<   2007年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ペンネンネネム京都 [閉店]

築年不明の町家をそのままカフェにした、絵本と珈琲のお店。
Flickrのお仲間に教えて頂き、京都在住の友人に連れていってもらった。

…が、所在地表記が「町名+番地」。通りの名前が無い。
町区画まで辿りついたものの、どの家が何番地なのか解らず、
10分ほど右往左往して、やっとこ発見。 (^_^;

…京都の街は、番地より
道筋の名前で座標を確認できるよう出来ているんだよね。
時代と共に変化し続けながら、複雑かつ緻密に織り込まれた、
京都ならではの住所の"妙"に感動を覚える。しみじみ。

ま、そんなこんなで見つけたお店の門構えも"妙"。
e0076761_21593258.jpg

ずずずいっと奥へ進むと、よそのお家にお邪魔しに来た気分。
e0076761_220338.jpg

絵本をよく読んだ/読まされた自分としては、えらい懐かしい響きに溢れた空間。
e0076761_2205088.jpg

GWで、自分も含め観光客が溢れている筈の京都。
でも、ここは別世界のようにゆるい時間が流れている。
だもんで、友人とだるだる3時間近くお喋りしていた。 (^_^;
by snowy_goodthings | 2007-04-30 15:00 | 外食記 旅先

X-Process

LOMO LC-Aを買ったら、一度はやってみたかった
クロスプロセス現像。

富士フィルム Velvia100
e0076761_22455530.jpg
コダックE100VS
e0076761_22462212.jpg
明日、またフィルム買ってこよう。 (^o^)

by snowy_goodthings | 2007-04-28 22:52 | 銀塩は招くよ

ほぼ10年前の

大学の1年間と、杖道を始めるちょい前は合気道を習っていた。
段位を取得するまでは続けなかったというか、続かなかった。

出てきた、当時のお稽古ノート。
e0076761_039590.jpg

袴のアミカケまで…よく書きこむヒマ時間があったもんだ。(^_^;

今もそうだが、体より頭で覚えようとする…というか、
動いて稽古できない分を書く事で追い付こうとしていたんだと思う。(^_^;
e0076761_0502360.jpg

↑上の型/技を習ったのは、1998年3月(稽古日まで書いてた几帳面)。
最後の動作がいまいちわからなかったって、稽古した日の記憶は漠然とあるのだが、
今となってはもう絶対できない。
勿体無い。


杖道を習い始めて今年が9年目。来年で10年。
体で覚える事ができているんだろうか?かなり疑問。かなり不安。



by snowy_goodthings | 2007-04-22 01:02 | 稽古記

新入り苗

忙しくなると、やってしまう衝動買い。
今回は苗2種類。使えるモノだから、無駄遣いじゃないよな? (^_^;

毎年挑戦してはムシに喰われてしまう、ミントに再々…挑戦。
e0076761_17465170.jpg

美味いイタリアンパセリ。
e0076761_17474571.jpg

by snowy_goodthings | 2007-04-19 17:50 | 庭風景

チューリップ

咲いたっ♪(^o^)
e0076761_085566.jpg

by snowy_goodthings | 2007-04-16 00:19 | 庭風景

和 一如

今度はあまり間を置かずに、また、一如へ。
e0076761_16786.jpg

こちらに来ると、日本の食材のお勉強になります。
いえ、食べるばっかりなんですけれどね。 (^_^; したっけ、これ名前なんだっけ?
e0076761_155568.jpg

…酔っぱらっていて覚えていない。あうー



by snowy_goodthings | 2007-04-15 01:11 | 外食記 横浜

日比谷神社

昨年以来
環状第二号線新橋・虎ノ門地区市街地再開発事業はじわじわと進行中。
道路予定地の建物はどんどん減ってる。
e0076761_131426.jpg

日比谷神社は、過去にも何度か移設されている様子だけれど今度は何処に行くんだろ?
e0076761_1232679.jpg

by snowy_goodthings | 2007-04-14 21:30 | 散歩記 東京

五段以下審査会

我が稽古場の新人さん達が、デビュー。一級を受審されました。
e0076761_2150055.jpg

…なんだ、この乱視の目眩のような写真は。 (@_@;

↑オットに撮ってもらったら、こんなんなってました。
いわく。
「動いているのを撮るの、難し—」
「カメラ覗いていると、実際の動きが印象に残らない」

ま、いきなり上手に撮られたら、こっちも立場無いからなぁ。 (^_^;

新人さん達、無事に合格。

自分もちょこっと受審される方のお手伝い…もとい、自分も稽古。
わーん、間合って難しい。
自分勝手に動いていたと、またしても(いつも通りに)反省。

***

県立武道館がある岸根公園の桜。
e0076761_21551820.jpg

港北はちょっと寒いので、まだまだ見ごろ。


by snowy_goodthings | 2007-04-08 15:30 | 稽古記

e0076761_22414659.jpg

開花は早かったけれど、その後寒くなったりして、
結構長い期間お花見できた。

…樹木にとっては、過酷な耐久レースだったかもしれない。


by snowy_goodthings | 2007-04-07 12:43 | 散歩記 川崎

ブラックブック / Zwartboek

「黒革の手帖」ハーグ・レジスタンス編
みたいな映画だと書いたら、えらい語弊あるのか。
e0076761_22383396.jpg

「氷の微笑」も「ロボコップ」も「ショーガール」も、
どれも観た事がないけど、ハリウッドではそういった映画を監督していた
バンホーテンココアみたいな名前のバーホーベン監督が、故郷で久しぶりに
撮った映画。
#あ、主演女優さんのお名前がバンホーテンだっ


第二次世界大戦末期1945年、
ナチス・ドイツ占領下のオランダで、家族をナチスに殺されたユダヤ人歌手の
復讐を描いたサスペンス…というのが謳い文句。

サスペンスだから、かの戦争の凄惨さを嘆く作品ではない。
故に、ためらいなくこの言葉が使える→面白かったです。

男も女もいい死にっぷりだし、脱ぎっぷりだし。
内容が内容なので、お話にも映像にも、美しいという印象はほとんどなし。
とことん汚いモノは汚く表現されていて、気合入った情け容赦なさ。
赤裸々というか、なんというか…

展開は込み入っているからかもしれないが、
ヒトの描写はとっても大雑把。だから、良い映画っていうのとは違うのだが。

イスラエルのキブツだとか、足並みが揃っていない連合軍だとか、
"コミュニスト"って表現だとか、その他もろもろ。
乏しい現代史の知識を総動員して観ると、
エンターテイメントだけど、それなりに深読みもする。自分には
あんまり深くまでは読み解けないけれど。


by snowy_goodthings | 2007-04-07 12:40 | 鑑賞記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る