<   2007年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ステーキとハンバーグ あまぎ

豚生姜焼き定食。
e0076761_21103467.jpg




by snowy_goodthings | 2007-07-29 17:30 | 外食記 横浜

伝達講習会

参議院選挙の日、横浜市鶴見スポーツセンター:開票作業所の上階で伝達講習会。
e0076761_2183531.jpg

まるまる1日、最初から最後まで、基本の相対動作12本を繰り返し。
e0076761_2063427.jpg

今まで、ひとつひとつの所作=技の理合を、
なんと大雑把な理解で済ませていたことか。
1日でできるような、そんなに簡単な事ではないのですが。

サウナみたいな体育館で、汗だくだく、暑さに朦朧。


もうひとふんばり。帰ったら、投票だ。


by snowy_goodthings | 2007-07-29 16:30 | 稽古記

歌舞伎座 七月大歌舞伎

「十二夜」といえば、キリスト生誕から12日め:1月6日の顕現日の夜のこと
…というか、なによりも、シェイクスピアの喜劇として有名。
でもぜんぜん顕現日のお話ではなくって、初演が1月6日だったからって説もあるらしい。

だからかどうだか、七月の歌舞伎座は「NINAGAWA十二夜」。
e0076761_2325930.jpg

火曜に仕事で東銀座に行った時、垂れ幕と看板を見て「わー、観たいー」っと、
チケット衝動買い。初演の2005年には行けなかったから、嬉しい。

あらすじは承知していたけれど、演じられるのは観るのが初めて。
さすが、古から様々な手により磨きこまれた喜劇。

思わず観客の人達が舞台に向かって手を振る幕開きから始まって…
洒落た言葉遊びと、際どい倫理観、残酷なドタバタ、ぐいぐい強引な展開。

主膳之助&獅子丸/琵琶姫は美しいし、織笛姫の高貴な強情さは憎らしくも可愛い。
麻阿は要所要所で笑いを攫っていき、右大弁安藤はかなりおいしい立ち位置なような。
でもって、坊太夫&捨助がとんでもない。
…などなど、さまざま。

単純に、おもしろかったです。 (^o^)


観るたび、毎度の事だけれど、伝統芸能の役者さん達の所作に
生まれてから今に至るまでの日々の積み重ね、そして生まれる前から続く歴史の継続性
みたいなものを思い知らされる。
伝統の継承と価値の再創造…なーんて言葉で言って済ませるには、あまりにも重い。



by snowy_goodthings | 2007-07-28 20:43 | 鑑賞記

招き猫、鎖鎌、こけし、達磨

東京ど真ん中の場末:新橋〜有楽町ガード下、インターナショナル・アーケード。
e0076761_114469.jpg

いと面妖なり。


by snowy_goodthings | 2007-07-27 21:30 | 散歩記 東京

新橋こいち祭り

昨日、今日は「新橋こいち祭り」。
e0076761_135689.jpg

新橋駅前で盆踊り。
e0076761_15342.jpg

"地元のヒト"って、こんなにたくさんいるんだ。



by snowy_goodthings | 2007-07-27 20:00 | 散歩記 東京

第25回神奈川県杖道大会

今日は県大会でした。

午前中は、審判員を務める五段以上の方々を中心に審判講習会。
四段以下は、試合会場への入退場ならびに礼法・所作についての伝達と実習。

お昼休み後、大会開始。
e0076761_2140021.jpg

自分は、最初の試合がなんだか、
5月の大津での全国大会での決勝戦と既視感ありあり。
一回で終わっちゃいました。 (^_^;

まぁ、こんなものさ。
とはいえ、気持ちの切替えと集中力を良い状態に持っていくコツって、
ないものだろうか。


稽古場の新人さんが、初出場にして初優勝。
びっくり。すごい。


例によって写真を山ほど撮ったのだけれど、手ブレ補正機能は良い感じなのだが、
県立武道館で70-300mmレンズは寄りすぎ。
微妙に何をしているところか分からない写真ばかりを、量産。
e0076761_0234031.jpg

でも皆様、良い表情。これはこれで良い写真だろうか。 (^_^;


終了後、八段に昇段された先生/先輩達の祝賀会。
汗かいた後のビールは美味しかったです…って、昨年も同じような事を書いたかも。



by snowy_goodthings | 2007-07-22 16:00 | 稽古記

信州そばとうどんの店 おにかけ

天せいろ。
e0076761_2317838.jpg




by snowy_goodthings | 2007-07-21 17:00 | 外食記 東京

「The Last Laugh」

三谷幸喜「笑の大学」の英語翻訳版を観に、パルコ劇場へ。
e0076761_22521479.jpg

イギリスでイギリスの人が英語で演じるから、
足したり引いたりした台詞や設定はあるようだけれど、ほとんど原典の雰囲気そのまま。

おもしろかった。
笑いのツボは、日本語でも英語でも同じだ。

そうそう、天井がある舞台セットを初めてみた。
ずっと同じ部屋の中で展開する密室劇みたいな話だけれど、
天井画の色彩や照明の色で、外で確実に進行している変化がよくわかる。
舞台美術って、すごい。



by snowy_goodthings | 2007-07-21 16:05 | 鑑賞記

河合隼雄先生

7月19日、河合隼雄先生が亡くなられた。

おくやみ報道では、
元文化庁長官の河合隼雄さん …と伝えられているけれど、
私にとっては、
臨床心理学者の河合隼雄先生 …のほうがピンとくる。

"雲の上の大先生"のように思っていたけれど、
実際にセミナーや講演でお会いした印象は"おもしろいオジさん"。
でも、それもずいぶん前の事。

あの頃、時間があった学生時代に、もっといろんな事を学んでおけば良かった。
そして巡り巡って心理学をちょっとは活かせる仕事に就いている今、これからも、
もっとお話を読んだり聞いたりしたかった。


ご冥福をお祈り致します。


by snowy_goodthings | 2007-07-19 15:30 | 冠婚葬祭年中行事記

ブルーベリー

まだまだ、色付く。 (^_^)
e0076761_0284161.jpg

by snowy_goodthings | 2007-07-18 10:00 | 庭風景


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る