カテゴリ:稽古記( 271 )

夏の地区講習会(今後の予定、聞くところによると)

2018年 大阪府
2019年 長崎県
2020年 和歌山県 ← 待ったなし

何故か(事情通と思われているらしい)しばしば訊ねられるので、
しばらく掲載しておきます。
関係各位、来年の手帳だか Google Calendar だかにメモしておいてくださいませ。

(^o^)/

やばい、東京オリンピックで競技する選手の皆さんを遥か遠くに眺めながら、
自分自身が頑張らなければならない。やるべし。





*1/14追記:
2019年1月の東京での地区講習会の会場は、八王子になるそう。
かつ、審査会・講習会の開催曜日が変わる(1日前倒しされる)とか。
(いずれも2020年に開催される東京オリンピック準備による「会場不足」の影響?)

後日発表される年間予定を要確認のこと。



by snowy_goodthings | 2018-01-14 16:00 | 稽古記

杖道六段・七段審査会および杖道地区講習会でした

毎年1月、大学入試センター試験と同時期に開催される、全日本剣道連盟主催の行事。
それは杖道六段・七段審査会および杖道地区講習会(於:江戸川区スポーツセンター)。


■1月12日(金)9時30分〜 杖道六段・七段審査会

今回は、お付き合いが長い先輩や稽古仲間さんが受審されるので、休暇を取って審査会から見学へ。

すごかった、受審者の数が。
e0076761_18272914.jpg
六段審査の開始が10時、途中に数回の休憩・昼休みを挟んで、七段審査の終了は16時。長丁場でした。
e0076761_18373346.jpg
六段の結果は、七段審査前:30分間の昼休み中に発表。
七段の結果は、最終組の演武終了後あまり間を置かずに発表。
e0076761_18414090.jpg
六段 
 申込者 60名(33歳〜80歳)
 受審者 56名
 合格者 21名(合格率37.5%)

七段
 申込者 42名(46歳〜80歳)
 受審者 42名
 合格者 2名(合格率4.2%)


※公式発表は全日本剣道連盟のホームページ・Facebook・Twitterにアップされています。


自分は2年後に七段審査を控えているので、先輩達の演武・審査結果いずれも「緊張感」を伴って捉えてしまう。
その印象について、此処でぐずぐず書き残すことではない。
しかしながら、ひとつだけ。
年齢="高齢"であることは、「できない」「やらない」「終わり」の言い訳にはならない。そう思う瞬間が今日もまたあったのです。
むしろ、齢を重ねたが故の度胸と説得力か。見事としか言いようがない。そんな事が審査の終盤にあったのです。

だから、まだ自分は"若手"なのか。いや、年齢が上下の問題じゃないかな。
(^_^;
昇段のための稽古というのは語弊があるけれど、審査を良い節目と目指して、
ちょっとした完成度を目指してひたすら錬るのみ。


■1月13日(土)10時〜1月14日(日)15時 杖道地区講習会
e0076761_20483746.jpg
寒波襲来の週末ですが、参加人数は申込段階で国内外から440名超。

初日は、太刀の構えの解説、基本動作(単独・相対)、全剣連杖道12本の解説。そして、段位別に班に分かれて講習。
なんと、「八段」で1班できていた。
地階の剣道場・柔道場で初段以下と八段、2階のアリーナでは二〜三段・四段・五段・六段・七段。
e0076761_20530739.jpg
六段の班は、昨日の合格者さん達も含めて100名が受講。これは、講習会史上最多?
初日は、単独動作と全剣連杖道「着杖」〜「雷打」。
講師先生の丁寧な解説を聴き、号令に従って1本ずつ動いていく。
要領・留意点を確認する事、そして頭で理解した事を今の自分はどれだけ達成・再現できているかを確認する事の繰り返し。


2日目は、最初に太刀の操法の解説と稽古。その後は再び段位別に班に分かれて、午前中いっぱい講習。
六段の班は「正眼」〜「乱合」。そのあと、質疑応答。

午後は、五段以上は審判講習会。
  すみません。所用があり、途中で帰りました。
e0076761_22145646.jpg
自分としては、
ちょうど1年前の地区講習会の頃からもわもわっと「型」について「稽古」について考えた事が少し前進したような感触を得られました。
昨年はそうやって考えるようになって実際に試してみることが増えて、
やったなりの実感が伴う経験をいくつか得ることができたんだ。
今年はこれからどう展開していくのかわからないけれど、継続することに迷いはとっくに無いから。
やるのみです。
毎度この結論に至るわけですが、自分なんざ "やってなんぼ" ですから。やらないと。


*


審査会・講習会で自分が撮った写真は、 Flickr(←Click!)にあります。
審査会も講習会も、その目的を鑑み会場の雰囲気がわかる程度のスナップのみを公開しています。


なお、
このように大会・講習会など行事に参加した人間=私、石田が撮影・公開する写真について、
以前にも書いたことをほぼ一語一句変えずに再掲しますが…

他人様(よそさま)が撮った写真やビデオで「見取り稽古」しようなんて安易な考えはおやめください。
ましてや、被写体さんの師匠・先輩でもない立場で、斜め上から目線で批評家"先生"ぶるのはもってのほか。
勿論、それら行為の是非は個人の勝手ではありますが。
  そういう事をしたがる方ってさ…(以下、自粛)

写真やビデオ…特にビデオ動画は、時として真実を捉えるけれど、けっこう頻繁に嘘をつく。
写真も、芸術的なコラージュという表現がある一方で事実歪曲フォトモンタージュや過剰なレタッチがあったりする。
被写体ご本人にとっては、己の姿を思い知る物的証拠になるでしょう。
しかし、第三者にとっては、せいぜい記録か芸術表現か記念か報道か。

稽古だったら、ご自分の目で体で、生身で見て感じることこそ、本物。

…と述べつつ、
自分がスチール写真を撮ることに"こだわる"のは、自分自身がみた「決定的な真実の瞬間」をなんとか遺したいから。
あるがまま・嘘偽りのない写真を撮りたいと、じたばたしている。
これは、私自身の趣味に関するお題である。
そして、かつて矢野先生から「撮れ」と言われた通りにしているだけのことである。


*


講習会とは全然関係無いのですが、
稽古仲間さん達と葛西駅近くの印度家庭料理レカで、インド料理の会。1年ぶりのレカさん!

これは、Satvik Ahar。アーユルヴェーダ・ヨガに基づくインドの精進料理だって。
e0076761_21553658.jpg
刺激物・発酵食品・菌(缶詰とかタマネギとかイーストとかキノコとか)を避けた菜食お献立を
ノンアルコールビールと一緒に食べたのは、アーユルヴェーダ食事療法の原理原則に照らすと大間違いだったと思う。

ごめんなさい。でも、たいへん美味しかったです。



by snowy_goodthings | 2018-01-14 15:00 | 稽古記

稽古始めでした

新春から、新しく覚える事が沢山。


*


ところで、昨年の終わりには居合刀の鯉口の緩み(刀を抜き差ししていれば鯉口は緩むものらしい)を見よう見まねで修理したら、存外綺麗にできました。
  インターネットって便利だね。検索したら、
  得物の手入れ・修理の知恵がぽろぽろ出てきた。
ほらほら、何処を補修したかってわからないくらい見た目が自然にできているでしょ?
e0076761_08085704.jpg
材料は「おとめ納豆」の松経木。
我が日常生活で遭遇する機会がある、最も薄い(1mm未満)木板がこれだった。
e0076761_08090892.jpg
豆が触れていない部分を1×30mmくらいに裁断して、
続飯(ご飯を潰して練った糊:どうせ模擬刀だし木工ボンドでも充分だろうが、先人の知恵に従って天然素材で揃えた)で
鞘の内側:刃・峰の位置に何枚か重ねて貼り付け、
完全に乾いたら紙やすりで削って刀がぴったり納まるように調整する。手順はこれだけ。簡単!


鞘をごりごり削らないで綺麗に抜けるように、練習します…と誓ってみたけれど、道のりは遠い気がする。
頑張るぞー。

(^o^)


by snowy_goodthings | 2018-01-06 17:00 | 稽古記

納会でした #2

本日は、神奈川県剣道連盟居合道部の納会が神奈川県立武道館で開催。
e0076761_22325021.jpg
七段の先生方から始まり、その後は無段から八段までの全員が、全剣連居合道から自由技5本を演武する日だそうです。

自分、今年は存分に杖道についてやるんだと決めてやって、やったなりの結果を得られたから
(仕事や趣味の旅行との遣り繰りはグダグダになりつつも、なんとかできた)、
居合道もちゃんとやらないとって思って初めて参加しました。
上手じゃない自覚はあるから、やってみて反省したり思い知ったりする機会には躊躇なく飛び込んだほうが
身につくんじゃないかな。そんな動機から。
/(^_^;

開始線に立ったら、あまりに寒くてびびった。
自分の身体を制御する事がこんなにも難しいなんて。演武はあっという間に終わっちゃったけれど、良い経験でした。

やっぱり、やってなんぼのもんじゃい。
遊んでいる暇はない。とにかく、稽古しよ。

来年の12月には、もう少し格好良くなりましょう。そうならないと。





by snowy_goodthings | 2017-12-23 12:30 | 稽古記

月刊「秘伝」2018年1月号

現在発売中の「秘伝」1018年1月号の後ろのほう、ジャーナルページに先に開催された
 ↑テキストリンク先は福岡県剣道連盟WEBサイトの「活動報告」です
e0076761_08465313.jpg
There is No Intention to Infringe Copyright.

「秘伝」って、他の武術・流派についての記事は取っ付きにくいんですが、今月号の特集は「日本刀」。面白かった。
今年の大刀剣市は仕事が詰まってオロオロした頃に重なり、行きそびれていた事にいまさら気付いた。
行ったって、何も買えないんだけれど。

そして、追悼記事。
海外で日本の武道を修練している方々の視点を垣間見られて、
自分の稽古について省みるというか良い刺激を受けてしまったというか。やらなきゃな。


ちょっと話が飛ぶけれど、
先日、杖道"未開"の国から「杖道を稽古したいと切望している」と相談のメールを頂いたのです。
拙い英語で理想的な手続きを提案する返事を書いて送ったけれど、いつか縁が繋がったら良いなと思う。
(もし先生方が誰も行きたがらなかったら、私が行きたいぞ)まぁ、わからないけれど。

でも、今年はちょっとずつ良い経験を積み上げられたから。
広げていきたい"欲"はわんさとある。





by snowy_goodthings | 2017-12-19 22:30 | 稽古記

納会でした #1

12月です。
本日は神奈川県剣道連盟杖道部会の納会が、神奈川県立武道館で開催されました。
今年は土曜日開催なので、いつもより参加人数は少なめ。皆さん、夜の忘年会から参加でしょうか…


午前中と午後1時間は講習会。
初段〜六段を均等に混ぜた3班に分かれて、それぞれに八段の先生と七段の先生が1人ずつ講師として担当。
全剣連杖道を1本目から12本目まで、留意点を確認しながら稽古。
e0076761_23310599.jpg
同じ班に初段から六段が混在しているから、各々が課題としている事が少しずつ違っていて、ちょっと面白い発見がぽろぽろありました。
今年4月に改訂された解説書の読み込みが足りていないな…と、反省する箇所もいくつか。ほとんど変わっていないと思い込んでいたけれど、頭を柔らかくして如何様にも対応するべき所作があった。
あらら…ちょっと注意したくらいじゃ、体に染みついた動作は簡単には変わらない。

また、講習の内容とは別に、単独動作・相対動作の「繰付」の解説について、いつも自分がしている動作と違う記述に気付いてしまった。
これについては休憩時間にちょろちょろ訊いて回って、いちおう解決。次の稽古で師匠にもういちど伺おう、自分。うん。


午後の講習会後には、来年=来月の六段審査受審者の方々による模擬審査会。
e0076761_23441313.jpg
受審者の皆様は今日はずっと別グループで稽古をされていた。
審査の本番まで、あと約1ヶ月!


その後、初段から六段まで演武会。
e0076761_23460544.jpg
段位ごと、優秀演武者を表彰して、終了。
e0076761_23473933.jpg
私、六段の部で賞状を頂くことができて、良い感じに1年間を締め括れました…って、まだまだ2017年は終わりません。
来週は稲城での玄武会の稽古納めがある。さ来週には今度は居合道部の納会があって、それに参加する。
玄武館坂上道場 杖道部・居合道部としての稽古納めは、さらに後、年末の近くである。

そんでもって、最後の稽古納めの2週間後には稽古始めです。
2018年が始まる。


おつかれさまでした。


*


県連杖道部会による公式「活動報告」は↓こちらをご覧ください。


http://kanagawa-jodo.main.jp/


自分が撮った写真は、 Flickr(←Click!)にあります。
公式写真が個人名義アカウントにストレージされていることの是非は、どうか問わないでほしい。
ボランティアなんです。

演武会は五段の部まで全員撮影していますが、六段の部は撮影者(私)が演武番号1番で、かつ2組目と3組目でも打太刀していたため写真は全員ありません。
演武後で抜け殻になりながら撮った表彰式の写真はブレブレな"ボツ"レベルな出来ばかりですが、折角なので公開しています。
  六段の表彰式は事務局が撮ってくださりました。ありがとうございます。
いろいろ至らない写真ばかりですが、ご容赦ください。


皆様、良いお年を。



by snowy_goodthings | 2017-12-09 16:10 | 稽古記

高段者研修会でした

神奈川県剣道連盟杖道部会、秋(初冬?)の高段者研修会が神奈川県立武道館で開催されました。
e0076761_18302677.jpg
参加人数は45名ほど。
少ないようでいて、県外からの参加もあったり、海外からの参加もあったり、
久しぶりに参加される方があったり、顔ぶれは多彩でした。
最初に全体で単独動作。それから、七段〜四段をまんべんなく4班に分けて、
全剣連杖道(「制定型」と呼ぶことが多いけれど、正しくは「全剣連杖道」)を1本目から順番に稽古。
e0076761_18392818.jpg
研修会は、高段者=指導者として「全剣連杖道を正しく使う」ことができるよう、
解釈の揺れ・癖・弱点を自覚・修正することを促されるような内容。
稽古の合間には、全員集合して各班で出た質問・指摘事項の整理があったり、
体を動かすばっかりではなく頭も動かすような展開も。
e0076761_18421575.jpg
悶々と考えるばっかりでも、闇雲に動くばっかりでも、上手にも強くにもなれない。
先生や先輩から教えてもらうばっかりでも、自分勝手にやるばっかりでも、後退はしないだろうが前進はできない。
それが稽古というもの。もっとやりようがあるでしょう…と、
いつもの通り袋小路にぶつかったような気分に至って終了するのでありました。
だからって、めげない。諦めるなんて、さらさら思わない。まだまだ、頑張る余地がありあり。

(^▽^)


*


県連杖道部会による公式「活動報告」は↓こちらをご覧ください。


http://kanagawa-jodo.main.jp/


自分が撮った写真は、 Flickr(←Click!)にあります。
公式写真が個人名義アカウントにストレージされていることの是非は、どうか問わないでほしい。
ボランティアなんです。


おつかれさまでした。

by snowy_goodthings | 2017-11-23 15:45 | 稽古記

11月の標語

道場のカレンダー、今月の標語はこれ。もーう、たまらんです。
e0076761_23092765.jpg
じゃんじゃん、琴線に触れまくり。ごろごろ、腑に落ちまくり。ぶすぶす、心に刺さりまくり。


ところで、本日は新たに入会希望の見学者さんご来館。
まったく準備無し・ぶっつけ本番で、全剣連杖道の型12本を見てもらったら、気持ち良い反応が返ってきた。だから調子に乗って、ものすごい久しぶりに一心流鎖鎌術をやってみたら、面白いように絡み飛び当たる。
自分、最近ぜんぜん練習していなかったのに、すごく上手になったような気分になってしまう。
/(^_^;
己の体内でなにか醸成されたのだろうか?それが実力?

え、そんな簡単なものではないでしょう?


こんな調子で、この3連休はずっと稽古か仕事か、どっちかしかしなかった。
自分が好きな事・面白いと思う事について、存分に励む事ができている。良い事じゃないか。

あぁ、そうだ。
隙間時間には、太平洋の向こうでツアーが始まった Morrissey US tour 2017 の動向とか、
はるか西での UK tour チケット発売のお祭り騒ぎについて、電子の噂を伝聞したり。レコードを聴いたりもしたっけ。うん。
いずれの機会でも、
モリッシー先生ご自身が行きたい場所に行き、歌いたい歌を歌ってくれたら、それに勝ることはないと思います。
自分はそう思う。はい。こればっかりは、致し方無いというか、それ以上の希望を持ちようが無い。
Don't rain on M's parade... とか、能天気にお祈りするのみです。


ようするに、
単純に慌ただしく忙しいのだけれど、あんまりツライと感じていない。



by snowy_goodthings | 2017-11-05 21:00 | 稽古記

杖道五段以下審査会でした

原則、毎年「文化の日」は秋の五段以下審査会です。

海外からの受講生・受審者も多くいらっしゃって、顔ぶれは万国旗。かつ、年齢層も幅広い。剣道場はぎゅうぎゅう。
e0076761_09580258.jpg

午前中は無段〜五・六段に分かれて講習会。
私が参加した五・六段の班は、1本目の「着杖」から4本目の「斜面」まで。午前中いっぱい、
全剣連杖道さいしょの4つの型を1本ずつやっては、解説を聴き、注意を受けながら繰り返す。

稽古とは全然関係無いというか…いや、無くもないのかな。講習会の途中、
事務局から「お弁当を運ぶので五段・六段、10人ほどお手伝いをお願いします」と声をかけられたんだけれど、
それに応じて稽古を中断して道場を出たのは4人。6人ほど足りない。あれれ?
(^_^;
断っておくが、これをわざわざ書いているのは、動かなかった方々に責を問うという意図ではありません
単純に稽古の事に引き込んで、空間認識能力の程度が気になった。確か、六段が12人・五段が9人か11人(とにか奇数)だったから、ざっと半数がいなくなっていなければ「人手が足りていない?」と気付くだろうに。
気付かれない方が過半数だったっぽい。そこが引っ掛かったという話。
だってさ、その前後にさんざん間合を考える事を要求されていたじゃないですか。相対的な位置感覚。3次元の把握。

稽古・練習の結果、人並みよりも良く鍛えられる身体能力…って、他にもある筈だよな。それって、なんだろ?

いかん、何気ない事の全部が全部、稽古に結びつくように捉えてしまっている。
(^_^;
果たして、それって良い事なのか悪い事なのか。自分で自分に目標や理想を課している限りは、良いのかな。
自分の「良かれ」を他人に押し付けたり、他人を付き合わせようとかしたら、それはただの身勝手。
それはしたくないし、応じたくない。ご随意に。


*


受審者数が多いということで、12時45分から審査会。
e0076761_10291021.jpg
我らが玄武会からは、1名が二段を受審して合格しました。おめでとうございます。
e0076761_10301159.jpg
いつもより長めの講評と共にいったん閉会式。
そのあと、実技審査合格発表と学科審査、そして登録手続き。

撤収作業諸々あって、終了は16時少し過ぎ。
おつかれさまでした。


*


神奈川県剣道連盟杖道部会による公式「活動報告」は↓こちらをご覧ください。


http://kanagawa-jodo.main.jp/


本日の審査会、私は言われるまでもなく写真係でした。

で、例によって写真は Flickr(←Click!)にあります。
「2017年度 神奈川県剣道連盟杖道部会秋季五段以下審査会」albumを追加しました。
関係各位はよしなにご覧ください。
公式写真が個人名義アカウントにストレージされていることの是非は、どうか問わないでほしい。
ボランティアなんです。

なお、受審者の演武写真は1ヶ月後くらいを目処に閲覧制限をかけます。ご了承ください。


*


我らが玄武会WEBサイト「稽古日・お知らせ」も更新しました。




by snowy_goodthings | 2017-11-03 16:10 | 稽古記

玄武会

今年4月に開設以来、地味に更新を続けている
神道夢想流杖道 玄武会(a.k.a. 玄武館坂上道場 杖道部・居合道部)のWEBサイトですが、
管理者(私)が長いURLを覚えられないため
短く "genbukai.info" に変更しました。




こちらでお見知り置きくださいませ。
神奈川県剣道連盟杖道部会ホームページ、
拙ブログの過去記事に掲載されたリンクURLは更新済みです。


11月は自分の生誕月であります。なにか始めるには、良い頃合い。
クーポンとかポイントのサービスとか、クレジットカードの優待とか、
自分になんらか行動(要するに購買・消費の行動)意欲を刺激しようとあれやこれや機会がやってくるし。
なんでも良いほうに受け取って、なんでも試してみようと思ったりする。



by snowy_goodthings | 2017-11-03 00:00 | 稽古記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る

*

カテゴリ

Read ME
家食記
中食記
買物記
外食記 横浜
外食記 川崎
外食記 神奈川
外食記 東京
外食記 旅先
昼飯記 港区界隈
散歩記 横浜
散歩記 川崎
散歩記 東京
散歩記 神奈川
駆動記
旅行記
稽古記
庭風景
冠婚葬祭年中行事記
銀塩は招くよ
鑑賞記
e.t.c.

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...

タグ