カテゴリ:稽古記( 248 )

お写真頂いた

たまには、撮られる立場。
e0076761_14053277.jpg
ありがとうございました。

by snowy_goodthings | 2016-10-16 17:00 | 稽古記

第43回全日本杖道大会

全日本杖道大会でした。
e0076761_11261469.jpg
会場は、昨今流行の表現をすれば "国体のレガシー"でしょうか。とても広くて、立派。


くどいようですが…岡山県といったら、デニム。
大会参加記念品はなんと、全剣連マーク入りデニムバッグ。中には、岡山県の観光案内パンフレットが沢山。素敵です!
e0076761_11424073.jpg
そして、試合。
昨年度くらいから感じるのですが、進行が極めて端正かつ柔軟。
数年後には神奈川県での開催が予定されているそうなので、よく見ておかなければ。
e0076761_23111701.jpg
神奈川県の結果は、
六段の部で第1位、三段の部で2組優秀賞。
e0076761_23253161.jpg
※ 先輩、こちらのシャッターを押してくださいという無体なお願いに快諾ありがとうございました。
来年は「集まり悪いから」なんて仰らず、先輩達も撮らせてください。

稽古仲間さん達が遂に優勝されました。 (^o^)
e0076761_15443519.jpg
自分の試合は、昨年と同じく3回戦で終了。
ベスト8といえば聞こえは良いが、やるべき事をやり尽くしていないという結果。
いかん、現状維持は怠惰な後退なんだってば。
自分の身体ん中に入っている筈の、何割ができたかといえば、5〜6割くらいだったと思う。それって、
全然足りていない。できる事はもっとある。
やらないと。やってなんぼ。
…で、
ありますから、明日からまた当たり前に稽古をします。

なのですが、
負けた試合の後に「素晴らしかった」と言葉をかけてくださる初対面の方がいたり、
審判先生に丁寧な講評を頂いたり、「惜しかった」と言われちゃったり、
初めて杖道という武道・試合を見たという方から「石田のファンになった」という感想を伝聞したり、
えーっと…試合結果という記録とは別に、
見てくださった方々の印象になにかしら自分が "残った" のなら、それって、ちょっとした感動。
そういう意味では、やったぶんだけ、なにかできたのかもしれない。いや、まだ足らんな。
…で、
ありますから、明日からまた当たり前に稽古をします。


今、自分の気持ちはぐんぐんと上がっているのです。面白いでしょ。
  この面白さに気付くきっかけになった、"あの" おじさんに今日も感謝している。
  (ご本人は迷惑だろうけれどさ)
  毎日だって「ありがとう」と言えるさ。←頭おかしい


公式結果は、全日本剣道連盟サイトをご覧ください。


神奈川県より出場、入賞者の公式な報告は県連杖道部会サイトをご覧ください。



http://kanagawa-jodo.main.jp/



例によって写真はFlickr(←Click) にあります。
今回、一眼レフは持参しなかったので、スナップ程度の写真ばかりです。
集合写真は後日、配布します。


by snowy_goodthings | 2016-10-16 16:45 | 稽古記

10月16日は

第43回 全日本杖道大会
The 43rd All Japan JODO Championship

e0076761_12285773.jpg
開催日 2016年10月16日(日)
開会 9時15分
会場 岡山県体育館 "ジップアリーナ岡山" (岡山県岡山市北区いずみ町2−1−3)
主催 全日本剣道連盟
主管 岡山県剣道連盟
後援 岡山県/岡山市教育委員会/山陽新聞社

大会概要は全日本剣道連盟サイトをご覧ください。


*


いつも通り、今年も参加します。

自分は、体現者・表現者として何処までできるだろう?
凄まじい"お手本"を目の当たりにしちゃったばかりで(全然やる事は違う)、
恐れ慄いているけれど、進むしかないのです。

いつも言う事ですし、いつも言われる事ですが、
武道の稽古は、死ぬ時が仕上がる時なんだそうです。その時が来るまで、やり続ける。

こーんな、みっともない私を見てやってください。 (^▽^)


by snowy_goodthings | 2016-10-16 10:00 | 稽古記

神奈川県剣道連盟杖道部会、講習会でした

昨年この時期に開催された講習会は、
全日本杖道大会出場者を対象とした錬成講習会でしたが、今年度は通常通りの講習会でした。
e0076761_21344718.jpg
午前中は、初段以下〜六段の段位ごと分かれて講習会。
午後は、全日本杖道大会出場者は、試合指定技を稽古(練習)。
e0076761_21395861.jpg
自分、昨年に思った事をまるっとコピー&ペーストするしかない。
すなわち、
昨年度できた事にどれだけ上積みできるだろう…現状維持は怠惰な後退だ。

(>_<)

そこまで解っているなら、できないと。やらないと。
できていない事の説明=弁解なんざ意味がない。今、気分的に非常に追い込まれている。

試合場に、自分の何割を持っていけるか。それは自分の問題。

e0076761_21462454.jpg
おつかれさまでした。


*


公式記録は↓こちらをご覧ください。

http://kanagawa-jodo.main.jp/


Flickr へのアップロードは、後日。すみません。



*


以下、講習会とは全然関係無い話。

お昼に出た肉々しく茶色いお弁当を、私は半分以上を食べられない。
(^_^; 米と芋と飛竜頭とヒジキは食べた。
味付けや煮炊きにに使われた出汁が怪しいけれど、食べた。他はギブアップ。
食べ物を残すほうが罪なのだが、先週や3日前にあったばかりの事が生々しくて、今日は無理。

講習会で野菜のお弁当とか出してくださいってお願いは、可能だろうか?
で、その話を師匠や事務局先生達にしたら、
私の中途半端な菜食というか動物性食物の減食について、存外「良いね」と、
ポジティブなストロークが返ってくるのでした。

えー、先生!
ちょっとでも興味があるなら、一緒にやってみましょうぞ。月1回とかでも。←無茶苦茶
きっかけはさておき… ←オットがご丁寧に周囲に理由を解説してくれちゃう

私は今、体を軽く感じて動けるし、実際に体重はちょっと減っているし、
体型はジーンズが脱げ落ちるくらい痩せたし、コレステロール値は半減したし。
ただ、「印象が変わった」とか「病気でもした?」と言われるほど
顔が小さくなったらしいのは、果たして良いのか悪いのか。脳まで痩せてはなかろう。
(^_^; ともあれ、
自分の身体機能について、よく考えるようになった。
脳は減ってないだろうが、ちょっとイカれているかも。でも、今は面白くなっているところ。


by snowy_goodthings | 2016-10-09 16:15 | 稽古記

e0076761_14035526.jpg



by snowy_goodthings | 2016-10-02 09:00 | 稽古記

神奈川県剣道連盟杖道部会、級審査会・講習会でした

何故だ…拙ブログにおいて、杖道稽古・行事について書いた記録よりも、
Morrissey について書いた作文のほうがセッション数が多くなってしまっている。
最近1ヶ月間ちょっと、ずっと。
パブリックサーチによるアクセスは、相変わらず
「杖道」「神奈川」「八段」「福岡」「全国杖道大会」「全日本杖道大会」、
あるいは私の選手としての登録名:「石田ゆき子」による
検索ばっかりなのに。←もとより、狭い業界である

恐るべし、モリッシー先生。
この人には、絶対に敵わない。もとより、なんら挑んでいません。


*


県連行事は、6月の伝達講習会以来でしょうか。本日は杖道部会の講習会でした。
e0076761_23323142.jpg
講習会は、無段〜六段まで班に分かれ、各班を八段・七段の先生が講師を担当。
我らが六段は午前中はずっと「乱合」。午後は「正眼」と「雷打」と加わって、これら3本。
最後の30分だけ抜けて、相方氏と全日本杖道大会のための稽古。
先週、もうちょっと変わりようがあるだろうと思ったばかりの事があったのだけれど
もうちょっと足りていない。 もうちょっと、もとい、もっともっと。
e0076761_23330660.jpg
あわせて、午後1時から1級審査会。
審査員のお役目を仰せつかったので、私による写真はありません。


*


9月も後半というのに、今なお稽古着が塩を吹く勢いで汗だく。
一昨日の稽古で着た稽古着と、昨日の居合道伝達講習会で着た稽古着とが
やっと乾いたところだが、今日の稽古着を帰ったらジャブジャブ洗濯しなければ。
(^_^;
e0076761_23332230.jpg
おつかれさまでした。


公式記録は↓こちらをご覧ください。

http://kanagawa-jodo.main.jp/


上記の通り、
我がiMacはメモリだのHDDだのトラブルが重なって、写真の取り込みはできず。
復旧し次第、写真はいつも通りにFlickrにストレージします。しばしお時間ください。
おそらく、2016年が暮れる頃までかかりそう。

デジタルな記憶なんて、クラッシュして吹っ飛んだらお終いである。
ちょっと今、焦っている。



by snowy_goodthings | 2016-09-19 16:00 | 稽古記

神奈川県剣道連盟居合道部、伝達講習会でした

自分の本領について、自分ができる限りの事を精一杯やり尽くさなければ。
そーんな、自己陶酔的な義務感で追いまくられております。
やらないと。もとい、やっていますってば。
やっと、初めて居合道の講習会に参加しました。大会と審査会は出ていたけれど、講習会は初めて。
(然るべき順序とは逆な気がする)

伝達講習会なので、午前中は座学で抜いたのは午後のみなのですが、
たった半日かそこら刀を帯びていただけで、腰がガタガタに軋んでいる。

  ベルゲンで悔しがったばかりだが、自分はまだまだ色々と鍛錬が足りていない。
  こればかりは、多忙とか年齢とかを言い訳にして良いものではない。

自分の身体を自在に操るべき指導を頂いたので、
できるようになるのみ。励みます。


…久し振りに、初々しく単純に愉しい気分。 (^o^) やるべし。

by snowy_goodthings | 2016-09-18 16:00 | 稽古記

秋季錬成会でした

昨日と今日は、毎年9月の恒例。秋季錬成会でした。
e0076761_23481854.jpg
昨日は、相方氏と全日本杖道大会を意識した指定技6本と、中段の「横切留」と「清眼」。
ひたすら、これだけ。
e0076761_00064107.jpg
今日は、相方氏不参加だったので、
おひとりで稽古されている方に声を掛けたり、声を掛けられたりしつつ、
表の「鍔割」「着杖」「細道」、中段の「横切留」。ひたすら、これだけ。

理合を探り求めようとすると、1日でそんなにいくつも型はできない。
理屈っぽい説明や解釈もするんだけれど、ひたすら動くのを繰り返す。
ただ、本気で斬ったり、本気で攻めたり、そんなに何度も集中力は続かない。
しっかーし、まだ稽古の"量"が必要。自覚しています。

頼む。動いてくれ、オレの身体。 (>_<)

久しぶりに、腕に痣ができたり、顔を杖でぶっ叩かれたり、荒っぽい稽古をした気がする。
正確に目間を攻めてこないのが見え、相手は坂上道場で旧知の先輩だから、
意地悪して斬りかかったら(公けな講習会などでは、こんな事はしません…本当です)、
杖先が頬骨に当たった。まぁ、当たっても平気だろうって確信があったから良いんだけれど、
かわせれば尚良かった。もうちょっと、遣りようがあった。 ←乱暴者
打太刀をするなら、もっと大きくならねば。


両日とも参加人数はやや少なめでしたが、そのぶん先生・先輩方からのご指導は多めでした。
ありがとうございました。
e0076761_00093032.jpg
来週の講習会までに、ちょっとは変わらねば。いつもいつも、この繰り返し。


…と、稽古についてはちょっと試練が多い2日間だったのだけれど、
相方氏から「いちど観てみたかったから」と、Morrissey 来日公演に行くと言われたのは、
驚愕狂喜の事態。
昨年(2012年もしたっけ、今年もしてるか)、さんざん
試合前の緊張からの現実逃避で私がモリッシーの話を唐突に始めるのに
付き合ってもらっていたから、刷り込まれた? (^_^; …だとしたら、すまぬです。

でも、そうやって興味を持った対象について、
手っ取り早く Wikipedia とか YouTube とか iTunes とかで知るのではなく、
己の身体を以って生身の姿を見て確かめようと挑みたがるのって、武芸者らしい反応。
もしかしたら、"音楽家"というより"心に刀を持っているヒト"として興味を持った?
したっけ、
M御大に対しそういう捉え方をしている自分も、武芸者の端くれなのだ。自覚しています。


by snowy_goodthings | 2016-09-11 16:00 | 稽古記

September 2

稽古をご一緒してきたお仲間の訃報は、自分の一部を持っていかれるように感じる。


by snowy_goodthings | 2016-09-02 11:00 | 稽古記

試合/演武の撮影について

フラッシュを発光させての写真撮影は、
選手/演武者の妨げとなるので、絶対に、ご遠慮ください。

…と、
大会や演武会の際にアナウンスされる、いつものお願い。

先に出場した第28回東京都杖道大会で自分もそう思った。
口煩いおばちゃんぶって、覚え書きしておく。


第三試合場での準決勝試合中、南側のスタンドから焚かれたフラッシュが視界に入ってきて目が眩んだ。
演武中は、自分の正面にいる相手だけを見ているんではないんだよ。
自分の正面ずっと遠くまで、時には左右とか後ろの気配も見えてくるんだよ。
だから、カメラを構えた瞬間とか見えてはいたんだけれど、
だからって、八相に構えた相手を前に下を向くわけにはいかないから。

一足一刀の間合い近くまで寄ってくるカメラマンとか、一眼レフのシャッター音とかごときで
クオリティダウンするほどヤワな稽古はしていないが、フラッシュライトは目潰し攻撃の手段にもなる道具だから
洒落にならない。
嫌味っぽくなるが、だからって、フラッシュのせいで試合に負けるなんてことも、無い。無かった。
だが、しかし。


試合後、他の選手先生とお話をして、気にしている審判・選手は自分だけではないと判ったから、
大会事務局へ申し立てて、再度「フラッシュ撮影はご遠慮ください」とアナウンスして頂いた。
それでおさまった。
フラッシュの主が自覚されたかどうかは、知る由もない。
  いちど、同じ目に遭ってみることをお薦めします。まぁ、ご随意に。


*


自分、そういうことが前にもあったよな…あったな。
2008年の福岡での全国杖道大会だ。その時も愚痴をぶちまけていた。 (^_^; ありゃっ。

その全国大会、そろそろ第57回全国杖道大会への参加申し込みの時期。
2年前は父親が倒れたんで、当日棄権して朝イチの飛行機に駆け込んだんだった。あれ、そしたら今年って三回忌?




by snowy_goodthings | 2016-07-09 23:59 | 稽古記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る