<   2011年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

wine bar cyama

ときどきお世話になっております、奥横浜・帷子川べりの小さなワインバー。
e0076761_0215656.jpg

今夜はハロウィーンが近い夜らしく、お菓子付き。
e0076761_0213531.jpg

ワインにはチーズ。
e0076761_0225860.jpg

そしてお隣にはぱぴこちゃん。
e0076761_0251757.jpg

ごちそうさまでした。(^o^)
by snowy_goodthings | 2011-10-29 01:00 | 外食記 横浜

さすらいの女神(ディーバ)たち / TOURNÉE

プロレス好きのオットは、邦題と前売り鑑賞チケットを見て、
女性レスラー達が武者修行する映画だと思ったんだそうだ。
なんてこった、チクショーめ。(^_^;

違うよ。フランスのTV業界で干されたプロデューサが一旗上げ直そうと、
アメリカでみつけたバーレスクダンサーの女性達+男性1人を連れてフランスの辺境を
巡業しながらパリを目指そうとするお話だよ。

…って、
プロレスもバーレスクも体を張ったショービジネスだから、似たようなもんか。
なんてこった、チクショーめ。(^_^;
e0076761_158055.jpg

(C)LesFilmsduPoisson-NeueMediopolisFilmproduktion-ARTEFRANCECinema-WDR/
ARTE-LePacte-Film(s)


久しぶりに長編作品を監督するってインタビュー記事を読んでから、待つこと約3年。
「どーしようもなくダメで扱いにくいけど憎めない男」を演らせたら超絶品な
おフランスのおっさん(←ほぼ同世代なんだけど)、マチュー・アマルリック氏が監督&主演作。

思いが漂うままに任せているようでいて、緻密に練られた詩のように観念的。
仏語&英語チャンポンな台詞、唐突な出会い、当たり合うが向き合わない会話、
そこが何処だかわからなくなる切り取り方の風景、etc
...で、主人公達も迷子になるが、観ているこちらも迷子だ。

途方に暮れた挙げ句、案の定、華々しい成功譚にはならないのだけれど、
最後はどっちに向かえば良いのかわかったような、ポッと明るい気持ちになる。


呪いをかけられたカエルの王子様は、女神様にキスしてもらってもカエルのままだが、
それでいいのだ。 (^_^)
たぶん物語後も、彼らのツアーは続く。たとえパリに辿り着けなくっても。
それが妙に羨ましくなるほど、素晴らしい。

WOW!
Have Love. Whoa Baby will Travel.
by snowy_goodthings | 2011-10-22 13:00 | 鑑賞記

「飛ぶ教室」演劇集団キャラメルボックス

大阪遠征の翌日は強引に1日休み。
土日曜に大会に行けるようにするべく、徹夜ばっかしてたもんだから、さすがに疲れた。
いや、頑丈なもんだから身体は平気なのだが、気持ちが折れた。あーうー (>_<)

仕事は面白いのだけれど、年齢・経験と共に成果品質は向上するが処理速度が劣化する
状況だもんで、受注量が無制限に増えていく状況にぼちぼち限界。
これは自分だけの事じゃないんだけどね。
稽古も仕事と同じ位に大事にしたいんだけれど、世の中的には"趣味=余暇にする事"に該当するから、
余暇がなきゃしたくてもできない。
稽古時間を作るのも修行なのは重々承知しているのだけれど、思うようにいかぬのが現実。
あぁ、あと家事ってのもあるか…まぁいいや。
それまで"主婦並み"にやろうとしたら、1日38時間位ないと、足りない。

そんな事を悶々と考えるもんだから、あんまり休んでいる気にならないのだが、
杖と道着と袴と帯を洗って干して、エージェントに行って転職の相談して、それから久しぶりの観劇。
e0076761_1554044.jpg

観たのはお馴染みキャラメルボックスさん。
作品はこれもまた児童文学の名作としてお馴染み、エーリッヒ・ケストナーの「飛ぶ教室」。

クリスマスには奇跡が起きるってのがお約束だけれど、このお話で起きる奇跡はどれもこれも
とてもささやかな事。ただ、1930年代のドイツが舞台であるって時代・政治背景を考えると、
どれもこれも危うく大事な事に見える。

観ていてちょい恥ずかしくなるくらい、真正面に美しい友情と師弟愛と親子愛がキラキラするお話。


…と、ほんのり良い気持ちになって終われば良いのだけれど、困った事にとっても悲しい。

その理由は単純。

昨日の試合について報告と御礼をしたくても、
師匠はもういないんだーっと気付いて、今さらヘタレているのである。 (T_T)

この事態に、自分で自分に驚いている。
いやはや。はてさて。まったく。
by snowy_goodthings | 2011-10-17 21:00 | 鑑賞記

第38回全日本杖道大会

大阪府大阪市、舞洲アリーナで第38回全日本杖道大会がありました。

試合場と戦った相手とに敬意を表するためにも、勝った喜びとか、負けた悔しさとか、
場内・場外問わず表現してはならないのが武道試合の最大倫理ですが、
考える事・思う事・感じる事&声を掛けて頂く事が多すぎて脳内処理能力を超過しそうな1日。
e0076761_2333453.jpg

↑神奈川県&水月会な記念写真。神奈川は団体行動が苦手すぎる。全員が揃ってない!


自分のためではなく、師匠のために、
師匠が教えてくださった時間や記憶のために、勝ちたかったです。
でもね、でもね。
決勝戦に進めたのは先生のおかげです。決勝戦で負けたのは自分の実力です。

先生はいなくなっちゃったけれど、もっと稽古します。しない筈がない。


そんでもって
優勝されたお相手のおふたり、おめでとうございます。
今日試合で当たった皆様、またよろしくお願いします。


来年の第39回全日本杖道大会は広島で開催だそうです。


…という訳で、今回 Flickr(←Click!)にあげられるような試合・演武写真は1枚もありません。
すまぬ…県杖道部会サイトに載せる写真はビデオからキャプチャして作ろう (^_^;
ま、各段位の結果だけはわかるので。


*追記:神奈川県より出場、入賞者の報告は県連杖道部会サイトで。



http://kanagawa-jodo.main.jp/




*さらに追記:全日本剣道連盟 大会情報ブログに、各段位の試合結果詳細が載っています。

by snowy_goodthings | 2011-10-16 16:53 | 稽古記

10月16日は

第38回全日本杖道大会です。(^o^)
e0076761_134575.jpg

全日本剣道連盟 大会情報ブログに大会ポスターが掲載されています。

今年の会場は、大阪府・舞洲アリーナ。


いち参加者として、
がんばります。はいっ!
by snowy_goodthings | 2011-10-16 09:45 | 稽古記

10月11日は

オットの誕生日でした。
e0076761_010370.jpg

仕事を区切って終電に乗ったけれど、
横浜に着いた時には24時過ぎて12日になってしまう。

でも、一如さんはまだ「10月11日」の営業時間中だもんで「おめでとうございます」と
言わせる言って頂く。 (_ _)
e0076761_014746.jpg

秋刀魚とか、銀杏とか、秋らしいものパクパク。
e0076761_0152067.jpg

勤務先メタ多忙&全日本前だから、お酒は控えよう…と思ってたのに呑んじゃったよ。
by snowy_goodthings | 2011-10-12 01:20 | 外食記 横浜

モテキ

勤務先でミーティングの際、
「土曜と日曜を工数に当てる事を考えないで」
「今は、皆が休みの日も出ている状況だから」
と言われた。前後の文脈が食い違っているのはさておいといて、それって乱暴だが
「つべこべ言わずに我慢して働け」ってのと同義だよ。(^"^;

お仕事あってのサラリーマン稼業ですから、やるに決まっているじゃないですか。
ただ、どのjobもスケジュールだかプロセスだかがグチャグチャだから「自信がない」って
状況を述べただけで、かくもオフェンシブな反応するのか理解できぬ。
上の発言されたご本人も、しばしば同様の発言をされているのを聞くんだけれど、
自分が言うのはイイが、他人が言うのを聞くのはイヤらしい。

自分の愚痴は"主張"だが、他人の愚痴は"騒音"だと感じるのはヒトの性。


でもって、これは仕方がないんというか、悲しいかな当然なんだが、
現在の勤務先では、稽古事について"趣味"とどーしても捉えられてしまうんで、
今週末にある全日本も"会社を休んで=仕事をせずに行く"的に言われてしまう。(^"^;
しっかーし、
「仕事をやりくりして、稽古時間を作る事も技量のうち」とは師匠や先生の言。

だもんで、なんとかちょっとだけでも稽古はしているんだが、
バカバカしい息抜きもちょっとしたい。

無理やり深夜の映画鑑賞。←現実逃避
24時前後に上映が始まる映画館がご近所にあって、助かる。この時間帯じゃないと行けないんだよ。


世界の中心で愛がぐるぐる乱舞する「モテキ」だー。
e0076761_3354623.jpg

(C)映画「モテキ」製作委員会


ヒットしたドラマの映画化。テレビよりもお金がかかった色彩になっているものの、
始まりのノリはテレビで観た時そのまま、緩く煩悩剥き出し。しかしだんだん、見える視野が
広くなって、聴こえる台詞や音楽の奥行きが深くなって、最後はキラキラ銀幕世界。
たまに観ていたドラマがやりたい放題満載だったから、いまさら映画で何をするんだろうと
思ったけれど、なんの、ちょっと新しい映画になっている。

twitterとかフェスとか、刹那的なモチーフでお話が展開するので、映画作品として
10年後・50年後・100年後にどう感じられるのかはわからないけれど、
今ってこういう世の中なのかーっと、面白がれる。


役者さん達みんな魅力的なんだけれど、なんといっても長澤まさみちゃん。
可愛らしさが超絶。
by snowy_goodthings | 2011-10-10 02:30 | 鑑賞記

講習会でした

いろんな事があった9月があっと言う間に終わっていた。

勤務先では、労働時間が300時間近くになっていて仰天。
帰宅に使ったタクシー代費用精算額が10万円近くなっていて驚愕
(社長と帰った日は社長処理なんで、実績は10万なんざ軽く超えている)。大丈夫か?オレ。(^_^;
仕事は面白いんです。
ただ、ちょっと詰め込まれ過ぎで、イヤになってきている今日この頃。
久しぶりに転職活動するっか。


でもって10月。
全日本杖道大会を2週間後に控えた講習会は、試合を意識した内容。
e0076761_1843927.jpg

先輩達にいろいろ指摘を受け、師匠からの指導を思い出す。
体が覚えている事もあれば、言葉だけで覚えている事もあったり、いろいろ。


稽古はやればやるほど、新しい気付きを得るから愉しい。
もっと稽古したい。最近、骨身に沁みる勢いでそう思う。

今後の稽古と仕事のポートフォリオは、要検討事項なのである。
by snowy_goodthings | 2011-10-02 16:00 | 稽古記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る