<   2009年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

いただきものシングルモルト

何故か勤務先への頂き物ウィスキーを、私が貰う事になった。役得。 (^_^;
e0076761_1273923.jpg
薀蓄はほどほど少なめに、愉しく美味しく飲めれば良いです。
e0076761_1275377.jpg
ウィスキーの語源は、アイルランド語の"uisge beatha"。意味は"生命の水"だってさ。
酒飲みにはたまらない響き。



by snowy_goodthings | 2009-01-31 22:00 | 中食記

007 慰めの報酬 / Quantum of Solace

前作で若返り、人間らしく生まれ変わったボンドさんのその後。
e0076761_0323987.jpg

(C) Quantum of Solace 2008 Danjaq, LLC, United Artists Corporation, Columbia Pictures Industries, Inc.


前作「カジノ・ロワイヤル」最後のシーン:"Bond, My name is James Bond"の
1時間後から始まる続編。
そしてさらに、次回作に続きそうな伏線みたいな場面や台詞がいくつか。
ダニエル・クレイグ氏はあと2〜3・4作くらい主演する契約だそうなので、
これら作品を通じて、ひとつの物語ができあがる大きなプロットがありそうな印象。


で、今回のお話。
世界中あっちこっち贅沢に追いかけっこするのはあり得ないけれど、
中南米の水資源を巡る政治的・経済的な思惑の交錯は、現実でも起きている。

まぁ、娯楽映画らしく、
ボンド&ボンドガールのややプライベートな復讐が絡む事で、
難しいお話への突っ込みは最後にはトーンダウンしちゃうけれど。

それでも、ちょっとザラッとした現実感が後に残る。


うーむ…やられた。面白かったです。

Mの私生活チラ見せとか、
背が低いほうのボンドガールさんの気の毒な顛末とか、
ちょい先の技術のショーケースのようなIT機器とか、
湖上劇場での「トスカ」とか、
旧作へのオマージュみたいなシーンとか、
etc...


なによりも、
敵役を演じるマチュー・アマルリック氏(←このヒト好き、Konica Hexar使い)の
黒眼がちで泳ぐ視線が怪しい。
おフランスから来た、お洒落でいー加減に腹黒い、文系ワルって感じで。 (^_^;
なもんで、
映画の終盤、斧を振り回す姿の見事な腰の引けっぷりが、
猛烈な必死さで壮絶。リアルだ。

Mの台詞に反して、"小物なワル"に見えてしまうのが残念すぎる。
いろいろな要素詰め込んだ展開だから、"One of 悪役ども"に埋もれちゃってる。

ただ、前作の適役:マッツ・ミケルセン氏も途中であっさり消えちゃったし、
そういう構図・展開が、このシリーズでのお約束なのかもしれませぬ。
うむー



by snowy_goodthings | 2009-01-30 23:05 | 鑑賞記

JR鶴見駅の

…1・2番ホーム南端にあった「めん処 屋島」が、
2009年1月15日で閉店していた。
e0076761_2329463.jpg

この事は、ぐらんぐらんとショック。 (T_T)

店長さんは無念の閉店だったのか、
店の外に貼り出されたお別れの言葉には、やりきれない想いがじわじわ。
e0076761_23341897.jpg

おじさんが1人で切り盛りしてて、
初めて食べた時には「お口に合いましたか?」なーんて、声かけられたのです。


鶴見駅の再開発後に、戻ってこないの?
NRE系の「あじさい茶屋」か「めりけんや」が出店するんですか?
もし「濱そば」とかできたら、行かないっ、寄らないっ。

そんな余所の駅にわんさとある店なんか要らんっ。 o(>_<;

個性があって、経営も踏ん張れるお店がいなくなって、
何処にでもあるチェーン店ばっか出張るのは、半可臭い。
チェーン店が悪いって意味じゃなくってさ。
だって、屋島も、木屋フーズってチェーンの系列ですから。
(ただし、店長さんの腕に支えられている印象が大きい)
お互い良いとこあるんだから、歳月かけて積み上げてきた価値があるんだから、
棲み分け・共存すれば良いじゃないか。

ecuteとか、GRANSTAとか、
駅ナカだか駅ビルは地域限定的な個性化に向かうのかなって思ったけれど、
そういうのって、首都圏ターミナル駅でのみ当てはまる事なのか。
他は金太郎飴みたいに同じ顔つきで良いんですか。
なんだかなー。


とにかく…
屋島の店長さんに、まだまだ、これからもご多幸ありますように。



by snowy_goodthings | 2009-01-25 21:20 | 散歩記 横浜

おみやげキャラメル

先週、父・母が久しぶりに札幌に帰って、そのおやげ。
携帯電話の留守番電話に「買ったけれど要る?」と入っていて、何かと思えば…

花畑牧場の生キャラメル (^_^;
e0076761_135557.jpg

父が用事をこなしている間、
母は札幌市内で探しまわっていたらしい。

で、帰りの千歳空港でちょうど入荷したとこに遭遇したんで買ったとのこと。
お一人様3個までの販売で、キャラメル・チョコレート・ホワイト3種類。
e0076761_162112.jpg

ゴールデンタイムのテレビをほとんど観ない私も認知しているくらい、
メディア露出していて、かーなーりぃイメージ上げ底感が漂う牧場だけれど、
なるほど美味しい。

欲を言えば、北海道で食べたいね。地産地消ってさ。 (^_^;



by snowy_goodthings | 2009-01-25 15:00 | 中食記

新入りカメラが撮る1枚目は

…うさこ。お約束です。 (^_^)
e0076761_0203016.jpg

KissDNよりうんと綺麗ですが、5DMarkIIはすごい!って感じはイマイチ。
すまぬ、うさこ。 (^_^;

写真はカメラが撮るんじゃなくって、ヒトが撮るのだよ。
撮る人間が変わらないから、いきなり段違いに写真も変わらないってば。
…変わったら、むしろ凹むと思う。


すごいって実感は、ジワジワと来るであろうと予想されます。



by snowy_goodthings | 2009-01-24 22:00 | 買物記

デジタルカメラはカメラじゃないかもしれない

師匠とのカメラ談義の時だったか、
「デジカメはどんなに良い機種を買っても、3年も経てば最新機が出て、
前のは物足りなく感じる」って。 (^_^;

銀塩カメラも、技術革新の積み重ねがあったけれど、
50年位前に出たHasselblad500C/Mを今も現役で使っているヒトは多いし、
30年位前に出たNikonF3は今や"お散歩写真"男女の必携アイテムみたいだし。

我が家にある、"りこちゃん"ことRICOHFLEX NEWDIAは1956年、
"ななこ"ことCANON7は1961年の発売。
どっちも余裕で動くし、良い感じに撮れる。
デジ一眼で撮った写真より褒められる事が多いしさ。


マーケティングの教科書的に考えると、カメラ市場は
CASIOやSONYの参入を以て、家電と同じ消費サイクルで回り出したろうし、
携帯電話にカメラ機能が搭載されて、市場規模は拡大・多層化しただろうし。
…うむむ。
まだ考えがまとまっていないので、暫定的な印象だけれど。 (^_^;


…だから買わないという選択肢もあったんだけれど、結局、購買意思決定。
Canon EOS5D Mark II ボディのみ
e0076761_2036250.jpg

普通に写真を撮るなら、50Dで良かったんだけれど、
動く被写体=稽古とか演武とか対策で、思い切ってこちらを選んだ。

勿論、今までのCanon EOS KissDitigal Nも使います。
「物足りない」なんて思わないで、修理不可能になるまで使い切るつもり。


今年はもう、お洋服とか鞄とか帽子とか靴とか、
道楽買物はできないなー。 乂(>_< ムリムリ!



by snowy_goodthings | 2009-01-24 16:30 | 買物記

せんとくんっ

しばしば、着ぐるみキャラクターがよくキャンペーンを行っている
横浜そごう=横浜新都市ビルB2入り口前の「新都市プラザ」。

本日ご登場は、
「平城遷都千三百年記念」公式キャラクター"せんとくん"。
e0076761_0282461.jpg

出番が終わって、控え室に戻るところに遭遇。 (@_@; びっくりしたんでブレブレ。

奈良県東部(桜井市・宇陀市)の観光キャンペーンで、来浜したとのこと。

道行くヒトに囲まれて、人気者。
でもって、ポーズしたり、手を振ったり、握手したり、好印象振りまく。

今度は"まんとくん"も連れてきてね。



by snowy_goodthings | 2009-01-24 16:00 | 散歩記 横浜

K-20 怪人二十面相・伝

わーはっはっはっはっは…って、笑い声まで棒読み。 _| ̄|○ 
でも劇画っぽくて、良いかも。

原作者さんも脚本書いた監督さんも、
ポプラ社の「少年探偵シリーズ」が好きだったんだろうなーっと思う。
江戸川乱歩による原書の登場人物・雰囲気・お話の展開や構造との符号が
あちこち散らされた、とてもよくできたパスティーシュ(作風模倣の新作)。
e0076761_0144167.jpg

(C)2008「K-20」製作委員会

パラレルワールドだって舞台背景の説明字幕は、最初の一文だけで充分。
レトロモダンだかスチームパンクな都市風景の美術は素敵だから、
もっと格好良い見せ方がありそう。
どうみても中国にしか見えない町並みを"日本"と呼ぶ事に、やや戸惑いあり。
小林少年がちょい邪悪。
序盤で消息不明になった脇のヒトのその後が気になる。
…なんて、ツッコミどころも全部ひっくるめて、面白かったです。 (^_^)

ちょっと展開がトロくて中盤辺りで長いなーって感じたけれど、
安心の起承転結な展開と、納得のどんでん返しで、
最後は腹八分目に程良い大団円。

ポプラ社「少年探偵シリーズ」は、
当時の表紙・挿絵をそのまま文庫版で出ている。
オットが嬉々として購入中だから、借りて読み直そうっと。



by snowy_goodthings | 2009-01-23 22:25 | 鑑賞記

アジアンランチ

嫌われているんじゃないかと思う位、
勤務先の半径300m圏内(←心理的推定距離)ではお店がなかった
アジアンランチ。食べてみたかったのです。
e0076761_023792.jpg

年明け、芝大門交差点近くでトラック屋台を発見。
いつの間に…気付かなかっただけかもしれない。

ともあれ、ありつけて、満足。
なまらアジアーな味。カラ美味い。 (^o^)



by snowy_goodthings | 2009-01-23 13:00 | 昼飯記 港区界隈

微妙に海の幸じゃない

1日坊主じゃ癪なので、今日も自炊。

浅蜊と青さ海苔のスープ。
e0076761_0101146.jpg

青さ海苔は"川のり"だと思っていたけれど、
正確には、海水と川水が混ざる汽水域で育つんだそうで。
知らなかった。
四万十川の真ん中辺りの底で、ゆーらゆらしているんだと思い込んでいた。 (^_^;

肝臓に良さげな感じで。



by snowy_goodthings | 2009-01-22 22:00 | 家食記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る