カテゴリ:稽古記( 253 )

第112回全日本剣道演武大会・杖道八段審査会および杖道称号範士審査会結果

たった1回しかない「初めて」の演武大会参加、そしていつも通りの見学…をしに、京都へ。
毎年5月の恒例ですが、今年だけはちょっと違う心持ちで行ってきました。

…なのですが、記録と感想文は後日書きます。
今この瞬間、仕事が溜まっているため、作文はまた後で。働かざる者、食うべからず。
ゴールデンウィーク?なにそれ? (^_^;


*


5月2日(月)朝から演武大会。
6時30分から武道センターが開放されているので、此処で目覚まし。
e0076761_00505298.jpg
8時30分より開会式。
e0076761_00515467.jpg
GWの狭間、月曜日の開催ではありますが、我らが先生や先輩達は当たり前のようにいらっしゃる。
もとい、師匠は来なかった…あれ? (^_^;

今年の杖道公開演武は、
広島県の黒郷先生が打太刀・神奈川県の杖道部会会長こと山口先生が仕杖。
e0076761_01011243.jpg
山口先生の素材感が素敵な装束は、坂上隆祥先生のお召しだったもの。
自分は大先生(おおせんせい)には会ったことがないけれど、玄武館坂上道場の先生・先輩達から今も何度も聞く
逸話の数々を思い出しながら拝見。
神奈川県で杖術を習う"偶然"と"必然"の巡り合わせとか、とりとめなく考える。ただ、この話にオチはない。
e0076761_01174199.jpg
「格好良いのを1枚だけプリントして」と言われたけれど、
矢野庄一郎先生の教えに従って、格好良くない瞬間を10枚くらい(←大袈裟)プリントしてお渡しします。はい。


…いかん、書き忘れそうになったけれど、
我が「初めて」の演武は、ただただ楽しかったです。
"出来栄え"については、稽古・練習で何回かに1回「それなら良い」と相対的に誉められるときのほうが良いのは当たり前。
演武や試合でできることは、稽古・練習で「それなら良い」うちの何割か。だから、
この場に立てることをひたすら喜ぼうと思っていて、実際その通りのことができました。「初めて」だから、暴れてなんぼ。
ただの乱暴者だったかもしれないけれど。 (^_^;
でも、楽しかった。しくじった部分も含めて、楽しかった。

「良い」か「悪い」かどちらでも。演武後、声を掛けてくださった方々の言葉から察するに、
なにかしら"烈しい"印象を感じて頂けたらしい。やったー

ここから始まり。来年には、今年よりもできることを1つでも増やしたいです。

さぁ、来年はどんな風に言える(書ける)んだか。


*


5月3日(火)朝から、杖道八段審査会。
e0076761_01462259.jpg
一次審査は、制定型偶数番:2、4、6、8、10、12本目
二次審査は、制定型奇数番:1、3、5、7、9、11本目

申込者は28名(年齢:48歳〜90歳)、全員受審。
受審者数は昨年と変わらないが、年齢幅は上にも下にも広がっている。
e0076761_01485085.jpg
一次審査合格者は12名、二次審査合格者は5名(合格率17.9%)。
初めて日本から海を越えた地、オランダに八段先生が誕生。そして神奈川、大阪、兵庫、熊本の先生。
神奈川県から安田嘉一先生が合格されました。
e0076761_02330651.jpg
前日の演武会で「格好良い!」と拝見していた先生達は、今日の審査会でも格好良かった。

稽古に果ては無いってことを、改めてガツンと教えられた数時間でした。
審査会の終盤、あの会場内がぎゅっと緊張してしゅした瞬間。あれを見たら、
楽しいばっかじゃなくて、もっと踏ん張らなきゃあ…と、見ている此方が追い込まれる。
というよりも、四の五の言わずに、単純明快に憧れる。


範士審査会の結果は、「該当者なし」。


*


杖道八段審査会・杖道範士審査会の結果は既に全日本剣道連盟サイトで発表されています。
そちらをご覧ください。


それと、
(おそらく)私が知っているヒト・知らないヒトいろいろ皆様が
見たいであろう写真は Flickr (←Click!)に既にストレージしておりますので、ご覧頂ければ幸い。
私が知っているヒトならば、会った時に感想の一言でもください。できれば。
e0076761_23263497.jpg

自分の印象が向くまま、
他流の先生、他都道府県の先生の演武も含め、執拗に撮ったり撮らなかったりしています。
自分の演武前後は撮ることできませんので、記録としては不完全。ですが、毎年やっている事だから。
フォーカスが甘い写真だらけですが、枚数だけは沢山あります。

先に「お願い」しているとおり、
被写体ご本人、あるいはお弟子さんなど"縁"ある方々に記念写真のように
使って頂ければと思って公開しているものです。その事はどうかご理解ください。何卒。

よろしくお願い致します。



by snowy_goodthings | 2016-05-03 15:30 | 稽古記

第112回 全日本剣道演武大会について

開催日:平成28年5月2日(月)〜5日(木)
会場:京都武徳殿

5月2日(月)8時30分より開会式。
我らが「杖道」演武は初日に行われます。

詳細は、全日本剣道連盟ホームページをご覧ください。
e0076761_19163907.jpg
112th. All Japan KENDO ENBU TAIKAI
Date: May 2~5. 2016
Venue: Kyoto Butokuden

Opening ceremony is scheduled to start at 8:30AM on May 2.
Demonstrations of "Jodo" is going to be held on Day1.

For more information: All Kendo Federation web-site


*


段位が上がって称号を頂いたので、
今年から自分も演武者として参加します。一瞬の出番にどれだけ集中できるか、
新たな稽古の場です。 My débutante.
Our appearance time will be only a few & busy minutes
but very concentrated. It's a supreme practice field of fight.


by snowy_goodthings | 2016-05-02 08:30 | 稽古記

五段以下審査会でした

4月です。平成28年度の始まりです。
年度最初の行事は恒例、五段以下審査会。
e0076761_21445478.jpg
午前中は講習会。
初段以下〜五段まで5班に分かれ、各班を八段先生が1人ずつ講師として担当。
それに六段受講者が講師補助として配置される。

五段の班は、来月の県大会に備えるべく審判講習。
初段以下〜四段の班では、午後に昇段審査を受ける受講者はそのための稽古。
その他はいつも通りの稽古。あ、いや。
来月に八段受審を控えている先輩達も、ご自分の稽古をされていた。

新年度しょっぱなから、やるべき事が沢山ある。


*


午後も30分ほど稽古をして、それから審査会。
e0076761_21524845.jpg
印象として、受審者数は例年に比べ少なめ。しかしながら、
神奈川県の登録者だけでなく、中国・メキシコからの受審者もいるので、
顔ぶれは多彩。
e0076761_21554892.jpg
欠席者を除き、受審者の全員が合格という結果でした。
e0076761_21572563.jpg
皆様、おめでとうございます。
今日は明日には過去になり、過去の貴方はもはや現在の貴方ではなくなる。
稽古を続けている限り、きっと毎日が新しい。がんばってー。 (^▽^)/

武道稽古は"余暇の趣味"にあらず。
一生お付き合いする"生き様"になるかも。棒ならぬ、杖を振る人生…うーん♪


*


新年度といえば、
3月生まれ&4月生まれの大竹先生&神之薗先生は今年還暦。
わーお!
e0076761_22024635.jpg
足柄方面の几帳面女史が、申年生まれに因んで
赤いチャンチャンコのお猿さんアミグルミをプレゼントされたもんだから、
今日1日「かわいい」「かわいい」と盛り上がるのでした。
e0076761_12483091.jpg
弟子はなーんもお祝いしていません。 /(^_^;


おつかれさまでした。



公式報告は県連杖道部会サイトをご覧ください。



http://kanagawa-jodo.main.jp/



例によって写真は Flickr(←Click!)にあります。
「2016年度 神奈川県剣道連盟杖道部会春季五段以下審査会」
albumを追加しました。
関係各位はよしなにご覧ください。





by snowy_goodthings | 2016-04-10 16:00 | 稽古記

講習会でした

神奈川県剣道連盟杖道部会、平成27年度最後の行事である
講習会が神奈川県立武道館で開催されました。
e0076761_18295487.jpg
年度末という時期だからか、
指導部長の他、八段の先生が少なめ。あららら…
e0076761_18330557.jpg
講習会は最初、
初段以下〜五段に分かれ、六段・七段・八段が各班の講師として付いて進行。

来月10日に新年度最初の行事:五段以下審査会が控えているので、
受審者の方々を中心に、それを意識した稽古など。
自分が担当した初段については、
型・技について、頭の理解と体の慣れとをチューニングしていくという感じ。
気になったのは、気合が出ないことかな。
今は「大きな声」で良いのです。出してみてっ。
e0076761_18435623.jpg
六段の参加者が講師役を務めるのは、14時まで。
そうなのです。申し込み区分上は六段までは「受講者」なのです。

14時過ぎからは五段の横に陣取って、勝手に稽古。
再来月2日の京都武徳殿での演武大会が控えているので、自分達は
それを意識した所作確認を何度か。久しぶりに"しゃかりき"な練習をした。
ぜんぜん格好悪い。
そう、稽古じゃなくて、練習。
古の教えに気付きを見出すというより、技を繰り出すため体を練ることを。


16時には終了。
e0076761_18474628.jpg
おつかれさまでした。


県立武道館がある岸根公園の桜達が咲き始めている。
e0076761_18511678.jpg
春ですよ、春!



公式報告は県連杖道部会サイトをご覧ください。



http://kanagawa-jodo.main.jp/



例によって写真は Flickr(←Click!)にあります。
「2015年度3月 神奈川県剣道連盟杖道部会講習会」
albumを追加しました。
関係各位はよしなにご覧ください。





by snowy_goodthings | 2016-03-27 16:00 | 稽古記

神道夢想流 水月会 第23回 伊勢山皇大神宮奉納演武会

毎年の恒例、奉納演武会です。

昨年は雨天のため屋内開催でしたが、今年は見事な晴れ。
e0076761_00484399.jpg
舞台で演武ができます。
e0076761_00492769.jpg
ご神事の後、神前で演武。
e0076761_00512964.jpg
いつもの先生・先輩・我々に、
久しぶりに参加のお仲間や稽古を始めたばかりのお若い顔ぶれが加わって、
演武会の参加者数は多め。事前の参加申込者数は51名。
e0076761_00543110.jpg
新年1月だからか、最近ずっと寒い日が続いて
今日は久しぶりに日差しが暖かく感じられる日だからか、
すれ違う神宮参拝者さんが多いと感じる。
通りすがりのギャラリーさんは多め。昨年は雨だったから、一昨年と比べても。
e0076761_01061180.jpg
最後のほう、少し時間進行に余裕ができたからと、
来週日曜に日本武道館で開催される「古武道演武大会」の予行練習的な演武が
いくつか。結果、いつもより八段先生達の演武が多め。
e0076761_01352991.jpg

自分の話を書くと、オットが仕・私が打で挑んだ鎖鎌術は
オットの鎖は太刀にぜんぜん絡まず。
オットが打・私が仕で挑んだ中段は横切留の繰付で小手の取り直し3回。
間際の練習無しでさっと出て、さっとできないとならんのに…

実戦とやらなら死んでいるのかもしれないが、これは稽古のための型武道。
そつなくこなさず、挑戦しての失敗だったら、やった意味があるだろう。
そんな懐深さを期待してしまう。

稽古には果てがない。


来年はもうちょっと良い演武ができますように。ひたすら願い、実行するのみ。


おつかれさまでした。


*


私撮影ぶんの写真は Flickr(←Click)にあります。
仕合口の演武以外は開けっぴろげに、どなたでも見られる状態にしています。
(追記:撮って頂いた自分の写真もこっそり追加しました。己の写真は、たいへん珍しい…)

*2017年5月17日 追記:
水月会行事において、
一部の支部会員の写真撮影・メディア(特にWEBサイト・ブログ・SNS等)掲載に際しては
事前許諾を要するルールが適用されました。
これを受け、Flickrで演武者・立会を問わず会員が写っている写真は過去遡って、
すべて公開制限をかけました。
拙ブログ掲載写真も師範演武を残して削除していきます。

Flickrにストレージしてある水月会行事の写真については、
- Flickrアカウントをお持ちであっても閲覧できない設定に変更しました。
- 何名かの先生にお渡ししていたゲスト閲覧権限はすべて削除しました。

誰がどの支部会員であるか判別しての公開・非公開を設定する事は煩雑
(実際のところ、誰が何処支部の誰であるかわからない)であるのと、
演武の組合せによっては上記ルール適用に矛盾が起きるため、識別はおこないません。


by snowy_goodthings | 2016-01-31 15:30 | 稽古記

杖道地区講習会

ラスベガスで拾ってしまった
Atomic 風邪(←冷戦世代なら凍りつく悪趣味なジョーク)がしぶとくって、
自分にとって2016年の稽古初めは、本日、杖道地区講習会となりました。
あぁ、年初いきなり出遅れている。


参加者の数は400人近く。
e0076761_01080255.jpg
▪️1月16日(土)10時〜開講式

太刀・杖の構えの説明から始まり、単独/相対での基本動作の解説。
受講生全員で会場いっぱい広がって単独動作。
そして、制定型12本の解説。ここまで全体で実施。

その後、各段位ごと分かれ、担当する講師先生の下、稽古。
五段以上は明日午後から審判講習を行うため、高段者が制定型を動いて
稽古できるのは今日午後の2時間+明日午前の2時間=4時間くらい。

私が参加した六段は、大竹先生が講師ご担当。
1本目「着杖」から始めると、後ろの型が時間切れor時間不足になりがちなので、
4本ずつ、後ろから練習するという展開。すなわち、最初に
「雷打」「正眼」「乱留」「乱合」の4本から。かつ、人数が多いので、きちっと
2班に分かれて、号令に従って1人1本の型を3回ずつ動いたら、仕打交代。

そんな訳で、振った回数は少ないけれど、
さすが全日本の審査を通過してきたヒト達は練れているから、初見の1回目では
「あれ?」とチグハグな所作があっても、2〜3回目で整ってくる。
もちろん、稽古に対する考え方の違い・体の鍛え方の差異みたいなものは
あるんだけれど。


16時に終了。


▪️1月17日(日)9時30分〜開講

全体で準備体操と単独動作を行ったあと、午前中いっぱい各段位で稽古…なんだが、
我々が受け取った時間割は「午前は11:30まで」と記載されていて、
先生達が受け取った時間割は「午前中は12:00まで」と記載されていたらしい。
正しいタイムテーブルは前者。その事に途中で気付いてバタバタと巻きが入った
けれど、残る8本の型の注意事項の確認と練習、全て終了。

制定型の使い方について、
「解説書に書かれた事」と「書かれていないが、研究してほしい事」を
きちっと明確に分けて伝えてくださる指導は、さすが、
学校の先生を職業とする師匠らしい。
後者に関して伺ったのは、制定型12本全てを通して:
  足の運び方について
  太刀の振りかぶってから切る動作について
その他、それぞれの型において…っと、
自分にとっては日頃から注意を受けている事であったりする。ありゃ。


午後、五段以上は審判講習会。
最初に審判員の心構えについてお話を聞き、各班に分かれて審判法の実技。

昨年も書いたように覚えているけれど、
「審判」に付き(憑き?)物というか、恐るべき・忌むべきは「誤審」。
面白可笑しい他人事ゴシップみたいなものじゃなくって、
真摯に取り組むべき自分事スポーツマンシップみたいなものとして、
他競技での事例の紹介を挿みつつ、あれこれ。

昨年夏、神奈川県の高段者研修会で審判講習をした際、
模擬試合を1回行うたびに、審判3人全員が判定の根拠を述べ合い、
順番待ちの実習者も交えて判定内容について議論した事があったけれど、
同じプロトコルで稽古しているお仲間同士であっても"見る目"が違っていて、
面白いというか、恐ろしいというか、そういうものなのかと思った。
でもって、誰がいちばん正解であるというのを問うものでもないと思った。
この辺り、難しい。経験を積むのみでしょうか。


15時には終了。


おつかれさまでした。


…あ、今回は写真をぜんぜん撮っていません。(^_^; まだ不調だもんで。


by snowy_goodthings | 2016-01-17 16:00 | 稽古記

納会でした

納会でした。

…と、
旧東欧旅行の整理が終わらないままに大晦日を迎えてしまい、
放ったらかしていた杖道行事記録をまとめて慌てて書いている為体。
そしてもう、明日には次の旅が控えている。

来年はもちょっと稽古に重きを置きます。はい。
e0076761_15000924.jpg
午前中は、講習会。
無段〜六段まで、それと1月に六段昇段審査を受ける方々に分かれて稽古。

午後は演武会。
無段〜六段まで、演武。
e0076761_15030602.jpg
優秀者には表彰。
各段位2〜3名まで…と言いつつ、数を超えて授与があったのは
稽古へのモチベーションを高めるためと思われる。
だからさ、稽古しましょうぞ。

さすがに六段に対しては厳しくって、7人演武して表彰は定員きっちり。


自分、賞状を頂きましたが、改善すべき事はまだ多い。
ぽろぽろ、やり損じる事があったので、いきなりパッと動き出しても
できるようにならないと。

八段と七段の先生・先輩方の演武を見せて頂きました。
e0076761_15092077.jpg
おつかれさまでした。



公式報告は県連杖道部会サイトをご覧ください。



http://kanagawa-jodo.main.jp/



例によって写真は Flickr(←Click!)にあります。
「2015年度 神奈川県剣道連盟杖道部会 納会」albumを追加しました。
関係各位はよしなにご覧ください。




by snowy_goodthings | 2015-12-13 16:00 | 稽古記

高段者研修会でした

またしても秋の恒例、高段者研修会です。

四段以上が参加。
いつもより丁寧な単独基本動作の繰り返しから開始。
e0076761_14472392.jpg
どうでも良いんですけれど(いや、良くない)、
私は上座の先生に質問をしているのに、何故に横のほうから
先輩が答えてくるのだ?
双方同時に説明されても聞き取れませんってば。 (^"^;

そのあとは、各班に四〜六段が満遍なく配置されるよう分かれて稽古。
e0076761_14532383.jpg
その途中で、称号予備審査会も行われていた模様。

おつかれさまでした。


公式報告は県連杖道部会サイトをご覧ください。



http://kanagawa-jodo.main.jp/



例によって写真は Flickr(←Click!)にあります。
「2015年度 秋季高段者研修会」albumを追加しました。
関係各位はよしなにご覧ください。
publicに見られる写真は10枚ほど、いずれもスナップですが雰囲気は伝わるかな。






by snowy_goodthings | 2015-11-15 16:00 | 稽古記

第29回 鶴岡八幡宮奉納古武道大会

鎌倉の鶴岡八幡宮、
e0076761_15552549.jpg
研修道場において、
e0076761_15555054.jpg
鎌倉居合道協会が主催する
「第29回 奉納古武道大会」が開催され、水月会からも参加。
e0076761_16061368.jpg
毎年、
主に横須賀水月会の面々が中心になって参加していたものですが、
今年は各支部から有志を募る格好でエントリー。
e0076761_16063188.jpg
だもんで、自分も初めて参加させて頂きました。
師匠いわく「道場の雰囲気がとても良いので、良い経験になる」と。
e0076761_16065846.jpg
他流の演武をいくつも拝見できるというのも、良い経験。
e0076761_16133927.jpg
居合もいろんな流派を見ることができて、
まだ始めたばかりな程度の理解力なりですが、勉強になりました。はい。
e0076761_16140660.jpg
演武会終了後、直会。
e0076761_16551594.jpg
居合道の先生は、男性も女性も
(激しく語弊があるが)チャーミングであると感じるのでした。
人間としての魅力が、目を引く・目を見張るような技の冴えを生むんじゃ
なかろうかとか、考えてしまう。

演武について褒めて頂いたり、稽古について良いお話を伺ったりしたのだが、
べろべろに酔っ払って半分くらい忘れてしまっています。
(>_<) また伺う機会はあるだろうか。

おつかれさまでした。




by snowy_goodthings | 2015-11-07 18:00 | 稽古記

五段以下審査会でした

秋の恒例、五段以下審査会でした。
e0076761_14204078.jpg
午前中は、一級受審者〜五段まで分かれて講習会。
e0076761_14214120.jpg
六段以上は各班の指導…ということで、自分は一級受審者さん達を担当。
皆さん所作の手順は覚えているので、
体の使い方について理合に通じる部分を指摘したくなるのだけれど、
2時間で何処まで理解してもらえるだろうか。それよりも、
気合をしっかり出すとか、常の構えを安定させるとか、優先事項は
技の基礎づくりのほうかもしれない。がんばってー。

午後から審査会。
e0076761_14293390.jpg
拝見していて感じるのは、
稽古に対する自分の生活の中での位置づけの違いが
立ち姿や技前の異差になって見えてくること。なんとなく、
三段くらいから違って見える。四〜五段になると、ぜんぜん違う。

段位が上がるほど、「楽しい」だけでは済まなくなる。
10〜30代に始めたヒトなら、
仕事に使う時間・生活に使うお金とのやり繰りに迷う時期。
40〜60代に始めたヒトなら、
体力・健康状態との折り合いに苦労する時期。
そして、稽古そのものについて、
迷ったり苦労したりすることがどっと増える。大変だぁ。
しかし、稽古の道に果てはないという。


おつかれさまでした。



公式報告は県連杖道部会サイトをご覧ください。



http://kanagawa-jodo.main.jp/



例によって写真は Flickr(←Click!)にあります。
「2015年度 神奈川県剣道連盟杖道部会 秋季五段以下審査会」
albumを追加しました。
関係各位はよしなにご覧ください。



by snowy_goodthings | 2015-11-03 16:00 | 稽古記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る