<   2008年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

画伯個展@奥野ビル

銀座一丁目、昭和初期に建てられた素敵なビルこと、奥野ビル。
またしても
Flickrでお馴染み、mixiでご存知、exciteブログでご近所なクロキ画伯の個展へ。
会社の昼休みついでに、ちょい地下鉄乗って行ってきました。
e0076761_2113627.jpg

今回、立体作品が登場。
絵画作品に登場するコ達の"フィギア"がわさわさ。←と書くと、ちとアヤシイ
e0076761_2123056.jpg

古い窓からの陽射しでほわほわ。
e0076761_214098.jpg

童話的なロケーションに合う作品達。
e0076761_2151435.jpg

…と、フィルム1本撮ったけれど、意味不明写真ばっかり。 (^_^;
自分とななこ(CANON7)の視点はいまだシンクロせず。
e0076761_218382.jpg

焦点とぼかしの塩梅って、難しい。だが、失敗してなんぼだ。

すべてCANON7 + CANON 50mm f0.95 lens×AGFA VISTA100



by snowy_goodthings | 2008-10-29 13:00 | 散歩記 東京

横浜松坂屋は2008年10月26日をもって閉店

横浜市民だけれど、日常の拠点が東京になっちゃってからは
足が遠のいていた伊勢佐木町界隈。

イセザキのランドマークであり横浜市の歴史的建造物である横浜松坂屋が
閉店すると知り、今更ながら、久しぶりにおでかけ。
e0076761_049552.jpg

CANON7 + CANON 50mm f0.95 lens×Solaris FG PLUS 100

e0076761_0584699.jpg

屋上には、在りし日の姿を写真に残そうとするヒトがぱらぱらと。
e0076761_0533658.jpg

デジタル一眼レフを提げたオジサンとか
二眼レフを抱えたお兄さんとか
ハーフカメラを握りしめたお姉さんとか
携帯を構えるお嬢さんとか
e0076761_101328.jpg

横浜松坂屋といえば、ゆず。
この壁画は彼らの地元:磯子区岡村に移設されるとのこと。
e0076761_055316.jpg

とことん、レトロモダンな建物です。
e0076761_0555045.jpg

e0076761_0563123.jpg

e0076761_0581843.jpg

いろいろ難しい事もあるだろうけれど、建物はぜひ保存してほしいです。
e0076761_103560.jpg

さんざん放っておいて、無くなるに至ってから
その価値に気付く。
もう遅い。


by snowy_goodthings | 2008-10-26 00:00 | 散歩記 横浜

ななこ

先日衝動買いした、
「ななこ」ことCANON7 + CANON 50mm f0.95 lens で試し撮りしたフィルム2本の
現像があがった。

…案の定、レンズにキャップしたまま撮っちゃった事が数回。あうー

1枚目は、うさこ。お約束です。
e0076761_23235751.jpg

自信がなくって、もう1枚。
e0076761_23245346.jpg

根拠無く、撮れそうな気がしたので、早速持ち歩くことに。

角平の「かつ丼」。
e0076761_2326217.jpg

山下公園の風船売り。
e0076761_2328023.jpg

徐々に慣れていこうと思った。
e0076761_23283939.jpg

人間の目は約F1.0だから、F0.95のこのレンズは肉眼よりも明るい。
e0076761_2332483.jpg

すべてCANON7 + CANON 50mm f0.95 lens×Solaris FG PLUS 100


とりあえずの印象は、難しい。
そして、レンズがバランス悪く重い。



by snowy_goodthings | 2008-10-19 23:00 | 銀塩は招くよ

第35回全日本杖道大会

東京、巣鴨学園ギムナシオンで、第35回 全日本杖道大会がありました。
e0076761_0223482.jpg

こちらが会場となるのは、1984年の第11回大会以来だそうです。

その時の大会に出ていたオットから、
「観覧席がない」とか「練習場がなかった」とか、古い記憶を引っ張り出していたが、
正解率は50%。24年前の事だから〜。 (^_^;
学校体育館らしい造りで、観覧席は無かったけれど、
練習場は隣の校舎地下に剣道場があり開放されていました。

古いけれど綺麗な、上品な雰囲気な男子校だと思ったです。←興味の要点がズレている
e0076761_0372973.jpg

自分達の試合は、2回戦で終了。
できた事も、できなかった事もひっくるめて、
試合場での演武が今の自分なり、相方さんに対してなり、
実力=身についている事の全部でしょ。
悔いなしー。

その時の対戦相手さん組が、優勝されました。
その内のおひとりは、習い始めの頃に何処かで堂々した振りっぷりを拝見して以来
すごいなーと思ってた方なので、納得。

真摯に稽古されて、とても上手な紳士さん達(まじ真面目な方々)を見て、
自分ももっと稽古したいーと、例によって思う訳です。頑張ろう。←単純
e0076761_050148.jpg

大会後の打ち上げで、審判を務めた先輩先生達がだぁーっと述べてらした
決勝戦講評が印象的。
勉強になりました。ハイ。 (^_^;


来年の第36回全日本杖道大会は神奈川で開催です。


…例によって質より量な写真は
Flickrにあります。←for Friends only



by snowy_goodthings | 2008-10-19 17:00 | 稽古記

僕らのミライへ逆回転 / Be Kind Rewind

巻き戻してご返却ください。
e0076761_2334366.jpg

(C)Newline Productions/Junkyard Productions


ミッシェル・ゴンドリー脚本/監督作品を観るのは、
「エターナル・サンシャイン」「恋愛睡眠のすすめ」に続いて3作目。
作品ごと、だんだん邦題が原題・映画の内容から離れていく印象がするのはご愛嬌。

図画工作のような映像に乗せて、
スクラップかコラージュのようにごっちゃごちゃとお話を展開させるのが、
この監督の特徴だろうか。

構造化を拒絶するあらすじに、
どんな深い意図や意味があるのかどうかわからない。
でもっていつも、最後の最後まで描ききらず、寸止めで終わっちゃう。

あと、そうだ。
必ず「現実にはそんなモノ無いよー」ってなSFもどきな設定がひとつあって、
それが主人公達を右往左往させるきっかけになる。

この映画でなら、
発電所を破壊しようとして、体が磁気化した主人公の友人が
レンタルビデオ店の全てのビデオ(←いまどきVHS)の中身を消去しちゃう。
だもんで、主人公は代わりのビデオを友人と自作して、
挙げ句は"sweded"(スウェーデンからの輸入品)だと言い切って…

あり得ない。 (^_^; でも面白い。


でも、映画の主題は、ドタバタ同好会的映画製作からあっけなく遷移して、
ちょい寂れた街のほんわか温かいコミュニティ人情劇へ。

いや、最後まで同好会かな。 (^_^; とにかく愉しそう。

そして、お仕舞いには、良い事がある。
奇跡が起きるかどうかは、寸止めだけれど。観るヒトの想像のままにってか。

笑わされたー。そして、ちょい泣かされたー。


劇中に作られた"sweded"リメイク映画は、アメリカの公式サイトで観られた。
これがまたバカバカしいけれど… (^o^)
by snowy_goodthings | 2008-10-13 20:45 | 鑑賞記

りこ×2

我が家でのコードネーム「りこちゃん」こと、RICOHFLEX NEWDIA。

高知県から、生き別れの兄弟or姉妹がやってきました。 (^o^)
e0076761_0282653.jpg

8月末にあった流祖祭で、りこちゃん抱えてじーしゃこ撮っていたら、
高知県の方から「同じカメラが自宅にあるから、パーツ取り用にあげるよ」と
声を掛けて頂いていたもの。

10月5日の高知での居合道の大会に参加した
稽古仲間のさのさんに、受け取り&運び屋をしてもらって、無事到着。
e0076761_0332189.jpg

革ケースは破けちゃっているけれど、カメラはカビも痛みも欠損も無し。

オーバーホールすれば使えそうな気配。
ひとまず保管するとして…でも、使わないのは勿体無い。

どうもありがとうございます。


こういう事こそ、役得っていうんですよね。 /(^_^;
大事にします。


杖も写真も、もっと上手にならねばー。



by snowy_goodthings | 2008-10-12 10:00 | 銀塩は招くよ

10月11日は、

オットの誕生日です。
e0076761_23502314.jpg

横浜松坂屋で買った「ゆず」カステラ。

祝いの品は、昨年同様、一泊二日の人間ドックとなる予定。



by snowy_goodthings | 2008-10-11 21:00 | 冠婚葬祭年中行事記

安穏世界/Unknown World

I've got a awareness of my own ignorance about my city.
e0076761_23213191.jpg

光音座@日ノ出町


映画館前の「オールナイト」の看板が、ベタに良い雰囲気だったので
りこさん(RICOHFLEX)で撮っていたら、
通りすがりのおっちゃんに「×××な映画だから観ちゃダメだよー」
と声を掛けられた。 (^_^;
e0076761_23252926.jpg

RICOHFLEX × Fujifilm PRO160S


観ませんよっ。
映画は好きだが、自分はここでは門外漢だから。

したっけ、多様性が当たり前な我が街を思い知った。
良い事です。



by snowy_goodthings | 2008-10-11 14:00 | 散歩記 横浜

CANON7 + CANON 50mm f0.95 lens

我が家でのコードネームは「ななこ」でーす。
e0076761_23465737.jpg

前日、突然f0.95の明るすぎるレンズを使ってみたくなった。
で、東京・神奈川の中古カメラ店の情報やWEBサイトを漁り、
翌日:つまり今日、在庫していそうなお店に伺ったら、2店目で遭遇。ラッキー。

カメラとレンズのプロフィールついては、
キヤノンカメラミュージアムで紹介されている情報しか知りませぬ。
なので、自分の言葉でこのカメラについての説明は放棄。 /(^_^;
e0076761_23462242.jpg

期せずして、レンジファインダーカメラに手を出してしまった。

フィルムカメラに回帰すると、
女子は一眼レフに行きそうだし、男子はレンジファインダーに行きそう。
勤務先のカメラ仲間さんとは「男はLeicaを目指す」なんて定義しているが、
実際そんなヒトが多い気がする。

CANON7に手を出した自分は、女子では少数派か?
統計取って、検証してみたいなぁ。


最初に伺った、勤務先近くの中古カメラ店では
デッドストック品のように綺麗なCANON7(箱・ケース・説明書付き)が
あったのだけれど、残念ながらレンズが50mm f1.4とのセット。
ひとまずコレを買って、f0.95のレンズを探してもらうというオプションもあるが、
そうすると予算オーバー。
しかも箱付きなんて、コレクターではない自分には勿体無いです。 (^_^;

でも、このお店では、いろんなレンズを覗かせてもらったり、
古いライカも触らせてもらいました。どれも造形・状態とも、綺麗だったなー。
写真整理用の手袋を持っていって良かった。
役得&眼福♪


CANON7を購入したのは、
会社帰りにちょい足を伸ばして行った新宿の中古カメラ店。
最初に行ったお店に比べて、雰囲気がぜんぜん違う。
これまで中古カメラ店でカメラを買ったのは、SX-70だけなので、
イマイチこの手のお店事情がわからない。 (^_^;

わからないなりに自分が欲しいモノを主張させて頂き、
CANON7Sとセット売りだったCANON 50mm f0.95を
ボディのみ販売のCANON7に付け替えてもらって交渉成立。
あと、レンズフィルターをおまけに付けてくれたが、そういうものなのかな。


帰ってきて、自分でできる部分だけせっせと磨く。
レンズは外側に細かい擦り傷があるけれど、ガラスは傷も曇りもなく綺麗。
そして、ペーパーウェイトになりそうな重さ。


使い方がさっぱりわからないのだけれど、
京都のカメラ店さんのWEBサイトで、基本的な使用法を紹介してくれているので
助かった。が、フィルム充填するだけでも30分位かかった。
前途多難。

なんだかんだ、予算よりもかなり低い額で収まったので、
後でケースとストラップを気に入ったお店で買おうっと。


ちゃんと撮れるかなー。 (^_^;
e0076761_23481287.jpg




by snowy_goodthings | 2008-10-10 20:00 | 銀塩は招くよ

コントロール / CONTROL

写真家アントン・コービンが物語る、故イアン・カーティスを見せてもらったような映画。
e0076761_1841312.jpg
(C) Northsee Limited 2007

約2時間、どのカットを切り抜いても美しい"写真"として成立する。
でもって冗長でない。これはすごい。
最後に彼が逝ってしまうのは、事実なので仕方が無いのだけれど、切ない。

ただ、
自分は途中ところどころで置いて行かれる。

インタビューなどで語られているように、脚本家は客観的な距離を置いているが、
監督はかなりの思い出・思い入れを込めている。そう感じられる。それがちょっと重い。




by snowy_goodthings | 2008-10-05 17:00 | 鑑賞記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る