カテゴリ:稽古記( 264 )

11月の標語

道場のカレンダー、今月の標語はこれ。もーう、たまらんです。
e0076761_23092765.jpg
じゃんじゃん、琴線に触れまくり。ごろごろ、腑に落ちまくり。ぶすぶす、心に刺さりまくり。


ところで、本日は新たに入会希望の見学者さんご来館。
まったく準備無し・ぶっつけ本番で、全剣連杖道の型12本を見てもらったら、気持ち良い反応が返ってきた。だから調子に乗って、ものすごい久しぶりに一心流鎖鎌術をやってみたら、面白いように絡み飛び当たる。
自分、最近ぜんぜん練習していなかったのに、すごく上手になったような気分になってしまう。
/(^_^;
己の体内でなにか醸成されたのだろうか?それが実力?

え、そんな簡単なものではないでしょう?


こんな調子で、この3連休はずっと稽古か仕事か、どっちかしかしなかった。
自分が好きな事・面白いと思う事について、存分に励む事ができている。良い事じゃないか。

あぁ、そうだ。
隙間時間には、太平洋の向こうでツアーが始まった Morrissey US tour 2017 の動向とか、
はるか西での UK tour チケット発売のお祭り騒ぎについて、電子の噂を伝聞したり。レコードを聴いたりもしたっけ。うん。
いずれの機会でも、
モリッシー先生ご自身が行きたい場所に行き、歌いたい歌を歌ってくれたら、それに勝ることはないと思います。
自分はそう思う。はい。こればっかりは、致し方無いというか、それ以上の希望を持ちようが無い。
Don't rain on M's parade... とか、能天気にお祈りするのみです。


ようするに、
単純に慌ただしく忙しいのだけれど、あんまりツライと感じていない。



by snowy_goodthings | 2017-11-05 21:00 | 稽古記

杖道五段以下審査会でした

原則、毎年「文化の日」は秋の五段以下審査会です。

海外からの受講生・受審者も多くいらっしゃって、顔ぶれは万国旗。かつ、年齢層も幅広い。剣道場はぎゅうぎゅう。
e0076761_09580258.jpg

午前中は無段〜五・六段に分かれて講習会。
私が参加した五・六段の班は、1本目の「着杖」から4本目の「斜面」まで。午前中いっぱい、
全剣連杖道さいしょの4つの型を1本ずつやっては、解説を聴き、注意を受けながら繰り返す。

稽古とは全然関係無いというか…いや、無くもないのかな。講習会の途中、
事務局から「お弁当を運ぶので五段・六段、10人ほどお手伝いをお願いします」と声をかけられたんだけれど、
それに応じて稽古を中断して道場を出たのは4人。6人ほど足りない。あれれ?
(^_^;
断っておくが、これをわざわざ書いているのは、動かなかった方々に責を問うという意図ではありません
単純に稽古の事に引き込んで、空間認識能力の程度が気になった。確か、六段が12人・五段が9人か11人(とにか奇数)だったから、ざっと半数がいなくなっていなければ「人手が足りていない?」と気付くだろうに。
気付かれない方が過半数だったっぽい。そこが引っ掛かったという話。
だってさ、その前後にさんざん間合を考える事を要求されていたじゃないですか。相対的な位置感覚。3次元の把握。

稽古・練習の結果、人並みよりも良く鍛えられる身体能力…って、他にもある筈だよな。それって、なんだろ?

いかん、何気ない事の全部が全部、稽古に結びつくように捉えてしまっている。
(^_^;
果たして、それって良い事なのか悪い事なのか。自分で自分に目標や理想を課している限りは、良いのかな。
自分の「良かれ」を他人に押し付けたり、他人を付き合わせようとかしたら、それはただの身勝手。
それはしたくないし、応じたくない。ご随意に。


*


受審者数が多いということで、12時45分から審査会。
e0076761_10291021.jpg
我らが玄武会からは、1名が二段を受審して合格しました。おめでとうございます。
e0076761_10301159.jpg
いつもより長めの講評と共にいったん閉会式。
そのあと、実技審査合格発表と学科審査、そして登録手続き。

撤収作業諸々あって、終了は16時少し過ぎ。
おつかれさまでした。


*


神奈川県剣道連盟杖道部会による公式「活動報告」は↓こちらをご覧ください。


http://kanagawa-jodo.main.jp/


本日の審査会、私は言われるまでもなく写真係でした。

で、例によって写真は Flickr(←Click!)にあります。
「2017年度 神奈川県剣道連盟杖道部会秋季五段以下審査会」albumを追加しました。
関係各位はよしなにご覧ください。
公式写真が個人名義アカウントにストレージされていることの是非は、どうか問わないでほしい。
ボランティアなんです。

なお、受審者の演武写真は1ヶ月後くらいを目処に閲覧制限をかけます。ご了承ください。


*


我らが玄武会WEBサイト「稽古日・お知らせ」も更新しました。




by snowy_goodthings | 2017-11-03 16:10 | 稽古記

玄武会

今年4月に開設以来、地味に更新を続けている
神道夢想流杖道 玄武会(a.k.a. 玄武館坂上道場 杖道部・居合道部)のWEBサイトですが、
管理者(私)が長いURLを覚えられないため
短く "genbukai.info" に変更しました。


こちらでお見知り置きくださいませ。
神奈川県剣道連盟杖道部会ホームページ、
拙ブログの過去記事に掲載されたリンクURLは更新済みです。


11月は自分の生誕月であります。なにか始めるには、良い頃合い。
クーポンとかポイントのサービスとか、クレジットカードの優待とか、
自分になんらか行動(要するに購買・消費の行動)意欲を刺激しようと
あれやこれや機会がやってくるし。
なんでも良いほうに受け取って、なんでも試してみようと思ったりする。



by snowy_goodthings | 2017-11-03 00:00 | 稽古記

選挙、台風接近、講習会

本日は第48回 衆議院議員選挙の投票日。もとい、
超大型で非常に強い台風21号が接近する中、神奈川県剣道連盟杖道部会の講習会でした。
期日前投票を前日夜に済ませて、
昨日は普段の稽古に行くために走った横浜上麻生道路をばびゅーんとべーゔぇで駆け抜けて参加しました。


神奈川県の講習会ですが、開催地は東京都。
正面への礼は、仏前への礼。
e0076761_21532608.jpg
参加人数はやや少なめでしたが、そのぶん稽古・練習の内容はがっつりだったと思う。
e0076761_22011689.jpg
自分は、来月一級審査を受ける班の講師担当。もとい、講師というより、練習の発破掛けだったっぽい。
気合を出してーっ!
でも、楽しそうにやってくれちゃうから、私も楽しい。稽古は、楽しくなくっちゃ。
(^_^)
もちろん、ツライ時もあるんだけれど。どちらも大事です。

台風接近の非常事態なので、終了時刻は繰り上がって15時に閉会。


いつも未満に枚数が少なめですが、講習会風景の写真を Flickr (←Click!)にストレージしました。
稽古風景の写真がぜんぜん無いのは、私が上記の状況であったため。
あ、そうだ。指導部長先生にカメラを預ければ良かったのか。

神奈川県剣道連盟杖道部会による公式「活動報告」は↓こちらをご覧ください。


http://kanagawa-jodo.main.jp/


お疲れ様でした。


来月、11月は五段以下審査会。
来年、1月には六段・七段審査会。

きゃぴきゃぴと習う事を嬉しがって、"若手"呼ばわりされる事に長らく馴染んできていましたが、
そろそろ次の審査を受ける時期が迫ってきている事を自覚しつつあります。やばい!やばい!やばいっ!
受審資格年限が来るのは、東京オリンピック開催予定の年…なんてこった。それまでに、どれだけ変われるんだか?


by snowy_goodthings | 2017-10-22 15:00 | 稽古記

第44回 全日本杖道大会

1年でいちばん大きな大会、全日本杖道大会が東京武道館で開催されました。
大会プログラムによると、
試合は初段の部〜七段の部まで262組・524名、
個人演武は全剣連杖道の部・古流の部で43組・86名31組・62名がエントリー。
これまでの全日本で最大規模でしょうか。右を向いても左を向いても、全国から参集した杖使いが沢山。


我々、六段の部で優勝することができました。
e0076761_00065501.jpg
前回大会の優勝組・準優勝組の両方と当たって勝ち、大会や講習会でいつもお会いする方々の組と当たって勝ち、
かつての相方氏組と当たって勝ち、絶対に負けたくないと挑んだ決勝戦で勝ちました。
1回戦からすべての試合が、決勝戦みたいでした。
お相手の皆さんが真面目で熱心で強くて上手なのは承知していたから、試練のようなトーナメントだった。
全部の試合が大変だった。全部の試合が楽しかった。
一発勝負の繰り返し、ものすごい稽古だった。
(対戦相手の方々も同じような事を言っていた、似た者同士だらけだ…)

しかしながら、
優勝した"達成感"というのは実は例によってあんまりなくって、それよりも
自分はもっと強くなれるかもしれない、もっと上手くなれるんじゃないかって、"欲望"の発露のほうがすさまじい。
もっと稽古します。

…と、
3年前に初めて優勝した時と似ていますが、少しだけ違う心持ちでいるのです。
大会後の打ち上げで先生達にも言われたけれど、自分でもちょっとだけ変わった自分を自覚している。

果てる気がしない。
e0076761_08581867.jpg
大会後の打ち上げに向かう途中で相方氏との会話は、
ほとんどが今日の試合でし損ねたさまざまな技・所作の反省でした。
試合内容について、悔いる事・言い訳する事は何も無い。あの時、できる事の全部はやったんだと思う。
しかし、
遣るべき事の全部はできていなかった。あの時、できた事はまだある。その事について、悔いても・言い訳しても仕方が無い。
ですから、明日から、いつも通りに稽古の日々です。


あ、でもね。
ふたつばっかり、天井を突き抜ける勢いで嬉しがっている事があるのです。
決勝戦で旗が3本揃って此方に上がった事。これは試合場を出てから知った、びっくり。
それと、表彰式で乙藤杯を授与された時の審判顧問先生の痛快な一言。何か言われると思ったが、びっくり。
もう、たまらない。無邪気な子供みたいな心持ちになっちゃう。

これからも、また壁にぶち当たったり穴に嵌ったり、また弱くなったり下手になったりするだろうけれど。
もっと頑張る。
稽古について、「やらない」とか格好付けるのも「できない」とか言い訳するのも、どちらも嫌いだ。
ただひたすらに、やるのみです。好きでやっている事ですから。


*


大会主催者による公式結果は、全日本剣道連盟サイトをご覧ください。

大会主管者による公式結果は、東京都剣道連盟杖道部会サイトをご覧ください。


*


神奈川県剣道連盟杖道部会による公式「活動報告」は↓こちらをご覧ください。


http://kanagawa-jodo.main.jp/


広報担当者どうし組んで決勝戦まで進んだので、自作自演(←用法間違い)な照れ臭さはありますが、自分達の結果がそうなのだから。
活動報告に載せる写真が無くって困ったけれど、福岡県の写真担当くんからご提供頂きました。
ありがとうございます。


私が会場で好き勝手に撮り散らかした写真は、Flickr(←Click!)にあります。
コンパクトカメラしか機材を持っていかなかったので、枚数はありません。
が、雰囲気は伝わるかと思います。


閉会式後に撮った神奈川県剣道連盟杖道部会一同の記念写真は、後日プリントを被写体の皆さまへお配りします。
「そこの若人、シャッターを押して!」と
いきなり声を掛けて応じてくれた京都の皆様、ありがとうございました。助かりました。
e0076761_08583656.jpg
会長と何人かの選手がいない集まりの悪さについては、毎々の事
各々の事情・判断の結果だから、どうぞご随意に


公式写真が個人名義アカウントにストレージされていることの是非は、どうか問わないでほしい。
ボランティアなんです。
ついでに書き添えておくと、神奈川県の選手ばかりが被写体ではないのは撮影者の趣味です。はい。


お疲れ様でした。


*


我らが玄武会WEBサイトも地味に更新しています。
「稽古日・お知らせ」をご覧ください。


以下、極めて個人的な備忘録。

試合結果と関係無いようで関係がある、
本日の試合前の1曲は Morrissey の'Alma Matters' でした。
2016年8月6日ベルゲン公演のブートレグ音源の "This will cure your insomnia." を
3回くらい繰り返してから試合場へ行った。
したっけ、準決勝で仕打交代した後、自分が仕杖になって「雷打」を始めるという瞬間、
頭ん中で 'All the Young People Must Fall in Love' が聴こえてきてびびった。
試合中、明瞭な言語表現を伴う"声"が聞こえてくる事はあって、
それって大抵は亡くなった先生や生きている先生から指導された際の言葉の自動再生であったり、
自分の思考・感情であったりするんだけれど、今日はモリッシー先生が歌い出した。何故?
斬ったり、打ったり、突いたり、体当たりしたり、払ったりを仕合っているこの瞬間に
"fall in love" って何故?それにオレは、大統領じゃないし若くもないし。
そんな変なスイッチが入った理由はわからないけれど、そうなったら他に余計な事を考える暇など無い。
ひたすら、斬られまい・斬らせまいと、打太刀に応じて動くのみ。
強く・上手くやろうとか欲張る(色気を出す)暇など無かったんだけれど、それが良かったのかもしれない。

しかしながら…
そんなまっすぐ・まっさらな態度は決勝戦の時にはすっ飛んでしまって
「ぜったいに負けたくない」と、メラメラになって試合場へ踏み込んで行ったのです。
 ↑この時こそがモリッシー先生のお歌が似合う状況だったかも…
そうなっちゃう私はまだ修練が足りない。いや、これが私という人間の有り様かしら。

"So, what do you want to do? It's up to you"

…あわわ。


いずれにせよ、ともあれ、
此処で日本語で書いても、モリッシー氏ご本人には甚だ迷惑な事でしかないのですが、
今日の結果が自分にとって素晴らしく良い事であったのは、御大の歌のおかげです。
理由は2012年頃まで遡るんだが、まだちょっと自信を持って書けない。今は、2017年の今日についてのみ。
どうもありがとうございます。
極東の島国から、東と西と両方に向かって1回ずつ御礼を申し上げましょう。

(^▽^)





*


10/10追記:
Youtubeで自分の試合を初めて観た。 σ(^_^; インターネットって便利だね。





*


10/12追記:
友人・知人の皆さまから杖道の試合形式についてしばしば質問を受けるのですが、
KENDO WORLDさんが試合要項に触れつつこの大会をレポートされているので、これをご参照ください。
ただし英語、たぶん読めるでしょう。私にだって読めた。
  「JODO」記事掲載は久しぶり。
  来年の福岡県久留米市での第45回全日本杖道大会も、取材に来てくださるかな。

KENDO WORLD
e0076761_23203957.jpg
There is No Intention to Infringe Copyright.

現時点で準備中のようですが、記事中に七段の部 決勝戦のビデオが掲載されるみたいなているので
見てみてください。百聞は一見に如かず。
"男性組 vs. 女性組" という杖道らしい試合であり、かつ、
どちらも素晴らしく冴えた技を存分に繰り出してみせつけてくださった、素敵な先生・先輩達の試合です。





*


10/20追記:
雑誌「剣道時代」さんが photoreco で大会写真の販売を開始されている。つくづく、インターネットって便利だね。


現在、試験的な運用である様子。
自分も撮り散らかしている写真についてギャラを設定しようかしら…というのは冗談として、
自分で自分の演武を撮ることはできないので、このサービスはありがたいです。

我々って、ちゃんとできれば"見栄え"良いのかも。ちゃんとできれば…
したっけ、ストックされている己の姿を見たら、しくじった自覚がある箇所がほぼ全部写っている。
もっと、できる事・やるべき事があるだろ。自分。全然できていない。
(^"^;
ますます稽古します。明日も明後日も稽古です。



by snowy_goodthings | 2017-10-08 17:00 | 稽古記

10月8日は

第44回 全日本杖道大会
The 44th All Japan JODO Championship
e0076761_08154534.jpg

開催日 2017年10月8日(日)
開会 9時45分
会場 東京武道館 (東京都足立区綾瀬3-20-1) *日本武道館ではありません
主催 全日本剣道連盟
主管 東京都剣道連盟

大会概要は全日本剣道連盟サイトをご覧ください。


*


自分、今年も出ます。
考えてみたら、初段になってから出場しなかったことが無いです。
(^o^)/


by snowy_goodthings | 2017-10-08 09:45 | 稽古記

10月の標語

道場のカレンダー、今月の標語がまたしてもぐっとくる。
e0076761_22472161.jpg
それって「悪口」に限らないと思う。かつ、
"ああ言えばこう言う"式に「自分が優れていると思って言っていない」と詭弁を弄するヒトとかいると思う。

「批評」とか「定義」とか、ぱっと見は理性的なおこないのような言説行動も、
他人について語っている時の"自分が上で相手を下に置く"というか"自分のことは棚に上げている"風体が透けて見てしまうと、
まったく響かないというか、バカバカしく聞こえてしまって聞いていられない。聞き流すカロリーすら勿体無い。

しかし、
字面は「悪口」でも「批評」でも「定義」でも、真実の扉を開く鍵のような鋭い示唆であったりする時もある。
そういう言葉を使えるヒトは、ものすごく少ないけれど存在する。
ようするに、誰が言うか次第。その誰かの在り方次第。

…で、
そんなチャーミングな悪態をつける誰かって、今や1人くらいしか思いつかないです。←誰って?
いや、武道稽古界隈では何人かまだいるかな。どうだろう…
ともあれ、自分はそういうのいきなり真似できないから、自分の人生を謳歌することから真似します。はい。


そんでもって、今日は道場で広がるような深まるような、素敵な出会いがありました。
良い感じな秋のはじまり。
(^_^)


by snowy_goodthings | 2017-10-01 20:45 | 稽古記

お彼岸なのに

これから夜まで稽古です。

今日も杖を振る。「人生を"棒に振る"のではなくて、杖を振る」とは、かつての師匠とか稽古仲間とかの言。
いやん、それってすごーい。


そうそう、
先週の流祖祭で頂いた記念品の手ぬぐいを額装しました。
いつもなら稽古の汗拭きにさくっと下ろしてしまうのですが、今回頂いた物は飾らずにはいられない意匠だと思ったから。
e0076761_20254626.jpg
今日はここまで。
何処の壁にどう掛けるかは、後で考える。


by snowy_goodthings | 2017-09-23 15:13 | 稽古記

神奈川県剣道連盟杖道部会、級審査会・講習会でした

3連休の締め括りは、神奈川県立武道館で級審査会・講習会でした。
e0076761_00510080.jpg
一昨日・昨日、福岡でご一緒だった先生・先輩・お仲間の半分くらいは、今日もまた一緒なのでした。
台風18号による飛行機欠航・新幹線運転見合せに遭って昨日中の帰宅を阻まれた先生・お仲間もいたのですが、
お昼過ぎには羽田空港・新横浜駅から直行で到着。
「昨日はお疲れ様でした」と、さらっと挨拶して、
当たり前のように今日もまた稽古をして、審査会を行なって、また稽古。
e0076761_00530156.jpg
おつかれさまでした。


*


県連杖道部会による公式「活動報告」は↓こちらをご覧ください。

http://kanagawa-jodo.main.jp/


自分が撮った写真は、 Flickr(←Click!)にあります。
公式写真が個人名義アカウントにストレージされていることの是非は、どうか問わないでほしい。
ボランティアなんです。


by snowy_goodthings | 2017-09-18 16:00 | 稽古記

流祖祭・第58回全国杖道大会

2年に1回開催される、流祖祭こと流祖夢想権之助神社奉納演武会ならびに全国杖道大会は、
いつも通りであれば来年度(2018年)の開催ですが、今年は夢想権之助神社創建50周年という記念すべき年なんだそう。
故に今年は特別、昨年に続いての開催。

自分としては、予定というか、期待していた事をほぼ全部遣り尽くして、
期待していたよりも良い事が沢山積み上がった2日間でした。

流祖、最強。
午前中から設営中までずっと雨が降っていたのに、流祖祭の開会と同時に止みました。

そして、私は決勝戦敗退記録を更新しました。
e0076761_20112030.jpg
今回、玄武会から参加は私ひとり。※出場に際し所属団体は「水月会」名義
故にセルフィー感が漂う(うへっ)結果報告写真となってしまう。


*


土曜日は、宝満宮竈門神社境内 無双権之助神社で流祖祭。
e0076761_00340649.jpg
受付開始時間を過ぎても時々ざぁっと強い雨が降り落ちてくるような天候だったのに、
祭壇の前に椅子が並べられて、いよいよ流祖祭がはじまる瞬間になったら、雨が止んだ。

たまにビューっと風が通り抜ける中、祭典がおこなわれ、
e0076761_19300238.jpg
先生方の奉納演武。
e0076761_00354612.jpg
そして自分も稽古というか練習をさせて頂きました。ありがとうございます。
せっかく福岡に来ておいて、福岡の面々にお相手して頂かないでなんとする。というよか、
オットも稽古仲間も来ていないし、これは良い機会。いわゆる、"打太刀の現地調達"というやつ。

え、古流は同門同士でないと、"合わせる"のが難しい?そんな事はないです。全然できました。
実際、土曜も日曜もやりました。そりゃあ上手ではなかったけれど、できました。
そうした結果、所作・理合の解釈の様々について、わくわくする興奮としみじみする実感とを伴って"解る"ことができました。
いかん、自分は腑に落ちる理解をするまで随分と時間がかかりすぎ。
(^_^;
しかし、その過程を全部ひっくるめて"稽古"だと開き直るんだい。
e0076761_00381087.jpg

夜は懇親会へは参加せず、元お仲間女史が所属する稽古場所へお邪魔して稽古させて頂きました。
あのね、帰ってから師匠にも話したんですけれど…皆さん上手だし熱心なの。
たいへんお若い方達が楽しそうに稽古されているから、
1〜2人くらい拐って帰ろうかと思ってしまった。←冗談です、しませんってば
それと、ちょっと反省した。自分のための稽古の事ばかりじゃなくて、打太刀などお相手したのですが、
自分の引き出しというか、懐深さがちょっとまだ足りていなかったと思う。これは、次の機会までの宿題です。


*


日曜日は、福岡市立博多体育館で全国杖道大会。
e0076761_00404701.jpg
自分の結果は上述の通り。でも、決勝戦敗退=準優勝という結果よか、
ぶっつけ本番だった最初の試合から決勝戦まで、全部が全部、気持ち上がる稽古だった事が嬉しい。
…なぁーんて書くと、すごい格好良さそうだが、実際にはいろいろやらかした。
自分が打太刀した時の出来は良くなかった。お相手さんに対して、たいへん申し訳ない。面白かったんだけれど、面目ない。
(T_T) ダメじゃん。これについては猛烈に反省している。
次の機会にはもっとしゃんとするべく、稽古してきます。それ以上やりようがない。
e0076761_00421159.jpg
閉会式での大会会長・審判長の講評を伺って、もっとやろうと思いました。
  先生がたが何を仰ったかは、あえて此処には書かない。
  あの言葉は、現地へ行った・やった、その事へのご褒美だから。
  (しかし、稽古場ではお土産話にさんざん喋っている)


閉会式が終わったら、慌ただしくというか慌てて記念写真を撮って、
昨日・今日とお世話になった方々への挨拶をほとんどする余裕が無くて、オロオロと辞去。

21時発のJALさんで帰る予定だったのだが、福岡空港に着くと出発が決まっているのは19時発便まで。
その後の便は「天候調査中」ということ。あらら…航空会社によっては欠航も出ていた。
自分が買ったフライトは、搭乗日時の変更に制限がある"スーパーなんちゃら"割引チケットであるが、
悪天候・自然災害による影響が見込まれる場合は変更可能。ありがたい。
出発が決まっている便はいずれも「お席は充分に空いております」ということだったので、19時発に変更してもらって、
お土産を買って、保安検査場近くのフードコートでお茶しながら短いお喋りをして、ごきげんよう。
結果、がらがらの飛行機に乗って、予定よりも早く帰宅することができました。
台風18号の影響は「行きも帰りも飛行機がよく揺れた」くらいの感じ方で行って帰って来ることができたけれど、
たまたま幸運であっただけだと思う。やっぱり自然の猛威は恐ろしい。


ひたすら、稽古ばっかりした2日間でした。
できる事をまだまだ増やせそう。まだまだ変われる。
今、私は、過剰に前のめりに、大袈裟に前向きになっている。今の自分なら、なんでもかんでも、面白がってやれそう。
…と、
自分が好きな事について問答無用で寿ぎたくなった、久しぶりの福岡遠征でした。また行くべし。

(^▽^)


*


主催:神道夢想流杖道振興会による公式記録は、
福岡県剣道連盟 杖道部ホームページで見る事ができます。
次回は3年後=2020年に開催されるとのことです。


*


流祖祭・全国大会で好き勝手に撮り散らかした写真は、 Flickr(←Click!)にあります。
今回、コンパクトカメラしか機材を持っていかなかったので枚数はありませんが、雰囲気は伝わるかと思います。
「石田さん、今日も撮って世界に発信して」と声を掛けて頂いたから調子に乗って
奉納演武の写真など誰でも閲覧可能な状態で公開していますが、
被写体の先生方の肖像権を優先します…と書きつつ、
つまりは記念写真のように使って頂ければ幸いです。実際、そう使って頂くことができて、光栄であります。


「水月会」名義の行事における一部支部会員の写真撮影・メディア掲載については
要事前許諾・不可とするルールの適用を受け、該当支部に所属する参加者の写真はありません
※大会後の集合記念写真のみ水月会ホームページに提供しました
(後日、参加者ご本人にはプリントをお渡ししますが、データ提供はお断りしています)


*


我らが玄武会WEBサイトも地味に更新しています。
「稽古日・お知らせ」をご覧ください。



試合結果とはほとんど関係無いのですが、
本日の試合前の1曲(実際は開会式後すぐの第一試合から出場だったため、前夜に聴いたんだけれど)は、
The Smiths 'Pretty Girls Make Graves' でした。
よりにもよって、何故この曲なのだ。(^_^; それは、これを聴きながら寝オチしたから。

"Give in to lust, give up to lust, heaven knows we'll soon be dust..."

わーおっ!


by snowy_goodthings | 2017-09-17 21:45 | 稽古記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る