<   2007年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

年越しは、

蕎麦だっ !
e0076761_22115969.jpg




by snowy_goodthings | 2007-12-31 23:45 | 家食記

ペルセポリス / Pelsepolis

e0076761_2334063.jpg

共同監督の1人、マルジャン・サトラピの自伝的グラフィック・ノベル
(つまりアートな漫画)が原作のアニメーション。
イスラム革命からイランイラク戦争後の頃までのイランを舞台にしたお話だけれど、
フランス映画なので、台詞は全編フランス語。

高校時代に習った世界史の記憶を必死にたぐりながら観たので、疲れた…

ペルセポリスは、紀元前にあったアケメネス朝ペルシア帝国の首都。
語源は"パールサ(ペルシア)の都"、破壊された都市だって事を考えると、
表向き「個人的なイラン女性の半生記」な印象の下に、
政治とか宗教とか国家とか、実体として目に見えない力に対する主張がありそう。

ゴジラとかアイアンメイデンとか、"笑い"を挿みつつ…
正直、個人的なお話だと受け取ると、90分間独り言を聴いているみたいで辛い。
政治的創作だと受け取ると、90分間演説を聴いているみたいで重い。





by snowy_goodthings | 2007-12-31 17:30 | 鑑賞記

札幌スープカリー Ananda

秋頃、裏横浜にできたばかりのスープカリーのお店。
e0076761_230228.jpg

Fujifilm KLASSE W×Solaris FG PLUS 400/Fujifilm LABO


厨房は戦場だというのは承知していますが…
小さいお店なので、すぐ横で慌ただしいやり取りが聴こえちゃうのは
お店が立ち上がったばかりのご愛嬌。 (^_^;

ちょっと辛め。美味しかったです。



by snowy_goodthings | 2007-12-29 14:50 | 外食記 横浜

クリスマスイルミネーション

年末だ…
e0076761_2212514.jpg

Fujifilm KLASSE W × ILFORD DELTA 3200



by snowy_goodthings | 2007-12-27 19:30 | 散歩記 東京

前勤務先ボスの壮行会。
前勤務先のヒト&かつて前勤務先にいたヒト、元部下が集まって宴。
e0076761_20543783.jpg

Fujifilm KLASSE W × Natura1600/Fujifilm LABO

花束贈呈もあったんですが、壮行会というより普通に愉しいオトナの飲み会でした。
前勤務先在籍率が低いからでしょうか。





by snowy_goodthings | 2007-12-26 23:00 | 外食記 東京

クリスマスイブっぽい

Verry Strawberryのタルト。ガーリーなお店の雰囲気そのまんま、可愛い。
*"Very Strawberry"ではありません"Verry-"です(念の為)
e0076761_9141488.jpg




by snowy_goodthings | 2007-12-24 19:30 | 家食記

今度こそ稽古納め

団体の稽古納め、道場の稽古納め、県の稽古納め、と「今年最後」を
毎週繰り返しています。
今週は稽古仲間さん達との「今年最後」の稽古会。

師匠も加わって、ぐるぐると相手を変えながら型のおさらい。
同じ事を聞いていて、習っているのだけれど、お互い記憶・解釈にユレがあったり、
工夫なのかクセなのか、違う事もしていたり。
でもね、相手さんがどうこうというより、自分について気付く事が多いのです。
あう、自分で考えた結果、妙な事をしでかしている。
(ToT)/ やりなおーっし!


ボヤきまくって今年の稽古が終わっていく。
ともあれ、今年も1年ありがとうございました。 ←これで帳消しにはならんぞ>自分


…すぐ2週間後には稽古始めですね。 (^_^;
e0076761_2182245.jpg


by snowy_goodthings | 2007-12-23 20:30 | 稽古記

角平

蕎麦屋のかつ丼。
e0076761_12581862.jpg

Fujifilm KLASSE W×Solaris FG PLUS 400/Fujifilm LABO





by snowy_goodthings | 2007-12-22 14:00 | 外食記 横浜

ご進物

先の日曜、オットの実家より津軽りんごが届きました。
納会・忘年会で1日不在でしたが、無事ロッカーに預けられていました。
ありがとうございます。 (^o^)
e0076761_21235189.jpg

で、今朝は東京の百貨店から電話。

お中元・お歳暮ではよくあるトラブル:
 ご進物を送ったら送り先が不在で、送り先と配送会社の間で再配達日時指定をしている間に、
 ご進物の消費・賞味期限が切れてしまい、そのまま送り先に到着した。
…という事に「送り先」側として遭遇しました。 (^_^;

うーん、別に驚きませんし、怒る気も無いんです。
なのにすごい謝られた。
代品の配送日時はいつが良いか、送り主にはどう報告すれば良いか尋ねられた。
それと、「配送会社が予想外の対応をした」という言い訳も伺った。あうー。 (@_@;

本来であれば、消費・賞味期限がある商品は配達可能期間が厳しく指定されていて、
期間内に配達できなかった場合は配送元=百貨店に返送される仕組み。
でも、配送物品が膨大な量となるご贈答の時期。
100%指定通り、配送会社ならびに配送を請け負う配達員のヒト達が対応できるんだろうか?
何パーセントかは取りこぼす事だってある。我が家みたいに
"多摩川を越えて往復してフルタイムで働いてるから平日の配達可能時間になんか帰りません"って
世帯にとって、「日時指定配達」って個客対応の価値は大きいけれど、
そのサービスを支える負荷は相当大きいんじゃなかろうか。

勿論、プロフェッショナルである事は期待するし要求もするが、
ミスのリスクも予想したり許容できる事もあったって良いじゃないか。
本来は自分で訪問、持参して直接手渡すのがしきたりだったご贈答が、
時代の流れでどんどん簡略化されてったものなんだから。
そうだよ、"型"は簡単になってってるんだよ。そこに込める"気"だって、ちっと軽くなりゃ良い。
今だって、本気な先様には自分で贈り物を持っていくんだし。

言葉は悪いのだが、
送り先の生活パターンだのニーズや都合を推定できずにご進物を選んで送るのは、
送り主の好き勝手だし、
不在だったり時間が合わなかったりで受け取れないのだって、
送り先の勝手都合だし。
誰が悪いとかって話じゃないと思う。 (^_^;


…そんな大人の事情より、凹むのは結果的にダメになってしまったご進物の事だ。
ご馳走の代名詞、立派な銘柄がついた霜降りの牛肉。
寺山修司の「一匹」から取って、仮に太郎と呼ぼうか。

太郎、ごめん。
命を"いただきます"する行為の意味を軽んじてはいかんのに。




by snowy_goodthings | 2007-12-22 10:00 | 冠婚葬祭年中行事記

ぴょんぴょんと

勤務先があるビル入り口に飾られたクリスマスツリーを撮ったもの。
e0076761_2110152.jpg





by snowy_goodthings | 2007-12-19 21:00 | 散歩記 東京


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る