カテゴリ:稽古記( 264 )

Typhoon No.18

今週末、台風18号が九州北部に接近の予報。

土曜日には、太宰府市 宝満宮竈門神社で流祖祭
日曜日には、福岡市 博多体育館で第58回全国杖道大会
…が開催されます。
e0076761_11372983.jpg
前回(2016年)は、モリッシー先生の来日公演(横浜・大阪)と日程がぴったり重なって行けなかった。
前々回(2014年)は、流祖祭には出たけれど、父が死にかけた(そして死んだ)から、大会は出ないで帰った。
今回こそは、ちゃんと両日とも参加したいです。福岡の方々と稽古をさせて頂きたいです。
いつも言っていることですが、自分なんざ稽古してなんぼですから。やらないと。

で、この台風18号の名前は、「Talim(タリム)」ちゃん。タガログ語で "knife blade"、
すなわち "刃" という意味だそうです。
まさに、我々が立ち向かうべき相手に相応しいお名前じゃないですかっ!

  *参考
  国土交通省 気象庁「台風の番号の付け方と命名の方法」


ただし、人類は自然には絶対に勝てない。流祖にご加護を祈るのみです。
(-人-) どうなるだろう。
杖使いの皆さまはお元気だから、大丈夫でしょう。自分も。
  心配すべきとしたら、先の豪雨被害に遭った地域・雨風に弱い様々な事物など…



by snowy_goodthings | 2017-09-13 10:00 | 稽古記

ほぼ毎週、土曜と日曜。それと祝日も。

予定通り、9月の赤文字の日(週末・祝日)はずーっと先生・先輩・稽古仲間さん達と顔を合わせている。
(^_^; すなわち、ずーっと稽古です。前進あるのみ。

今日は居合道の伝達講習会でした。できるようになるべき事が、沢山です。
ココには書けないけれど、「こんな事が!」と道場で聞いてほしい話もある。いちいち、なにもかもが面白い。
e0076761_00023923.jpg
県立武道館がある岸根公園の篠原池は、緑がぼーぼー。水面がほとんど隠れている。
今年は此処に来る機会がぐっと増えて、季節の移ろいをよくよく自覚するようになった。
見えるモノがいちいちなんでも面白い。今は、そういう時。


by snowy_goodthings | 2017-09-10 15:30 | 稽古記

秋季錬成会でした

昨日と今日は、南足柄で稽古でした。
e0076761_22101376.jpg
よく動きました。自分で自分が汗臭くて我慢できなくなったくらいに。
(^_^;

恥ずかしながら、毎年この季節になると必ず、繰り返し注意されている所作の悪い癖について、
今年この2日間でやっと"直せる"とか"できそう"とか思えた気がする。やっとの、やっとで。
腑に落ちたというか、解るんだけれどできるかなーっと迷わなくなったというか、
倣うだけの容量が用意できたというか、考えがそこまで至るように満ちたというか、etc.

自分は何度同じ事を繰り返したら、飲み込んで身につくのだ?…という反省は後でするとして、
ちょっと変われそうな気になって、かなり良い気分。
でも、来週の今頃には、思った通りにいかなくってへこんでいるかもしれないけれど。ともあれ、やるべし。


いつまでたっても、初々しく頑張れてしまう。自分って、おめでたい。
幸せであります。


*


そして、東名高速道路の渋滞に滅入りながら帰ってきてやっと、今日、世の中で起きた出来事についてニュースを見て知った。
明日がどんな日になるか…じゃなくって、今日がどんな日になるか予想しづらくなっている。

稽古をしている間は、浮き世離れしているから。
暫く現実に戻りたくなくなる。




嘘、戻りますってば。



by snowy_goodthings | 2017-09-03 15:40 | 稽古記

お盆なのに

1日ぶんぶん刀を振り回す、居合道講習会でした。

私が参加した班は more practice, less talk な進め方で、抜いた本数は他のどの班よりも多かったのではないだろうか。
でも、短い注意事項の説明が「これは絶対に守るべき理合」と腑に落ちる事ばかりで、
猛烈に勉強になりました。
かつ、実際に抜いた回数が多いぶん、所作の粗い箇所をバシバシっと指摘される機会も多くって、
結果的に自分の足りていない部分を猛烈に自覚することになるのでした。
e0076761_22585453.jpg
夏だ…県立武道館の垣根では、真っ白いユリ達がぼーぼーと気ままに咲いている。


かくして、今年も我が父の墓参りに行きそびれるのであった。
来月、命日の頃に行こうかと思うのだが、
10月の全日本杖道大会までずっと、週末も祝日も稽古か講習会で予定が埋まっている。
それと、昨年はモリッシー先生の来日公演と重なり、自分史上最も悩んだ挙句に(当時、しかし迷わず)行かなかった
流祖祭と全国大会、今年は参加する。行くぜ、福岡。
  その隙間に南欧に行こうとか、旅行計画をしかけたこともあったけれど…
  (^^;
  先生・先輩に「そろそろ三段になったら、真剣の購入を」と言われたけれど、
  それを買う資金があったら旅しに行きたい…というのが、本音ではあるけど。
  もう忘れよ。今は暫し待つ時です。


世界に目を向ければ、不穏なニュースばっかりが気になる。だが、しかし。
今、自分がするべき事というか、したい事は、自分がしゃんとしていればできる事。
稽古です、稽古。稽古しよ。



by snowy_goodthings | 2017-08-13 16:00 | 稽古記

8月の標語

毎月、いちいち心に刺さってくる、道場のカレンダー。来月はこれ。
e0076761_23315891.jpg
自分にも、自分が見知った周囲の人間にも、自分はよく知らない他人にも、あれやこれやにも、きっと心当たりがあり過ぎる。

…という具合に、
悔しいんで、下衆い達観している。


by snowy_goodthings | 2017-07-30 20:15 | 稽古記

高段者研修会でした

神奈川県剣道連盟杖道部会、夏の高段者研修会が神奈川県立武道館で開催されました。

最初に全体で単独動作。
それから、8月の七段・六段審査受審者は別班で稽古。
そのほか参加者は、七段〜四段がまんべんなく3班に分かれて相対動作。
e0076761_19194027.jpg
そして、2班にまとまって審判講習会。
今回は仕込みは少なめ。基本的な所作を繰り返す。
e0076761_19203190.jpg
その後、再び受審者の1班+3班に分かれて制定型を1本目から練習。
併せて、教士・錬士の称号予備審査会も実施されて、午後の練習はまず受審者の演武から開始。
e0076761_19231941.jpg
称号予備審査会は、全員合格。おめでとうございます。

その後、再び制定型を繰り返して、終了。
e0076761_19260716.jpg
今日は蒸し暑かった。
稽古着が汗で重いというか、汗臭いというか…自分で自分が気になって、そろそろ我慢ができなくなりそうな頃に
ちょうど終了しました。
(^_^;

おつかれさまでした。


県連杖道部会による公式「活動報告」は↓こちらをご覧ください。


http://kanagawa-jodo.main.jp/


自分が撮った写真は、 Flickr(←Click!)にあります。
公式写真が個人名義アカウントにストレージされていることの是非は、どうか問わないでほしい。
ボランティアなんです。

by snowy_goodthings | 2017-07-23 16:00 | 稽古記

第29回東京都杖道大会・第18回東京杖道祭

本日は都大会でした。

今日はオットの日でした。(^▽^) 祝、てっぺん七段の部で優勝。
e0076761_23283263.jpg
神奈川県剣道連盟の参加は今年で3回目。
結果は、
初段の部 優勝
二段の部 優勝
三段の部 優勝
四段の部 優勝
七段の部 優勝
決勝戦まで進んだ組はすべて、最後まで勝つという結果。
e0076761_23291545.jpg
一方、六段の部の私と相方氏は、
前回・前々回と決勝戦で負けて準優勝を2回繰り返していたのだが、
今回は準々決勝で敗退。あららー
この結果について、"ベスト8"とか言えば体裁はちょっと整うかもしれませんが、
都大会については決勝戦まで進むことを前提と捉えて挑んでいるので、この結果には怒り心頭。
こう書くと、恐ろしく不遜な物言いに見えると思うが、
自分自身にそういうお題を与えているというだけの話であります。

故に、3回目の参加にして恐ろしく不完全燃焼・生煮えな終わり方をしたのですが、
これで腐るわけにはいかない。
/(^_^;
勝った時だって達成感とか自分を褒めている暇はなかったし、負けても挫折感とか疑義心とか自分を甘やかしている暇もない。

やれよ、やるしかないんだよ。ざまぁみろ。

今日という日は明日には過去になる。過去の自分はもう今の自分ではなくなる。

…と、
此処、巣鴨学園ギムナシオンに前回来た時も同じようなことを考えていたのでした。
本当に果てがない。
e0076761_23285468.jpg
ともあれ、今日はオットをお祝い。
神奈川県連の打ち上げには参加せず、住宅街の路地をうねうねと抜けて、巣鴨地蔵通商店街へ。
e0076761_23304666.jpg
オットに奢ってやろうではないか。行ったのは、ファイト餃子。
愛らしい街の中華料理店は、ごちゃっとした雰囲気が居心地良かった。餃子とビール、最強(狂)の組み合わせ。
(そして後ほど、日常の肉摂取量が極端に減っていたオレは腹を壊す)


したっけ、帰宅後はもう平常通り。
何枚か撮った決勝戦の写真を見て「この立ち姿は格好悪い、弱そう」「ぎゃあーっ」と言い合うのでした。

本当に果てがない。


*


公式記録は、東京都剣道連盟杖道部会サイトをご覧ください。

それと、7月19日(水)の東京新聞にも結果が掲載されるそうです。


*


県連杖道部会による公式「活動報告」は↓こちらをご覧ください。


http://kanagawa-jodo.main.jp/


自分が撮った写真は、 Flickr(←Click!)にあります。
公式写真が個人名義アカウントにストレージされていることの是非は、どうか問わないでほしい。
ボランティアなんです。


*


我らが玄武会WEBサイトも地味に更新しています。
「稽古日・お知らせ」をご覧ください。
馬鹿正直に、入賞できなかった時の戦歴も記録する几帳面さを発揮していますから。


*


まったく個人的な思い出話なんだけれど、
たいてい試合の時って、開会式の前からお昼休憩の頃までは彼方此方の先生・選手さん達とご挨拶するとか、
比較的緩めに時間を過ごすのだが、さすがに自分の試合が始まる直前は、
目の前のことに集中するべき瞬間にとっておいている。
…の筈だったのだが、
13時からの試合開始前の休憩時間、
最後ちょっと安心するための稽古をしようとした瞬間に、今しなくて全然良かろう話を誰かに仕掛けられた気がする。
本気かよ。勘弁してよ。
実際、「今する話じゃないですよね」と投げた。理も義も此方にあると思っている。

その直前、頭冷やしに聴いた1曲が、
モリッシー先生の Certain People I Know (Vivid Live 2015 3日目の音源だったかな)だったんだけれど、
選曲を誤ったかもしれない。(^_^; まったく、なんてこったぁ。


by snowy_goodthings | 2017-07-16 17:00 | 稽古記

満月

道場の窓からみえる月が、とても綺麗でした。
e0076761_00531134.jpg




by snowy_goodthings | 2017-07-09 20:00 | 稽古記

居合道県大会でした

e0076761_23473570.jpg
普段の練習では一度たりともやったことがないのに、やってしまった。
納刀で刀を落として、一回戦で終了。
ヘ(@o@)/

試合って一発勝負の稽古だから。
昨日の稽古で「ダメ」と言われた事はちょっとは是正して出来た事は、良かったと思う。
せめて、その位だけでも…あわわ。
自分の体格に対してやや長めの刀を使っているから、やるとは思わなかった。驚いた。
もとい、初段審査のときにもやった気がする…これは鬼門か。

後で「あれさえ、無かったら」と言われたが、やっちまったのだから仕方が無いです。
稽古します。練習します。


当たり前の事であるけれど、練習は裏切らない。
勿論、試合での勝負のための努力が報われるという意味ではなくって。
繰り返したぶんだけ、もうちょっと出来そうな手応えが増えたり、
もう暫くは無理だろうって出来ない実感が増えたり、兎に角、自分が今どの程度であるのか見えてくる。

自分の心身を、自分の思い通りにどう操るのか。
スイッチを入れ直すというか、配線を繋ぎ変えるというか、なんというか。
「剣禅一如」は自分には遠い言葉で、難しいから。そういう理解で、続けます。
/(^_^; にわかに、かなり楽しくなってきている。
いきなり The Best は無理。More Better を積み上げていくよう、励む。
昨年は全然練習しないで挑むって無茶したんだから、今年はやっと真っ当な心構えになった…おろおろ。


by snowy_goodthings | 2017-06-25 14:00 | 稽古記

神奈川県剣道連盟杖道部会、伝達講習会でした

毎年6月の恒例、中央講習会があったら次に行われるのは伝達講習会です。
e0076761_12285417.jpg
全体で単独動作をした後、伝達事項の座学では
今年4月に改訂された「杖道解説」で追加・変更された記載事項を念押しされながら
相対動作・制定型の説明。

伝達役の先生から「変わったところは無いんですよ」という前置きはあったけれど、
これまでの伝達講習会・地区講習会であった"統一事項"や"申し送り事項"の数々を仕分けたり、
解説書に書かれた文言の解釈の幅を調整したり、
その質問は何度目だよって念押しみたいな確認があったり、突っ込みがあったり、etc.
ミリ単位で急所を定めるような(それってどんな?)質疑応答がいろいろと飛び交った。そんな印象。
e0076761_12472129.jpg
座学の後、初段以下〜六段、それと夏の七段・六段昇段審査受審者とに分かれ、
各班に八段・七段の先生が講師に付き稽古。

六段では、
「ぜんぜんダメッ!」「今まで何をやってきたんだぁーっ!」とボヤキながら、
太刀落から乱合まで1本ずつ繰り返し。やばいよ、やばいんだよ。


おつかれさまでした。


*


県連杖道部会による公式「活動報告」は↓こちらをご覧ください。

http://kanagawa-jodo.main.jp/

自分が撮った写真は、 Flickr(←Click!)にあります。
公式写真が個人名義アカウントにストレージされていることの是非は、どうか問わないでほしい。
ボランティアなんです。


*


自分が持っている「杖道解説」はまだ旧版。
白い解説書が緑の解説書に変わった時からずっと持っているもので、
伝達講習会・地区講習会、それといつもの県連講習会で説明があった度、
"何年何月何日、こう説明あり"とネチネチと書き込んできたから、
もはや印刷された活字よりも自分の汚い書き込みのほうが目立つ有り様。
仕打ちの位置関係の図解とか(一瞬だけ藝大志望だったから、デッサンはできるんだいっ)、
これまで師匠達から指摘された自分の癖に対するちょっとした工夫みたいなメモ
(ついでに厳しい愚痴も)も書いてあるから、手放せないのです。
(^_^;
しかし、いい加減、そろそろ、買い替えます。
現在、新版の「杖道解説」は欠品中だけれど、6月20日頃には全剣連に入荷されるそうです。


最近、かつての師匠・先生達を撮った/録った写真やビデオを見直す機会があって、
いろいろとジワジワと感じ入っている。
  膨大な量のお手本を"やって見せる"在りのままを記録させてくださった
  事実の意味を、今やっと自覚している

今年は稽古を巡ってちょっとした変化がちょっとずつ起きている。
いちいち、なにもかもが面白い。
おかげで、いまだに初々しい気持ちでいられる。それって良いのか悪いのか…



by snowy_goodthings | 2017-06-18 15:30 | 稽古記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る