<   2010年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

アイガー北壁 / Nordwand

1936年、ナチス政権下のドイツが夏のベルリンオリンピック直前に
国家の優越性を喧伝するため利用したアルプス最後の難関、
アイガー北壁の初登攀。(登頂成功者には金メダルを授与される)
無謀といわれた登頂に挑んだ、
2人のドイツ人登山家:トニとアンディを巡る実話を基にした山岳映画。
e0076761_0261154.jpg

(C)Dor Film-West, MedienKontor Movie, Dor Film, Triluna Film, Bayerischer Rundfunk, ARD / Degeto, Schweizer Fernsehen, SRG SSR idee suisse, Majestic Filmproduktion, Lunaris Film- und Fernsehproduktion


現代史の常識として政治的背景は理解しつつも、登山趣味は無いので
アイガー北壁登頂の歴史について無知な状態で鑑賞。
主人公達にどんな運命が待っているのか、最後の最後まで目が離せなかった。

悲しいとか、泣けるとか、凄いとか、素晴らしいとか、
そういった情緒的感動の余地はいっさい無し。
ただただ、目の前で起こる事に圧倒されて胸が詰まる。


なんでそんな危険な場所を登るのかってのは理解できないけれど、
それが登山家の性・宿命なんだろうと感じる事はできる。

夏なのに吹雪や雪崩が襲う悪天候の中で登る彼らの姿を、
麓の瀟洒なホテルでご馳走食べながら望遠鏡で"見守る"新聞記者・見物客は、
まるで湾岸戦争のCNNテレビ中継。
1人だけ、お金持ちの紳士が「残酷だ、まるでローマ時代の剣闘士の闘い」と
的確な表現をしたり、時の政権を嫌悪する正論を述べるのだけれど、
傍観者の一員でしかないという無力さは変わらない。残酷にも。

お話の中で、「あの時こうしていたら」「あの時こうしなかったら」といった
分岐点が何度も出てくる。登山家達の選択はもちろん、命がけ。
傍観者と当事者の彼我を行ったり来たりする幼なじみで報道カメラマン見習いの
ヒロイン、ルイーゼも重い選択をいくつかしている。
彼らの選択は正しかったのか、間違っていたのか。痛々しくて判断できない。


アイガー北壁がナチス政権のメタファーで、
非ナチ党員と思われる元山岳猟兵のトニとアンディ、
一緒に登ったオーストリア人なのに突撃隊の2人は、
そのまま、あの時代・あの国々の人々に起きた事を象徴しているように
思えてくる。考え過ぎかな。

でも、映画の最後、ルイーゼがニューヨークにいて、
かの政権の主が毛嫌いした音楽=ジャズ・ミュージシャンのポートレイトを
撮影しているのは、静かな抵抗の主張のよう。


最近観た映画で、いちばん深い深い印象を受けた作品。
喜怒哀楽を堪能するのとはぜんぜん違うんだけれど、これも映画の力だよね、
きっと。



by snowy_goodthings | 2010-03-29 22:57 | 鑑賞記

プリンセスと魔法のキス / The Princess and The Frog

桜木町駅前にできたばかりのショッピングセンター、コレット・マーレ6Fにある
シネコン、横浜ブルク13へ。

むやみにラグジュアリーな設えの映画館で、ロビーのバルコニーが気になる。
ゴージャスな女優さんに手を振ってほしい。←妄想
e0076761_1850978.jpg

スタッフさんは物腰がたいへん丁寧。ちょい慣れてない感じがするのはご愛嬌。
残業後でも余裕な深夜上映があるし、ちょっと珍しい作品もかかっているから
嬉しい。

「ブルク」って、ドイツ語(Burg=城)だから、
"ヨコハマ ブルク ドライツェーン"と呼ぶのかー、珍しいなぁ…と思ったら、
"ヨコハマ ブルク サーティーン"って読むのが正式名称らしい。なんじゃそれ。
まぁ、家主さんの「コレット・マーレ」からして、
フランス語みたいなイタリア語みたいな混濁な響きだし。
さーすが開国の街。
いろんなお国の文化が共存して、很好、хорошоだ。←やけっぱち





…という訳で、
「プリンセスと魔法のキス」の字幕版。なんで吹替版のみ上映館が多いんだ。
e0076761_15234740.jpg

(C) Disney Enterprises, Inc.


グリム童話の「カエルの王子」は
20世紀初頭のアメリカ・ニューオリンズを舞台にするとこうなるんだ。
カエルにされた王子の呪いを解くのは王女のキスだけ…って、
誰でも知っている魔法を現代、しかもアメリカでどう遂行するかなんて、
トンチみたいな展開で。

ヒロインの浪花節的一代記と、カエル王子の童話的な冒険譚と、
トランペットを吹くワニの夢物語と、フランス語訛りのホタルの恋物語とが
仲良く展開していき、それぞれにハッピーエンディングを迎えるのだが、
いちばん美しく輝く場面をかっさらっていくのは、主人公じゃないのだ。
予想外な展開に、だーだー泣かされた。(ToT)

ディズニー伝統のプリンセスものではあるけれど、
ジョン・ラセターの影響なのか、チームワークによる脚本の成果なのか、
ところどころでオトナ向けな毒が効いている。お子様にわかるのかなー。



by snowy_goodthings | 2010-03-27 22:35 | 鑑賞記

フィリップ、きみを愛してる! / I LOVE YOU PHILLIP MORRIS

刑務所で出会ったに出会った運命の相手(当然、男性)に愛を伝えるため、
詐欺と脱獄を繰り返した挙げ句、144年の懲役刑を受けた男性の実話を基にした
ちょっと変わったラブストーリー。
e0076761_1472298.jpg

(C)EUROPACORP


愛し合う2人が男同士なもんで、
あんまり見た事が無いラブシーンにはびっくりするのだが、
主人公の知的かつ無茶苦茶な詐欺・脱獄を突き動かす原動力は
いまどき珍しい真っ直ぐな恋心。
まったくもってゲイムービーなんだけれど、悲壮なくらいに純な恋愛映画でもある。

舞台はアメリカだが、映画を作ったのがヨーロッパの会社だからかなんなのか。
ゲイである事について悩みや葛藤などは全く皆無。
妻子ある良き家長であろうとしたって過去は、あっさりと振り切ってしまう。
捨てられちゃった奥さんも子供も、あっけらかんと元気だ。

そんでもって、
男同士だからこそ…な、面白い事もあれば、悲しい事もあるのだが、
どん底の境遇に陥っても、男どもは皆、とても優しい。
不思議だ。


ところで、
観に行った映画館で、男性客は我がオットだけだった。
何故だ?(^_^;



by snowy_goodthings | 2010-03-26 23:30 | 鑑賞記

クリスマス・ストーリー / Un conte de Noël

横浜で開催されていた頃は、曜日のせいか年度末のせいか、
ぜんぜん行く機会がなかったフランス映画祭。
仕事が空いちゃっているし、稽古がない日だったもんだから初鑑賞。
e0076761_141472.jpg

RICOHFLEX NEWDIA × Kodak Ektar100

上映後、監督さんや役者さんが作品について語ってくれるのが
映画祭ならでは、お得なオマケ。
e0076761_1422352.jpg

RICOHFLEX NEWDIA × Kodak Portra800

デプレシャン監督、すごい真面目によく喋る。
最小社会単位=家族の中で、
それぞれに与えられた役割を巡って葛藤するお話…というのは、
監督が語るのを聞いて理解したこと。そうか、そうなんだ。

たくさんのヒトがいるから、
最後まで何処かぎくしゃくしてはいるんだけれど、
それなりに穏やかな調和に辿り着くから心地良い。
e0076761_1415741.jpg

(C)Why Not Productions/France 2 Cinéma


親のほうが子どもの創造物だっていう、
幕開けのお父さんの台詞と、幕締めのお姉さんの台詞とが印象的。
そういえば
家族それぞれの呼び名って、家族の中で一番小さいヒトを基準にするもんね。
孫が生まれたら、父・母は「おじいちゃん・おばあちゃん」になるし、
犬猫を飼ったら、子どもだって「おにーちゃん・おねーちゃん」だし。←違うか


お話の季節:クリスマスには早すぎるけれど、ここは日本だもん。
クリスマスの高揚感が背景にはあるけれど、
春に観てもぜんぜん良い映画だった。



by snowy_goodthings | 2010-03-20 21:40 | 鑑賞記

ホワイトデー(の余り)

Softbankのおねーさんが配っていたので、つい頂いてしまった。
テレビCMでおなじみ、
「ソフトバンクのお父さん」を象ったホワイトチョコレート。
江崎グリコ製。
e0076761_20362973.jpg

ホワイトデー・キャンペーンの名残らしいけれど、妙に嬉しい。



by snowy_goodthings | 2010-03-20 14:00 | 散歩記 横浜

シャーロック・ホームズ / Sherlock Holmes

やっと日本公開。
e0076761_2258096.jpg

(C)VILLAGEROADSHOWFILMS(BVI)LIMITED


シャーロック・ホームズは、
これまで舞台や映画で最も多くの役者によって演じられた人物だそう。
つまり、演じる役者の数だけいろんなホームズがいる。
好き/嫌いはいろいろ分かれそうだけれど、誰が正解/不正解ってのはないだろ。
だって、架空の人物ですから。

で、今回のパスティーシュ作品。

ホームズの身の丈が、ちょい足りないっ
ワトソンの発言の正解率が、あまりにも高すぎるっ
ハドソン夫人が、どーしても老けすぎているっ
ワトソンとメアリーの馴れ初めが、「四つの署名」ではないなんてっ
映画にはヒロインが必需品とはいえ、アイリーンが出ずっぱりすぎるっ
スコットランドヤードの面々が、気が利きすぎるっ
…てのは気になったけれど、
後は全然OK。

ロバさんと重なるホームズの奇癖とか、ジュードの気遣い細かいワトソンの習性とか、
よく知らない女優さんのメアリーの勘の良さとか、
正典での描写を思い出す事が多々あり。

もーう、愉しくって愉しくって。 (^o^)


予告編では妙に大仕掛けなアクション映画のように見せかけていたけれど、
意外や意外。

膨大かつ雑多な知力・体力・友情を駆使して事件を解決、
名推理は最後にさらっと披露したら、
終わった事について賞賛なんか要らないよって次の事件に向かっていく。
いちおう、大爆発とか大炎上とか、派手な見せ場はあるんだけれど、
イギリスの映画らしいというかなんというか、起承転結がダラダラしているから
まぁ事件簿を彩るちょっとした出来事だったねって程度の印象。
ガイ・リッチー監督が好きなんであろう、劇画的表現も控えめながらチラチラと。

映画ってより、活字的表現の雰囲気が漂う。
かつて何度も読んだ長編・短編の印象に通じる感触。


ロバさんはホームズ役が気に入られているそうで、
続編の企画もあるとかなんとか。
おーっ



by snowy_goodthings | 2010-03-14 16:20 | 鑑賞記

JR横須賀線・湘南新宿ライン 武蔵小杉駅が開業

ホームは鉄道ファンがたくさん。(^_^;
e0076761_2053044.jpg

JR南武線、東急東横線への乗り換え駅になるし、
近隣にはNECや富士通など大きな会社の工場があるし、
周りには高層マンションがにょきにょき造成中だし、
ちょっとしたターミナル駅になりそう。

フェンスのすぐ向こう、目の前を東海道新幹線が通り抜けるのは壮観かもね。


by snowy_goodthings | 2010-03-13 16:48 | 散歩記 神奈川

「南十字星駅で」演劇集団キャラメルボックス

梶尾真治:原作×キャラメルボックス:劇作による「クロノス」シリーズ5作目。
e0076761_2248439.jpg

これまでずっと、主人公達の過去への旅を見送る立場だった
野方耕市が出かけるって、
過去4作品を観続けてきたヒトへのご褒美みたいなお話。

前作で感じたタイムパラドックスの違和感は、今回さらに増幅。
うーん…これってアリなんだろうか?(^_^;

でも、これってSFじゃなくって、自己犠牲による愛のお話だから。
「クロノス」の主人公達は、自分の人生を投げ捨てて過去へ跳ぶ。
構成上は序盤のその瞬間が、物語のクライマックスなんだーっと思った。
だから、その後の展開に感じる疑問は重要ではないのかも。

「銀河鉄道の夜」から取ったタイトル通り。


ハインラインの「夏への扉」で、
主人公が自分の名誉奪回のために過去に跳ぶのとはずいぶん違う。
それも人間の真理だと思うんだけどね。



by snowy_goodthings | 2010-03-13 15:10 | 鑑賞記

すもも

丸の内ブリックスクエア中庭のスモモ。
e0076761_20485383.jpg

通りかかったついでにと、初モノ好きな三菱地所さんらしい
"世界初"「エシレ」(←おフランスのお高い発酵バター)専門店:
Échiré - Maison du Beurreを覗いてみようとぐるぐるっと探したら、
店の前はスーツ姿の男性がずらっと並んでいる。 (@_@;

…あぁ、わかった。
ホワイトデーのお買い物をしているんだ。
そんな義理堅い紳士達の後ろに並ぶのは気が引けるので、今日は断念。


VIRONとかPALET D'ORやSadaharuAOKIとかPascal CaffetとかLADURÉEとか、
東京都中央区はおフランスな食がたくさん。
もともと、あちらのアパレル・宝飾ブランドも多いエリアだしね。



by snowy_goodthings | 2010-03-12 12:50 | 散歩記 東京

アバター / AVATAR

3DとかモーションキャプチャーとかCGとか、
映像技術ばかりがやたらめったら話題になっているので
どうしようか迷ったけれど、それはそれで観てみたい。
どうせなら最新技術満載なハコで鑑賞しようと
I-MAXデジタル3D上映館へ。
レイトショーでも週末だからか、ほぼ満席近い。さすが興行成績歴代1位。
e0076761_1731030.jpg

(C)Twentieth Century Fox.


お話は、ヒーローアクションのお約束通りな展開で単純明快。
「もののけ姫」みたいな(←観たことないんだけど)自然崇拝や
生贄的な犠牲の後に起こる奇跡などに今さら新しさは感じないけれど、
キラキラな3D映像の訴求力はものすごい。

お話で訴えるのも映画だし、見た目で魅せるのも映画だ。
映画って、
娯楽なのか、思想なのか、体験なのか、共感なのか、etc...
タランティーノ監督の「イングロリアス・バスターズ」なんて、あらすじだけ追えば
荒唐無稽な暴力過剰なおとぎ話だけれど、
監督も役者も映画制作の"業"を受け入れた映画愛いっぱいな作品だったし。
キャメロン監督は、
映画表現の限界突破にアスリートのような真剣さで挑んだのかな。これも"業"。
…などと考えてしまった。(^_^;


アメリカのアフガニスタン・イラク侵攻を批判する反戦映画だって、
かの国の保守派のヒト達が怒っているそうだけれど、
そう単純なメタファーではなさそう。
確かに、地球人=侵略・征服するアメリカ人にみえる。
でも中盤、
先住種族のナヴィ族が先祖代々のテリトリーを追い払われていく様子は
開拓時代のインディアンの強制移住よりも
9.11テロでのワールドトレードセンター崩壊のほうを連想させるし、
地球人に抵抗すべく他の部族を集めて"正義"の闘いに挑むところなんて
まるで有志連合でイラク侵攻を始めた時のアメリカ市民の熱狂のよう。
あれ、立場がひっくり返ってない?

他にも
グローバリズムとか環境破壊とか宗教対立とか自己実現とかを巡り、
地球人だけがヒト同士でとことん争い合う。
SFの皮を被っているけれど、どれもこれも現実の事。

そんな闘争を終わらせようとする最後だけは、夢のような事。
しかし、本当にそれで良かったのか?



by snowy_goodthings | 2010-03-05 23:48 | 鑑賞記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る