<   2009年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

PARIS(パリ) / PARIS

久しぶりに、おフランスの映画。
e0076761_23145663.jpg
(C) CE QUI ME MEUT ‐ STUDIO CANAL ‐ STUDIO CANAL IMAGE ‐
FRANCE2 CINEMA


近場のチネチッタ川崎で上映されていた事に気付かず、
気付いた時には既に上映期間終了。 (T_T)
でも、観たい映画は映画館で観ようと考え直して
渋谷Bunkamuraまで行った。横浜でもやってほしい…
かつては、フランス映画祭ってヨコハマでやっていたじゃないですか。

ついでに、こういう映画は好みでなかろうオットも連れて行った。
が、それなりに面白がってたので、良かったのかな。
過去、同様に連れて行った
「潜水服は蝶の夢を見る」とか「ペルセポリス」とか観た時は、
反応に困ってたもんなー。申し訳ない。 (^_^;


で、映画。
パリに住まう市井の人々の人生・生活を、
ある期間だけ切り取って見せてくれる群像劇のようなお話。
社会福祉士でシングルマザーな姉と、重い心臓病を患ったダンサーの弟が
暮らすアパルトマンを中心に、パリ市のあちこち(+市の外)で
関係が繋がったり重なったりする、
大学教授とか、
設計士とか、
テレビ番組制作スタッフとか、
大学生とか、
市場の男女とか、
パン屋の女主人とか、
不法滞在のカメルーン人家族とか、
ホームレスとか、
プチブルなお洒落さんとか、
etc.
とっかえひっかえ登場する。

…途中、誰が誰だかわからなくなったんですが。 (^_^;
でも、個々人が背負っている人生が見えてくると、区別がついてくるから面白い。

登場人物それぞれに起きる事は、
ごった煮な大都市の日常に埋もれる些細な事だけれど、
当事者にとっては一生涯をかけた大きな事。

とりとめなく、まとまらない構成なのだけれど、
とこどころでお話の主題を述べる台詞が聴こえてきて強引に進むので、
それなりに腑に落ちて終わる。ってか、納得しないといけないって気になる。
(^_^;


フランス語はさっぱりわからないのですが、
交わされる言葉の応酬の耳障りは、エスプリだか俗語だか不明だが、
あまり良くない。あ、でも、悪い意味ではなくて。
なんだかね、
よそのお家の家庭内の会話を聴いている気分になるのです。
言葉って、不思議。



by snowy_goodthings | 2009-02-21 16:15 | 鑑賞記

三国志  / 三国之見龍卸甲 THREE KINGDOMS:RESURREECTION OF THE DRAGON

上映館数が少ない、広告宣伝投下量が少ない…ためか、
三国志好きなオットは公開された事に気付いていなかった。

それにしてもなんだ、このやっつけ仕事な邦題は。主題を現していないじゃん。 (^_^;
e0076761_1433179.jpg

(C) TAEWON ENTERTAINMENT CO., LTD.
and (C) VISUALIZER FILM PRODUCTION LIMITED.

「三国志演義」を下敷きに、
呉の周瑜を主人公に赤壁の戦いを描いているが「レッドクリフ Part I & II」で、
蜀の趙雲を主人公に彼が天下平定のために闘い続ける姿を描いているのが、
この映画。

正直、
映画として、「レッドクリフ」より自分の嗜好に合いました。 (^o^)
こっちのほうが映画らしい。

ま、お話の設定・展開は、大雑把かつ荒唐無稽。
歴史考証よりもビジュアル重視な衣装・大道具・小道具いろいろ。
そもそも、「三国志演義」が後の時代に書かれた小説だから、
娯楽作品なんでしょう。
趙雲の兄貴分:羅平安、曹操の孫娘:曹嬰なんて、どちらも魅力的だけれど、
この映画において創作された人物だし。

とにかく、趙雲=アンディ・ラウが格好良い。

でも、あと30分ちょっと長くなっていいから、
脇の登場人物達ひとりひとりの存在意義を確認させてほしいんですがー。 (^_^;

五虎大将軍なんてさ、
関羽・張飛は、劉備と一緒に颯爽と登場〜退場するけれど、
馬超・黄忠なんて、紹介されるように登場したら、
次の瞬間にはもう死んじゃっている。
そりゃ、主役は趙雲だけれど。

趙雲の第一の部下:鄧芝なんて、
何の前振りもなくいきなり付いてくるし。
そりゃ、主役は趙雲だけれど。


ただ、
"賢い味方 vs. 愚かな敵"って単純な図式ではないのが印象的。
支配権を争う大義の彼我を分ける境界がひじょうに曖昧。
味方の諸葛亮も、敵の曹嬰も、天下太平って大義のために同じ事をする。
武将・兵士達はそれに黙って従って散っていく。哀れだ。

イマドキな顔をした若人達が、
だばだば血を噴き出しながら死んでいく姿は生々しい。
ふっと世界中の紛争地域で起きている事を考えてしまったのは、
連想&妄想しすぎか。

うーむ、これは三国志じゃないです。 (^_^;


被写界深度が浅く、スローモーションを混ぜながら細かく視点が動く映像は、
とても綺麗。
ゲームに挿入されるムービーっぽくも、芝居がかった画面作りは凝っている。
映画って、虚構世界であると同時に映像芸術だな、と改めて思う。

ただし、次の瞬間には錆びがかった赤い血が情け容赦なくほとばしるので、
観ているこちらが貧血になりそう。PG12です。観るヒトを選ぶかな。



by snowy_goodthings | 2009-02-20 21:45 | 鑑賞記

開花間近

これは、ホームベル。
e0076761_2311862.jpg




by snowy_goodthings | 2009-02-17 09:00 | 庭風景

あやしい鍋

稽古した日の〆は鍋。
e0076761_22593573.jpg

豆乳鍋のつもりなのだが、出来上がりはひじょうにアヤシイ。



by snowy_goodthings | 2009-02-15 21:50 | 家食記

Flexaret & Polaroid Girl

みあさんが東京にいらしたので、
羽田空港で写真撮りっこ、ご対面&お見送り。
e0076761_1137426.jpg

短い時間でしたけれど、なまら愉しかったのでした。

今度は私が行きますから、遊んでくださーい♪ o(^o^)o



by snowy_goodthings | 2009-02-14 18:00 | 散歩記 東京

A Mascara d'o pulecenella 【閉店】

いきなり春の陽気なので、
ご近所の新田間川沿いのピッツァリアへ。

お向かいの兄貴分のトラットリアともども、良いお店だと思います。
e0076761_21423450.jpg

ただ、なーんか微妙にサービスの姿勢&態度が引っかかる。
メニューの説明だとか、薦め方とか。
なんでだろう。
e0076761_2145193.jpg

良い意味で大雑把な雰囲気と、悪い意味で気取った雰囲気が混濁しているような。

…と、余計な事に気を散らす事があるんですが、
なんだかんだ自分の舌には美味しいので行ってしまいます。

なんか負けた気分。 (^_^;
ううん、本当に気に入っているんですよ。 (^_^;


ところで、メニューにはビスマルク ピッツァって無かったけれど、
頼めば作ってくれるのでしょうか?
窯横のオーダーボードに、"Bismark"と書かれた伝票が貼ってあって気になった。
次回伺った時には、訊いてみようっと。
by snowy_goodthings | 2009-02-14 14:40 | 外食記 横浜

ダイハツ 「コルテオ」 CIRQUE DU SOLEIL

…もとい、最初の4文字はスポンサー企業さんの名前です。 (^_^;

作品名は「Corteo」、イタリア語で"行列"。
臨終の際から天国に召されるまでのお話だから、"葬列"って印象も。
したっけ、耽美に愉快。
ヨーロッパのヒトって、死を明るく語るように思う。死生観の違いか?
e0076761_22453946.jpg

イタリア語とか英語とか日本語とか、台詞多めのお芝居みたいなサーカス。

もう、すごいんですってば。

背広姿の団体客さんが多いからか、観客席のノリが重め。残念。
ま、他人様のことはさておき、堪能。 (^o^)
芸事って素晴らしい。
by snowy_goodthings | 2009-02-11 15:00 | 鑑賞記

にんにく鍋

風邪気味みたいなので、
青森県産にんにく2個をバラして、土鍋に投入。ぐっつぐっつ煮込む。
e0076761_20415555.jpg

すばらしく滋味ありげに芳香甚だしい。



by snowy_goodthings | 2009-02-10 20:00 | 家食記

有楽町駅をはさんで東西ぶらぶら

チズルさんがリハーサルのため東京出張して来られるとのことで、
オットと合流して、有楽町駅北口東側を出てすぐにある
紅虎餃子房有楽町店でご飯。
Flickrつながりでmist-yさんにご対面できました。
e0076761_005379.jpg

私は会社帰り、かつ、今朝からクライアント訪問があったので、カメラ装備は最小限
…というには無理ある、レンズがメタ重い"ななこ"1台のみ。 (^_^;
テーブル上の料理に寄れないのがツライ。
クローズアップフィルターを持ってくれば良かった。ま、会社帰りですから。
e0076761_042519.jpg

ご飯の後、有楽町駅北口西側へ移動。
e0076761_073568.jpg

夜の丸の内仲通りを抜けて、
ザ・ペニンシュラ東京1Fラウンジで温かい物1杯。
e0076761_0115761.jpg

美しいモンブランを撮りたかったのに、ズレてるし。"ななこ"操作は、つくづく難しい。

天井の鏡やオブジェやテーブルセットを撮りまくる我々は、
ラグジュアリーなホテルと不調和だろうか。
いいや、我々なりに雰囲気を堪能しているのだ。 (^_^;

コーヒーがポットで出てくるのは、コーヒー好きには嬉しい。
美味しかったら、もう1杯飲みたくなりますものね。
e0076761_0181894.jpg

CANON7 + CANON 50mm f0.95 lens×ILFORD DELTA100

…と、夜のお散歩はあっという間に過ぎていく。

来月は我々のほうが京都に行きますからー♪



by snowy_goodthings | 2009-02-09 23:00 | 散歩記 東京

奉納演武

毎年2月の恒例。
奉納演武会が、伊勢山皇大神宮で行われました。
e0076761_19223343.jpg
神前で演武すると、
もっと稽古したい/稽古しようって気持ちが湧いてくるから不思議です。
いつまで経っても上手にならないけれど。
e0076761_19274642.jpg
創立30周年、区切りの年の開催に当たるとのことで、
記念品を頂いたり、いつもの直会よりも賑やかな祝賀会があったり。

----------

ところで、この日。
5D MarkIIでばしばし撮る最初の機会だったのですが…

いざ撮ろうとファインダーを覗いてみたら、ぼやーと黒い枠が横断している。
レンズを外してみて仰天。フォーカシングスクリーンのホルダーが外れて、
プレシジョンマットがミラーの上に落ちている。 (@_@)!

SONY α を持っているお仲間さんにカメラの中を見せて頂き、
見よう見真似でマットをはめたものの、ファインダーは傷だらけ。
素手で、カメラの中を触っちゃったよ。 (T_T)

…そんなこんな大騒ぎして量産した、
ピンボケ多めな写真は Flickrにあります。動画も撮ってみたが、一眼レフを抱えて撮るのは大変。

*2017年5月17日 追記:
水月会行事において、
一部の支部会員の写真撮影・メディア(特にWEBサイト・ブログ・SNS等)掲載に際しては
事前許諾を要するルールが適用されました。
これを受け、Flickrで演武者・立会を問わず会員が写っている写真は過去遡って、
すべて公開制限をかけました。
拙ブログ掲載写真も師範演武を残して削除していきます。

Flickrにストレージしてある水月会行事の写真については、
- Flickrアカウントをお持ちであっても閲覧できない設定に変更しました。
- 何名かの先生にお渡ししていたゲスト閲覧権限はすべて削除しました。

誰がどの支部会員であるか判別しての公開・非公開を設定する事は煩雑
(実際のところ、誰が何処支部の誰であるかわからない)であるのと、
演武の組合せによっては上記ルール適用に矛盾が起きるため、識別はおこないません。





で、フォーカシングスクリーンとは
e0076761_19442511.jpg

ピントグラスと同義だよね?

キヤノンサービスセンターに持って行ったら、
前機種:5Dでは、スクリーンの装着不具合があったけれど、
5D MarkIIでは構造が改良されているので、個体不良でしょうって趣旨の説明を
受けた。

スクリーン交換・ホルダーとミラーの状態確認で2週間ほど入院となりました。
(^_^;



by snowy_goodthings | 2009-02-08 20:00 | 稽古記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る