<   2009年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

チョコレート・ファイター / Chocolate/ช็อคโกแลต

いーなぁ。
TVのカンフー・ムエタイ映画やアクションゲーム画面とかを観るだけで、
眼前で戦う相手の動きを見ただけで、
技や動きを身に付けられるなんて。

究極の見取り稽古。 (^_^; ウラヤマシイ
e0076761_0243650.jpg

(C)sahamongkolfilm international


プラッチャヤー・ビンゲーオ&パンナー・リットクライによる
寸止めなし、ワイヤーなし、スタント代役なし、高い所から落ちても下にマットなし
...な生身まんま、ど迫力に痛いタイ製アクション映画。


2監督の組合せを観られるのは、「マッハ!!!!!!!! 」と「トム・ヤム・クン!」以来。
あと「7人のマッハ!!!!!!!! 」も製作/監督って布陣だったっけ。
(邦題が「!」だらけ)
どの映画も、格闘のすごさが強烈だし、それが売りだったのだけれど、
人物・物や画面の作りこみが凝っていたり、
被写体への寄りや引きがしなやかだったり。
アクション映画らしからぬ、東洋的雰囲気漂う映像美が魅力的だった。
力強い動きって、美しい。 (^_^;


…が、今回の映画はちょい単調、物足りない。
相変わらずスゴイ事をしているんだけれど、いまいち伝わってこない。


目が慣れたのかと思ったけれど、そんな事はない。
主人公演じるヤーニン"ジージャー"ウィサミタナンは、
動きがめちゃくちゃ柔らかいし、速い。
なのに、なーんか間延びして見える。
全部がダメじゃないのだが、構図に中途半端な距離感を感じる。

荒唐無稽なお話も、アクション映画だからOK。
でも、タイ映画の筈なのに、
阿部寛が終盤、日本刀を振り回した瞬間、昔の無国籍風ヤクザ映画に
なっちゃう。
もちょっと、当てはまりが良い登場の仕方があったんじゃないかなー。
格好良すぎるのも問題。

これまでの作品のように、
仏像とかトゥクトゥクとか象とか僧侶とか、
ベタにタイらしい事物が登場しないからか。
いや、
逞しいニューハーフさん達とか妖しいネオン看板で、
十分バンコクってわかるか。 (^_^;


映画としては大雑把な印象。
ただ、アクションは、問答無用にすさまじいです。
ところどころの映像も、やっぱり綺麗。


ところで、
この映画でもTVの中で一瞬ちらっと写ったトニー・ジャーさん。
失踪したとか、制作費が足りないとか、いろいろあったらしいけれど
初監督作品「Ong Bak2」は、日本公開されるんでしょうか?
観たい。配給会社さん、お願いっ。 (^_^)



by snowy_goodthings | 2009-05-29 21:40 | 鑑賞記

ナカメ、月曜の夜

ちょうど仕事の区切りがついた週明け、
チズルさんが東京でのお仕事にいらっしゃったので、一緒にご飯。

flickrのお仲間さんが設定してくださったのは、
中目黒のどぉーんと奥にある Junkadelic。
e0076761_0353668.jpg

新型インフルエンザがメキシコを中心に発生したことから、
国内の人気メキシコ料理屋では来客が激減したとか。
そーんな
「風が吹けば桶屋が儲かる」のネガティブ反応=風評被害が起きているって
何日か前に新聞で読んだけれど、こちらはそんなのどこ吹く風。
たくさんのお客さんで賑わっていたし。
e0076761_0355556.jpg

さすがナカメ…と、妙に納得。お客さんもお洒落だよなー。
e0076761_12472726.jpg

美味しかったし、面白かったです。 (^o^)
e0076761_0361288.jpg




by snowy_goodthings | 2009-05-25 23:00 | 散歩記 東京

Lu's Cafe

なぁーんか映画鑑賞記録が続いていて、この後も続く予定なので、
たまには我が在所:奥横浜の事なんぞ。

横浜駅東口は裏横浜。
反対側、西口の繁華街を抜けた辺りが奥横浜。
北は鶴屋町、西は北幸・楠町、南は浅間町・岡野辺りが"奥"だろうか。
#ところで表横浜って何処だ? (^_^;

駅および駅前界隈はチェーン店や組織的に展開されているお店が多いのに対し、
奥横浜界隈は個人か家族か仲間内で経営されているお店ばっかり。
同人サークルというか、インディペンデントレーベルってなノリで
真摯な中にも、やや緩い空気が漂う。

"お店のヒトもお客のヒトも友達"な雰囲気は、
逆に一見さんや、共感度低いヒトには排他的な印象を与えそうだが。
まぁ、それはそれって事で。


起きるまで寝込んだ土曜の昼、
会社で作業しに行く前に、Lu's Cafeさんで腹ごしらえ。
e0076761_0223155.jpg

いかにも料理好き&上手なお兄さんが作ってるって感じで、
味がしっかり、量もそれなり。
e0076761_0224732.jpg

こちらは犬OKカフェなんだけれど、
この日はワンコのお客さんはなかった。残念。
e0076761_023694.jpg




by snowy_goodthings | 2009-05-17 13:30 | 外食記 横浜

デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~  / DUPLICITY

「映画をよく観ていますね、好きなんですか」
と、よく聞かれますが、ものすごく好きなわけではありませぬ。 ←本当
(^_^;

平日も週末や祝日も勤務先で仕事をする事が多いし、
休日に休めるのであれば朝から稽古にでかける事が多いし。

つまり、
1日の中で夜遅くでないと余暇時間を確保できない生活パターンですから、
その時間帯に接点を持てる娯楽でないと享受しにくいのです。

∴映画館のレイトショー鑑賞の頻度が高くなっている。

本当はね、
お買物とかお食事とか美術館とか博物館とかギャラリーとか、
行きたいですよ。
23時か24時まで開いていてくれれば、日常的に行けます。

えぇ、
横浜まで帰る電車の終電は24時過ぎてもありますから。


…なんて思っていたのに。
↓この映画を観た日は、終電に間に合わなかった。 (^"^:

e0076761_12483578.jpg

(C) 2008 Universal Studios.


テレビやネットで予告編CMが大量に投下されている割に上映館が少ないので、
致し方なく。
いつもの通勤路を大きく外れて、
センター北駅のワーナーマイカルシネマ港北NTまで大遠征。

だって、クライヴ・オーウェンが出ているし。
「クローサー」以来の、氏とジュリア・ロバーツと愛ある騙し合い。
「シューテム・アップ」以来の、氏とポール・ジアマッティと洒落た掛け合い。
なまら観たい。 ←本当

元MI6とCIAが産業スパイに転向して、
トイレタリーメーカー2社間の画期的新製品開発を巡る諜報合戦に加わって、
騙して騙されて、八面六臂、右往左往。


"二心""二枚舌""二重性"って意味を幾層も含んだタイトル通り、
また日本語サブタイトルの通り、
出てくるヒト皆が嘘をつくし、
誰も彼も迫真の演技でどれが真実でどれが虚構か見分けがつかない。

主人公2人もお互い欺きあうから、
ところどころ良い雰囲気で語り合うシーンも、本当か怪しみたくなる。
うぬー


最後、
舞台ごとひっくり返されるようなどんでん返しで「あっ」と思うのだが、
その真相に驚くというより、その有様を傍観するばかり。

時間をおいて、TVかDVDでか、もう一度考えながら観ようっと。 ←本当
(^_^;


で、帰り。
映画にもやられたけれど、電車にもやられた。

横浜市営地下鉄ブルーライン:横浜以南まで行く列車は
23:55上永谷ゆきが最終。
ワーナーマイカルさんの前振り映像がやたらめったら長かったのと、
エンドロールを最後まで律儀に観たのがいけなかった。
目の前で、発車。置いていかれた。

終電、早過ぎます。 (>_<;
この後も25時前までダイヤはあるが、新羽か新横浜どまりなので、
横浜駅までは行けない。


もー、こんなんだから同じ横浜市なのに
「港のみえるヨコハマ」と「港のみえないヨコハマ」とは、
人や生活がなーんか分断されている気がする。 ←本当

…と、自力ではいかんともし難い事への文句を
いつまでもグズグズ言っても仕方がないので、さっさと諦める。
脳神経活動の消耗と、労力の無駄だもん。


乗る機会なんて無いだろうと思っていた
グリーンラインに初めて乗って、日吉へ。
日吉から東急東横線に乗り換えて、横浜駅へ。

グリーンラインは車体が小さいけれど、
連結部分がスケルトンな構造で不思議に開放感がある地下鉄。
新しい乗り物体験ができたから、結果オーライ。 ←嘘



by snowy_goodthings | 2009-05-08 23:56 | 鑑賞記

スラムドッグ$ミリオネア / Slumdog Millionaire

英国式印度映画。

前向きに苦難乗り越えてく痛快な映画かと勝手に期待して観に行ったら、
痛々しく快いお話だった。
まぁ、結果的な印象は狙い通りなんだけれど、
途中経過でツライ事が色々。(^_^;
e0076761_12235446.jpg

(C) 2008 Celador Films and Channel 4 Television Corporation



舞台はインドだし、生粋のインドっ子供達のお話だし、
最後はインド映画らしく群れをなして踊りまくるのだけれど、
だらだら・淡々とした進み方や、
あっちこっちの伏線が几帳面にまとまっていく展開は
イギリス映画らしいじゃないかーっ、と思う。

スラム育ちの主人公が云々って、
インドにおいては"闇"な姿なんだろうけれど。
それを外つ国:イギリスのヒトが綺麗な映画に仕立て上げたって事に、
ざらっとした戸惑いみたいな感触もあったり。

だもんで、
画面全体の色が綺麗だったとか、
ヒンディー語台詞にかぶる英語字幕表示が格好良かったとか、
お話以外の要素に好印象を求めてしまう。


いや、でも。良かったです。
知らなかった事をひとつ知ったというか、
新たな感覚を貰ったというか。

良い映画だったんです。うん。 o(^_^)o



by snowy_goodthings | 2009-05-05 23:20 | 鑑賞記

「3月27日のミニラ」など 渡辺源四郎商店

ゴジラ家って父子家庭じゃなかったの?…というツッコミはオットによるもの。
(^_^;

じゃ、
1作目で東京湾に沈んだ怖いゴジラはメスだったのか。
いや、
映画の最後に「あのゴジラが最後の1匹とは思えない」って台詞があったし、
別の家系なのか。

…なんて構造化は、まぁ、さておき。
これも久しぶりの観劇、渡辺源四郎商店さんの東京公演。

「3月27日のミニラ」
「なべげんラジオドラマ・リーディング・シリーズ1
 〜シュウさんと修ちゃんと風の列車/県立戦隊アオモレンジャー全国放送版」
下北沢ザ・スズナリ
e0076761_15382.jpg

昼と夜の公演だったので、合間には下北沢駅界隈をうろうろ。
商店街の食べ物屋さんの店員さん皆が皆、
劇団やってるんですかって思うくらいに発声と滑舌が良い。
街全体が劇場みたいです、シモキタ。
(^_^;


お芝居はそれぞれ、安易な共感は許してくれない雰囲気で、
虚構世界vs.観聴きしている自分と、絶妙な距離感がたまらなく良いです。
からっと面白く幻想的、ざらっと居心地悪く現実感。

噂には聞いていた、
ラジオドラマをライブで拝聴できたのは僥倖。 (^o^)
日本一がいっぱいー


本当はそれぞれのお話について、まじめに感想を考えると、
脳に汗かく堂々巡りが始まるのですが…
ともあれ。
明日からまた頑張って勤労するのだと思うのでした。



by snowy_goodthings | 2009-05-04 01:03 | 鑑賞記

「容疑者xの献身」演劇集団キャラメルボックス

例年通りなら京都にいる日なのだけれど、
今年は、前日の行事が休止&オットが不参加…と、
「京都へ行く目的が無い」が過半数に達してしまったため、遠征はなし。

なので、久しぶりにキャラメルボックスさんの春のお芝居へ。
e0076761_0361468.jpg

観に行った時点では、東野圭吾の原作は未読。
フジテレビ制作のドラマ・映画も未見。

予習無しの自分の五感には、そのまーんま「なんてむごい」って
感じる種明かしと結末でした。 (@_@;
ハッピーエンディングなんだろうが、後味がひじょうに良くない。
捉えようによっては切ない。良かれと思えばこそだろうが。
だが、しかし…と頭の中でぐるんぐるん。


主要人物が、
いずれも観察や思考に長けた頭脳明晰なヒトばっかり。
台詞や仕草に現れない、頭の中で猛烈な勢いで展開する思考が
お話を動かす原動力。
だもんで、
要所要所で原作本を広げて、登場人物の心理描写の文章をそのまま朗読する
演出には納得。

だがしかし。それでも主人公達の賢さに物足りなさを感じたのは、
文学表現と戯曲表現の差異なのかな。 (^"^;


観ていてふっと思い出したのは、夏目漱石の「明暗」。
主人公についてもそうでない登場人物についても、頭良しなヒトでも普通なヒトでも、
何気ない仕草・言葉すべての背景には、様々な思考の動きや心の揺れがあるって事が、
びっちり緻密な文体で書かれた、未完の小説。

相槌ひとつ打つ動作も、
考えすぎ&思い込みすぎな状況判断・深謀遠慮の描写が
1~2ページ朗々と続いていたような記憶がある。

人の思考や感情とは、深遠。
それらを読み取る事は奥深いが、表現する方法って限られている。


後日原作を読んだら、
観劇中にちらと感じた物足りなさとか、漱石先生を連想した事は結構当たっていて、
あぁ成程と納得。


…って書いてますが、舞台に不満は全然ありませぬ。 (^_^)/
活字が起き上がって人の姿を成したような役者さん達は、
不思議で不幸な巡り合わせな登場人物達の相互作用をイヤってほど見せ付けてくれてたんだと
これまた納得。

2時間位ぶっ通しで泣いたり笑ったり、考えたり。
最後には全部ひっくるめて拍手喝采。
お芝居を観るのって本当に面白い体験。



by snowy_goodthings | 2009-05-02 21:00 | 鑑賞記

港区在勤

住まいは横浜ですが、勤めは東京です。
転職を2回し、
勤める会社は現在3社めだけれど、何故か港区の会社ばっかり。

大学卒業後入った最初の会社では、
1年めは横浜配属だったが、2年めから赤坂なんて洒落た街にある本社に異動。
職種をガラッと変えた2つめの会社は、
最初は中央区日本橋人形町近くのお江戸情緒残る場所だったのだが、
1年も経たない内に神谷町なんて外資系っぽい街に移転。
6ヶ月間無職した後に社会復帰した3つめ=今の会社では、
会社の拡大etc.にあわせて浜松町〜新橋辺りを引越しながら、
只今は妙に日常生活感が溢れる新橋の隅っちょ。

ついでに、オットの勤務先も芝浦だから港区。 (^_^;


唐突に、
日常お付合いが多い街:港区を、もちょっとよく知ろうと思い立つ。


まずは地図を調達。
港区役所 産業振興課で貰ってきた、「商店街まち歩きマップ」。
e0076761_0374182.jpg

折りたたまれてトランプ位の大きさで、広げるとお散歩ネタが満載な絵地図。
商店街好きな我が家にはたまりませぬ。
e0076761_0375776.jpg

今あるのは、
新橋、東京タワー周辺、白金・高輪、ベイエリア、赤坂・青山・麻布・六本木
の5冊。

変化が激しい街だから、描かれた頃とは変わっている所もあるだろうけれど、
それも一興。 (^o^)


本当は5月GWの連休中、
この地図を使ってお散歩三昧したいところなのだが、
既にチケットを購入してあるお芝居を2回観に行く以外は、
ずっと会社で仕事する予定。
よよよ


ま、
今関わっている仕事はとても面白いから良いか。 (^_^; ←ワーカホリックジャナイ



by snowy_goodthings | 2009-05-01 12:30 | 散歩記 東京

その後の小夏

昨年夏までは葉っぱが1枚2枚と順調に増えたのに、
秋〜冬はぴたっと変化が止まってしまった小夏ちゃん。

季節が巡って暖かくなってきたら、
新しい葉っぱがむにゅむにゅ出てきた。
e0076761_22423043.jpg

再び成長を始めたらしい。
もしかして、冬眠してたの? (^_^;



by snowy_goodthings | 2009-05-01 10:00 | 庭風景


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る