの縁。

チケット買って、行って来たよ。

フェルトバッグとかやさしいタオルとか、赤い鼻とか、"おみやげ"を頂いた。(^●^)
e0076761_026254.jpg

見上げて、驚いて、笑って、感激して、
2011年はいろんな事があったんだーっと、うわぁーっと思って
泣きそうになったり。いや、泣かないけどさ。
感情が動くのは生きている証拠。生きているなら、存分に感じたり考えたりしないと。

2011年はまだあと20日間あるから。
今日迄しんどい事のほうが記憶に生々しいし、それらの事はぜったいに忘れないけれど、
最後はぜったいに笑って終わってやろうではないか。


そんな超絶的な元気が充填された、みっちみちな約2時間。
キャストの皆さま、スタッフの皆さま、ほぼ日乗組員の皆さま、前後左右のノリが良い知らないヒト達、
ありがとーう、ありがとーう、ありがとーう。
e0076761_0263249.jpg

明日からと言わない、今から頑張るー。何をどうだか知らないけど、頑張るー。
by snowy_goodthings | 2011-12-11 18:30 | 鑑賞記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る